これからの季節に親子でハイキング! >>

法人取引でNDFの活用を検討しております。複数銀行で取扱いをしているようですが、やはりレートは各行毎に違うのでしょうか。また、決済レートは決済日の2営業日前に決定されるようですが、それは何故なのでしょうか。現物の送金に合わせて、決済日当日にレート決定することが出来ないのは、一言で言うと「市場が違う」ということなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 脇が甘いのかどうか判断に非常に苦労しております。



何百ポイントも上乗せされるような脇が甘い会社は、フォワードの理論値も計算しないどころかリアルタイムレートも知らないような会社です、且つ対象が相当マイナーな通貨じゃないと難しいと思いますから、ちょっと極端な例でした。
2行以上を実際に使ってみるのがベストでしょうけど、とりあえずリアルタイムのレートと金利は知っていて理論値計算程度をやってれば、そんなに乱暴なレート提示は無いと思います。


> 監査法人によっては、この2営業日のズレ、並びに「市場が違う」ことによるベーシスリスクの存在を問題視し、「為替予約と同等とは見做さない」「CFが固定されていない」という見解をするらしいと聞いてます。

スミマセン、会計のことは全く詳しくありません。
実はNDFの細かいフローがどうなるのかも知らないです(^^;

◆01月01日
現地通貨の現在レート 100円

◇対取引先
輸入契約
現地通貨建てで3ヵ月後に100万通貨単位支払約束

◇対銀行
3ヶ月後受渡しのフォワードレート 99円 (1)
3ヶ月後に100万通貨単位買う予約実行。
(=9900万円で予約)

◆03月01日
現地通貨の現在レート 105円

◇対取引先
1億500万円で100万通貨単位を調達(2)
100万通貨単位の支払実行

◇対銀行
セトル105円円で決済。(3)
差損益600万円が発生。

◆03月03日

◇対銀行
差益600万円を受領


こんな感じになるんでしょうか?
根本的に認識が間違っていたらスミマセン。


> 「市場が違う」とは、実際の送金時のエクスチェンジ(外貨と円)レートとは違う仕組みなのですよね、という意味です(言葉足らずかな。。)

上のフローで認識間違ってなければ、(2)と(3)が異なる可能性があるという意味ですね?
確かに『「市場が違う」ことによるベーシスリスク』は存在するから(相対なので市場と言うのが適当かわかりませんが)、CFは固定はされてませんね。細かいことですけど(3)の時点から2営業日は、ヘッジ効果分の600万円は一旦持ち出しになって若干キャッシュフロー圧迫する感じしますし。
監査法人の仕事としてはその指摘は適切なのかもしれません。

ただ私は会計知識が無いので、「為替予約と同等とは見做さない」が、実務的に何がどうなると言ってるのか、わかりません。
理屈としてはフューチャーズ(CMEなど公設市場の通貨先物)で為替ヘッジする場合と同様の扱いになると思われます。ただ例えば、予約した全額がオフバランス扱いされるなんてことは無さそうです。
下記に東京情報大学の先生が書かれている「先物為替予約取引における会計処理の研究」というサイトのURLをご紹介致しますので、参考になるかご覧になってみて下さい。私は第三章を流し読みした程度でモノを言っておりますが、評価はntdさんの方が適切にできるんじゃないかと思います。

公設の金融先物市場は、実需者の利便性を考えればオーダーメイドできる銀行の為替予約に劣る筈です。にも関わらずわざわざ海外の金融先物市場で為替リスクヘッジする日本の企業があるのは、多くの場合コストの問題だけです。

同様にNDFの存在意義を考えると、実需者にとっては当然普通の為替予約を使った方が便利だということが前提であって、為替予約がどうしても使えくてヘッジが困難な通貨の場合に使う取引のようですね。
為替予約と比べれば何かと問題はあるのかもしれませんが、ヘッジをしないことと比べれば、収益の安定の為には使わざるを得ないという代物ということでしょうか。


> 銀行によっては、NDFの決済レートと実際の送金レートを一致させる商品バリエーションを用意しているようですが、レート面で有利とは思えない次第です。

これは(2)と(3)が同じレートということでしょうか?
だとしたら(2)が売りで(3)が買いだからレートでは不利にも有利にもならないんじゃないでしょうか。コストは重複しそうですが。

参考URL:http://www.iic.tuis.ac.jp/edoc/journal/jhk/j12-2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的で分かりやすい回答ありがとうございました。
ユーザーとして金融商品の仕組みをどこまで把握すべきかは知識と手間の問題もあり難しいとこですが、教えてgooの回答者のみなさまにはお世話になりました。
尚、NDFは送金と差金決済を同日にして、その2営業日前(上記で2月28日)にNDF決済レートを確定させるのが基本形のようです。

お礼日時:2004/09/29 11:16

NDFも相対取引ですから、銀行によって提示レートには差があり得ます。

可能であれば複数銀行で天秤にかけた方がいいと思います。
一応、理論値は誰が計算したってそんなに変わらないはずなんですが、特にマイナーカレンシーだと銀行によってフォワードレートなんかにも結構差があります。どこの銀行とは言えませんが、法人でも担当者の脇が甘いところには平気で数百ポイントも乗っけてたというようなことを聞きました。
利用したことがあるわけではないですが、NDFだけ特別ということは無いと思います。

「決済レートが2営業日前に決定される」というのは銀行間取引の慣習です。「決済レートを決定した2営業日後にデリバリー(受け渡し)を行う」と言った方が馴染みますが。
銀行間市場では24時間時時刻刻いろんな金融商品の取引が大量に為されていますので、その日の取引を当日とか翌日に受け渡しするというのはかなり大変なことです。取引の2営業日後にデリバリー(受け渡し)をするというのは世界的な慣習になっています。
だからこれはどこの銀行でもおそらく同じだと思います。当日決済に応じる為には銀行に立替が発生してしまうんです。
「市場が違う」は概念がちょっとわかりません。

この回答への補足

ありがとうございます。とても参考になりました。ご指摘の通り、相対取引ゆえに自分の脇が甘いのかどうか判断に非常に苦労しております。
「市場が違う」とは、実際の送金時のエクスチェンジ(外貨と円)レートとは違う仕組みなのですよね、という意味です(言葉足らずかな。。)
というのも、監査法人によっては、この2営業日のズレ、並びに「市場が違う」ことによるベーシスリスクの存在を問題視し、「為替予約と同等とは見做さない」「CFが固定されていない」という見解をするらしいと聞いてます。このためかどうか分かりませんが、銀行によっては、NDFの決済レートと実際の送金レートを一致させる商品バリエーションを用意しているようですが、レート面で有利とは思えない次第です。

補足日時:2004/09/26 21:09
    • good
    • 0

1個別に国内店舗で受け、在外店舗につなぎ外為市場取引をする図式です。

タイムラグ等のリスクを加味したレート呈示をすることになると思われます。
2外為部門の営業推進部署と資金調達運用部署の内外店舗連携プレイという実態でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の続答ありがとうございます。よく比較すれば各行の実力・姿勢が見えてきそうですね。

お礼日時:2004/09/02 09:17

〔概要〕


1海外で「ノンデリバリー(デリバラブル)フォワード・NDF」という取引が話題になっています。これは取引レートとセトルメント(決済)レートの差額を、該当通貨を用いず米ドルで決済する先渡し為替取引のことです。
2この取引はフォワード(為替先渡し取引)の一種で、アジア、東欧、中南米などのマイナーカレンシーを対象に行われます。
3これは該当通貨のフォワード取引を行いたいが、
a市場が未成熟で、先物市場やユーロマネー市場が充分に成立していない。
b当局から該当通貨の国外での流通が規制されている。
c当局からフォワード取引が認可されていない。
などの理由のため、海外の企業や銀行が当該通貨で先物をヘッジすることが難しい場合に利用されます。
4つまり、該当通貨を決済に使用せず(このためノンデリバリーといわれます)に米ドルなどを差金決済に利用して、該当通貨のフォワード取引を行ったのと同等の効果を得ようとする取引です。
〔フォワードとの相違点〕
1ノンデリバリー(デリバラブル)フォワードは、いわば「米ドル差金決済による先渡しスポットのアウトライト取引」とも言えるものです。そして昨今のアジア通貨安をヘッジするためには、「将来の当該通貨売り/ドル買い」の取引を現在行います。将来、時勢(決済)レートが下がってしまった場合には取引レートとの差額を相手側より受け取れることにより、当該通貨の下落リスクをヘッジすることができます。
2通常のドル・円フォワードなどと異なる点は、
aフォワード(直物と先物を同時に行う取引)ではなく、アウトライト(単独での)取引として行われること。
bよってポジションクローズには、再びアウトライトの反対売買を行うこと。
c決済時の差額は米ドル換算でフィックス(値決め)し、米ドルで受け渡しを行うこと。
などです。
〔実際のアジア通貨取引と東京市場〕
1アジア通貨の場合、1995-6年頃から米銀の香港・シンガポール支店が中心となって取引を開始し、現在では地場銀行や邦銀現地支店も取引に参加しています。取引量もこの2年ほどで6倍近くに伸びているようで、主に台湾ドル、韓国ウォン、中国人民元、インドルピー、ベトナムドンなどが取引されているようです。
2これらマイナーカレンシーの為替先物相場のヘッジに大変有効なノンデリバリー(デリバラブル)フォワードですが、昨今のアジア通貨安に伴い活発に行われたこの取引が、急激な相場下落を更に加速させる一つの要因になったとの見方もあります。

3なお日本国内でこの取引を行うことは、決済に差金を用いる点が刑法の賭博罪に抵触するとの解釈があり、事実上禁止されています。このため邦銀各行は海外支店にオーダーを回し、そちら経由で取引を行っているようです。

この回答への補足

丁寧なご回答ありがとうございます。質問が稚拙だったかもしれませんので補足させて下さい。このNDFは各銀行が独自に相対で相場を形成しているのでしょうか?つまり、各行でNDFレートは違うのでしょうか?それとも結局、公示値みたいなものにレートが収斂しているのでしょうか?

補足日時:2004/09/01 09:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNon-deliverable スワップ

Non-deliverableスワップとNon-deliverableフォワードについて教えてください。

Aベストアンサー

前回の回答の参考URLの後の方の第三パラグラフを読んで頂きたいのですが、要は、NDSは、「やる事は本質的にはC.C.Swapで、受け払いを、ドルや円といった受け渡しが容易な主要通貨の『差金決済』でするだけ」という事です。頭の中では、
・ 通常のC.C.Swapだと、どういう受け払いが発生するかをまず考える
・ 次に、それを、片方の通貨だけでの差金決済で済ますにはどうすればよいかを考える
という順番で考えるとわかりやすいと思います。

例えば、(当初元本の交換や金利の受け払いはとりあえず無視して)満期に4百万ドルを払い、5億円を受け取るC.C.Swapをしていたとします。
・ 通常のC.C.Swapだったら、満期時に為替レートがどうなっていようが、満期時の受け払いには変化は無い。
・ これを、円だけを使って、同じ経済効果をもつようにするには、4百万ドルではなく、その時点で4百万ドルの価値のある円を払えばよい。
・ 満期時のドル円スポットが100円だったとすると、4百万ドル=4億円。
・ 従って、4億円を支払い、5億円を受け取れば良い。(実際には差金の1億円を相手からもらうだけでよい。)
つまり、NDS上の名目元本は、ドルと円で固定されていて、為替レートがどうなろうが変わりませんが、固定されているからこそ、満期時のドル・円スポットとの違いは差金決済が必要になる、という事です。

金利の受払についても同じように考えていただければ、わかると思います。
私は、通常のC.C.Swapならそこそこ経験はありますが、NDSは耳学問・聞学問です。前回あげた参考URLも良く読んで、裏を取ってください。

前回の回答の参考URLの後の方の第三パラグラフを読んで頂きたいのですが、要は、NDSは、「やる事は本質的にはC.C.Swapで、受け払いを、ドルや円といった受け渡しが容易な主要通貨の『差金決済』でするだけ」という事です。頭の中では、
・ 通常のC.C.Swapだと、どういう受け払いが発生するかをまず考える
・ 次に、それを、片方の通貨だけでの差金決済で済ますにはどうすればよいかを考える
という順番で考えるとわかりやすいと思います。

例えば、(当初元本の交換や金利の受け払いはとりあえず無視して)...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q非上場株の売却の件 教えて下さい!

父の残してくれた非上場会社の株式があります。聞くところによれば、会社に買取請求をすれば額面でしか買い取ってくれないとか。少しでも高く処分できる方法はないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

株価の売買価額は、売り手と買い手の相対の交渉で決まります。一応、株価算定を行う様々な計算式(純資産価額方式、類似業種批准方式、DCF方式などなど)はありますが、それらは価格を決めるための参考資料でしかありません。

よって、少しでも高い株価での処分を考えるのであれば、会社に買い取ってもらう場合には高い株価で買い取ってくれるよう会社と交渉するか、もしくは、もっと高く買い取ってくれる第三者を自分で探す、という方法しか現実的にはありません。ただし、交渉の結果、額面(商法改正によって額面という概念がなくなりましたが)以下になることもあります。

なお、今回のように株主の一方的な都合での、株式の会社への買取については商法上規定されているような株主の権利ではありませんので、買取請求を行ったとしてもその買取が必ず認められるものではありません。

そうなった場合には第三者に売却(譲渡)するという手段しか残されていないのですが、非上場会社の場合株式に譲渡制限がついていることがほとんどなので、当会社の取締役会の決議が必要になります。が、譲渡先をnantot2014さんが既に決めていて、会社に「譲渡承認請求」を行った場合には、会社は取締役会を開いて
1.譲渡を認める
2.その株式を買い取る
3.別の譲受人を指名する
のいずれかを2週間以内に通知する必要があります。これを行わなかった場合には譲渡が認められたとみなされ、nantot2014さんの希望する譲渡先に株式を譲渡することができます。

以上ですがご参考になりますでしょうか。

株価の売買価額は、売り手と買い手の相対の交渉で決まります。一応、株価算定を行う様々な計算式(純資産価額方式、類似業種批准方式、DCF方式などなど)はありますが、それらは価格を決めるための参考資料でしかありません。

よって、少しでも高い株価での処分を考えるのであれば、会社に買い取ってもらう場合には高い株価で買い取ってくれるよう会社と交渉するか、もしくは、もっと高く買い取ってくれる第三者を自分で探す、という方法しか現実的にはありません。ただし、交渉の結果、額面(商法改正によって...続きを読む

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

Q外貨預金 毎月末に為替評価するのですか

質問ですが、
外貨預金にて、日々の入出金がありますが、
社内レートで日々記帳となり、月末に社内レートが更新されるのですが
この場合、月中のレートと月末のレートが変わるため、為替評価損益が発生します。
毎月、月末のレート×ドル残高が合うように、為替評価損益を計上しなければいけないでしょうか?


年度末(年次決算)だけではだめでしょうか?
また、年次決算も社内レートで決算書を作成して問題ないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>財務諸表を外部にも出しています。
>月中のレートは前月末のレートを使用です。
>為替評価や、為替差損は、月末にその月のレートに洗いがえるので起こります。

月次の財務諸表を外部に公表しているのであれば、会計上認められるレートを使うのが望ましいところ、前月末日レートを月中レートで用いることは会計上認められるものと考えられているので、問題ない。

月末の洗替は、月末時の外貨建債権債務等を換算し直すということであれば、これも会計上問題なく、むしろその月の末日レートに換算するのだろうから望ましい。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。

経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。
具体的な仕訳を挙げて説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

#1さんがお答えになっているのが非常にわかりやすいと思います。
その例を使わせていただき、もう少し細かくすると。
例えば平成18年3月期に100の貸倒引当金を計上するとします。
(平成18年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100
(平成18年4月1日の仕訳)
貸倒引当金 100 / 貸倒引当金繰入 100
ここで昨年のをすべて洗い替えるようにもどに戻します。
その上で平成19年3月の貸倒引当金が120とするなら
(平成19年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 120 / 貸倒引当金 120
とまた今年度分を仕訳します。

仮に「洗替」をしない場合には平成18年4月1日の仕訳は行わず
平成19年3月31日の仕訳で
貸倒引当金繰入 20 / 貸倒引当金 20
前年ですでに100は引当金を計上しているので残りの20だけ追加で
計上します。

Qロイター画面JPNUのビッドサイド

お尋ねします。
「ロイター画面JPNUビッドサイト(東京時間午後3時)の円/ドル
為替レートを適用します。」はネットで見れるのでしょうか?

見れる場合はアドレスを教えてください。

Aベストアンサー

たぶん、タダでは見ることができないプロ向けの情報だと思います。
だいたいのレートなら、ヤフーファイナンスでもわかります。


人気Q&Aランキング