物理の振動系の問題で重力を考慮したりしなかったりという問題がありますが、どういった時に考慮して、どういった時に考慮しないのかがイマイチピンとこなくて困っています。
具体的な問題などを提示できなくて申し訳ないのですが、どなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか?
回答お願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 鉛直方向に振動する重りを吊るしたバネとか、てこバネなんかに対してダランベールの原理で運動方程式をたてる際に重力が入っていたりいなかったりしてちょっと分からない感じです!!

      補足日時:2017/05/12 23:27

A 回答 (3件)

この場合は重力考慮する、この場合は重力を考慮しない、などと考えず、


とりあえず、「あらゆる場合に重力を考慮する」と考えておいた方がいいです。
運動方程式を立てる際には、必ず、重力を考慮するということです。

計算していって、たまたま、項がプラス/マイナスで消えるなどして、結果として重力が
関係なくなる(例:鉛直に吊したバネでの単振動の周期)場合もある、ということです。

このように、重力を考慮しなくてもいい場合が判っていれば、問題を解くスピードが少し
上がりますが、そんなことは考えず、とりあえず必ず重力を考慮しておいて、計算の
過程で重力の項が消えたり、無関係になったりしたら、「あぁ、重力は無関係だったんだなぁ」
と思えばいいだけのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2017/05/13 12:53

>鉛直方向に振動する重りを吊るしたバネとか、てこバネなんかに対して



これは当然重力を考慮しますよ。おもりが静止している場合の位置(ばねの伸びのおもりも含めた自然長)が
重力によってずれるだけで、後の扱いは同じなので、重力の考慮を見落としているだけでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2017/05/13 12:53

宇宙空間や、重力が鉛直方向に働く場で机や床の上を「水平方向だけ」に振動する場合には、振動運動に重力は関係しません。

(摩擦を考える場合には、重力が関係します)

重力のある場で、重力の働く方向である鉛直方向の運動を考える場合には、当然ながら重力が関係します。

つまりは「関係のある場合には考慮し、関係のない場合には考慮しなくてよい」という、当たり前のことではないでしょうか?
そうではない具体的な事例などがあれば、ご提示ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2017/05/13 12:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ばねの質量』を考慮に加えた単振動の振動数解析

ばねの一端に質量mの物体を付け単振動させる。ばね自身の質量をMとする。
このときの振動数は質量m+M/3の質点を付け、ばねの質点を無視した時の振動と同じである事を示せ。
但し、ばねと質点は同じ位相で伸び縮みするものとする。

それぞれの運動方程式を求めようとしたのですが、どうも「ばね自身の質量がある場合」での運動方程式が違っているようで
その先に進めません。。。

分かる方は解き方でけでもよろしくお願いします。。

Aベストアンサー

mixture518さん こんばんは。

以下のように考えてはどうでしょうか。
ばねの自然長をLとし、均質だとするとその線密度σ=M/Lとなります。
ここで、おもりが振動の中心を通過するときの速さをV0とし、ばねを微小な区間にΔx(その質量σΔx)に分割します。ばねの固定点付近の微小部分ではその速さは0、おもり付近微小部分ではほぼV0の速さをもちます。その間の微小部分の速さは固定点からの距離xに比例します。次に各微小部分の運動エネルギーの和を求めますが、分割を無限に多くしていきますと、この和はxの積分で以下のように求められます。

∫[0,L](1/2)(M/L)(V0x/L)^2 dx = (1/2)(M/3)(V0)^2

したがって、これとおもりの運動エネルギーの和は(1/2)(m+M/3)(V0)^2となり、質量が0のばねに質量(m+M/3)のおもりがついた場合と同じになります。

Q[高校物理]単振動の問題

画像の問題ですが、解答が無いことに気付かずに解いてしまいました。
(1)m(a+g)sinθ
(2)2π√{l/(a+g)}
(3)m(a+g)/(kA +kB)
(4)(周期)=2π√(m/kA),(振幅)=(kA/kB){m(a+g)/(kA+kB)}
(5)-(kA/kB){m(a+g)/(kA+kB)}cos[{√(kA/m)}t] +m(a+g)/kA

この答案で合っているかどうか確認して頂ければありがたいです。
不正解の設問は、模範解答をご教授いただけると幸いです。
どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が見たところでは、間違いはありません。
これからも頑張ってねp(^^)

Q物理の電気の問題ついて質問です。 物理の問題に質問です。 問題 図1のように、起電力E[V],内

物理の電気の問題ついて質問です。


物理の問題に質問です。 問題 図1のように、起電力E[V],内部抵抗r[Ω]の電池Dに内部抵抗rv[Ω]の電圧計V接続した。このときVが示す値は,Eではなく,(1)[V]である。

解答
(1)V=E-ri⇔E=V+ri・・・①

V=rvi
⇔i=V/rv・・・②

①に②を代入する

E=V+rV/rv
=V(rv+r/rv)

∴V=rvE/rv+r [V]

(1)の問題はわかります。

下記は問題文の続きです。

そこで電池Dを,図2のように,電池E0,抵抗AB,検流計G,既知の起電力Es[V]をもつ標準電池EsおよびスイッチS1,S2を組み合わせた回路に接続した。ABは太さが一様で、接点Cの位置は調節でき,AC間の抵抗値が読み取れるようになっている。S1を開いたとき、ABに流れる電流をI[A]とする。S1を閉じ,S2を①に入れた状態でGに電流を流れないようにCの位置を調節したときのAC間の抵抗値Rs[Ω]は,Rs=(2)[Ω]となる。
次にS2を②に入れ,再びGに電流が流れないようにCの位置を調節したとき,AC間の抵抗値をR[Ω]とすると,Eが既知のEs,Rs,Rを用いてE=(3)[V]表すことができる。

(2),(3)の解き方がわかりません。
どこに着目すれば、解けますでしょうか?
導き方の解説よろしくお願いします。

図1,図2は画像添付します。

物理の電気の問題ついて質問です。


物理の問題に質問です。 問題 図1のように、起電力E[V],内部抵抗r[Ω]の電池Dに内部抵抗rv[Ω]の電圧計V接続した。このときVが示す値は,Eではなく,(1)[V]である。

解答
(1)V=E-ri⇔E=V+ri・・・①

V=rvi
⇔i=V/rv・・・②

①に②を代入する

E=V+rV/rv
=V(rv+r/rv)

∴V=rvE/rv+r [V]

(1)の問題はわかります。

下記は問題文の続きです。

そこで電池Dを,図2のように,電池E0,抵抗AB,検流計G,既知の起電力Es[V]をもつ標準電池EsおよびスイッチS1,S2を組み合わせた回路に接続した。AB...続きを読む

Aベストアンサー

(1) この様なサイトでは V=rvE/(rv+r)と書く必要があります。

(2) AB+E₀の内部抵抗=Rx とすると、S₁が開いているとき、I=E₀/Rx ,
S₁が閉じても、Gの電流を0にすれば、Esにも電流は流れず、流れているのは、
E₀とABのループのみです。つまり、I上のI=E₀/Rx と同じです。

そして、ACの電圧降下は、Esと同じになります。つまり、Es=IRs、
したがって、Rs=Es/I となる。

(3) Eに電流は流れないので、rの影響はなく、(2)と同じく、E=RI となり、I
は(2)のI=Es/Rs と同じである。つまり、E=RI=REs/Rs

Qなめらかな斜面での空気抵抗を考慮した重力加速度の変化

滑らかな斜面にボールを転がすと、空気抵抗があれば、重力加速度って変化するのですか。私は重力加速度は不変的に9.8m/s^2と思っているのですが。

Aベストアンサー

No.1の方が言っておられるように、「重力加速度g」と「加速度a」は別物で、変化するのはaの方です。

「重力加速度g」は運動の「定数」で、お考えの通り「不変的に」およそ 9.8 [m/s^2] です。

「加速度a」は運動の「変数」で、運動方程式 ma = F に従って力Fの変化により変わります。

以下は簡単のため斜面でなく垂直落下で考えますが、斜面であっても変化するのはgではなくaであることに変わりはありません。

空気抵抗(力)があれば、物体に働く力は例えば F = mg - kv^2 (mgが重力、-kv^2が空気抵抗力、ここでkは定数ですが抵抗力は別の形の場合もあります)などとなるので、運動方程式は ma = mg - kv^2 となり、「重力加速度g」は不変でも「加速度a」は空気抵抗力によって低下します。

一方、空気抵抗がなく、物体に重力しか働かない場合は、F = mg なので運動方程式は ma = mg となり、この場合だけ a = g と一致し、aも一定の等加速度運動になります。斜面なら a = gsinθ で一定でしょうかね。

No.1の方が言っておられるように、「重力加速度g」と「加速度a」は別物で、変化するのはaの方です。

「重力加速度g」は運動の「定数」で、お考えの通り「不変的に」およそ 9.8 [m/s^2] です。

「加速度a」は運動の「変数」で、運動方程式 ma = F に従って力Fの変化により変わります。

以下は簡単のため斜面でなく垂直落下で考えますが、斜面であっても変化するのはgではなくaであることに変わりはありません。

空気抵抗(力)があれば、物体に働く力は例えば F = mg - kv^2 (mgが重力、-kv^2が空気抵抗...続きを読む

QMM実験で太陽の重力を考慮しない理由は?

地球が公転しても地表において方向に関わらず光の速さが一定に観測されるのは解りますが、
そもそも地球の公転は釣り合っている太陽重力から見ての速度であって、それを考慮しないで時空変換する特殊相対論の意味はなんでしょうか?

Aベストアンサー

質問の意味がよく理解できませんが、太陽の重力が影響を与えますか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報