こんにちは。

先日、O・ヘンリーの作品集を読みました。
比喩表現なども多く、難しく、考え込んでしまう箇所もいくつかありましたが、それなりに話のオチや、言いたいことはつかめたつもりです。まだまだ、完璧に理解したというにはほど遠いですが…!(~_~;)

その中で、唯一、まったくオチが理解できなかった話があります。
タイトルでも書いた「靴」というお話です。
ざっくりと内容をまとめると、次のような内容です。

キーオウとジョニーのもとに、ある手紙が届きます。
それは、2人の住むコラリオの町に靴屋を開けば成功するだろうか、という内容でした。
2人はその手紙を見て大笑いします。なぜなら、コラリオの町の人々は靴を履くという概念がなく、まったく持って需要がないからです。2人は返信として、盛大に皮肉った手紙を出します。
「この町には三千人ほどの人口がありますが、靴屋は一軒もありません。これで、私たちの言いたいことはわかるでしょう??」
しかし、手紙の主は2人の皮肉に気づかず、靴屋を開くため、大量の靴とともに町へやってきてしまいました。そして、手紙の主というのは、ジョニーの元カノとその父親でした。ジョニーは、元カノに未練があったので、今回のことを知った彼女に軽蔑されることを恐れ、何とかして靴屋が失敗しない方法を考えるのですが、まったくもってわからず、途方にくれます。
しかし、ふいにジョニーは何かを思いつきます。
そして、物語の最後は、ジョニーが「オナモミの実を送るように。需要急増。」という電報を打って終わります。

このとき、ジョニーの思いついた考えとはいったい何だったのでしょうか?
読み返してもわかりませんでした。マイナーな話(?)なのか、検索しても解説らしきものを見つけられず…。
この話やオチを知っているという方がいらっしゃいましたら、どういう意味なのか、教えていただけませんか??

参考までに、実際に私が読んだ本の詳細を記しておきます。
1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編
作・O・ヘンリー  訳・芹澤恵

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オナモミを町中に撒くんです。


オナモミの実っていわゆるひっつきむし。トゲトゲしてます。

だから人々は靴を買い求める。

そうすれば、靴屋がまったくないこの町では元カノと父親は
一人勝で大成功するでしょう。

最初の皮肉には、靴を履かないから、需要がないから、という皮肉に気づかず
靴屋がなくて人口が多いならきっと売れるだろうと二人は商売の準備をしてしまう。
その二人が自分が嫌われては困る、仲良くしたい相手だった。
町中にオナモミの実をまけば、人々は靴を求めるだろう。

と言う話でしょう。

オナモミなら自然にあるから、釘や鉄くずをまくような不自然なことにならないし
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!!オナモミの意味とは、そういうことだったのですね…。
すごくスッキリしました!
迅速かつわかりやすい回答、ありがとうございました(*^^*)

お礼日時:2017/04/19 22:23

オナモミ


ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%9F
果実に多数の棘(とげ)があるオナモミの実が、道路に散らばっていたら
裸足だと足の裏に棘が刺さって痛いから、靴が売れる様になる...
#道路上のオナモミの実を、きれいに掃除したら元の木阿弥!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました(*^^*)
おかげで理解することができました!

お礼日時:2017/04/19 22:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿刀田高の短編のオチがわかりません

「いびつな贈り物」の中にある短編の「細長い窓」のオチがどう言うのかが解りません。
主人公はその場所に行って現場を振り返りますが、どう言うことでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

幸子の、確信を持った推理では、
盛田晴夫は結局、息子に殺されたわけですよね?
盛田は、たとえそれを知ったとしても、亡霊になってまで恨みを訴える性格ではない。
しかし、
<いくら穏やかな盛田だって激しい憤りを覚えるだろう。復讐してほしいと
願わないものだろうか。>とあります。
そして、幸子は迷った末、その現場に行ってみます。マンションは建て替えられて
彼女は、証拠隠滅を図った息子の犯行をいよいよ確信します。
この短編の最初の方に、ハムレットの話があり
<亡霊が出てきて死の事情を語ってくれたら好都合なのに……>
というようなフレーズが出てきます。
これが全編を通して下敷きになっていると思われますが
最後、
<まさか亡霊は現れまいけれど、その瞬間に自分の心に浮かぶ決断、
幸子はそれに賭けてみようと思った。>
そして、現場でふり返るわけです。
つまり、この決断は明確には書いてありませんが、
年齢差がありながらも結婚の申し込みをしてくれた心優しい盛田に代わって
彼女は、きっと息子への復讐を決意するのでしょう。

私見ですが、参考までに書いてみました。
ブラックユーモアの巨匠、阿刀田高らしい短編ですね。

こんにちは。

幸子の、確信を持った推理では、
盛田晴夫は結局、息子に殺されたわけですよね?
盛田は、たとえそれを知ったとしても、亡霊になってまで恨みを訴える性格ではない。
しかし、
<いくら穏やかな盛田だって激しい憤りを覚えるだろう。復讐してほしいと
願わないものだろうか。>とあります。
そして、幸子は迷った末、その現場に行ってみます。マンションは建て替えられて
彼女は、証拠隠滅を図った息子の犯行をいよいよ確信します。
この短編の最初の方に、ハムレットの話があり
<亡霊が出てきて死...続きを読む

Q新人賞のあらすじはオチまで書かなければいけない?

小説の新人賞(小説すばる新人賞、小説現代長編新人賞など)に応募しようと考えています。

応募要項には、原稿用紙数枚のあらすじ(梗概)をつけるように書かれています。

私はミステリー (推理小説)で挑戦しようと思っており、作品のラストシーンで、犯人の正体、トリックのネタばらし、どんでん返しの結末などを用意しているのですが、これらも全部あらすじに書かなければいけないのでしょうか。

できれば、審査員の方にも、あらすじでなく小説として読みながら、その意外性や驚きを体感して欲しいと思っているのですが・・・。

あるいは内容を具体的な正体でなく、「~という事で犯人が暴かれる」といったようにぼかして書くのは、ダメなのでしょうか。

よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

しっかりと犯人の名前まで明記してください。
そうしないと損だと思います。

まず、新人賞を応募する側は1つの賞に1編程度でしょうが、審査する側は一人で数十もの応募作を読むことになります。すると、読み方そのものが、普通の読者のそれとは異ならざるを得ません。
こういっては何ですが、新人賞に送られてくる作品の多くは、文章力がダメとか、まともに伏線の処理すら出来ていない、とか、そういうものです。1次選考なんていうのは、そういう段階でふるいにかけられます。そのときに、ネタバレまで含んだあらすじが利用されるわけです。
ミステリー小説であれば、あらすじを読み、こことここが犯人特定のヒントになっている、と言うのを知り、犯人が誰なのか、トリックがどうなのかを知ります。そして、それを知った上で実際に読んで、応募した人が書いたヒント部分がしっかりと伏線として機能しているのかどうか、とか、そういうのを確認します。小説としての味わい、などについては、最終選考などになってから、です。そして、最終選考に関しては、その出版社の編集者などではなく、外部の小説家とか、評論家などに一任ということになります。
もし、オチとか、そういう部分がかかれていなかった場合、審査する側の心象は非常に悪くなります。最悪、そういうことすらかけない奴は面倒くさいから落選、で済まされる危険性すらあります(1次選考くらいですと、一人の審査員の独断で決められることも多いです)

せっかく書いたのに、まともに読んですらもらえずに落選。
そういうリスクを回避するためにも、ネタバレ込みで書くことをお勧めします。

しっかりと犯人の名前まで明記してください。
そうしないと損だと思います。

まず、新人賞を応募する側は1つの賞に1編程度でしょうが、審査する側は一人で数十もの応募作を読むことになります。すると、読み方そのものが、普通の読者のそれとは異ならざるを得ません。
こういっては何ですが、新人賞に送られてくる作品の多くは、文章力がダメとか、まともに伏線の処理すら出来ていない、とか、そういうものです。1次選考なんていうのは、そういう段階でふるいにかけられます。そのときに、ネタバレまで含んだ...続きを読む

Qヘンリー・リオス弁護士シリーズは原作?のほうでは全7巻みたいなのですが翻訳されたの4巻までしかないで

ヘンリー・リオス弁護士シリーズは原作?のほうでは全7巻みたいなのですが翻訳されたの4巻までしかないですよね?

これから翻訳される予定はないんですかね?
それとも何かあってできないとかですかね?

Aベストアンサー

> 翻訳されたの4巻までしかないですよね?

 無いですね。

> これから翻訳される予定はないんですかね?

 無いですね。
 最後の翻訳から15年近く経っていますし、これまでに出た本も全て絶版です。今後出る可能性はまず無いです。

> それとも何かあってできないとかですかね?

 出版されないのは単純に「売れない」からです。出版は慈善事業ではありませんので、ある程度売れて儲けにならないのであれば、出版はされません。
 こういうゲイ・ミステリは日本ではあまり市場はないです。

Q永遠の0・・・まったく泣き所が判りませんでした。。

すごく泣ける本と聞いて、読んでみたのですが、全く泣き所がわからず、
最後の最後で何かあるのかな、と思って読み進めたのですが、そのまま終わり、
あれ?・・・ って感じでした。

すごく面白い本ではあったのですが、自分にとって泣ける本ではなかったんです。
最近はすごく涙もろくなって、ちょっとしたことでも泣けてしまうだけに、何か人と感性が大きく違うところがあるのかな、と思ったりしましたが。

読まれた方、私と同じような感想をもった方、いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

 同じです!
もう、すぐに泣いてしまうのに、この本を読んでも涙は出てきませんでした。

 面白くないわけではないのです。面白かったんです。
なるほど、そういう展開か~と感心もしました。

 ただ、納得できないと言う感じが残りました。
 どうしても妻子に会うために生きて帰りたいと願っていた主人公がなぜ特攻隊を
志願したか?の理由が、私としては納得できないんですよね。

 私の周囲でも号泣したと言う人が多かったので、私、ずれてる?と思ってしまいました。

Q手紙が物語のカギになる小説を教えてください。

手紙が物語展開の中でカギになっている小説がよみたいなぁと思っています。
 東野圭吾『手紙』や宮本輝『錦繍』は読んだのですが、その他なにかおもしろいものがないかなあと探しています。
 重いもの、軽いものなんでも、あれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「きりぎりす」(太宰治)などはいかがでしょう?
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1571_20655.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報