大変恥ずべきことですが、私の家族が以前クレジットカードの支払いが滞らせてしまいました。
債権回収会社に移管されてしまい、債権回収会社へは損害金と元金をお支払いしましたが、信用情報は永遠にブラックのままなのでしょうか。
本人がクレジットカードを作成したり、賃貸物件を契約することは難しいでしょうか。
債権回収会社に確認したところ、
受託日は、2013年5月で完済日は2013年12月でした。

どなたか、お詳しい方がいらっしゃれば教えていただきたいと思います。
何卒宜しくお願い致します。

A 回答 (6件)

CICなどの信用情報機関の記録は、クレジット会社・信販会社などとの契約終了後5年経てば抹消されます。



ということで、5年経過すれば信用情報機関経由での事故歴はわからなくなります。

ただ、クレジット会社独自のデータベースには永遠に事故歴は残りますので、支払滞納事故を起こしたクレジット会社との契約は困難でしょう。

また、信用情報機関で保管している記録は、事故歴だけでなく、利用歴・支払い歴(信用歴)もあります。
5年で抹消されるのは事故歴だけではありません。信用歴も消えます。
現在の日本では、クレジット・信販・ローン契約と無縁に暮らしていくことは簡単ではありません。
(携帯電話契約も、多くは信用情報機関に登録されるローン契約です。)
5年間の信用歴が無いということは、それ以前の事故歴が予想されますので、クレジット会社・信販会社からはブラックでは無いとしても、グレー扱いを受けるでしょうから、クレジットカード・ローンは厳しいかもしれません。

ローン契約と無縁な賃貸契約は大丈夫です。
    • good
    • 0

免責は3年


情報は7年前でも出てくることある(履歴事項ね)
    • good
    • 0

少なくても 完済後5年 すなわち2018年12月までは クレカは無理でしょう。


賃貸契約については 保証会社を付けたら信用照会されることがあります(大半の保証契約書にその旨の同意条項が書いてあります)が、そうでなければパスするかな・・・
    • good
    • 1

個人信用情報機関に残る履歴は長くても5年で消えます。


しかしそれぞれのクレジット会社ではもちろんリストを用意してますから、そのクレジット会社では永遠にブラックです。

>本人がクレジットカードを作成したり、
そのクレジットカードの会社は無理です。

>賃貸物件を契約することは難しいでしょうか。
そのクレジットカードの会社と関係のない保証会社ならば可能でしょう。
    • good
    • 0

債権回収会社に移管されたらアウト


そのクレジット会社とは取引できません(会社によるが) 他の会社は5年(会社によって7年も)で作れる。
少しでも債権が残ってうやむやの場合はアウト 携帯の乗り換え等で請求書が来なくなったので払ってないと 一生ブラックのままです。
    • good
    • 0

信用情報機関によって異なるものの、登録情報は最長5年間を超えない期間登録されることになっているので、5年経てば消えます。


もっとも、そのクレジットカード会社の自社情報には残ることになりますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング