アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

顎をそらすとは顎を上げるという意味ですか?

A 回答 (1件)

顎をそらす、は聞いたことがありません。

目をそらす、とおなじ意味かも知れません。顎を上げる、は強い自信を持って顔を上げることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
そうですか
あまりない表現みたいですね
あごを上げるはそういう意味なのですね

お礼日時:2017/07/17 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかつては一年「と」生きられなかった

外国人に日本語を教えているものです。

「30年前には大腸がんのステージ4の方は1年と生きられなかった。」

という文章の「と」は文法的にどのように解釈すればよいのでしょうか。
「一年も」「一年しか」などと言い換えられるのでしょうか。
辞書にはこのような助詞「と」の使い方はありますでしょうか。

教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

助詞の話はむずかしくて、辞書をひいてもわからない特殊な用法も多いようです。
 ただ、ご質問の「ト」は比較的一般的なので、フツーの国語辞典に出ていると思いますが。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説
と[格助・接助・並助]
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
===========引用終了

===========引用開始
大辞林 第三版の解説


( 格助 )
⑥量的な限度を表す。少ない量をあげて、打ち消しの形をとる。 「この食料では三日-もつまい」 「五分-待てない」 
===========引用終了

 ちなみに当方がトの特殊用法と考えているのは下記あたりです。
【助詞の話10「ト」の特殊用法── 小学校中学校と 十五、十六、十七と】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1488.html

 トかニか迷うのは下記のようなケースです。
【日本語アレコレ──「自然に」と「自然と」の違い1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-305.html

【自然に、と 自然と、 の違い】
【「意外に」「意外と」】
【○○{ト/ニ}似ている】

 スッキリとした説明があったら教えてください。

助詞の話はむずかしくて、辞書をひいてもわからない特殊な用法も多いようです。
 ただ、ご質問の「ト」は比較的一般的なので、フツーの国語辞典に出ていると思いますが。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説
と[格助・接助・並助]
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
===========引用終了

==========...続きを読む

Q「ローマは一日にして成らず」反対語は?

ローマは一日にして成らず。
継続は力なり。などの言葉の反対語はありますか?

Aベストアンサー

反対語ではないかもしれませんが、

「善は急げ」
「鉄は熱いうちに打て」

Q「敬語、もうやめたら」と思った瞬間。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明するのに、
「私が父親の跡を継いで、葬儀社をさせていただいています。」

誰に対して「させていただいています」と言ってるのか、私にはわかりませんでした。
社員とか、株主総会でのあいさつならば、「(未熟者ではございますが、私が社長を)させていただいています」と言ってもいいでしょうが、テレビで自分の職業を紹介するのには、誰に対しての敬語?と思いました。

なんか、もうここまでワケも解らずに「いらっしゃる」とか「させていただいて」とか使うなら、いっそもう、敬語なんか廃止してしまっていいんじゃないか、
その方が日本語が崩れないですむんじゃないか、と思ってしまいました。

極論とは思いますが、
すでに学校の「国語の時間」に真っ当な敬語を学習させるのはムリになってしまっていて、バイトとかで「簡単便利な速習敬語」を覚えた結果が、この「混乱敬語」ではないでしょうか。

「もう、敬語、使わなくていいよ」と言いたくなりました。
ダメでしょうか?
敬語は日本語の伝統文化、なんとしても守るべきでしょうか?

でも、いったいどうやって守れるのでしょう、なんかもう絶望的気分になってしまいました。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明す...続きを読む

Aベストアンサー

>なんかもう絶望的気分になってしまいました。
 無理もありません。敬語を使い慣れている人と、そうでない人との格差が大きすぎますね。
 No.6の方があげられた「携帯電話の電源はお切りして下さい」は、「して」を取れば通用するわけです。こういう場面で「お切りする」という謙譲語を使う人が増えていると、「敬語」(講談社学術文庫)の著者、菊地康人氏は警告されています。

Qひゃっこいって、標準語?

ひゃっこいって、標準語?

Aベストアンサー

下記で分かりますか? 鹿児島の友人ですが「つんたか・つめたか」と言っていた記憶があります。あんまり当てになる分布とは思えませんが、見つけたので参考に。

https://hougen-japan.com/kotoba/tsumetai/

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Q「主観」の解釈について。

主観という言葉について、どのように解釈をすれば良いのか悩んでおります。
辞書いわく「その人ひとりのものの見方。」とありますが、これだけでは解釈の仕方に次のパターンが生まれてきます。

1・他には同じ見方の人はおらず、その人のみしかその見方をする人がいない。
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
3・上記どちらの意味も兼ねている。
4・そこまで明確な定義はない。
5・そもそも語学的な定義と呼べるものは存在しない。個人の解釈による。辞書はその一端を記しているだけである。

この5パターン。
私としましては、この場合「の」=所有を表す格助詞であり、何も「1人しかいない物の見方」と限定されているわけではないため1番上は無いのかなあと思いました。
ですが、あくまでウェブ辞書の『goo辞書』さんの説明を見ての考えですので、goo辞書が表記を誤っているかもしれないし、私がトンチンカンな思い違いをしているのかもと考えるとイマイチ自信がないので皆さんに協力を仰がせていただきました。


※補足
・もしも明確な答えがわからない場合はあなたがどのように解釈しているのか教えていただけると助かります。
・パターン「5」について。たとえ定義があろうとなかろうと、「個人の解釈による」ことには変わりがないのでその点はスルーしていただいて、語学的、文法的、法律的に定義づけがどのようになされているのか、そもそも定義づけがされているのかという観点からご意見ください。
・質問文に不備があればご指摘ください。

主観という言葉について、どのように解釈をすれば良いのか悩んでおります。
辞書いわく「その人ひとりのものの見方。」とありますが、これだけでは解釈の仕方に次のパターンが生まれてきます。

1・他には同じ見方の人はおらず、その人のみしかその見方をする人がいない。
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
3・上記どちらの意味も兼ねている。
4・そこまで明確な定義はない。
5・そもそも語学的な定義と呼べるものは存在しない。個人の解釈による。辞...続きを読む

Aベストアンサー

「その人ひとりのものの見方。」
この語釈表現が曖昧ですね。
辞書編纂者としては、「ひとり」は限定ではなく「複数ではない」ことを意図するために使われたのでしょう。
個人的には、
「ある人ひとりのものの見方。」
のようにすることを推奨したいところ。
「その」が、ある特定の人物を想起しやすい連体詞であるため「その人ひとりだけのものの見方」という表現を連想させやすいのに対し、「ある」は不特定の人物を表わすため「ある人ひとりだけのものの見方。」という限定表現が連想しづらいように思うから。

いずれにせよ、
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
このパターンになると思います。
従って、必然的に他の解釈にもならない。

Q「のぼり」と「くだり」

日本語を勉強中の中国人です。交通状況を知らせるラジオ番組に言う「のぼりは…くだりは…」の「のぼり」と「くだり」は前者が都心に近づいてくる線路であるのに対して、後者は都心から離れていく線路のことを言っているのでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鉄道の場合は東京駅が起点なので「東京駅(方向)」に向かうものを上り、「東京駅」から離れていくものを下りと言います。
東京駅を通らない場合、例えば小田急線なら「新宿方向」へ行くものが上りです。

道路の場合は「日本橋」が起点となりますので、日本橋方向へ向かうものを上りと言います。



でも色々と例外もあります。
京浜東北線のように東京駅を通過してしまうものや山手線のように環状のものもあります。
そのような時は「北行き、南行き」とか「内回り、外回り」と言ったりします。
地下鉄では「A線、B線」と言っているようです。

道路も同様で、首都高湾岸線は「西行き、東行き」と言います。

Q漢字の解読依頼

祖父/祖母の遺品ですが、漢字が読めません。どなたか教えていただきたく、よろしくお願いいたします。依頼の文字は、添付画面の内、
1.左の大正6年に書かれた葉書の差出人名。京都 ○○と書いてあると思うのですが、この2文字がわかりません。
2.中央は左端の葉書の裏面です。この左上に書いてある落款文字全て
3.上記葉書の差出人と同一人物と思われる人が描いた山水画に記載されている落款、及び、落款印

です。

Aベストアンサー

1.南生
2.丁巳 薄日 南浦生
3.丙辰孟冬
    南浦寫
すでにご存じかと思いますが、丁巳は大正6年、丙辰は大正5年に該当します。
印は右上の文字は「弘」のようですね。あとは残念ながらわかりません。

Q「々」の正式名ってあるんですか? あったら教えてください!

「々」の正式名ってあるんですか?
あったら教えてください!

Aベストアンサー

同の字点
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/241097/meaning/m1u/%E3%80%85/
または、
ノマ
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/241266/meaning/m0u/

Q続 すごい と すごく の使い分けです。

先日、下記の質問がありました。

【すごい と すごく の使い分けです。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9749842.html

 質問者の対応を待っていました。質問者がどこまで考えているかによって、書き方が大きくかわるからです。
 ……締め切られてしまった(泣)。

 辞書の引用の全文は末尾に。
 質問者がひいた辞書には、〈「凄く」は「凄い」の俗語表現〉と明記してあるらしい。なんという辞書に、正確にはどう書いてあったか教えてもらえまえせんか。あの書き方では資料にならない。
「すごい」「すごく」の俗用(またこれが曖昧な言い方で……)は、何段階かに分かれる。

■第1段階 「すごい」自体が俗用
 ↓の『大辞泉』には〈「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。〉とある。辞書がこういう書き方をするのはやめてほしい。この記述は2通りの解釈ができる。
 まず、〈「すごい」は俗語的な言い方〉という解釈。これもよく目にする。元々「すごい」というのは程度が非常にはなはだしいことを表わし、俗っぽい表現らしい。当方は半信半疑。「凄まじい」「凄惨」なんかと混同している気もする。あんまり上品な言葉ではないだろうが、現代では女性が口にしてもおかしくはない。「でかい」とか「うまい」よりはずっとマシってレベル。 

■第2段階 「すごく」が俗用
 これも聞いたことがある。『大辞泉』の記述も、たぶんこの意味と思われる。〈俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる〉……余計な読点を打つから誤読される。質問者の趣旨もこれのような気がする。真偽のほどは不明。相当昔の話のようなので、実感がない。当方はかなり昔から使っている。『大辞林』には「副詞」として、注釈なしで立項されていることを確認してほしい。

■第3段階 「すごい+用言」が俗用
 これは『大辞泉』の〈俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある〉の話。『大辞林』にも同様の記述がある。近年問題視されているのはコレ。林先生がTVで語っているのもこれだろう。

 第1段階と第2段階に関しては、古い話なので、あまり興味がない。
 第3段階に関しては、「すごい+体言」「すごく+用言」が一般的と考えるのが無難だろう。
 ここで打ち切っておかないと泥沼にはまる。

 と言いつつここからが本題で、泥沼にはまるための質問です。
「すごい+体言」「すごく+用言」が妥当な使い分けだとします。
 ということは……。

質問1 「すごい美人」「すごく美しい人」
 ↑のように使い分けるということですね。
 本当なんでしょうか。

質問2 「すごく美しい 人」「すごい 美しい人」
「すごく美しい人」の「すごく」は用言にしかかからないとすると、当然のことながら、「すごく美しい 人」ってことですよね。
 これを「すごい」が「美しい人」にかかると考えるのは邪道でしょうか。「美しい人」はフツーに考えれば名詞でしょう。名詞にかかるのは「すごい」ですよね。

質問3 「美人」の品詞は
「美人」の品詞は名詞でしょう。「〜すぎる」の「〜」に入るの形容詞か形容動詞のはずです。ってことは、いまや一般的な表現になっている「美人すぎる」って誤用でしょうか。
 詳しくは下記をご参照ください。
【この違和感は何ですか? 「〜すぎる」】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9167850.html

質問4 副詞は名詞にかからないのか?
 これが非常に微妙な問題で、「用言のことが多いが、体言のときもある」と考えるしかない気がします。詳しくは下記をご参照ください。
【続「主に」の使い方】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9220123.html  


https://kotobank.jp/word/%E5%87%84%E3%81%84-541501#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説

すご・い【▽凄い】


[形][文]すご・し[ク]
1 ぞっとするほど恐ろしい。非常に気味が悪い。「―・い目でにらむ」
2 びっくりするほど程度がはなはだしい。大層なものだ。「―・い人気」
3 (連用形を副詞的に用いて)程度のはなはだしいことを表す。「―・く寒い」「―・くおもしろい」
[派生]すごさ[名]すごみ[名]
[用法]すごい・ひどい――「すごい(ひどい)嵐」「すごい(ひどい)寒さ」「すごく(ひどく)速い」など、はなはだしいの意では相通じて用いられる。◇「すごい」は俗語的な言い方で、「すごく険しい」「すごくおいしい」「すごく悪い点数」など副詞的に幅広く用いられる。また「すごい評判だ」「すごいあばら家」などプラス、マイナス両面の評価に使う。◇「ひどい」は「ひどい人」「ひどい仕打ち」「ひどいことを言う」のように、マイナス評価について用いられる。◇俗に連体形を副詞的に用いて「すごいおもしろい人だ」のような言い方もある。 
===========引用終了

https://kotobank.jp/word/%E5%87%84%E3%81%8F-302309#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88
===========引用開始
大辞林 第三版の解説

すごく【凄く】

( 副 )
〔形容詞「すごい」の連用形から〕
程度がはなはだしいさま。大変に。大層。非常に。主に会話で用いられる。 「 −速い」 「朝晩−冷える」 「 −酔っぱらう」 〔近年、くだけた言い方で「すごく」の代わりに「すごいでっかい」「すごいきれいだ」などと言う場合があるが、標準的でないとされる〕 
===========引用終了
『大辞泉』の記述はほぼ前回どおりだろう。問題は『『大辞林』のほう。「すごく」なんて前はなかったと思う。以前は「連用形を副詞的に用いて」いたのが、めでたく副詞と認定されたのだろう。

先日、下記の質問がありました。

【すごい と すごく の使い分けです。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9749842.html

 質問者の対応を待っていました。質問者がどこまで考えているかによって、書き方が大きくかわるからです。
 ……締め切られてしまった(泣)。

 辞書の引用の全文は末尾に。
 質問者がひいた辞書には、〈「凄く」は「凄い」の俗語表現〉と明記してあるらしい。なんという辞書に、正確にはどう書いてあったか教えてもらえまえせんか。あの書き方では資料にならない。
「すご...続きを読む

Aベストアンサー

>「タンマ」はまだ解けませんか。

 分かったと言うほどではありませんが、「すごく」は形容詞の連用形であると同時に副詞でもあると言うことのようです。この線引きが難しいのが副詞ですね。
 「すごく鉛筆だ」と言われて、動転気味でしたが、前回にちょっと触れましたように、被修飾語は、修飾語を選ぶということ、被修飾語がそんな働きはしないのは当然として、ほとんど無意識的に言葉は選ばれます。書き言葉ならなおさらですが、話し言葉であっても「すごく」と言った後で、「鉛筆だ」という言葉を発する人はまずいないでしょう。
 「すごく美人だ」というのはokでしょう。とすれば「すごく」は「美人」にかからず、「美人だ」という述語にかかるのは明らかでしょう。外にかかるものはありませんから。「美人だ」が形容動詞でないことは明らかです。
 しかし、ややこしいのは「形容動詞」です。その話は次へ。

>ただ、問題になっているのは、「勉強したのは主に経済学だ」です。この「主に」を形容動詞と考えるのは無理なのでは。

 そうです。「主(おも)」という名詞に「だ」という断定の助動詞が付いたものです。形容動詞ではありませんでした。ところで、「名詞+だ」と「形容動詞」との差はどう区別しますか。「安心」という語を辞書でひくと、ほとんどの辞書は[名詞・形動・する]などと品詞の表示をしています。「安心」(名詞)・「安心だ」(形動)・安心する(サ変複合動詞)いずれにもなると説明しているわけですが、「サ変」は別にして「形容動詞」を認める人と認めない人があります。辞書はそのどちらにも通用するように、このように表示しているのでしょう。辞書の中で「形容動詞」を認めていないのは、「広辞苑」だけです。最初の編者「新村出」氏の考えを引き継いでいます。
ところで非常に多くの語が「形容動詞」にすることが出来ます。
 無礼 困難 難儀 優美 丈夫 絶対 温和 元気 健康 平凡 非凡 穏やか
これらが名詞であって、形容動詞であることを区別する方法を考えてみました。その方法とは、上記のような言葉に「さ」という接尾語を付けて名詞化が出来れば、それは形容動詞の語幹ということです。
 ところが大変な矛盾が存在します。それは「無礼だ」という語を「形容動詞」と認めない人は「名詞」+「だ」という考え方です。そうすると、「無礼」という名詞と「無礼さ」という名詞が共存していることになりますが、これは大変な矛盾ですね。

 結局、私が考えるに、問題の根幹は「だ」ですね。過去の質問に「だって」「だから」「だったら」「何だっけ」「卒業式はいつなんですか」
これら皆「だ」の問題であるわけです。
 また、「いいじゃないか」「いいんじゃないか」の2種類あることについて、実はその秘密が分かりかけてきました。また機会があれば、述べてみましょう。

>「タンマ」はまだ解けませんか。

 分かったと言うほどではありませんが、「すごく」は形容詞の連用形であると同時に副詞でもあると言うことのようです。この線引きが難しいのが副詞ですね。
 「すごく鉛筆だ」と言われて、動転気味でしたが、前回にちょっと触れましたように、被修飾語は、修飾語を選ぶということ、被修飾語がそんな働きはしないのは当然として、ほとんど無意識的に言葉は選ばれます。書き言葉ならなおさらですが、話し言葉であっても「すごく」と言った後で、「鉛筆だ」という言葉を発する人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報