アンネの日記って最後どうなるんでしょうか?。
 ユダヤ人のアンネがドイツ兵の捜査から隠れる日々をつづった日記だと思うんですが、最後まで隠れきれたんですか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

本として出版されているものはアンネの「日記」に誰かが手を加えたものでしょう。

arekoreさんのいう矛盾が生じてしまうのはそのせいだと思います。

アンネは結局ナチスに囚われてしまいます。
そして収容所に行き、水を飲めずに死んでしまったと
聞いています。

嘘でも何でも、こんなことは繰り返してはいけない、
ということでしょうね…
    • good
    • 3

『アンネの日記 完全版』深町眞理子訳 文春文庫では、


1944年8月1日(火)の日記でぷっつりと終わっています。
同年8月4日、ゲシュタポによって隠れ家から連行されたそうです。

隠れ家で発見されてから以降その死までを、
収容所で彼女に出会った人たちからの証言を元に、
『少女アンネ -その足跡』シュナーベル著 久米穣訳 偕成社文庫
に詳しく書いてあります。
    • good
    • 1

私は少し読んですぐに、人生経験に乏しい少女にこんな文が書けるわけがないと、アホくさく思い読むのをやめました。


その後いろいろな説を目にしたのですが、やはりあの作品はウソらしくて、屋根裏に隠れてひっそりと暮らしてるというのに、アンネが自転車に乗って出かけたり、大きな音を立てるような生活をしてたり、戦後になって初めてガスによってユダヤ人が殺されたと判明したのに、すでに仲間がガス室で殺されていると書いていたりと、その辺りからウソということらしいです。
ご参考までに。
    • good
    • 4

アンネは結局ナチスにつかまってしまいます。

そして囚われ亡くなりました。

後日生き残ったアンネの父が日記を発見し保管。今に至る…。ってかんじです。
    • good
    • 14

日記は途中で終わっています。



理由はわかりますね・・・・・?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

日記」に関するQ&A: 1歳以降の育児日記

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンネの日記を破り捨てる理由

図書館回りをして、アンネの日記を破り捨て、歴史を正そうとしている勇者がいるようですが、アンネの日記も、敗戦国側のドイツを悪者にするために、戦勝国によって捏造されたものなのでしょうか?

Aベストアンサー

勇者ではなく立派な犯罪者です。
自己の主義・主張があったとしても、そういう方法でしか主張できないのは愚かです。
従って捏造という考えも出てきません。

Q日記と創作日記の違い

文章のスタイルとして、「日記」というのと「創作日記」というのはどう違うのでしょうか。
「創作日記」というと、私のイメージとしては、フィクションの物語を、日記風の構成で描いたもの、
というように思っていたのですが、どうも確信が持てません。
webでざっと見たのですが、的確な説明が見つかりませんでした。辞書で「創作日記」を探しても、
私の辞書では出てきませんでした。皆さん、どうかよろしくお願いいたします。それと、
大変贅沢な希望なのですが、回答者さまの回答の根拠というか、ご自分ののイメージをもとにお答えくださったのか、
あるいは何かの資料、文献に出ていたことなのかもあわせてお教えくださると大変助かります。

Aベストアンサー

「創作日記」と最初に聞いて思い描いたイメージは、「創作というテーマで書かれた日記」でした。
思いついたアイディアや進み具合、創作の上での悩みや気になったことなどを書き留めておくノート・日記のことです。
「日記風の物語」ではなく、あくまでも現実の日記のひとつのジャンルです。

根拠というほどのものはありませんが、良くブログなどでも「○○(←趣味)日記」というタイトルを見かけます。「園芸日記」「文鳥日記」「お菓子日記」などなど……思いついた言葉に日記をつけて検索しただけでもたくさん出てきます。
ブログ以外にも日常をつづったエッセイ系の小説や漫画で「○○日記」というタイトルのものは多いですよね。
また、「○○ノート」という言葉も良く見かけます。

一般的に、「創作日記」と言われた時に思い浮かべるのはやはり「日記風の物語」ではなく「創作について書かれた日記」ではないかと思います。
土佐日記だとか蜻蛉日記だとか、そうした歴史的な日記も盛り上げるためのフィクションが入っていたとしても基本は実際にあった出来事をつづったエッセイですよね。

「日記風の物語」ならば日記とは呼ばれずに小説と呼ばれることの方が多いのではないかと思うんですが、いかがでしょうか。

「創作日記」と最初に聞いて思い描いたイメージは、「創作というテーマで書かれた日記」でした。
思いついたアイディアや進み具合、創作の上での悩みや気になったことなどを書き留めておくノート・日記のことです。
「日記風の物語」ではなく、あくまでも現実の日記のひとつのジャンルです。

根拠というほどのものはありませんが、良くブログなどでも「○○(←趣味)日記」というタイトルを見かけます。「園芸日記」「文鳥日記」「お菓子日記」などなど……思いついた言葉に日記をつけて検索しただけでもたくさん...続きを読む

Qアンネの日記って最後どうなるの?。

 アンネの日記って最後どうなるんでしょうか?。
 ユダヤ人のアンネがドイツ兵の捜査から隠れる日々をつづった日記だと思うんですが、最後まで隠れきれたんですか?。

Aベストアンサー

本として出版されているものはアンネの「日記」に誰かが手を加えたものでしょう。arekoreさんのいう矛盾が生じてしまうのはそのせいだと思います。

アンネは結局ナチスに囚われてしまいます。
そして収容所に行き、水を飲めずに死んでしまったと
聞いています。

嘘でも何でも、こんなことは繰り返してはいけない、
ということでしょうね…

Q夢枕獏の小説、神々の山嶺に出てくる元グルカ兵の名前について

とてもかっこいい名前だった記憶があります。
どなたか覚えていらっしゃいますか?

Aベストアンサー

本を引っ張り出してきて確認しました。

ナラダール・ラゼンドラです。

Qアンネの日記は偽物?

 アンネの日記というのは全くの嘘で、誰かが勝手に書いた話なのでしょうか?
 といいますのは、だいぶ前に、アンネフランクの隠れ家になった博物館を訪問したことがあります。この時、実際、私が現地で購入したパンフレットには、この件で随分長く裁判があったようだと書いてありました。私の知り合いも似たことをいってるのを聞いたことがあります。
 どなたか、「アンネの日記は偽物!?」に関して詳しく知っておられる方、教えて頂けますか? もちろん、「偽物説の反対論」でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんなページもあります。

偽物ではなく確かに彼女が書いたのですよ。ただ、#1さんのご指摘の通り出版に際して父親が削除した部分がありますけどね(あまりにも赤裸々な記述があったそうで→少女らしくない、という理由でです。しかし、それがアンネ・フランクが書かなかったという理屈にはなりませんね。)

尚、アンネ・フランクの死因は#2さんのご指摘の通りらしいです、ただし収容所内での感染による、ようですが。

#2さんのサイトも拝見しました、があの葉書の出どころの方が疑わしい気がします。日記の実物はオランダ政府が保管してますから、その気になればアンネの指紋などの照合が可能です。もちろん、我々一般人がどうこうできるレベルではありませんがね。
しかし、面白いのは1951年以前にはボールペンは無かった、1945年に死んだアンネがボールペンを使ったハズはない、と書いてありましたが、トンボのホームページによると「 実用的な物としての開発は、1943年にハンガリーで考案されたのが始まりです。翌年1944年にはエバーシャープ社(米)が特許を買い、内容を改良したものを発売しました。(油性ボールペンの歴史より抜粋)」との事です(笑)

#2さんも書いてますが、ネットの意見は一面だけ見てスグ判断するのは危険ですね。大抵は自分に都合の悪い事は書かないものですから、検証が大事です。

参考URL:http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/study/ohkoshitetsuji02.html

こんなページもあります。

偽物ではなく確かに彼女が書いたのですよ。ただ、#1さんのご指摘の通り出版に際して父親が削除した部分がありますけどね(あまりにも赤裸々な記述があったそうで→少女らしくない、という理由でです。しかし、それがアンネ・フランクが書かなかったという理屈にはなりませんね。)

尚、アンネ・フランクの死因は#2さんのご指摘の通りらしいです、ただし収容所内での感染による、ようですが。

#2さんのサイトも拝見しました、があの葉書の出どころの方が疑わしい気がします...続きを読む

Qユダヤ系の本

ユダヤ系の本を読んでみたいのですが、ジャンルもなにも分からなくて、探し方に困っています(>_<)
ユダヤの財閥とか、秘密結社について深く興味があります。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

世界中がいまだに興味を持ち続けている分野です。トンデモ本から難解モノまですごい量が出ています。
賛否両論ですが広瀬隆著『赤い楯』という本を読んでみるといいかもしれません。ロス・チャイルドファミリーの歴史について、学校で習わなかった、新聞に載ってない歴史をみることが出来ます。
新書でもユダヤ関連、フリーメイソン(秘密結社とはこれのことですよね?今でも活動はしていますが秘密ではありません)関連、たくさん出ています。
ある程度、数を読んでその中から自分の考え方をつかむしかないかもしれませんね。
先述の『赤い楯』はとっても長いので覚悟してどうぞ。

Qアンネの日記ってなんでここまで恨まれてるんですか?

アンネの日記ってなんでここまで恨まれてるんですか?

犯人はドイツ人しか考えられないですよね。日本人が反ナチスってまあいないですし・・・

Aベストアンサー

日本人のせいにしたい、在日韓国人のしわざだとされています。

どうでもいいですが、ユダヤを敵にしたら、IMFが黙ってませんよ。
誰か教えてあげて下さい。

Qミステリ好きの皆さん!犯罪捜査の手法は?

厳密には読書の話ではないのですが、こちらにはきっとミステリ好きの方が多く顔を出されるだろうと思い、このカテゴリで質問します。

念願のミステリーツアー(参加者それぞれが探偵となって、殺人事件の謎を解く旅行!)に参加することになりました。楽しみです(^o^)。
そこで皆さんにお知恵をお借りしたいのですが、捜査手法として大事なポイントってなんでしょう?
参加者の中に犯人が隠れているので、お互いに事情聴取をしまくることになると思います。目下「さて、どのように攻めよう?」とわくわくしている最中です。期待ほど面白くなかったらどうしようという心配もあったりします……。
情報量が少なくて回答するにも難しいことでしょうが、「もし自分がそういうツアーに参加するならこんなところに注意する!」というアイディアがある方、または今までそういうツアーに参加した経験をお持ちの方、何でもいいのでお気軽にアドバイス下さい。

よろしくお願いしますm(__)m。

Aベストアンサー

私はそういうツアーに参加したことないんで分からないんですが、
本当の参加者はミステリ好きならきっとうんちく好きだと思います。
よくしゃべる人、つるむ人、予想を公開する人、架空の探偵を気取っているひと、、、、
要はファン精神にあふれた人は除外してみてはどうでしょう。

犯人がゲストもしくはスタッフだとしたら、イヤラシイ話ですが、妙に優しくて、助言をしてくれて、やや賢くて、サブリーダー的な人だと思います。ツアーが失敗しないような気配りを持った人が犯人です。そういう人をマークしましょう。

私なりの楽しみ方だと、
1.自分なりの犯人
2.ツアーに見合った犯人
3.実は自分が犯人
という想像でストーリーを作って、1の自分なりの犯人をギラギラした目でずーっと追っていきたいですね。できるだけあからさまに。
3は、俺だったらもっとこんな殺し方を!という想像です。
正解だけを追う以外の楽しみも持っていくといいのではないでしょうか。
では、いい旅を~

Qアンネの日記損壊事件、犯人像

1)ネットでネトウヨを装い日韓分断を企む中国勢力。日本をナチスドイツに見せるための犯行。日本人が韓国人を、ナチスがユダヤ人を扱ったように扱った、という印象を与えたい。

2)ユダヤ人による自作自演。アンネの日記の宣伝のため。

3)日本人の中の変人による犯行。

4)その他

など考えられますが、最もあり得そうな犯人像はどんなものですか?最新情報なども教えて下さい。

Aベストアンサー

近年の状況を見ると1が濃厚ですね。ディスカウントジャパンのために予算を組んでいる国ですから、やりかねません。
ごく低い確率で3も有り得ると思います

Q神永学の確立捜査官御柴岳人について

先日、神永学の確立捜査官御柴岳人を購入したのですが
この本はコレで完結ですか??
シリーズ物で続きがでますか?

最後のぺージに、「了」と書いてありましたが・・・

意味の分らない文ですみません

Aベストアンサー

ご質問にある本は読んでおりませんが、一般論で回答させてください。

〈了〉と記されているなら、まずそこで作品は終わります。それが作者の意思の表れです。
しかしながらその作品が予想より売れ行きが高かった場合など、続編が出版される事もあります。そうなるかは、質問者様はじめ、読者の反響次第でしょう。


なお、作者は続刊を構想して一作目を刊行しても、売れ行きが伸びず、あえなく尻切れトンボに終わった例はよくある事は言うまでもありませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング