B型肝炎の訴訟についてなのですが、今現在、症状は何もないのですが、感染しています。
今後の事も踏まえて訴訟を検討しているのですが、弁護士さんにお願いする場合、CMなどでよく聞く所にお願いしたほうがいいのでしょうか?
訴訟となると手続きなどが結構大変だと思うので、分かりやすく説明してくれる所にお願いしたいと思っているのですが、どこにお願いしても一緒でしょうか?

A 回答 (2件)

B型肝炎補償は 全員が対象ではありません。

昭和の30年前後に小中学校で集団予防接種を受けて感染した人だけです。
性行為による感染は対象ではありませんよwwww
    • good
    • 0

だいたい同じですが


着資金なしの
弁護士がオススメです。

ご存知と思いますが
集団予防接種と
母子感染者が支給の
対象者です。

ネット検索で弁護士は
探せますよ。

給付には
期限ありますから
お急ぎになった方が
いいですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所に訴訟を提起した場合、期日などはどれくらいで決まるのですか?

裁判所に訴訟を提起した場合、期日などはどれくらいで決まるのですか?
2~3週間くらいですか?
それとも、1ヶ月位かかるのですか?
また、実際に裁判がスタートするのは、どれくらい先になるのですか?

Aベストアンサー

これは、その訴状の内容でかわります。
訴状記載要件が整っておれば、訴状受理から1週間ほどで口頭弁論期日が決まりますが、不備があったり裁判所が疑問に思えば補正命令等があり、そうすれば1ヶ月以上かかります。
なお、口頭弁論期日が決まれば、その通知後1ヶ月程度先の日が実際の法廷日です。

Q準必要的共同訴訟と類似必要的共同訴訟と複数当事者訴訟と

準必要的共同訴訟と類似必要的共同訴訟

って、どんな訴訟のことでしょうか?

あと複数当事者訴訟というのは、原告被告が両方とも複数の訴訟という意味であってますか?

Aベストアンサー

回答がなさそうなので参考までに。
様々な呼び名の訴訟がありますが、
要は、一対一で、一つの訴状で請求の趣旨が単発と複数ある場合(例えば、被告は原告に対し・・・を明渡し、かつ、100万円支払え。)や、
原告が一人で被告が複数の場合(例えば、被告らは連帯して原告に対し100万円支払え。また、被告Aは原告に対して60万円、被告Bは原告に対して40万円を各支払え。)など、原告や被告で変わる場合もあります。
逆に、原告が複数で被告が一人の場合もあります。(被告は、原告Aに対して100万円を、Bに対して200万円を、各支払え。)など。
更に、共有物分割請求訴訟のように、必ず、被告が複数の場合もあります。
他に、原告や被告が単発や複数であっても、最早、審理中に併合事件とする場合もあります。
最初の訴状の中でのことと、後で、併合事件とする場合と二通りあることを、とりあえず理解すればいいと思います。

Q行政訴訟の裁判所は?

1.行政訴訟を起こす場合は、別の特別な裁判所ですか? 一般の裁判所と同じですか?

2.三審って下級裁判2つ 最高裁ですか?
民事は三審とかってありますか?

Aベストアンサー

1.行政訴訟を起こす場合は、別の特別な裁判所ですか? 一般の裁判所と同じですか?


 一般の裁判所です。


2.三審って下級裁判2つ 最高裁ですか?
民事は三審とかってありますか?

 行政訴訟は原則として地裁が第一審になります(行政事件訴訟法12条)。

 したがって、第一審は地裁、控訴審は高裁、上告審は最高裁の三審です。

Q訴訟係属後に裁判所に証拠を出すときの手続

訴訟係属後に裁判所に書証(文書)を証拠として出すときの手続としては、準備書面と一緒に出すことが多いのだろうと思います。
それ以外に、どのような方法があるでしょうか。
例えば、準備書面は出さないまま、証拠説明書を出して、それと一緒に書証(文書)を証拠として出すことはできますか?

Aベストアンサー

 1番回答者です。3番への補足です。

 口頭弁論期日に持参でも、郵送でもない、ふつうの日に、書記官室へ書証だけ、直接持参してもかまいません。

 書記官の名前を言えば、その書記官が出てきますので、3番で書いたのと同じ口上で渡せば「はい。ご苦労様でした」とでも言って受け取ってくれます。

 特別な添付書類は要求されません。

 封筒に入れて持って行った方がいいと思いますが、一応中から出して、この書類です、封筒は空っぽではありません、と見せて、両方ならべて提出してきましたので、封筒に入れる「必要」さえないはずです。

 ちなみに、受取書みたいなのはくれなかったと思います。

Q個人で民事裁判を弁護士抜きで裁判所へ訴訟をする事は可能でしょうか?

前回質問させて頂いた私道問題が長引き、持ち主が第三者へ売り渡し、
第三者から買取依頼と恐喝紛いの書状が到着
当方には、開発、建売販売時の私道使用の許諾書が売買契約(1980年)の中に添付されております
よって販売者と不動産屋を控訴したいのですが?
如何でしょうか?

Aベストアンサー

>民事訴訟を行いたいのです

はい、わかりました。
そして「悪列地主を懲らしめたいのです」と云うことで、売主を被告とするようです。
それで、「転売を辞めさせ元に戻したいです。」と云うのが、訴状に記載する請求の趣旨となりますが、請求の原因も必要です。
その原因は、公道とすることになっていたが売却した。
と云うことではないですか ?
そのような法律構成では、明らかに却下です。
何故ならば、「戻せ」と云うからには「誰々から誰々に」と云うように、被告を2人にする必要があります。
更に、この部分も2人としたとしても、これまた、却下か棄却です。
何故ならば、仮に、原告の請求が認められたとしても、原告で公道にすることができないからです。
そのようなことを専門的に「請求の利益がない」と云っています。
要するに、この案件は、法律的な構成が甚だ難しく、素人では、とてもできない案件です。
是非とも弁護士に依頼して下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報