半世紀前に作られた町の所有する三面コンクリートの川のすぐ横に家があるのですが、コンクリートの側面の草を抜いたりするとその中は石などがあるのですがかなり、すかすかになっています。大丈夫なのでしょうか?

A 回答 (4件)

現地を調査しなければ答えられませんが、


私の感想は次の通りです。

土に溜まった水がコンクリートの外へ逃げ易いように
コンクリートと土の間には石を入れて、コンクリートに開けた水抜き穴から排水する工法が一般的です。
水抜き穴が詰まっていたり、石の間に泥が詰まって隙間が無くなったりすると、コンクリート壁の安定が損なわれることも無きにしも非ず。
スキスキも程度によりますが、全く空間が無いより少しは有った方が安全です。

質問の「大丈夫なのでしょうか?」は「家は大丈夫なのでしょうか?」と読みました。
図の要注意のあたりが、陥没していなければ個人的には大丈夫だと思います。

心配ならば、川の管理者に連絡して、調査を依頼すれば良いと思います
「三面コンクリートの川の横に家を建てていま」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい絵を付けて下さりありがとうございます!!

まさに、コンクリートの間際の話です。構造的に石が入っているのですね。とても参考になりました!

お礼日時:2017/05/14 18:32

何がどのくらい大丈夫かという事になりますが、総合的には「ダメ」ですね。



補強埋め戻し工事が必要でしょうから、近隣まとめて状況を確認できる写真を添付して土木課等担当部署に相談。

面倒なら電話で呼び出して現場確認で。
    • good
    • 0

大丈夫じゃないと思う

    • good
    • 0

堤防がコンクリートですね


半世紀前なら危ないかもしれませんね
管理している行政に写真と一緒に
出来るだけたくさんの人の
意見等添えて修理修繕等依頼しましょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎工事 コンクリートと石

下屋(5畳くらい)を作るために勉強中です。

昔の建築物は石で基礎を作りましたが数百年もしっかりとしています。
コンクリートによる基礎とどこが違いどこが同じなのでしょうか。

予定の地面には以前の家の基礎が平らに残っていて、現在は地面と同じ高さです。
ここに束石を置いて基礎にして柱を立てたいのです。危険性は?

Aベストアンサー

旧来の置き石基礎はコンクリートの布基礎・べた基礎に比べて
垂直方向の力(柱の軸力)を地盤に伝えることは同じ意味合いですが
地震による横方向の力、及び風圧による引き抜きの力には対処できていません。
アンカーボルトがないということもありますし、
柱ごとに独立基礎ですので、不動沈下にも対応できない構造です。

建築基準法では
10平米未満なら建築確認が要りませんし(増築の場合)
軟弱地盤指定地域以外なら50平米まで基礎に緊結することも
強制されません。

しかし、下屋というには・・・母屋があると思われますが
こちらの耐震性は十分なのでしょうか?
建築年度が昭和56年以前の場合は、旧基準なので一度耐震診断を
受けることをお勧めします。

Q「跡埋めコンクリート」、「後打ちコンクリート」とは?

仕事で建築関連の文書を読んでいるのですが、コンクリートについての表現でわからない部分があります。

「跡埋めコンクリート」、「後打ちコンクリート」とは、それぞれ何を意味するのでしょうか?

ネットで調べたところ、「跡埋め」という言葉はコンクリート以外でも良く使われているようですが、これは「何かの跡を埋める・充填する」という意味でとらえればよいでしょうか?

また、「後打ちコンクリート」は、「後に作ったコンクリート」というような意味でしょうか?

ネット上に明確な説明が見当たらず、また素人なので、判断しかねております。ご指導いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Googleで次を検索して、教えて貰いましょう。
社団法人日本建築士事務所協会連合会

Qコンクリートブロック工の、コンクリートブロック(間知ブロック)を1:0

コンクリートブロック工の、コンクリートブロック(間知ブロック)を1:0.5の勾配で谷積みしますが、

1、折れ点に設置する小口止めの幅、厚さの規定はあるでしょうか??共通仕様書を調べましたが、小口止めについての記述が無く、設計書も展開図だけの状態です。

2、また、小口止めは始点、折れ点、終点に設置しようと思いますが、それぞれブロックと小口止めの間に目地(伸縮目地材)が必要でしょうか?


経験の豊富な諸先輩方、回答願います。

Aベストアンサー

1.幅、厚さについて
 幅については特に規定はありませんが、最小幅は150mm程度は欲しいところです(要はコンクリートが普通に打設できる幅)。
 厚さはブロック本体の奥行き+裏込めコンクリート厚となります。

2.目地について
 小口止めとブロックの間には目地は不要です。
 ただし折れ点には必要です。また、一定スパン毎(10m以内)にも必要となります。

Q固まったコンクリートの上に生コンクリートで固まるか

素朴な疑問です。 よく、べた基礎作成後 1週間位してから その上に さらに

生コンを 打って 基礎を 仕上げるようですが、 その場合

コンクリートどうし 強い力で くっつくのでしょうか。

Aベストアンサー

くっつきませんが別にコンクリート同士は強い力でくっつかなくてもいいんですよ。
もともとコンクリートは引張られる側の力に耐えることは期待していませんから。

Q重量鉄骨コンクリートと鉄筋コンクリートの違いを教えてください

ご存知でしたら教えてください。
また、図つきの説明サイトなどがあれば紹介してください。
気にしているのは、壁に十分な量のコンクリートが使われているかどうかです。

Aベストアンサー

>そうすると、建築階数が同じ場合、
>重量鉄骨コンクリートのほうが頑丈で
>騒音・振動が少ない、良物件ということでしょうか

構造計算してますので、一概には言えませんが、その傾向はあります。

>某サイトで、鉄骨アパートは鉄筋アパートに
>比べて騒音や振動などの住み心地で劣るという
>ようなことが書いてあったので、気になりました

ちょっと勘違いされてます。
鉄骨アパートと、鉄骨鉄筋(正確には、鉄骨鉄筋コンクリート。質問文の重量鉄骨コンクリートの事)は、全く違います。
鉄骨アパートは、骨組みが鉄骨だけですから、基本的には、壁などは、コンクリートではありません。
ですから、鉄筋コンクリートよりは、振動・騒音は多いように感じます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報