【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

65歳からの年金はいくらもらえるか?

A 回答 (2件)

こちらで計算できますよ。



http://stages.jp/nenkin/
    • good
    • 3

貴方が掛けた金額・期間に拠ります。

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?

Q75歳以降の年金の手取りついて、アドバイスお願いします。

1人暮らしで(賃貸)
75歳以降の年金の手取りついて、アドバイスお願いします。

公的年金 年額150万
個人年金 年額240万

390万のうち手取りはいくらぐいになるのでしょうか?
大体15%ぐらいは引かれて、330万程度と聞きましたが
合ってますでしょうか?

【引かれるもの】
後期高齢者医療費
介護保険料
所得税・住民税

他にありますでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

個人年金ご検討の方でしたね。
個人年金の雑所得がみえてこないので
なんとも言えないです。

公的年金(老齢年金)は明確で、
150万-公的年金等控除120万
=30万の雑所得となりますが、

個人年金は
年金-経費(総支払保険料÷受給期間)
=雑所得
となります。

他のご質問にあった『グランエイジ』なら、
年金額より保険料が上回るので、
所得0となるでしょう。

仮に公的年金の雑所得30万だけだとすると、
下記の基礎控除で、所得税は非課税となり
ます。
     所得税 住民税
①基礎控除 38万 33万

住民税は地域によって、
所得28万以下あるいは35万以下で
非課税となるので、
35万以下の地域では非課税。
28万以下の地域では均等割のみ
5000円(これも地域により多少差がある)
課税となります。

こうなりますと、
後期高齢者医療制度の保険料は高くても
年間1万程度です。
介護保険料は少し高くなり年間5~6万

税金はほぼ非課税となります。

ですから、390万の収入のうち、
引かれるのは7万程度となり、
★手取りは383万となります。

これはあくまで、個人年金が支払った
保険料より少ない場合ですので、ご承知
おきください。

また、20年以上先のお話と思いますので
社会保障(医療費、介護費)の財源が益々
不足する事態となると、制度が変わって
いくことが十分考えられます。

参考
東京都渋谷区 介護保険料
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/fukushi/kaigo/hokenryo.html

介護保険料の例
http://www.tokyo-ikiiki.net/_res/projects/default_project/_page_/001/000/531/hokenryou.pdf

個人年金ご検討の方でしたね。
個人年金の雑所得がみえてこないので
なんとも言えないです。

公的年金(老齢年金)は明確で、
150万-公的年金等控除120万
=30万の雑所得となりますが、

個人年金は
年金-経費(総支払保険料÷受給期間)
=雑所得
となります。

他のご質問にあった『グランエイジ』なら、
年金額より保険料が上回るので、
所得0となるでしょう。

仮に公的年金の雑所得30万だけだとすると、
下記の基礎控除で、所得税は非課税となり
ます。
     所得税 住民税
①基礎控除 38万 33万

住民税は...続きを読む

Q7000万の相続財産

母が亡くなり、資産をざっと計算したところ、7000万余あります(金融資産のみ)。相続人は父と子ども2人です。

控除額は4800万ですので、2000万余に相続税がかかりますが、1割くらいですか?

母は一応専業主婦でしたが、父が副業としていたアパート経営の管理、事務などをやっていましたので、給料を貰う形にしていたと聞いています。父の名義預金と見なされる恐れはないと解釈してよいでしょうか?

税理士を頼んだ方がいいとも聞きますが、いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1様の相続税計算はまちがい。
NO.2様の相続税計算があってます。
法定相続分で遺産分割をしたものとして、各人の相続税額計算をし、それを合算して相続税の総額を出します。遺産分割をどのようにしようと、この相続税の総額は変化しません。
ただし配偶者の税額の軽減により配偶者が法定相続分の相続をしたとき、あるいは1億6千万円以下の遺産相続をした際には「配偶者の納税する相続税額はゼロ」となります。

母上の残した預金が「実は父のものである」と帰属認定されたらどうしようと言われてますが、その場合には母の遺産に含めなくても良いのですから、相続税は安くなります。
ところで、父が副業としていた不動産収入から給与を貰っていたというのは、実は「本当かい?」と疑問に感じます。
副業である不動産収入について事業的規模であれば、青色申告することで青色事業専従者給与を支払う事が可能ですが、事業的規模でないと青色申告の承認を受けていても青色専従者給与の経費計上は否認されます。これは給与として支払っても物理的には税務署が否定しないが、それは給与として経費とできず、たんに父が母にお金を渡していたという事実に過ぎないだけです。
生活費として渡していたというならば、あえて給与として払っていたと「こじつけ」する必要がないのです。
事業的規模の不動産収入を得ていたというのでしたら、そこから母に支払いされた「給与」は、当然に母の名義です。

とにかく「母の名義預金だが、父に帰属する」という話は、怖れるべきものではありません。

税理士の事。
相続財産が金融資産だけならば、財産評価は困難ではありません。死亡日での残高がそのまま評価額になります。株式などをお持ちであったなら、死亡日を基準としての評価方法がありますが、それほど複雑困難なものではありません。めんどうなだけです。

国税庁作成の「相続税申告の手引き」をよく読めば相続税申告書は作成できると思いますが、失礼ながら「えらいもんに手を付けてしまった」と思うかもしれません。
慣れた人(税理士やその事務所職員)なら、ホイホイと作成できるでしょうが、ど素人ができるようには国税庁は述べてません。専門用語が平気で使用されてます。

 相続税には「相続発生3年前の日以後の贈与財産を、相続財産に加える」という規定があります。
これについては、母が生前に子や孫に贈与をしたことがないと言い切れるならば、考えなくてもよいです。
「うん。結構そういうことをしていた」というのでしたら、またまた失礼ですが「餅は餅屋」なので、税理士に依頼された方が良いと存じます。
金融資産だけですので、それほど報酬は高くないでしょう。
既述ですが資産の中に株式があると「ちょっと面倒」ですが。
母から相続時精算課税制度を利用しての贈与を受けていた者がいるというならば、迷わずに「税理士に依頼」です。

相続税法は、贈与税に特例ができたり、なんだかんだで複雑怪奇性を高めてまして、税理士でさえ「私は相続税はやらない」という人がいるくらいです。
一歩間違えると、追徴金額が報酬額など吹っ飛ぶほど発生するのが理由です。
その意味では、万一を考えて「相続税を得意にしてる税理士を探して依頼する」が正。

NO.1様の相続税計算はまちがい。
NO.2様の相続税計算があってます。
法定相続分で遺産分割をしたものとして、各人の相続税額計算をし、それを合算して相続税の総額を出します。遺産分割をどのようにしようと、この相続税の総額は変化しません。
ただし配偶者の税額の軽減により配偶者が法定相続分の相続をしたとき、あるいは1億6千万円以下の遺産相続をした際には「配偶者の納税する相続税額はゼロ」となります。

母上の残した預金が「実は父のものである」と帰属認定されたらどうしようと言われてますが、その...続きを読む

Q国民年金保険料は、高いと思いませんか?ちなみに、今年度は、16490円です。本当に国民年金保険料を廃

国民年金保険料は、高いと思いませんか?ちなみに、今年度は、16490円です。本当に国民年金保険料を廃止か値上げを辞めてほしいと思う。

Aベストアンサー

本当に高いと思います。

Q公務員やサラリーマンの配偶者の専業主婦(いわゆる二号保険者)。夫に先立たれたら年金はどうなる?

公務員の妻やサラリーマンの妻は、夫が社会保険料を支払い続けている限り、妻も自動的に社会保険料を支払っていることになっている、と聞きました。
いわゆる二号保険者というヤツです。
そして夫の定年退職後、夫の勤続年数に応じて一緒に年金をもらえる、とも聞きました。

さて、この二号保険者ですが、夫に先立たれたらどうなるのでしょうか?
その時点で年金支給打切りでしょうか?
それとも死ぬまで受給できるのでしょうか?
夫の死にともない、多少の減額とかあるのでしょうか?

まあ、ケースバイケースとは思いますが、とりあえず以下の条件としてください。
夫は年金受給条件に必要な加入年数を満たし、その間、未納はない。
夫婦とも20代で結婚した。(夫が70歳で妻が16歳、といったような極端な年齢差は無い)
夫、妻、ともに年金支給は開始している。

とりあえず上記の条件での回答をお願いします。
これ以外のレアケースやよくあるケースでのご回答があればオマケでお願いします。

Aベストアンサー

No.6 Moryouyouです。

すみません。下書きのコピペが足りず、
舌足らずになっていたので、補足します。

>夫に先立たれたらどうなるので
>しょうか?
遺族厚生年金や遺族共済年金が受給
できます。

>その時点で年金支給打切りでしょうか?
夫の老齢基礎年金、厚生年金や共済年金は
打ち切りとなります。
遺族の妻や子に、
夫の厚生年金、共済年金の3/4にあたる
遺族厚生年金や遺族共済年金受給が
できます。

>死ぬまで受給できるのでしょうか?
ここは条件があります。
再婚や養子となった場合打ち切りに
なります。

>夫の死にともない、多少の減額とか
>あるのでしょうか?
夫の厚生年金、共済年金の3/4にあたる
遺族厚生年金や遺族共済年金を受給する
ことになるので、減額と言えば減額です。
詳細は先述回答を見てください。

http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html

先述の補足で、
共済年金では、
③や⑨の職域加算はありますが、
サラリーマンにはありません。
サラリーマンは企業年金や年金基金
を受給することになります。

No.6 Moryouyouです。

すみません。下書きのコピペが足りず、
舌足らずになっていたので、補足します。

>夫に先立たれたらどうなるので
>しょうか?
遺族厚生年金や遺族共済年金が受給
できます。

>その時点で年金支給打切りでしょうか?
夫の老齢基礎年金、厚生年金や共済年金は
打ち切りとなります。
遺族の妻や子に、
夫の厚生年金、共済年金の3/4にあたる
遺族厚生年金や遺族共済年金受給が
できます。

>死ぬまで受給できるのでしょうか?
ここは条件があります。
再婚や養子となった場合打ち切りに
...続きを読む

Q年金に詳しい方、教えて下さい

私は、26歳から仕事を初め、年金料を支払ってきました(支払っていない期間無し、年金定期便等で確認済み)現在60歳越えましたが、(医師のため65歳定年)で正規雇用で以前同様、年金を貰わず、社会保険料を支払っています。

①年金の1階部分は現在で35年になりますが、これは定年まで支払っても(満額40年に1年足らない感じです)この1年はどうしたらいいでしょうか。
②もし定年後他社で正規で雇用された場合、この1階部分が40年を越えると支払い義務は無くなり、2階部分はどうなりますか(支払わないと言えるのでしょうか)
③65歳以後、雇用されたら、給料と年金を貰ったら、この年金にも通常の、所得税がかかるのでしょうか。

Aベストアンサー

>60歳で国民年金(老齢基礎年金)が終了
>だそうですが、老齢基礎年金は26歳から
>60歳で支払い終了と言う事ですか。
そういうことです。

>今月も社会保険料を支払っています
>(これは厚生年金部分だけ)ですか。
そういうことです。
国民年金加入者なら、60歳で保険料の
支払いは終了です。
厚生年金加入者は国民年金加入者より、
かなり有利な条件で年金受給できます。
その代わり、保険料は20~60歳以外の
加入者でも変わらずに支払う制度と
なっているのです。
いまいちな制度ですけどね~A^^;)

そのために、定年された人のために
60歳以降の国民年金の任意加入制度
があるのです。
厚生年金は加入継続しつつ、年金受給
される場合は、65歳、70歳で受給額が
改定されます。

60歳以降の年金制度については、
よく把握された方がよいですよ。
リタイアする人のための制度に
なっていますから、いろいろ支障や
制約があるのです。

Q65歳まで働いても年金は月20万?

ネットで見たのですが、
来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
妻は専業主婦でまだ60歳前、年金受給年齢になっていないのでご主人の方に加算が付いている可能性ありですが…。

ちなみに、その男性は現在、毎月給与として口座に振り込まれる額が85万とのこと。
手取り月給が85万ってことですよね?
月給だけでも(社会保険と税金以外の控除無しと考えて)手取りは1400万はある状態ですよね?
(ボーナスあればもっと多い…)

60歳過ぎてこの位高給を頂ける方は現役時代もある程度年収が有ったと思います。

それでも65歳からの年金額は月20万弱(実際は19万ちょっととのこと)しか貰えないのでしょうか?
この年金額は、老齢基礎年金は含んでいないのでしょうか?

厚生年金が標準月額62万(実質60万ちょっと)で頭打ちになるのは知っています。

仮に、大卒で60歳(38年)、65歳(43年)、標準月額がずっと最高額だった場合、厚生年金の支給額は幾らになるのでしょうか?

また、現在、大卒の方が頂いている厚生年金の平均受給額は幾らでしょうか?

(今の全体平均が夫婦で22万チョットと聞くので、妻の基礎年金引くと夫側だけで16万弱なのかな位の知識はあります)

うちも夫が49歳でそろそろ老後の設計を具体的にする必要があり、記載の男性の例が本当なら、うちの年金額も期待できないな…と心配になりました。
今まで何度も立て直してきた計画では受給額2割減まで想定してましたが…。
(実際は夫は厚生年金基金と企業年金も別にあるらしし来年50歳にならないと目処も立ち難いのですが)

詳しい方よろしくお願いします。

ネットで見たのですが、
来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
妻は専業主婦でまだ60歳前、年金受給年齢になっていないのでご主人の方に加算が付いている可能性ありですが…。

ちなみに、その男性は現在、毎月給与として口座に振り込まれる額が85万とのこと。
手取り月給が85万ってことですよね?
月給だけでも(社会保険と税金以外の控除無しと考えて)手取りは1400万はある状態ですよね?
(ボーナスあればもっと多い…)

60歳過ぎてこの位高給を頂ける方は現役時代もある程度年収が有ったと...続きを読む

Aベストアンサー

> ネットで見たのですが、
> 来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
その方のデータが不明なので推測となりますが、次のようなことが考えられます。
 1 比較的賃金格差が大きな会社にずっと勤めていた。
 2 厚生年金の加入期間が短い
    ⇒国民年金第1号被保険者であった期間が長い
 3 厚生年金基金に加入していた場合、厚生年金基金に加入していた期間は老齢厚生年金の金額計算対象外。
    ⇒別途、厚生年金基金(または企業年金連合会)から、厚生年金基金加入期間に対する年金給付があります。
 4 現在受給している在職老齢年金が支給調整となっており、その調整後の金額を書いている
 5 60歳以降65歳までの加入期間に対する老齢厚生年金の増加額を書いている。

> うちも夫が49歳でそろそろ老後の設計を具体的にする必要があり、記載の男性の例が本当なら、
> うちの年金額も期待できないな…と心配になりました。
毎年誕生月に届いている「ねんきん定期便」は見ていますか?
そこに記載されている年金予想額は、現時点での保険料納付記録に基づく予想額[※]
  ※変な説明をすると、基準日以降は保険料を滞納した場合の金額です。
その予想額を厚生年金の加入月数で割り、60歳までの加入月数を掛けることで、おおよその給付額は出ますよ。但し、基金や企業年金からの分は「ねんきん定期便」には金額記載されませんので、加入している団体に問い合わせるしかありません。
 [例]
  ○条件設定内容
  ・年金の加入期間 348月
    ⇒20歳から49歳までの29年
  ・老齢基礎年金の金額欄 月額47,500円
    ⇒因みに、満額は786,500円(年額)
  ・老齢厚生年金の金額欄 月額200,000円
  ○60歳定年で65歳から貰う老齢給付[老齢基礎年金+老齢厚生年金]の推測額
   (47,500+200,000)×480月÷348月
   =247,500×40年÷29年
   ≒341,400円

> ネットで見たのですが、
> 来年65歳で定年退職する方が、年金額が月20万弱とのこと。
その方のデータが不明なので推測となりますが、次のようなことが考えられます。
 1 比較的賃金格差が大きな会社にずっと勤めていた。
 2 厚生年金の加入期間が短い
    ⇒国民年金第1号被保険者であった期間が長い
 3 厚生年金基金に加入していた場合、厚生年金基金に加入していた期間は老齢厚生年金の金額計算対象外。
    ⇒別途、厚生年金基金(または企業年金連合会)から、厚生年金基金加入期間に対する...続きを読む

Q私の母は無くなった父の遺族年金を160万、自身の厚生年金と国民年金を60万、合わせて約220万受けと

私の母は無くなった父の遺族年金を160万、自身の厚生年金と国民年金を60万、合わせて約220万受けとっています。
これだかの年金を受け取っていて扶養家族に入れますか?
周りに聞くと遺族年金は除外されるので、自身の年金60万だけだから入れると聞きました。本当ですか?

Aベストアンサー

社会保険の扶養家族としての加入は
できません。
条件としては、遺族年金も収入とみて、
180万未満となるので、対象外です。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

税金の扶養控除の条件には、遺族年金の
収入は所得とみなしません。
ご質問文面のとおり、60万だけが公的年金
の収入とみなされ、公的年金等控除120万
が差し引かれる(60万-120万≦0)ため、
★非課税の扱いとなり、扶養控除の条件の
所得38万以下を満たすため、扶養控除の
申告は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

但し、扶養控除申告をすると、その後、
お母さんは臨時福祉給付金が受け取る
ことができなくなります。
http://www.2kyufu.jp/

ご留意下さい。

Q厚生年金代行返上部分は年金通知書には反映されないのですか?昨年と今年を比較した場合、報酬比例部分が若

厚生年金代行返上部分は年金通知書には反映されないのですか?昨年と今年を比較した場合、報酬比例部分が若干少なくなっているので。

Aベストアンサー

代行返上部分は、国から老齢厚生年金として支給されますから、当然、反映されます。
ただ、年金額は毎年毎年改定される性質を持っており、かつ、報酬比例部分の額は、毎年、再評価率といったものを掛け合わせて、全体が計算し直されます。
したがって、同じ「報酬比例部分」であっても、年によって、その額が変動することがあたりまえです。
昨年と比べると、年金額(再評価率を含む)が下げられていますから、額が減少しているのが普通です。

Q障害基礎年金と、児童扶養手当を一緒に貰える事はできないのでしょうか? まえに年金機構に電話した所 配

障害基礎年金と、児童扶養手当を一緒に貰える事はできないのでしょうか?
まえに年金機構に電話した所
配偶者がいないともらえないといわれたのですが
こちら母子家庭で子の加算額は、1人です。

Aベストアンサー

基本的には、子の加算額のほうが優先されます。
したがって、児童扶養手当を受けられないことがあります(以前は、年金を受けていると児童扶養手当を受給できませんでした。)。

法改正により、平成26年12月から取り扱いが変わっています。
同一の子を対象とした「障害基礎年金の子の加算額」と「児童扶養手当」を受けられる場合は、一律に「子の加算額」を優先して受給します。
その上で、「子の加算額」<「児童扶養手当の額」という大小関係のときに限って、「児童扶養手当の額」-「子の加算額」という差額だけを、児童扶養手当として受給できます。
「年金額」との差額を取るのではありませんから、回答 No.1 は間違いです。
(http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tokureiho/20141209.html)

児童扶養手当には、以下の2種類あります。
もともとはそれぞれが別のものでしたが、現在はどちらとも「児童扶養手当」といいます。
それぞれ混同されやすいので、注意が必要です。

1.ひとり親家庭のとき、その親に支給されるもの(親本人が障害を持っているときも)
2.ひとり親家庭でなく、その親が障害者のとき、その配偶者に支給されるもの(親本人の手当ではない)

あなたの場合は、1に相当します。
配偶者がいるときは2です。配偶者に児童扶養手当が支給されるのですが、しかし、子の加算額にも影響してくるのです(今回、2は関係ありません。)。

児童扶養手当を受ける場合には、住所地の市区町村役場のひとり親家庭施策担当課にご相談下さい。
併せて、必ず、住所地の市区町村役場または年金事務所で「児童扶養手当を受ける」旨を伝えて、子の加算額との関係を調整し直す書類を提出して下さい。
要は、双方でそれぞれの手続きが必要です。お忘れなく。

基本的には、子の加算額のほうが優先されます。
したがって、児童扶養手当を受けられないことがあります(以前は、年金を受けていると児童扶養手当を受給できませんでした。)。

法改正により、平成26年12月から取り扱いが変わっています。
同一の子を対象とした「障害基礎年金の子の加算額」と「児童扶養手当」を受けられる場合は、一律に「子の加算額」を優先して受給します。
その上で、「子の加算額」<「児童扶養手当の額」という大小関係のときに限って、「児童扶養手当の額」-「子の加算額」という差...続きを読む


人気Q&Aランキング