はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

外貨預金について少し勉強して、ためしに小額で試してみようと思っています。

現在、ソニー銀行で口座を開設したのですが、為替差損益や為替コストのことなどで理解が不十分なので、確認させていただきたいと思います。

たとえば、ニュージーランドドルで外貨預金、その後日本円に戻す場合。

TTS 円/NZドル=70
だとして、
50万円分をニュージーランドドルで外貨預金すると
70+手数料50銭=70,5
500,000円÷70,5→7092NZドル

これを
TTB 円/NZドル=72
のときに戻すと
72-手数料50銭=71,5
7092×71,5→507,092円

と、7,092円の利益

という計算でいいのでしょうか。

TTS TTM TTBや、手数料なども含めてもう少し詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 初心者は「外国為替保証金取引」は


「株」と同じと考えて下さい。
(株の信用取引がわかれば、さらに近いです。
株の信用取引がわからなければ、
それでもよいでしょう)

 株を買う時、証券会社にお金を持って行って
注文しますね。注文が成立したら現金は株券に
変わる訳です。
 株の配当はスワップポイントと同様と考えて下さい。
但し、スワップポイントは毎日加算されるけど
決済しないと受け取れないと考えて下さい。
 また、外国為替保証金取引では約定しても
株券という目に見えるものはなく、「契約」という
目に見えないものが成立します。最近は株を
買っても証券会社に預けておくので同じですね。

 買った株が値上がりすれば売りますよね。
売ったら値上がりした利益と共に証券会社から
受け取りますよね。現金を受け取らず、お金は
証券会社に預けておいたままで、また、株が
値下がりをするのを待って値下がりしたら、
また、買うという方法もありますね。
 外国為替保証金取引もそれと同じです。
買って値上がりしたので売ったら、FXの
会社の自分の口座に入金され、この時、
スワップポイントもいっしょに入金され、
それを引き出すのも引き出さずに預けて
おくのも自由です。
 株の配当の受け取り方とスワップポイントの
受け取り方が少し違うのと、利回りが、
ぜんぜん、違うのが注目するべきポイントです。
(それはメールマガジンで読みましたね)

 株の信用取引の場合、持っている株を売るだけでなく、
下がると思ったら「空売り」と言って、
持っていない株を売る事もできます。
 外国為替保証金取引でも同じ事ができます。
但し、今、日本円は世界で一番金利が安い通貨なので
「持っていない外貨を空売り」したら、
スワップポイントを支払わなければなりません。

 ちなみに、外国為替保証金取引で外貨を買っても
ほとんどの会社は反対売買で決済しますが、
中には外貨で受け取る事ができる所もあります。
これは株の信用取引と同じです。

P.S.
 「FMCXのタイムラグ」を回避する為には、
常に多い目に保証金を入れておけば良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございます。
FXCMサイトと、みなさんの回答により、外国為替保証金取引について少しではありますが理解してきました。

ためしにFXCMの体験版に挑戦してみようかと思います。
ご解答ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 13:22

利益は、円/NZD(NZD円) だと、円ででます。



資産    保証金  外貨   邦貨  スワップ NZD-JPE
500000     0    0    0      0 69.59(BID69.50)
10万ドル買いポジション
   0   500000 100000 6959000     0
時間が経って 72.5になる 30日で、スワップが 120円とすると
   0   500000 100000 7250000   34800 72.50(BID72.59)
10万ドル決済(反対売買)する。
805800     0    0    0     -
(725000-695900=291000:スポット利益)
((30-1)×120 = 34800:スワップ)
(         20000:手数料)

とこんな動きになります。

桁がずれてたらごめんなさい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だいぶ理解してきました。
ただ、やはり株に近い分、リスクも高いということもわかってきました。

ためしにFXCMの体験版で練習がてら挑戦してみようかと思います。

長々と質問してしまい、そのつど回答をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 13:19

スポット利益(損失)は、レートで何円動いたか×持ってる通貨の量 ですから、juniorjuniiorさんのソニーバンクの例の場合だと、7092×(72-70)という意味です。


私の例(#5)で言うと、100000×(72.50-69.59)の291000というのがスポット利益(損失)になります。
これから、手数料を引き、スワップによる利益を足すことによって、実際の利益が確定されます。

#9さんへの質問ですけど、レバレッジはFX会社によってさまざまです。それに、為替は変動がありますから、固定では有りません。

外為●っとこむは みずほ・三井住友・UFJ・JNB・東京三菱・イーバンク・スルガ銀行 の各行から、即時入金ができます。入金にかかる時間は数秒(+キー入力の時間)くらいです。
ネット銀行だけでなく、ごく普通の都市銀行からでも、土日祝日関係なくすぐに振込みを行って、資産に反映できます。(自分の出金用口座の銀行だけでなく、どこの銀行でもOK)これは、便利な反面、#9さんのおっしゃるように、「やらなきゃ良かった」という目にあう可能性もありますが(^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も丁寧に回答いただきありがとうございます。

前にも質問しているのですが、たとえばスポット利益とスワップによる利益が出た場合、この利益はどの通貨で、どこに貯めておくのですか?

外貨預金の場合、その利益がそのまま元手とともに戻ってくるので、それを元本にして再び外貨を購入することが出来ますが、そもそもフォレックスはポジションを購入して、実際よりも何倍も多くの外貨を購入するのと同じ取引が出来るところが魅力なので、出た利益を元手にすること自体あまり意味がないわけですよね?

理解不足なので、言っていることがめちゃくちゃかもしれません。ご指摘いただければと思います。

お礼日時:2004/08/27 20:39

「livedoorFX」と「FXCM」の違い



「livedoorFX」と「外為●っとこむ」はほぼ同じです。
すでに説明されているけど簡単にまとめると

「livedoorFX」
・手数料が高い
・証拠金が高い(1万NZドルで5万円)
・スワップポイントはほんの少し高い
・ジャパンネット銀行で入金すると即反映される

「FXCM」
・手数料が安い
・証拠金が高い(どの通貨も1万単位で2万円)
・スワップポイントはほんの少し安い
・送金してから口座に反映されるまで時間がかかる

という事で一般的には「FXCM」の方が有利です。
リスク分散の為にも複数の会社で取引をしており
千単位で取引のできる「外貨ネクスト」という所も
利用しています。
「外貨ネクスト」はその他の特徴は「livedoorFX」と
たいだい同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少しずつではありますが、理解してきました。
ただ、疑問に残る点があります。

外貨預金の場合、円を中心に考えれば、
1ドル=100円のときに買って、1ドル110円のときに売れば良いわけですよね。
で、手元には円が残る。

しかし、フォレックスの場合、ドルを買ったとき、スワップポイントとして毎日いくらかの利益を得ることが出来るというのはわかるのですが、ココだという時にドルを売ると、日本円を買うわけですから、マイナスのスワップポイントが毎日つくということですか?

理想的なのは、
1ドル100円(外貨購入)→1ドル110円(売却)→待つ→1ドル100円(購入)→1ドル110円(売却)

ですよね?
でも、フォレックスの場合、この待っている間にマイナスがでてくるように思うのですが。

理解不足でしたらご指摘ください。

お礼日時:2004/08/27 20:32

#2、3、6です。

元々の質問者そっちのけで盛り上がっています。

 まず、レバレッジの高さは自分で管理していれば良い事でメリットはあってもデメリットはないでしょう。

 次に下記の件、fxcm5は取引外貨高が違いうので(最初の2つは1万ドルで、最後は5万ドル)、このように比較すると誤解を招く恐れがあるでしょう。5万ドルならスワップポイントも違ってきますしね。

1円反対方向にすすむと(損切りしたとして)
どっとこむ スポット損失 10000円 為替損益 -12000円
fxcm1 スポット損失 10000円 為替損益 -10500円
fxcm5 スポット損失 50000円 為替損益 -52500円

 「外為●っとこむ」と「FXCM」の前回書いた以外の違いとしては、スワップポイントは「外為●っとこむ」の方が少し多いです。だから、短期間に売ったり買ったりせず、スワップポイントをメインに考えるのなら「外為●っとこむ」、為替の変動で利益を上げるのは「FXCM」と使い分ければ良いです。(私は1人で使い分けています)

 もう1つ大きな違いは「外為●っとこむ」ではジャパンネットバンクで入金するとリアルタイムで口座に反映されますが、「FXCM」は都銀を利用しているので9時から3時の間しか送金が実行されず、急な為替の変動で入金しても間に合わない事があります。朝9時に入金されても、その後、人間が確認して口座に反映されるので、実際には朝10時か11時にならないと口座には入金されない。(そのタイムラグのお陰で決済された事もあります。それが結果的に良かったか悪かったかは別として・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

レバレッジの高さということですが、これは常に等比率で動くものなのですか?
また、その比較をしているようなわかりやすいサイトなどがあれば教えていただきたいです。

FMCXのタイムラグはちょっと考え物ですね。
どこがいいと一概に決めるのは難しそうです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/27 13:43

計算まちがい。


コピペすると間違えてしまう・・・ごめんなさい。

1円反対方向にすすむと(損切りしたとして)
どっとこむ スポット損失 10000円 為替損益 -12000円
fxcm1 スポット損失 10000円 為替損益 -10500円
fxcm5 スポット損失 50000円 為替損益 -52500円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No7と併せて、丁寧な説明ありがとうございます。

危険がはらんでいるということはよくわかったのですが、計算式がいまいち理解できません(恥)

スポット利益、損失の計算はどのようになっているんでしょうか。

すいません、興味がわいてきたのですが、小学生が高校の授業を聞いているような感覚です・・・

お礼日時:2004/08/27 13:27

#2,3,6さん


FXCM覗いてみました。 確かに手数料は安いですね。
でも、レバレッジが高いので、私にはちょっと恐いかも。

質問者さんへ:
用語ですが、フォレックスは外国為替保証金取引とか、証拠金取引などと呼ばれているものです。
外為どっとこむとか、FXCM、などが会社名です。
外貨預金は、円を等価で外貨に替え、その外貨自体を自分が保持します。ですから、外貨の価値が上がればその分利益になり、下がればその分損失になります。
保証金取引は、実際に外貨を持つのではなく、外貨のポジションを持ちます。そして、そのポジションを決済して(買いポジションを持っていれば売り、売りポジションを持っていれば買うという反対売買のことを決済といいます)その差額が、損益となるのです。
また、差額の決済になるため、資金は実際の外貨の10分の1とか20分の1で済みます。この保証金と実際の外貨の比率をレバレッジ(梃子)といいます。梃子(てこ)のように少し動けば何倍も反応すると言う意味でしょう。
ポジションとは、外貨をどういう状態(買いなのか売りなのか)で持っているかをあらわします。
ところが、たとえばNZDの金利は4%くらい(ですか?)なのに対して、円の金利は0%です。
NZDを持ってると、等価の円を持っているより、持っている期間の利息分を貰わなければNZDを持っているヒトが損をすることになります。
ポジションは、ほおっておくと、2日後に実際に決済されてしまいます。そこで、毎日、1日ずつ決済日を後ろにずらす作業がひつようです。
この作業をスワップと言い、このときに、通貨間の金利の差を清算します。いまのところ、円が一番金利が低いので、他通貨のポジションを買いで持っていると、金利収入となり、売りポジションで持っていると、反対に利息分を支払わなければなりません。
また、為替の損益や、スワップは、フォレックス会社に預けた保証金に金額にかかるのではなく、レバレッジの効いた10倍とか、20倍にかかります。ですので、為替が、(外貨預金と同じように買いポジションとして)円安方面に移行すれば大儲けできるかもしれませんが、反対(円高)方向に進めば、大損することになります。

うまい話ばかりではナニなので、外為どっとこむの場合レバレッジは10倍前後、fxcmは50倍(?)前後とします。
1万米ドルと保証金10万円で見てみます。
どっとこむ ポジション買 1万米ドル 手数料1000 保証金100000
fxcm ポジション買 1万米ドル 手数料250 保証金20000
fxcm ポジション買 5万米ドル 手数料1250 保証金100000

50銭目論見方向にすすむと      
どっとこむ スポット利益 5000円 為替損益 3000円
fxcm1 スポット利益 5000円 為替損益 4500円
fxcm5 スポット利益 25000円 為替損益 24500円

1円目論見方向にすすむと      
どっとこむ スポット利益 10000円 為替損益 8000円
fxcm1 スポット利益 10000円 為替損益 9500円
fxcm5 スポット利益 50000円 為替損益 47500円

50銭反対方向にすすむと(損切りしたとして)
どっとこむ スポット損失 5000円 為替損益 -7000円
fxcm1 スポット損失 5000円 為替損益 -5500円
fxcm5 スポット損失 25000円 為替損益 -27500円

1円反対方向にすすむと(損切りしたとして)
どっとこむ スポット損失 10000円 為替損益 -7000円
fxcm1 スポット損失 10000円 為替損益 -5500円
fxcm5 スポット損失 50000円 為替損益 -52500円

というように、フォレックスを使うと、レバレッジがたかければたかいほど、大きな儲けも得られますが、相場が想定した方向に動かなければ、大損。下手すると、追証(おいしょう:追加保証金)が必要に成る場合も可能性としてはあります。

他の会社に有るのかは知らないですが、どっとこむのほうは、レバレッジ比を数倍に抑えた、スワップ収益だけを目的とした商品も有ります。わたしはやってませんが、外貨預金並みの手軽さでできようなきもします。

リスクを理解して、余剰資金を利用するなら、フォレックスもいいかもしれません。
ソニー銀行も今の手数料の優遇があるんだったら、他の都市銀行に比べてかなり良いような気もします。
    • good
    • 0

#2&#3です。



 なるほど、#5さんの説明によるとソニー銀行はシティバンクより有利ですね。シティバンクも数年前までは「電話で外貨預金の取引ができる」などの点でメリットがありましたが、最近は各社が同等のサービスを始めて、シティバンクのメリットはあまりなくなってきたようです。

 さて、#4さんが説明の外国為替保証金取引ですが、FXCMの場合、(「外為●っとこむ」は手数料が片道10銭に対して)手数料は片道2.5銭です。また、保証金も、どの通貨も1万単位あたり2万円です。(但し、為替が変動して2万円を切ると即清算されます)
 別に、ここでFXCMのPRをしても私には1銭の手数料も入りません。お友達紹介キャンペーンを利用したら、こちらにもプレゼントがあるので口座開設の際は連絡を下さい。(^_-)

参考URL:http://www.fxcm.co.jp/?codepage=932
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下記のURL(メルマガ)拝見いたしました。
こうやって説明されると、さらに魅力的なんですが、やはりまだまだ理解不足なので、すこし手を出すのが怖いです
(汗)

こちらのサイトでは、livedoorFXというものを紹介していますが、回答者さんがFXCMを利用する理由はあるのですか?

お礼日時:2004/08/27 13:08

#4です。



少しだけ訂正。

ソニーバンクの手数料が 片道50銭として、
TTSが 70円ということは、TTMは69.50です。
TTBが 72円ということは、TTMは72.50です。
フォレックス(外為どっと●むの場合)スプレッドが9銭として、TTMを実勢レートと見做なすと
実勢レートが69.50のとき、Bidは69.59です。
実勢レートが72.50のとき、Askは72.50です。
つまり、291000-20000で、271000の利益(+スワップ利益)となります。ほぼ、20倍の差になりますね。

ソニーバンクで 70円で買い、72円出うる、ということは、フォレックスだと、69.59円で買い、72.50円で売ったのと同じと言うことになります。

ちなみに、ごく普通の都市銀行だと、NZDの手数料2円ほどですから、68円で買って、74円で売ろうとするのと同じくらい、為替変動が激しくなるのを期待すると言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に丁寧な回答、ありがとうございます。

外為どっとこ●のほうがこういう風に提示されると魅力的に感じますね。

そして為替コストと手数料の点についてもすっきりしました。
銀行サイトに載っていた為替コスト一覧と、TTS、TTBの現行表が違った為混同してしまったようです。
キャンペーン中だからUSドルが20銭だったのですね。

そして、為替コストの理解も不十分でした。
為替コスト=TTB-TTSだと思っていましたが、中値との差ということで、実際は半分だということですね。

少しフォレックスについても勉強しようかと思うのですが、二三質問させてください。

まず、外貨預金の際に、ソニー銀行を選んだのはやはりこの為替コストが安い、というところに魅力を感じたからなのですが、フォレックスにおいてもスプレット(すいません、勉強不足のため、語句の使い方がまちがっているかもしれません。)の安い、高いものなどあるのでしょうか。

そもそもフォレックスというものがどういうものを指しているのか、というところからわからないので、質問する前に勉強するのが筋ですよね。

考え方で言うと、
外貨預金(という語句)に対応するのがフォレックス、
ソニー銀行(という語句)に対応するのが外●どっとこむ

ということなのでしょうか?

お礼日時:2004/08/26 10:07

わたしも#2さん同様、外貨預金よりは、フォレックス(外国為替保証金取引)のほうが、リスクも有りますが、良いと思います。



わたしは、外貨預金口座は 三井住友だけですが、外国建て投信のためだけに持っているようなものです。
フォレックスは「外為●っとこむ」ですが、ここの場合、TTS/TTBに相当するスプレッドは、ドルで4銭、豪ドル・ユーロで5銭。それに手数料が10銭です。(NZ$や£は、スプレッドが8~9銭とちょっと高い)、ですが、銀行のTTS/TTBに比べると微々たるモノです。

と思って、質問者さんの言う手数料ってなんだろ、とソニーバンクのサイトで調べてみました。

TTS 70で買い、7142.85NZD
TTB 72で売り、514285JPY
ですから、14285円の利益となりますね。

ソニーバンクが言ってる手数料は、TTS-TTM+TTM-TTBの合計、つまり往復の為替手数料のことのようです。今はキャンペーンで、手数料は半分くらいのようですね。

ちなみに、外為どっ●こむで、全く同じことをしたとすれば、500000円の保証金だと、10万NZDのポジションをもてますので、
Bid 70で 100,000NZD 手数料 10000円
Ask 72で 手数料10000円 スポット利益 200000円
これに、スワップが1日経過ごとに(今のレートで1100くらい受取)ですから。
1ヶ月(30日)で2円上がったとして、200000+33000-20000で、213000の利益、という感じでしょうか。15倍くらいですね。
(その分、リスクも有りますが、外貨預金もNZD自体が安くなればやはりリスクはありますし)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング