ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!

この問題の(イ)なんですけど、
B君がはずれたときのAさんがあたる確率で順番はAさんから引くので、
Aさんが一番はじめに当たるか外れるかで場合分けするところまでは分かりました。
その後からが分かりません!
回答よろしくおねがいします。

「この問題の(イ)なんですけど、 B君がは」の質問画像

A 回答 (3件)

『 B君がはずれたときのAさんが当たる条件付き確率 』を求めるから



『 B君がはずれるとき 』 
これを全体として考える  ⇐ 分母になる

このとき、『 Aさんの当たる確率を求めよ 』 
このうち、Aさんが当たるのは、

Aさんが当たり、B君がはずれる場合  ⇐ 分子になる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

よく理解できました。

お礼日時:2017/05/15 12:03

ヒントにある条件付き確率より


P(A)=B君が外れる確率 …(1)
P(A∩B)=上記の条件でA君の当たる確率 …(2)

(1)はA君の結果に拘らずB君が外れるのは、 5/8
(2), (1)の条件の元、A君があたるのは、
当たりくじは、3
くじは後だが、B君が引いているから、8ー1=7
よって(5/8)・(3/7)=15/56

従って、(2)/(1)=(15/56)➗(5/8)=3/7

でも、最初から考えれば、
(1)は、(3/8)・(5/7)+(5/8)・(4/7)=(15+20)/56=35/56=5/8
A君当たりB君外れは、
(3/8)・(5/7)=(3・5)/(8・7)=(3/7)・(5/8) から、答えは、3/7
    • good
    • 0

求める確率の


分母は B君がはずれる確率
分子は Aさんが当たりB君がはずれる確率(アの確率)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいです!!
なんでそのような式が出たのか教えてほしいです!

お礼日時:2017/05/15 10:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学のイコールの揃え方 中学三年生です。数学の先生に、 ○=△=□ と ○ =△ =□ という書き方

数学のイコールの揃え方
中学三年生です。数学の先生に、
○=△=□ 

 ○
=△
=□
という書き方は正解で、
○=△
 =□
という書き方をしてはいけないと教わりました。
これは本当でしょうか?今まで聞いたことのないことなのでよくわかりません。
また、その理由も教えてください。
分かりにくくすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認めません。
表面的でいいですから、間違いを受け入れましょう。
別の先生に言ったところで、その先生のプライドを傷つけて、目をつけられるだけです。

数学は、「正しいこと」が理解できていれば十分です。
テストの点数なんてどうでもいいじゃないですか。
数学なんですから、正しければそれでいいんです。
テストの紙に「×」って書いてあっても、正しいものは正しいです。
入試とかじゃないのならば、それでいいじゃないですか。

「大嫌いなあの先生に一泡吹かせる」
が目的ならば、追求すればいいですが、
「何が正しいのかを知りたい」
のであれば、あなたが100%正しいので、安心して、次の問題に取り組んでください。

ただ、「慣例」というものがあって、
「数学的には完全に正しいけど、記述方法として好ましくない」
というものはあります。

たとえば、文章題で、回答のはじめに
「"+"記号とは引き算を意味すると定義する」
として、「+」記号を引き算の記号「ー」のように使うことは数学的には
完全に正しいですが、好ましくありません。
ある程度、
「みんなで同じ定義や記述方法をそろえておく」
というのは、コミュニケーションの上では結構重要です。
みんなバラバラの定義を使ったら大変ですよね。

○=△
 =□
確かにこのような書き方は、
「3つの式が等しい」
ことを意味するよりも、
「○を変形したら□になりました」
とか
「○にある変数を代入したら□になりました」
みたいな印象を与えます。
そういう意味で、
「正しいけれど、慣例に従ったほうが良い」
として間違いにしたのならば、少し理解できます。
が、やはり数学的には正しいので、数学の問題である以上
「間違い」には出来ないと思います。

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認...続きを読む

Q数A塗り分け問題について。この16番で答えではD→A→B→C→Eと塗ってます。たしかに普通そうします

数A塗り分け問題について。この16番で答えではD→A→B→C→Eと塗ってます。たしかに普通そうしますが、ちょっとA→B→C→D→Eでやってみようと思いやってみたら計算が合いませんでした。計算方法が変わったりしますか?また注意すべきことなど教えてください。

Aベストアンサー

どうして回答例がDから決めているかといえば、Dが全ての領域を接しているからです。
言い換えるならば、Dに使った色はほかのA,B,C,Eのいずれにも使えないことが決定するからです。

その上で、あえてA,B,C,D,Eの順番で決めていくとすると・・・・
Aには好きな色が塗れます。4色
BにはAで使わなかった色が使えるので、3色
CにはAで使わなかった色が使えるので、3色
ここまでは良いのですが、
Dは、BとCが同じ色だった場合は、それ以外の2色
Dは、BとCが違う色だった場合は、それ以外の1色となってしまいます。
EはB、Dで使わなかった残りの2色となります。

したがって、BとCの色が同じである場合と違う場合を分けて考えなくてはなりません。
Aは4色
Bは3色
Cは3色でうち1色はBと同じ
・・・・
CがBと同じ場合Dは2色
CがBとは違う場合Dは1色
Eは2色
なので、
求める組み合わせは
BとCが同じ場合の
4×3×1×2×2=48通り

BとCが違う場合の
4×3×2×1×2=48通り
を合計した96通りとなります。

Q1~149%を二回使って150%にする方法

先ほどテレビで出ていた小学生向けの問題なのですが

1~149%まで1%刻みで設定できるコピー機を二回使って
最初の150%にする方法は?


と言う問題で、答えは120%と125%なのですが
これは理詰めで解く方法はあるのでしょうか?

100%未満を使うことはありえませんから
10%刻みくらいで総当たりすればすぐ答えは出るのですが
それをせずに方程式を作ろうとしていた子が時間切れになっていて(私もです)気になりました。

Aベストアンサー

N0.1さんの回答で語り尽くされているのですが、もう少し噛み砕いてみました。

150/100=a/100×b/100
ab=15000=2×2×2×3×5×5×5×5
また、100=2×2×5×5<a,b<2×3×5×5=150

a,bは共に正の整数なので、必ず2,2,2,3,5,5,5,5からいくつかの数を組み合わせた積で表される筈だから、これらの数の組み合わせで、2×2×5×5より大きく2×3×5×5より小さい数を作ってみる。
2つ以下では無い
3つだと 5×5×5=125
4つは無い
5つだと 2×2×2×3×5=120
6つ以上は無い

よって、120%と125%。これ以外の解は無い。

Q方程式

この方程式を代入法で解きたいのですが、うまくいきません。代入法のやり方はわかるのですが、うまくいかないのは、yの値を求めるところです。答えはy=13、x=42なんですが、y=13にならなくて困っています。教えてください。
加減法だと問題なくy=13、x=42になります。

Aベストアンサー

下の式から
 x=3+3y

上の式に代入すると
 (5/6)×(3+3y)-2y=9
 (5/2)+(5y/2)-2y=9
 5+5y-4y=18    ←計算しやすいように全体を2倍しました
 y=18-5
 y=13

分数が入るのでどこか計算ミスをしているのかも…。
上の式を6倍して、5x-12y=54としてから計算する方がわかりやすいかもしれません。

Qオモチャの積み方、何通りあるか?

長さの異なる4本の棒が2本ずつで、計8本の棒を1列に並べるオモチャがあります。
(下メーカーWebページ参照ください)
http://plantoysjapan.co.jp/products/5149

この積み方は何通りあるでしょうか??

ちなみに私の計算だと936通りになったのですが・・・多すぎる気がします。
どうかお手柔らかによろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

90°違うのは考慮してません。また,同じ寸法の物も区別していません。
単純に長さの違いだけを考えています。

4種類の長さの違う棒が2本ずつある場合の組み合わせと考えれば・・・

特定の2本の位置を考えれば,
8C2=28

残りが入れる位置は6か所なので,
6C2=15

更に残り4か所を割り当てて・・・
4C2=6

全部掛けて2520通りじゃないのかな?

Qこの問題なんですけど、これの解き方を教えて下さい。高校3年の数学の問題なんですけど、具体的に解き方を

この問題なんですけど、これの解き方を教えて下さい。高校3年の数学の問題なんですけど、具体的に解き方を説明してください。お願いします。

Aベストアンサー

集合の演算で∩や∪の上に否定が付いていたらひっくり返して切り離せばいいのです。

(5) は、‾A∪‾B、(6) は、‾A∩‾B となります。

Q下の写真に「関係y=f(x)」「関係b=f(a)」と書いてあると思いますが、関係ではなく関数ではない

下の写真に「関係y=f(x)」「関係b=f(a)」と書いてあると思いますが、関係ではなく関数ではないでしょうか? (写真が暗くてすいません)

Aベストアンサー

関数とは、一般にxに対して一意のf(x)を対応付けるものです。
関係は一般には『点(x,y)が関係R(x,y)を満たす』のように言って、関係を満たすyがxごとに一意には定まらない場合もあります。関係はある意味で関数の概念の拡張です。
関係の一例を挙げると『x<y』も関係です。
グラフというのは点(x,y)で作られる集合の関係y=f(x)を満たす部分集合なのです。
ちなみに関係をx^2+y^2=1にすると円のグラフができます。

Q【至急】 中3の数学について。 乗法の展開なんですが、乗法公式がいるものといらないものとでは何がどう

【至急】
中3の数学について。
乗法の展開なんですが、乗法公式がいるものといらないものとでは何がどう違うんですか?また、見分け方?みたいなものも教えて下さい。

Aベストアンサー

何を言っているのかさっぱり理解できないのは私だけでしょうか。
基礎は、
(ax+b)(cx+d)
とあったら、まず(ax+b)=Xと置いてしまうのです。
すると、
=X(cx+d)
この展開は簡単ですよね。
=cxX+dX
Xを元に戻して
=cx(ax+b)+d(ax+b)
各々の展開もできますよね
=acx^2+bcx+dax+bd
=acx^2+(ad+bc)x+bd
というのを、もうちょっと一瞬でできるようにしたのが、たぶん仰る公式でしょう。
公式と言うほどのことは無いのです。
仮にその公式とやらが使えないなら、上記のようにやればいい。
(ax+b)(ax-b)
=X(ax-b)
=axX-bX
=ax(ax+b)-b(ax+b)
=(a^2)(x^2)+(abx-abx)-b^2
=(a^2)(x^2)-b^2
ってなわけですし、
(ax+b)(cx+d)(px^2+qx+r)
なんてのも、一つ一つ落ち着いて展開していけば、どうとでもなります。
そこをちゃんと理解せず、ブラックボックスにしたまま、やれ公式だ何だと適当に当てはめれば良いんだろうとやっていると、それが通用しない問題に出くわしたときに、手も足も出なくなります。

最初の奴をもう少し便利にすると、
=cx(ax+b)+d(ax+b)
この状態になることは判るんで、つぎに
=c(ax+b)x
    +d(ax+b)
としてやります
=acx^2+bcx
      +adx+bd
=acx^2+(ad+bc)x+bd
これで、ほぼたすき掛けと同じような状態になります。

何を言っているのかさっぱり理解できないのは私だけでしょうか。
基礎は、
(ax+b)(cx+d)
とあったら、まず(ax+b)=Xと置いてしまうのです。
すると、
=X(cx+d)
この展開は簡単ですよね。
=cxX+dX
Xを元に戻して
=cx(ax+b)+d(ax+b)
各々の展開もできますよね
=acx^2+bcx+dax+bd
=acx^2+(ad+bc)x+bd
というのを、もうちょっと一瞬でできるようにしたのが、たぶん仰る公式でしょう。
公式と言うほどのことは無いのです。
仮にその公式とやらが...続きを読む

Q一箱に赤色の飴が10個入ってる袋があります、そしてまれに黒色の飴の当たりが1つ入っていることがありま

一箱に赤色の飴が10個入ってる袋があります、そしてまれに黒色の飴の当たりが1つ入っていることがあります。一箱に入っている確立は5%です。
ここで質問です、この黒色の飴が一箱に2つ入ってる確率はどうやって求めればいいですか?

Aベストアンサー

であれば、、、
黒1赤9である可能性/赤10である可能性=5%
ということですから、、、
全体の黒の割合をxとした場合、
(10C1)(x/100)((100-x)/100)^9/((100-x)/100)^10=5/100
10(x/100)/((100-x)/100)=5/100
(x/10)/(100-x)=1/20
2x=100-x
3x=100
x=100/3
なので、
黒が二個入っている場合は、
(10C2)(x/100)^2((100-x)/100)^8
をx=100/3(%)で計算してみればよいのではないでしょうか?

Q絶対値について。

絶対値とは数直線上である数が原点からどのくらい離れているかを表す数だと習いました。
つまりある数が3だとしたら絶対値は|3|または|-3|ということだと解釈しています。
ならばある数が-3の時は絶対値は|3|で|-3|になるはず。と思ってやってみたら|-3|だけ答えが間違ってると言われてしまいました。
自分では当たってると思うのですが…
どういうことなのでしょう?なんで間違ってるのでしょう?
だれか詳しい説明お願いします。

Aベストアンサー

絶対値というのは大きさだけを持つ値(スカラー)ですね。ですから
|-3|=3
となります。

-3と記述すると、正の方向の他に負の方向という意味が記述に入ってきます。
大きさとして-3というのは判るのですが、数値の前に符号が付くことで、
言外に”-”と”+”の方向があるという事を示してしまいます。これは絶対値(スカラー)ではなくベクトルの意味が入ってきます。

概念的な理屈なのですが、絶対値は、物理や化学や数学で大きさだけを持つスカラーと大きさの他に方向を持つベクトルを区別する基本になるので、
単純にこんなものだと無理にでも納得しておいたほうが良いと思います。


人気Q&Aランキング