転職することになりました。
今の職場を今月いっぱいでやめて、6月に次の職場で働き始めます。
このため、1ヶ月働かない期間が生じます。
この状況で、私は健康保険の切替をどう手続きすることがベストでしょうか?
社会保険の任意継続をすべきでしょうか?社会保険は会社の負担分がなくなり、その分支払う額が高くなるとのことで、二の足を踏んでいます。ただ、支払う額が高くなるのが転職するまでの1ヶ月間のみで以後は転職先が負担してくれるということであれば、社会保険の任意継続は全然ありだと思うのですが、この辺どうでしょうか?
もし、社会保険の任意継続だと支払いが高くなり、あまり良い選択といえないという場合には、国民健康保険への切替をすることになると思いますが、このとき国民健康保険に切替えず、次の職場で働く際の健康保険手続きまで待つというのはまずいでしょうか?まずい場合、その理由を教えて頂けたら幸いです(医療費が高くつく以外の内容であると助かります)
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

年金と違い空白期間のデメリットは【医療費全額自己負担】しかないので怪我等しないように気をつけてください。


新しい仕事頑張って(*´∇`*)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント有難うございます。
年金についてですが、やはり国民年金への切替手続きをしないとまずいでしょうか?
これも次の職場での厚生年金の手続き待ちを選べるならそうしたいと考えていたのですが…
年金についても同様に教えて頂ければ幸いです。

お礼日時:2017/04/20 11:08

まず、ルール上ではマズイ。


日本のとっている国民皆保険制度の性質上、健康保険に入っていないという状況はあってはならないから。
任意継続であれ国保であれ、空白期間を作らずに健康保険に入らなければならないです。
ただ、実際問題としては1ヶ月くらいだったら空白期間にしてしまった方が楽だしお金はかからない。
重い、医療費のかかる病気をしないことが前提ですけど。
風邪くらいだったら全額負担しても健康保険料よりも安い金額で済むと思う。

ちゃんとしておきたいなら健康保険料は1ヶ月でも支払った方がいい。
ルールを守るということは、ルールに守ってもらうという側面を持ちます。
ルール違反をしていると、何かあった時にルールが自分を助けてくれませんからね。
ルールは自分を守るためにあるんだと思っていた方が良いです。

国保にするか任意継続にするかですが、扶養家族がいるなら任意継続の方がお得かもしれません。
私の場合は妻と子供が3人いますので、国保で全員分を支払うよりも任意継続にした方が安く済む計算だったので任意継続にしました。
これはどれくらいの年収だったのかとか個人によって異なりますので、試算してみると良いでしょう。
簡単な指標は、先程申した通りに扶養家族がいるのかいないのか、いるならなん人くらいなのかなどです。
その上で国保にした場合の金額と、任意継続にした場合の金額を計算してどちらにするかを決めればよろしいかと。
    • good
    • 4

国民健康保険に切替が無難。



>次の職場で働く際の健康保険手続きまで待つというのはまずいでしょうか?
 
その間に病院にかかった場合は全額負担になります(申請すればあとで戻ってきますが…)
 それでもよろしければ自己責任で選択ください。
    • good
    • 0

まずくはないですよ。

大抵の人は空白期間を受け入れてると思いますし私もそうでした。
医療費が高くなること以外のデメリットはありませんので、その間病院に行かなければ全く問題ありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社を退職し、健康保険を任意継続する予定です。任意継続期間も健保の健康

会社を退職し、健康保険を任意継続する予定です。任意継続期間も健保の健康診断や、保養所を借りたりなど勤務していたときに受けていた待遇は継続期間も受けれるのでしょうか。健保に聞くのが早いと思うのですが、まだ退職を迷っていますので…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>任意継続期間も健保の健康診断や、保養所を借りたりなど勤務していたときに受けていた待遇は継続期間も受けれるのでしょうか。

全て受けられます。
待遇は、全くいっしょです。
但し保険料は、在職中の倍ですよ。

国保は調べましたか?

自治体によれば、国保の方が安い場合があります。

但し、各種の恩恵?は健保の方が上です。

人間ドック補助金、保養所の補助など。

Q政管健康保険→任意継続→政管健康保険の保険料について

今月末で退職する社員がおり、次の就職先がGW明けからなので6日ほど無資格の状態になります。
その間、任意継続をするつもりらしいですが、保険料は月額なので5月分は二重払いになります。
この二重払いはどちらかから戻ってくるものなのでしょうか?
それとも二重に払わなくてはならないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>この二重払いはどちらかから戻ってくるものなのでしょうか?
政府管掌健康保険の場合、社会保険事務所に健康保険料を納付するので、二重払いになった分は社会保険事務所から戻ってきます。

>それとも二重に払わなくてはならないのでしょうか?
無資格の期間をなくす為には、そうせざるを得ないと思います。それと#1さんの仰るように国民年金の手続きも必要になります。これも健保と同様二重払いになりますが、市区町村役場に連絡して手続きを取れば二重に支払った分は戻ってきます。

Q任意継続から社会保険への切替時期に入院・・・

昨年退職して以来、組合管掌保険を任意継続しています。
このたび派遣社員として働くことになり、勤務開始日の7月20日より
(派遣会社を通して)政府管掌保険に加入することになりました。
6月末に健保組合に就職する旨を伝えると、新保険証が届きしだい資格喪失の手続きを行い、
完了したら7月分の保険料を返還すると言われました。
その後体調を崩し、7月8日~20日まで入院し手術を2回しました。
医療費を聞くと、高額療養費の対象になるようです。(新保険証がまだない為、支払いを待ってもらっています)
ただ20日に資格喪失し、更に7月分の保険料が返還されたとすると、8~19日分の高額療養費は請求できないのでしょうか?
高額なので、受け取れないようならかなり厳しいです。
7月分の保険料を組合と政府管掌の二箇所に払えば可能なら、そうしようかと思うのですが・・・
まとまりのない文章で申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるほど。
7月20日に任意継続を資格喪失するが、7月分の保険料は支払わないので、7/19までの医療費は高額療養費として健康保険組合から支払われないのでは?
ということですね?

たしかに7月分の保険料は、任意継続している健康保険組合には支払わず、新たに加入した政府管掌健康保険のほうに支払うこととなります。

しかしながら、資格としては7/19までは任意継続として健康保険組合にて加入しているわけですから、7/1~19の間の医療費については、高額療養費に該当すれば健康保険組合から支払われますよ。

ですので、ちゃんと7/20にて資格喪失するようにしてくださいね。

Q社会保険の任意継続か国民健康保険か

現在、傷病手当受給中ですが、近々退職する予定です。
支出を抑えたいのもそうですけど、その他の事も気になります。
単純に、「社会保険の任意継続金」と「国民健康保険金」の金額で決めていいものでしょうか?
アドバイス願います。

因みに、扶養家族が一人居ます。どちらも、介護保険対象です。

Aベストアンサー

ご家族の誰かが健康保険被保険者でその被扶養者になるという選択肢がなければ、健保の任意加入か国民健康保険のどちらかになります。

この場合は、健保(組合)に任意加入保険料を確認し、同時に市役所に国民健康保険料を確認して選択すればよいです。

現在の健保が政管健保なら、単純に毎月の保険料×2で算出でき、その金額が22,960円を超えた場合は、
被保険者全体の平均の標準報酬額が28万円と決まっているため、これが上限となり
保険料は上限の22,960円になります。
これに年齢により介護保険料が必要になる場合があります。

組合健保の場合ですと、組合ごとに保険料率、使用者負担率が違うために算出はできませんので組合に確認することになります。
また組合の被保険者全体の平均の標準報酬額も組合で違うため上限はわかりません。
某日本の大手電機メーカーで38万円、外資系会社では平均の標準報酬額が58万円というところもあります。

国民健康保険は各市町村で行っているため、保険料は市役所に確認(もしくはHP)するしかありません。
同じ県内でも市が違うと2倍の保険料の差があることもありますので近隣市町村の計算を参考にしてはいけません。
必ず居住地で確認してください。

国民健康保険には被扶養者の概念がありませんので、現在の被扶養者の方も被保険者となり、最低でも、均等割、平等割(東京23区のように無い場合もある)が加算されます。

ご家族の誰かが健康保険被保険者でその被扶養者になるという選択肢がなければ、健保の任意加入か国民健康保険のどちらかになります。

この場合は、健保(組合)に任意加入保険料を確認し、同時に市役所に国民健康保険料を確認して選択すればよいです。

現在の健保が政管健保なら、単純に毎月の保険料×2で算出でき、その金額が22,960円を超えた場合は、
被保険者全体の平均の標準報酬額が28万円と決まっているため、これが上限となり
保険料は上限の22,960円になります。
これに年齢により介護保険料が必要...続きを読む

Q健康保険(社会保険)の任意継続について

1月に会社を退社することになり、会社の健康保険を継続するか(任意継続をするか)、国民健康保険に切り替えるか迷っています。

一月(ひとつき)当たり納付する保険料を任意継続の場合と国民健康保険の場合で比較したところ、国民健康保険の方が若干安くなるのですが、保険料以外で健康保険(社会保険)から国民健康保険に一時的に切り替えた場合のデメリットはありますでしょうか。

ちなみに私は1月に会社を退社しますが、就職活動をして3月以降には再就職を果たしたいと思っています。
そうなると3月以降では社会保険に再度加入することになるのかと思います。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>保険料以外で健康保険(社会保険)から国民健康保険に一時的に切り替えた場合のデメリット
考えられることは以下の通り。

1.健康保険では国民健康保険にはない様々な付加給付が存在します。
 具体的な内容は各健康保険により異なります。法定の付加給付で有名なのは家族療養費などですね。

2.健康保険では”扶養”という概念があり、被保険者を主たる生計者とする家族がいれば保険料負担の増額なしで扶養に入れることができます。

3.健康保険では出産手当金という出産時に支払われる給与を補填する給付があります。

4.健康保険では傷病手当金といい働けない状態になると給与を補填する意味の給付があります。

国民健康保険では上記はどれもありません。
デメリットとして考えられるのは上記の通り、保障内容が少なくなるということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報