教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

「同姓同名・生年月日も同じ別人口座、差し押さえ」というニュースがありました。
すごい確率と思いました。
どれくらいの確率になるのでしょうか。
計算方法を教えてください。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC% …
ドレイクの方程式の展開ですね

http://www.douseidoumei.net/00/dou01.html

すべての同姓同名者数で足し上げる必要があるが
もっとも多い 田中実 2620 
全員が 0-49歳で均等とすると一年きざみで 52人いることになる。

この52人が 全員に違う誕生日である確率は・・・
とか計算しようと思ったら、計算しているヒトがいた
http://kk-online.jp/math010.html

非常に高い確率で生年月日が同じ 田中実さんがいます。

※ 特定の年の1月1日に 田中実さんが複数生まれている確率は低いですが
    • good
    • 5

理論上の確率は分かりませんが、私は仕事のデータで、カナ氏名と生年月日が同一のデータを見た事があります。


その時の母数は2万数千でした。

生年月日が同じ人は珍しくもありませんから、よくある名前の方だと、母数がそれくらいになれば、ありえるのではないかと思います。

計算方法を設定するのは困難ではないでしょうか?
生年月日は、人間が生存できる年数から、だいたいの幅を設定できますが、日本人の名前の種類と、どの名前がどの程度かを決めるのは、非常に難しい気がします。
    • good
    • 4

金融機関は氏名と生年月日で名寄せしてるからねぇ。



同じ誕生日の人は、例えば母集団が365人だと誰も重ならない。
二倍の730人だと自分と同じ日の人が一人、
三倍の1095人だと自分以外に二人、
というのが理論上の同一誕生日の人のいる確率ですが、
実際訊いて回ったらそういう風にはならない。

年末に生まれた人とかは元旦に生まれたことにしたりするし、
4日、9日、13日だと一日ずらして届出たりするので、
2/730 よりもっと高い確率で同じ誕生日の人が見つかる。

それと雪国だと秋に生まれる人が多いかもね。

名前の重なりは確率化するの無理でしょう。
名前によって頻度が違うもん。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング