夫の保険の見直しをしています。が、終身保険をどのくらいにすべきなのかわかりません。まだ、子供はいないのですが、来年くらいにほしいと思っています。
逓減型定期2000万と(65歳)終身を1千万にするか、逓減定期2900万の終身100万にすべきかなやんでいます。
保険料の差額は貯金しようと思っていますが。
その他に、ガン保険と終身医療保険を選ぼうと思っています。終身医療はアリコの夫婦型を考えているのですが、
やはり別にしたほうがいいのでしょうか?
また、東京海上あんしん生命ですと、終身医療が特約としてつくようなのですが、これはいかがでしょうか?
アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

1.なにを目的にされています。

--ご主人が年をとられたからの死後を考えて,あなたの生活費を考えておられるのでしょうか.それとも相続税対策のための貯蓄でしょうか,あるいは葬儀費用としてとかお考えでしょうか.
2.年金(厚生か国民などに)にはいっておられたら,65歳以降は必要な費用の不足分をお考えになればいいと思います.60-65歳までの当分の費用を考えておられるならば,若いうちに入られることも薦めますが,なにせ長期ですから,目減りも考えなくてはなりませんし。生保の倒産も考えに入れなくてはなりません.また、大きな金額では保険料も高くなりますので、掛捨ての安い終身か.府県民共済,全労災などを活用されたらいかがですか.医療は若くて入ると安いので終身でもいいと思います.ただし医療の定期のある保険は更新時にはその更新時の年齢になりますので,高くなりますが,終身の保険が目減りしたときの補充と考えてください.交通傷害,普通傷害の医療保険も考慮に入れてください.ガンは上皮内ガンも保険の出るものがいていです.医療保険にもガン特約がつけられます.
3.夫婦型はいいのですが,どちらかが6割になりますので,それでは困るという事であれば,別べつにはいられるかでしょう,こども型、家族型に入れるときは外国特にアメリカは23まで保険が利きます-日本は20歳までです.国上の違いでしょうか.
4.いろいろと資料を集められて比較してみてください.
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
さまざまなケースが予測されて決められずにいます。65才以降の保障が100万の終身と医療終身のみになってしまうのが不安なのですが、その分、現金貯金があればいいのかなぁとも思っています。なかなか貯金も難しいのですが。。。掛け捨ての安い終身というのはどういうものでしょうか?勉強不足ですみません。

お礼日時:2001/06/30 22:10

毎月いくら位の保険料負担を考えておられるのでしょうか。

また、何歳まで払えるのでしょうか。
多くの意見が出てくると思いますが、本当は、死亡保障は、終身で多いほうが後に残されるものはいいのですが、なかなか終身保障の金額を増やせないのでが現実です。
私なら、終身保険と逓減定期を2つの契約に分けます。終身保険は、大事に最後まで変えないようにし、逓減定期等は、子供等の扶養にかかる金額で別に増額したり、減額したりします。割合は、支払ができる金額で、また、現在、終身型の変額保険が外資系生保で発売されています。月々の保険料としてみると通常の終身保険よりかなり割安です。

ガン保険と終身医療保険ですが、アリコの終身保障は、終身保障ですが保険料の負担も終身だったと思います。退職後の保険料の負担はできますか。老後の保険料負担は現在は少額でも負担に感じると思います。
安○火○ひまわり生命では、終身保障で保険料の払込は、60歳払込終了や一定条件で保険料が安くなっていくものもありますので、医療保険については、一度調べてみてください。
また、下記の生命保険協会のページで出てくると思いますが、奥様の死亡保障は、必要ないのでしょうか。会社によっては、夫婦でひとつの死亡保障を共有できる保険もありますよ。(連生終身といいます。)

参考URL:http://www.seiho.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。今検討しているのは終身医療も逓減定期も終身も65歳払い済みです。ガン保険は金額が3千円くらいなので終身でも払っていけるのではと考えていますが・・・甘いでしょうか?
定期だけ別に単体で入ることは可能なのでしょうか?
もう少し資料を集めて研究してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険?終身(総合)保険?医療保険(終身?定期?)

はじめまして
現在なのも加入してなく新たに保険加入しようとしている 結婚している子供もそろそろと考えている29歳男です 相談にのってください
保険の種類は数知れず どれに入ればいいのか比較もしずらくわかりません 掛け捨てがいいよ医療保険は掛け捨て+年金保険で利回り良資金運用 総合に一本はいっておけばといろいろな考え方があるのでしょうが わたしはまずは入院特に長期の入院に備えたい、
次に残させる家族に備えたい、そして最後に資産形成
と考えます。考え方から商品等いいもの知っている方教えてください

Aベストアンサー

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼できるライフプランナー(保険外交員等)を備えることも同時進行ですすめていただきたいです。
さて前置きでおわっちゃうところでした(A^^;)
1:入院の備え・・・単体の終身医療保険がよろしいかとおもいます。日額1万円は必須でしょう。
2:家族への備え&資産形成・・・いい商品・・じつはこれが一番イイ!というのは、一番アナタに合っている!という事であります。おこさまはこれからですので、23年位はしっかりした保障が必要かと。
そして、敢えて資産形成はもう少しあとにスタートしてもいいかと。先の2本が先決と思いますので。
むしろ、奥様の医療保険が先かな、と。妊娠が解かる前に。ただしトラブルにならぬよう、告知はありのままにしてくださいね。
お子様がいらっしゃるようになると、逓減タイプの商品をご検討されるとよろしいかと思います。みなさまのご健康と安心ライフプランの早期獲得をお祈り致します。

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼でき...続きを読む

Q■逓減定期終身保険の見直し■

義理の母が支払いが大変なので見直したいと相談されましたが、全くの初心者ですので助けてください。

母 70歳 現在は大きな病気なし
保険種類:安田生命 逓減定期保険特約つき5年ごと利差配当付新・終身保険 はつらつ世代
年払い保険料:302560円
死亡保険金:3,000,000円
逓減定期保険特約10年:基本保険料12,000,000円
逓減周期:10年 逓減額:528000円
傷害特約:10年 3,000,000円
新・災害入院特約10年、新・疾病入院特約10年、
女性専用医療特約10年、がん入院特約10年ともに5,000円
契約時期:平成10年4月
契約年齢:63歳

他に補足があれば聞いてください。
どうか良いアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

2度目の回答です。

特約保険料の内訳は保険会社に聞くか、設計書があれば書いてあります。

終身保険が300万円ということが正しければ、特約保険料は安い方かもしれません。

ほけんりょうの負担が大きいなら掛け捨ての定期保険部分は解約した方が良いと思います。お金があまっていて万一の時子供にお金を残したいたいのであればそのままの方が一般論として良いでしょう。

入院・介護も同様で保険料との兼ね合いになると思いますが、解約返戻金も保険会社に聞いてみると結構貯まっているのではと予想します。

内訳がわからないと高いか安いか不明です。

「がん」での健康保険についてはご主人の保険が使えるかどうかでなく。治療法や抗ガン剤が健康保険で認可されているかどうかということです。
例:アメリカで、新発売の抗ガン剤が、日本ではまだ認可されていない場合などです。がんが全て自由診療ではありません。

がん保険では「プチがん保険」とか「保険金額を自由に設定できる保険」がでています。予算が少なくて、全く保障が無いよりは良いとおもいましたので書きました。

2度目の回答です。

特約保険料の内訳は保険会社に聞くか、設計書があれば書いてあります。

終身保険が300万円ということが正しければ、特約保険料は安い方かもしれません。

ほけんりょうの負担が大きいなら掛け捨ての定期保険部分は解約した方が良いと思います。お金があまっていて万一の時子供にお金を残したいたいのであればそのままの方が一般論として良いでしょう。

入院・介護も同様で保険料との兼ね合いになると思いますが、解約返戻金も保険会社に聞いてみると結構貯まっているのではと予想...続きを読む

Q■逓減定期終身保険の見直し■2

以前アドバイスをお願いした者ですが保険の詳細が分かりましたので再度質問をさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

前回の質問は
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1230931

保険料の内訳
・主契約
 保険金300万円 保険料97,902円
・逓減定期保険特約
 保険金1200万円 保険料107,256円
・傷害特約
 保険金300万円 保険料1,356円
・災害入院特約
 日額5千円 保険料3,730円
・疾病入院特約
 日額5千円 保険料47,120円
・がん入院特約
 日額5千円 保険料9,095円
・女性専用医療特約
 日額5千円 保険料36,105円
上記の保険料合計¥302,560円(年払)

先日保険会社に問い合わせて出していただいた確認書によりますと、今解約すると解約返戻金は¥546,550円と記載があります。
他に補足があれば足しますのでよろしくお願いいたします。

前回質問へ回答くださった方
時間が経過しておりましたので再度質問いたしました。今回の内容も含めてアドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いします。

以前アドバイスをお願いした者ですが保険の詳細が分かりましたので再度質問をさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

前回の質問は
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1230931

保険料の内訳
・主契約
 保険金300万円 保険料97,902円
・逓減定期保険特約
 保険金1200万円 保険料107,256円
・傷害特約
 保険金300万円 保険料1,356円
・災害入院特約
 日額5千円 保険料3,730円
・疾病入院特約
 日額5千円 保険料47,120円
...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)現在の入院関係の補償は~月の保険料合計 11136円(年間133632円)=====⇒
3年後の更新後も入院の保障が欲しいということであれば、健康な間に見直しをした方が良いと思います。
3年間このままにして、終身保険の貯蓄部分で対応するという考え方もあります。
収入が少ないと負担が1割で済む自治体もありますので、よく確認した方が良いです。正しく理解していない日とが多いです。

(2)社会保障をうまくつかうという意味では日額3000円でも良いと思います。
がんの診断給付金は普通100万円(根拠はありません)ぐらいをおすすめしたいのですが高くなるので、50万円でプランを作りました。入院日額は1万円で無制限ですから絶対とはいえませんが、大丈夫でしょう。
がんの保障に対しては絶対的な根拠は私も含めて根拠はなかなかだせません。
日数についてはどこも無制限です。
今後、混合診療が認められれば、1万円前後が標準になるのではと個人的には考えます。
年齢が高いとがんの進行は一般的に遅いです。

年間10万円前後は浮くので、終身保険を含めて貯蓄にまわす方が良いでしょう。
「がん」以外はお金をもっているのが一番良いと思います。
介護状態ということもあります。
介護保険は支払い条件が厳しいのと年齢的に加入できたとしても高いので、貯蓄・家族の協力が良いと思います。

>(1)現在の入院関係の補償は~月の保険料合計 11136円(年間133632円)=====⇒
3年後の更新後も入院の保障が欲しいということであれば、健康な間に見直しをした方が良いと思います。
3年間このままにして、終身保険の貯蓄部分で対応するという考え方もあります。
収入が少ないと負担が1割で済む自治体もありますので、よく確認した方が良いです。正しく理解していない日とが多いです。

(2)社会保障をうまくつかうという意味では日額3000円でも良いと思います。
がんの診断給付金は...続きを読む

Q【至急!!】ガン保険と医療保険、終身と定期、どっちがいいの?

初めまして。

来月が誕生日で保険料が変わるので今週中に契約したいと思っています。
東京海上あんしん生命のガン保険と医療保険にはいるつもりなのですが、
終身(60歳払済)にするか、終身(終身払い)にするか、
10年間保障にするか迷っています。
今、24歳なのですが、終身にすると保険料が予算を超えます。
(でも払えない額ではありません。)
ですが、10年間保障ですと、当然10年ごとに保険料が値上がりするわけで、
54歳の更新時に、終身よりも高くなります。

先のことはわからないので10年保障を買うべきか、
先のことを考えて今終身を買っておくべきか、
その場合は終身払いにするか60歳払い済みにするか、
悩んでいます。

また、10年保障を買った場合、年々(というか10年ごと)に高くなる
このプランを自動更新で続けていくのがベストなのでしょうか?
それとも、あるタイミングで終身に変えるなど、
なにかよい方法があるのでしょうか?
その辺の見通しも立たず、悩んでいます。

どなたかアドバイス、お願いします。
ありがとうございました。

初めまして。

来月が誕生日で保険料が変わるので今週中に契約したいと思っています。
東京海上あんしん生命のガン保険と医療保険にはいるつもりなのですが、
終身(60歳払済)にするか、終身(終身払い)にするか、
10年間保障にするか迷っています。
今、24歳なのですが、終身にすると保険料が予算を超えます。
(でも払えない額ではありません。)
ですが、10年間保障ですと、当然10年ごとに保険料が値上がりするわけで、
54歳の更新時に、終身よりも高くなります。

先のことはわからないので10年...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんわ。
 東海あんしんも扱っているのでよく分かります。(医療・ガンは計7社取り扱っています。)
 終身と定期型ですね、これはもう考え方次第ですからどちらが良いのかは何十年も先の結果論になるのではと思います。54歳で終身より保険料が高くなる・・・見た目はそうなのですが、総払込保険料で比較してみて下さい。70代になって逆転すると思いますが。
 東海あんしんの終身型ガン、医療は、解約返戻金を低く抑えている分保険料を割安にしています。他社の解約返戻金有りタイプとなしタイプの中間くらいの保険料です。終身型だとあまり東海あんしんや解約返戻金なしタイプはお勧めしません。24歳という事ですから、終身医療でピーク時に返戻率が100%越えるものがあるからです。返戻率が高い保険ほど元が取れる確率も高くなります。東海あんしんは15%位でしょうかピーク時返戻率。同じような理由からア○コの終身医療も自分的に売り止めしてます。
 東海あんしんの定期型は自分的にはちょくちょく販売しています。保険料は高い水準ではないですし、90歳までの自動更新ができるのがいいです。(多くの会社で80歳までとなっています。)続ける続けないはその時考えればいい事です。自動更新の権利がある事がメリットです。
 定期型も他社には3分の2位の保険料水準の物があります。(掛け捨てなので安いほどいいです。でも90歳までの自動更新は捨てがたい。)

 と言った所で、他社終身医療5000円+東海あんしん定期型5000円、他社定期型5000円+東海あんしん5000円、みたく敢えて分けることも選択肢として実際やっております。東海あんしんは現在格付けは高いですが、何十年か先の事は分かりません。会社を複数分けることは破綻リスクの軽減にも繋がります。
 終身型と定期型の組み合わせもアリです。
 ベースは下の方と同じく、日額5000円でいいと思います。高額療養費として月63600円を超えた支出は還付されます。(高所得者は別な計算)単純に30日で割ると
2120円です。高額療養費は暦通りの1ヶ月ですから、月をまたがるともう63600円の自己負担分がかかる場合があります。2120円×2の4240円、これが保険診療の自己負担の上限とも言えます。(差額ベット代、食費、雑費が他にかかる場合が。)
 今後健康保険は70歳までは3割負担、75までは2割負担、75歳以降は1割負担と、ますます医療費が引き上げられます。70歳というのは色んな意味で節目になると思います。その時になって保険の継続の有無を考えればいいのではないでしょうか。

 こんばんわ。
 東海あんしんも扱っているのでよく分かります。(医療・ガンは計7社取り扱っています。)
 終身と定期型ですね、これはもう考え方次第ですからどちらが良いのかは何十年も先の結果論になるのではと思います。54歳で終身より保険料が高くなる・・・見た目はそうなのですが、総払込保険料で比較してみて下さい。70代になって逆転すると思いますが。
 東海あんしんの終身型ガン、医療は、解約返戻金を低く抑えている分保険料を割安にしています。他社の解約返戻金有りタイプとなしタイプ...続きを読む

Q逓減型定期保険

逓減型定期保険について教えて下さい。

1.逓減する率が少ないものを探しています。(50%以上)
  ソニー生命では20%型とのことでした。他の会社ではどうでしょうか?

2.将来インフレを想定すると、逓減型は危険でしょうか?

Aベストアンサー

加入の目的と50%以上の理由が良くわkりませんが、
1.東京海上あんしん生命では40%型・60%型があります。
2.インフレリスクは確かにありますが、現状がデフレスパイラルと騒がれている  状況では10年ぐらいは心配無いと個人的には考えています。
  遺族年金などの保障は今の制度ではインフレになると支給額も増えるので、イ  ンフレ分を全部自分で保険に頼る必要はありません。

加入目的を整理して、
 家族への生活保障(住宅費・養育費・奥さんの生活保障)「万一の場合」
 老後の生活資金「万一でない場合」
 また、一つの保険で全てに備えるより、必要な保障に合わせて、いくつかに分け ると良いでしょう。
 定期保険に収入保障特約を上乗せするというやり方もあります。
 会社により「収入保障特約」の内容が全く変わりますが、上記の東京海上あんし ん生命ではお子様の経済的な自立年齢(一般には22歳)まで毎月、○○万円を ずっと支給する特約です。満期直前で亡くなった場合でも最低5年間支給という
 設定もできます。

遺族年金などの公的保障をしっかり計算できる所に相談した方が良いでしょう。

加入の目的と50%以上の理由が良くわkりませんが、
1.東京海上あんしん生命では40%型・60%型があります。
2.インフレリスクは確かにありますが、現状がデフレスパイラルと騒がれている  状況では10年ぐらいは心配無いと個人的には考えています。
  遺族年金などの保障は今の制度ではインフレになると支給額も増えるので、イ  ンフレ分を全部自分で保険に頼る必要はありません。

加入目的を整理して、
 家族への生活保障(住宅費・養育費・奥さんの生活保障)「万一の場合」
 老後...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報