アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

■2016/04/26 衆議院地方創生特別委員会 高井崇志議員【民進党】

※文科省で答弁に立っているのが、事務次官就任前の前川喜平。
事務次官になる前から、今治が特区申請で指定を受けたことも知っていた?
しかも長年告示で”抑制”してきたと言い、足りてるとまで言い切ってる。
■2017/01/19 蓮舫代表定例会見(前川退職前日)
https://www.youtube.com/watch?v=Qe8sAyNUO0E
斡旋した時期が、民主党時代からなので、当然説明してくれるんでしょうね?

さて、それではお二人の閉会中国会(内閣委員会)を見てみましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=q1aGSyf5Ra0

■2017/05/19 玉木雄一郎議員【民進党】
https://www.youtube.com/watch?v=cGne2FXt31c
■2015年の閣議決定反がるかないかが争点?
あったとしても違法性はないと断言。
そもそも石破四条件は獣医師会の圧力回避のためなのだが…。

〇石破四条件とは、実は五条件だった?
1.現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化しているか?
→具体化してる。
2.ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかか?
→明らかである。
3.既存の大学・学部では対応困難な場合か?
→既に既存の大学での授業は劣化しており、定員の30%を超える学生を抱えており、教授が不足している。
4.近年の獣医師需要動向も考慮する
→文科省では期限までに挙証責任を果たせなく時間切れで需要は足りてないということに決定。
5.全国的見地から本年度内に検討を行う。
※本年度とは2016/03/31のこと。
これが審査の要件の最終確認日時。
これを元に2年後の4月開学がロードマップされる。
※期限ギリギリになって、京都産業大学が獣医学部新設を申請。
引き続き審査に入る。
この後、獣医師会から、認可するなら1校にしてくれと要請。
2017/10 松野文科大臣の支持で、認可条件が追加され、京都産業大学は見送られた。
※石破条件をクリアした、加戸善愛媛県知事の参考人証言 青山繁晴議員【自民党】
https://www.youtube.com/watch?v=DNLhLVMdHyY

後、何か疑問ってあるのでしょうか?

A 回答 (2件)

民進党はああいう党ですから仕方がないとしてメディアが執拗に偏向、攻撃するのは何故でしょう。

韓国や中国に弱いメディアが圧力を受け安倍政権の弱体化を計ってるとか考えてしまいますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

疑問が深まったと嘯く人に再確認して欲しいですね。

回答ど~も

お礼日時:2017/07/14 07:13

消えそうな野党の変遷に何か意味あるの?



そんなところを触ることもなかろうに。。。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

割と再確認って重要ですよ。

回答ど~も

お礼日時:2017/07/14 09:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願

日本には、どうして、二大政党制が定着しないのですか?野党がだらしないから、と言う単純な答え以外でお願いします。今のままだと政権交代が次いつになるか先が見えません。アメリカやイギリス、皆が嫌いな韓国でさえ政権交代があるのに日本には民主主義がねずいてないのでしょうか。アメリカなどでは、小学校でも、ディベートで反対意見を考えるように教育されるようです。日本では協調性が重要視されます。もちろんそれも大事ですが。執行部一任や全会一致などやってるようでは民主主義とはいえないと思います。

Aベストアンサー

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず』有権者の8割以上に及ぶ圧倒的支持=(圧倒的民意)」を得ました。
でも、それが、悲惨な結果をもたらした事はご存知の通りです。

政友会はどちらかと言うと地主・資本家層が支持し、民政党はリベラル政党と言ってよいでしょうが、この時の二大政党制を評価できるでしょうか? 二大政党制であっても、信頼に足る政治家・政党が政権を担わなかった故に、軍部の暴走を許したのかもしれません。

2009年の民主圧勝による政権交代の結果が、ただ混乱をもたらしただけだったように、二大政党制は「善」とは言えません。善か否かは、政治家個人個人の資質(知識・経験・見識…などの人間力)と、各議員を選ぶ有権者のレベル次第だと思います。

私も、二大政党が牽制しあう体制が望ましいと思う事もありますが、「今の日本では」それが良いとは思えません。
その前に、政党所属の各議員が、安全保障・軍事学・国際関係と外交、経済・財政…等々の基本をしっかり学び、政治家としての実力を備える事が何より大事です。(今の議員達の多くは、学ぶべきことを学ばずに、ただ自分の熱い思いを優先するだけの、浅はかで独善的な人物が目立ちます)

二大政党とも、それぞれが「実力を備えた議員の集合体としての政党」にならなければ、二大政党の意味はありません。そうならなければ、政権交代は、国家・国民に危険をもたらすだけだと思います。

*なお、あなたの補足コメントにあった「戦前の政局」については、それを調べるコンパクトな本として、ちくま新書の「昭和史」古川隆久著 をお勧めします。
(この著者はリベラルな考え方で、戦後評価の部分は、私と立場が異なりますが)

あなたが「二大政党制は『善』」と考えておられるようで、気になりました。「今の日本」では、二大政党が互いに政権を争う事態は、かえって危険だと思います。

戦前、(いろいろな曲折があり党名も変遷しましたが)二大政党とも言うべき「政友会と民政党で政権交代」が何度かありました。しかし、結局ナショナリズムの高揚・軍部の暴走&大東亜戦争開始となり、その直後(昭和17年)に、これら二大政党が吸収合併したような・国策政党ともいうべき大政翼賛会が発足。この翼賛選挙では「『普通選挙にもかかわらず...続きを読む

Q今の日本は「安倍晋三+日本会議」支配に蹂躙(じゅうりん)されている。日本人はこの暗黒に気づき始めた。

今の日本は「安倍晋三+日本会議」支配に蹂躙(じゅうりん)されている。日本人はこの暗黒に気づき始めた。「安倍晋三+日本会議」支配に気づかれては困る面々が、都議選の敗因を「4悪人」This の責任にスリ替える。
この指摘は皆さんどの様に思いますか。
また、日本会議の存在はそんなに大きいものなのでしょうか。

Aベストアンサー

宮司さん、神主さん、数人知り合いが、いるので、正確に伝えます。戦前の大本教が、始まり皇道派宗教団体、226事件を受け、昭和10年警察による。神殿解体で、消滅
戦後、神道系カルト生長の家に韓国キリスト教系カルト統一協会が、加わる。この組織が、神社本庁と合わさり、日本会議成立!
八百万の神と全知全能の神の名のもとに、日本改造を、目指す。あとは、手先として、ネトウヨやオタウヨも使うが、長崎大学右翼コネクションが、本体
目標は、大政翼賛会の再生と明治憲法回帰、女性の政治からの排除だが、国民の支持が、得られず。女性大臣起用、しかし今上天皇不在の極右翼と成り下がる。(事実のみ記載)

Q安倍総理が鳴り物入りで集中審議に出席するようですが、意味無いと思いませんか?

集中審議が行なわれるようですが証人喚問はどうなりそうですか。
安倍総理が出席したって、「一切関与してない」とか「岩盤規制にドリルで穴をあけるのが問題の本質」など、不毛の答弁を繰り返すだけに決まっており、何の意味もない。証人としてなら構わないけど、それは難しいのでしょう。
真相解明には、和泉総理補佐官と萩生田官房副長官を証人喚問するのが最も早いと思うのですが、どうでしょうか。
当初、文科省の理解者であった萩生田官房副長官が、急に豹変したのは、彼より力のある人物からのハタラキカケがあったと考えるのが合理的でしょう。
彼は、もともと、石破4条件を重視していたはずで、国家戦略基本方針の「 産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成」という第一項にも拘っていた。
つまり、質を重視していたのであり、その点からも平成30年度開校というのは無茶だとも言っていた。
彼の心変わり、つまり、文科省を見捨てたことが、結果的に加計一校のみを認定するという不合理な決定へとつながっていったことは明白でしょう。
萩生田氏がなぜ心変わりしたのかが判明すれば、自ずと真相解明につながるとは思いませんか。

集中審議が行なわれるようですが証人喚問はどうなりそうですか。
安倍総理が出席したって、「一切関与してない」とか「岩盤規制にドリルで穴をあけるのが問題の本質」など、不毛の答弁を繰り返すだけに決まっており、何の意味もない。証人としてなら構わないけど、それは難しいのでしょう。
真相解明には、和泉総理補佐官と萩生田官房副長官を証人喚問するのが最も早いと思うのですが、どうでしょうか。
当初、文科省の理解者であった萩生田官房副長官が、急に豹変したのは、彼より力のある人物からのハタラキ...続きを読む

Aベストアンサー

意味有りますよ。
核心の部分になると話をすげ替えて行き更には他へ転嫁する事を繰り返して行く。
これによって国民が知りたいと思っている事に関しては何一つ解消されずに毎々不信感だけに為ってしまい支持率が更に下がる。
そこまで野党(特に共産党に期待したいですね。民進党では詰めが甘いから逆襲され逃げられるのは見え見え)には頑張って
貰わないと。
その後に内閣改造が控えていますが、支持率回復には至らず安倍内閣も数字上では危険水域になるでしょうね。
そう言う所にまで墜ちていく事に意味が有ります。
それによって党内からも安倍ではダメだと言う声が出てきて広がる事を期待したいですが。
どのみち自分が言っている「丁寧に説明する」と言う事の「丁寧」とは自分の規準の丁寧であって、一般的に国民が理解して居る
丁寧とは別物である事だけは言えるでしょう。

Q9条教の人の思考が分かりません

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」
という感じでした。

議論の中でその人が
「今の改憲の動きはアメリカが自民党に圧力をかけてきたからだ。アメリカは日本に戦争させたいんだ」
と言うので
「だとしたら改憲したほうが良くないですか?あなたは軍事同盟などの信頼が大事だと言いました。
ということは改憲に反対してアメリカの意に沿わなかった場合、その信頼は揺らぐ事にならないか?」
と聞いてみました。

するとその人は
「いや安倍総理がトランプタワーに行ってアメリカ様に媚を売ってるから大丈夫だ」
と言ってきました。
私はその発言の前に
「『日本のために死んでくれ。まぁお前がピンチの時は金だけ出すからさ』自分がアメリカだったら、こんな国を自国の兵士を危険に晒してまで守ろうとは思いません」
と突っ込んでいたのですが、見事にスルー。
媚を売るだけでアメリカ軍が本気で安全を担保してくれると考えているようでした。

とにかくその人は
「自衛隊がある」「安保がある」「米軍がある」「9条がある」
だから日本は今のままで平和だという考えでした。

他にも会話の中身として
私「既に日本人がテロで死んでいる」
彼「ほっとけばいいんじゃない?身内が殺されたわけでもないし、自分には関係ない」

私「攻めなければ攻められないというのはあまりにも楽観的かと」
彼「いや自衛隊はイスラム教徒を殺していない。だから今の日本はテロ攻撃を受けてないんだ!手を出さない限り、向こうも手を出してこない!」

私「拉致問題や竹島、海洋資源が略取されているが、これで本当に守れていると言えるのか?あと何があれば反撃していいと考えられるようになるのか?」
彼「当然ながら、日本の領土が攻撃された時」

私「北朝鮮がミサイルを飛ばしているが、あれは現状が危険である事にはならないか」
彼「騒ぎすぎ。子犬がちょっとじゃれて噛み付いただけで大騒ぎ。冷静に判断する能力があなたには無い」

私「それでは日本人が殺されてからでしか動けないじゃないか」
彼「防衛システムやイージス艦があるから、日本人は殺されない。防衛後動けばいい」
(ミサイルの事しか頭に無く、無差別テロが起きた場合についてはスルー)
と、全く議論にならず。

最終的に私が
「日本の国債貢献度が世界最下位。そんな国を本当に他国が守ってくれるのか」
「仮に韓国の原発が攻撃されたらどうするか。そうなったら手遅れ」
「改憲しなければ自衛隊が『違憲』という議論を残してしまう」
「日本人が殺されている時点で、既に我慢の最終ラインは越えている」
「日本は今でもISの標的国になっている」
「日本を守っているのは憲法9条ではなく自衛隊と米軍だ」
「抑止力と言うなら『やる時はやる』と示したほうが、より効果的じゃないか」
「すでに多くの日本人が殺されている」

と突っ込んでも、

「安倍政権は国防軍を作って戦争をしようとしている!」
「イスラム教徒を殺せば日本のショッピングモールが爆発するかもしれない!」
「日本は自立する必要は無い!アメリカは世界最強の軍隊なんだから守ってもらえばいい!」
「改憲すれば自衛隊は殺人集団になる!」
「テロリストの要求なんか全部呑めばいい!それが平和だ!」
「お前は何も理解できていない!単にTVの影響を受けた愚か者だ!」
「そんなに言うならお前が北朝鮮に乗り込んで来い!ネットで爆弾の作りかたでも調べて行ってこい!」
「日本人が殺されたから報復しようとするのは幕末の過激思想に取り付かれた志士と同じ!冷静さは無い!」
「お前はネットで吼えるだけ。実際に自分がISと戦う気も無いだろ!」
「お前の意見は的外れで論理破綻してるし矛盾してるし、発言に一貫性がない!」
「お前と僕はレベルが違う!ただ反論ばかりして議論にならん!」
「改憲はさせない!でもテロが起きたら政府のせいだ!」
「9条で日本は守られている!それがわからないお前はただのバカ!」

と切れる始末。

とても長くなってしまいましたが、
やはり私は彼の主張が納得できません。

平和平和と念仏を唱えても、平和にはならないと思うのです。

他国を攻撃しないから自国が攻撃されないという保障はありません。
「やる時はやる」という姿勢を見せなければ、日本は永遠に舐められたままです。

普通に世界を見ていれば、今の日本が平和とは言えないと思います。
北朝鮮のミサイル、中国の領海・領空侵犯、ISのリストとアジアへの浸出などなど。
どう考えても、まともな状態ではありません。

そこで質問です。

『どうして9条教の人はあそこまで楽観的平和思想になってしまうのでしょうか?』

先日、いわゆる9条教の人と議論する機会がありました。

その人の主張をまとめると
◆改憲したら自衛隊は「人殺し集団になる」
◆他国に恨みを買い余計な危険を招かないために、「自衛隊は他国の戦争に行くべきでは

ない」
◆竹島が取られても、日本人が拉致されても、テロに巻き込まれても、海洋資源を奪われ

ても「本土が無事な限り日本は平和」
◆アメリカの言いなりは屈辱だが「自主防衛に力を入れるなど自立する必要は一切無い」
◆これからの時代は「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込まれたり、逆に自国が相手の弱みに付け込んで占領したりした歴史をもっているから」です。

つまり、日本人以外は自国の歴史と実際に存在する国境線を意識しているので「私の国がどれほど平和を願っても、隣国が攻めて来たら意味がない」ということを肌で感じているからです。さらに言えば「今の政府だって、隣国に協力して国民をうらぎるかもしれないし、特に少数民族は迫害されるかもしれない。また隣国がうちの国を乗っ取れば、土地も財産も奪われてしまう」という意識もあります。ですから「政府そのものを信用できるかどうか」も問題になるわけです。

日本は逆です。日本は太平洋戦争敗戦後のGHQの占領期を除けば
・外国と本当の意味で戦ったことはない
・日本の政府の根本が変化したことはない
といえるでしょう。

つまり、普通に日本に住んで居て、日本人として経験できる「リアル」から言えば「政府はどの国の政府でも信頼できるはずだし、政府が『戦争を望まない』といえば、他国もそれを尊重してくれるはずだ」ということになりえる、といえます。

ここが9条教の深層心理としての「原点」です。

また、面白いことに日本は「武装解除の国」なんですね。実際に何度も武装解除を行っているのは日本だけ、じゃないでしょうか。

たとえば刀狩、戦国時代は兵農未分離で農民も武装していました。日本の農家は自前の土地や財産を持っていましたので、他人に土地などを奪われないように、そして戦国時代は行政も機能不全でしたので、農家も武装している必要があったわけです。ところが、秀吉が天下統一をすると、農民は刀を放棄します。それは「天下人がちゃんと庶民の暮らしまで、安心安全を担保してくれる」という信頼があったからです。

お分かりだと思いますが、諸外国では「政府すら信用できない」わけですから、可能な限り武装を解くことはしませんし、武装できないなら、いつでも逃げれるように財産を身に着けている、ことになります。インドなどで女性が金の腕輪をたくさんつけているのは「いつでもすぐに財産を持って逃げられる」ようにしているからです。

日本は違いますよね。財産は奪われないし、土地だって理不尽に奪われたことがありません。それは時代時代の政府が天皇の勅許を必要とし、あくまでも「天皇の土地に政府を運営するだけの立場」だったからです。

ですから、たとえば「軍事同盟など他国の信頼によって平和が守られる」なんてことを本気で言い出すわけです。「他国の政府も日本同様に信頼できる。少なくとも米国は信頼に値するだろう」ということと「私たちを守ってくれる『政府』は日本政府じゃなくても信頼がおけるならいいだろう」と考えてしまうわけで素。

 日本人にはそもそも「外国と戦争する」と言う言葉の意味が理解できていないし「自分の同胞が血を流して、やっと自分たちの国を守ってきた。これからも守る」という価値観はまったく考えもつかないのです。

それでも、これだけネットなどが発達し、外国の情報も入るようになってきているわけですから、危機感を持つ人も出てきます。右翼の方に厳しい言い方をすれば「やはり日本人なので、ピントがずれた危機感の方も多い」とはいえます。

いずれにしても9条教の人は「そもそも外国がなぜ戦争をするのか理解できない。そのような価値観を経験していない」ということです。日本の歴史的な価値観からすれば、9条教の言っていることも理解はできます(理解はできますが、正しいとは思いませんよ。念のため)

ちょっと、視点を変えてみましょう。「外国に9条があった場合、日本のような9条教ができるかどうか」です。

ま、そもそも外国で9条と同等の条文が憲法に入ること自体がほとんどあり得ないので、9条教もありえない、といえるのですが、じゃあなぜ「外国では9条もありえないし、9条教もありえないのか」ということを考えていきます。

理由は簡単で「自分の国の憲法に9条を入れても、近隣諸国はそれを尊重してくれるとは限らないから」でしょう。では、なぜそう思うかというと「今までの歴史の中で、隣国から攻め込...続きを読む

Q安倍は辞めろ!と思う方に質問です。

希望が叶いそうですけど…

そうなったら、消費税増税が100%確実ですが、それがお望みですか?
金融緩和は強制終了され、借金だけが残ります。
各種災害復興も、また税金でやろうとし、復興増税が再開するでしょう。

政府の予算が1/2になり、多くの行政がストップするでしょう。
安倍バブルははじけて、経済は低迷し、円高株安で当選件数も増え、雇用が悪化して就職氷河期再突入するでしょう。

また、そんな数年間を待ち望んでいるのでしょうか?

もしそうなら、救いようのない馬鹿だと思いますが、他に真意はあるのでしょうか?
これ以外考えられませんが…

Aベストアンサー

うーん。経済に関しては今のところ安倍さん最強と思います。ただし、消去法でね。

自民(安倍さん以外)でも野党でも、なぜか、消費税増税の傾向が強いのだが、アホか! 何てことをしようとするんだ! 日本経済がクラッシュするではないか。

もう、ちょっとほとんどの日本人はあまりにも経済についてアホすぎて、相手になりません。

Q国民はすでに国に監視されている。秋葉原で安倍辞めろコールに参加した人たちは生涯監視から逃れられない

警察はあらゆる角度からこの演説に参加した人々を写真に収めた。戦争法案デモ参加者の重複が明らかにされた。リアルタイムで全国どこにいても所在はわかる。複数集まれば即座にテロ等の内定に入ることができる。反政府デモに参加するだけで写真に撮られ氏名、生年月日、住所、国籍、携帯番号、スマホでの位置情報を把握。Nシステムで恣意的に交通違反も摘発できる、痴漢の冤罪も簡単にでっち上げられる。個人の行動が即座に把握される時代になった。怖い時代になったと思いませんか。

Aベストアンサー

エシュロンでアメリカにも行っているし、エックスキースコアの情報は日本政府にも提供されている話もありますね。

Q安倍晋三内閣の、支持率が低下していますが、その原因は

何なんでしょうか。
原因の核心たるものは何かを、教えて下さい。

Aベストアンサー

不足感(不満)。

景気の不足感。
カイゼンの不足感。

あと一押し、足りない。
でも報道と野党が、逆方向に、足を引っ張る。

Q許す国民は何なのでしょう?

お友達に便宜を図ったとして大統領を首にし、裁判の被告にまでしてしまっている国が近くにありますよね。
妻のお友達が理事長の学園にあたかも優遇したかに見える事を行い、今度は自分がお友達であった理事長の学園が優遇されたかに見えることが、まったく何の問題でもないと平然と答弁する首相を戴くこの国は何なんでしょうね。「李下に冠を正さず」といいますよね。お友達に対してであれば、なお更いっそう疑われないように厳しく対処するのが職にある人の道なのではないですか?

Aベストアンサー

「職にある人の道」であるのは確かに正論なんですよね。
ですが、総理の人格によっては、身内を優遇したいという誘惑に負けることもあるでしょう。
或いは、政治の世界ですから、特定の業者・支持者を優遇してしまうこともありますよね。
これがないのが理想ですが、そんなにきれいに政治が動くわけがありません。

「陳情に心打たれて、ろくな審議もせず、陳情を受け入れるように、いろいろと采配(工作)する」という、情に動かされることもあるでしょうし、或いは今回の疑惑のように、「身内を優遇したいので」と言う理由もあるかも知れません。

政治家の世界では大なり小なり特定の人を優遇してしまうことがあるのは、いわば「珍しくない」ことと言えるのかも知れません。


ですから、問題が浮上したとき、安倍総理が権力を駆使してでも隠そう、無かったことにしよう、問題が無いこととしようと動くのはとても理解できる行動なんですよね。
これが証明されてしまうと、自分が(他の不正を行った無数の政治家は逃げおおせ、自分だけが)破滅するのですから、何が何でも証明されるのを阻止しようとする心理。

非常に分かりやすい。誰でも共感できます。

同じく自民党の高官が「何も問題ない」ように口裏を合わせる(仮定ですが)心理も、理解にたやすい。
自民党のトップが疑われると、そこに所属する自分の票数に影響するので、何が何でも何も問題が無かったことにしたい。
こういう心理ですね。




理解できないのはやはり

「安倍総理が、友人に国家のお金、国民から『預かったお金』を、友人のために優遇した」

ようにしか見えない状況を、証拠無く、納得が出来る理由もなく、しきりに正当化する輩です。
これは、一般的な人には理解しがたい心理です。
「許す国民の心理」ですね。
これは、なかなか問題になっている誰とも中立(総理や加計氏に特別な感情を持たない)な、一般的な大多数、大衆には共感されない行動です。


「特定の人間を庇っている行為」
と言うことは分かりますよね。
だとしたら「庇う理由は何なのか?」
これが問題になってきます。


この、安部氏を許すというか、正当化する一部の国民は、やはり「宗教的な心理」に近いのではないかと思います。
崇拝するアイドルが、不正を起こしても、ファンは最後まで信じたりしますよね。
それどころか、アイドルを批判する人間を敵視し、「電凸」を一斉に行って、批判者の方を潰そうとしたりすることまであります。

この心理に近いのかと思いますね。



もう一つ考えられるのが、世界が、「正義の陣営」「悪の陣営」等という、アニメの二元論のような単純なものとしか認識出来ない人。
これが考えられます。

人間の住む社会では「この人は完全な悪だ」「この人は一切の悪事を行わない」「ありんこ一匹でさえ殺したことがない人格者」なんてモノは存在しません。「新生児で死んでしまう不幸な赤ちゃん以外」はね。

同じく、与党も野党も、汚いことも不正も一切無いなんてあり得ません。
逆に、野党は一切真実を言わない、すべての言葉が嘘ということもあり得ません。

ですが、世界が「善と悪」程度でしか認識できない単純な人は、「野党は悪」「与党は善」という極単純な認識を持つ可能性があるわけです。

そういう人は



「安部氏がどういういきさつで、自分の何十年もの友人を、政府が非常に好待遇で優遇してしまう状況を黙ってみていたのか」

(疑われるのが当たり前の状況を、なぜそのまま黙って、許してしまったのか。一言「私の親友が政府に超優遇されると国民に誤解されるだろう、特別な理由がないのであれば辞退させてくれ。」と言えば済む話。)



と言う「深い部分での真相」などの状況などには、とても考えが及ばす・・・
「野党は悪」「与党は善」という極単純な認識だけで、判断してしまう。
そして、「こっちは善なんだからという前提で」摂理をねじ曲げて、話をそらしてでも、庇う・正当化する心理。というのが、理屈としては考えられるんですけどね。


深い真相にまで考えが及ばず、極安易に、1+1=2を、強引に1+1=1なんだ!、という風に、根拠をねじ曲げてしまうわけです。
真相を推理するより、「根拠をねじ曲げたり」「話をそらす」「それらをゴリ押しする」ほうが、お手軽ですからね。頭を使わなくて良い。

「職にある人の道」であるのは確かに正論なんですよね。
ですが、総理の人格によっては、身内を優遇したいという誘惑に負けることもあるでしょう。
或いは、政治の世界ですから、特定の業者・支持者を優遇してしまうこともありますよね。
これがないのが理想ですが、そんなにきれいに政治が動くわけがありません。

「陳情に心打たれて、ろくな審議もせず、陳情を受け入れるように、いろいろと采配(工作)する」という、情に動かされることもあるでしょうし、或いは今回の疑惑のように、「身内を優遇したいので」...続きを読む

Q今の安倍政権の政治のありかたって、怖くないですか?

私は、今 問題になっている森友学園や加計学園に関する官邸のやり方、また安倍総理の安保法案に対する異常なほどの執着、とにかく怖いと感じています。なぜ、安倍総理の支持率が高いのかが理解できません。
もしかして内閣支持率も官邸が数字を操作してマスコミにリークしているのではないか?との疑念さえ
湧いています。今は菅官房長官が必死になって前川前文部事務次官を個人攻撃して潰しにかかっていますね、前川前事務次官は退職後もボランティアで教育活動に携わるなどされている立派な人です。そんな人が嘘をついているとは全く思えません。皆さんは、今のこの政権のありかたを異常だと感じてはおられないのでしょうか?

Aベストアンサー

政治が歪められています。
その原因の一つは内閣人事局にあります。官僚の人事権が政府側にあることから官僚が萎縮し必要以上の忖度をしてしまう。更に安倍の場合友達の優遇というあってはならない所まで踏み込んでしまう。
更に、不完全な法を十分審議せず強行採決。
一説によるとレイプジャーナリストを不起訴処分に関わりを持ったとされている。警視庁まで忖度する事があっては怖いどころではない。共謀罪の行く末が心配なのはこの事と結びつく。
とにかく国会では過半数以上を占めている為やりたい放題。他の自民党員もイエスマン、安倍様様。まるで独裁者。

Q辻元清美や、浅田(彰)は、「天皇制度とは、単に生殖だけの機能で、囲い込まれた、気持ち悪い存在」だと主

辻元清美や、浅田(彰)は、「天皇制度とは、単に生殖だけの機能で、囲い込まれた、気持ち悪い存在」だと主張しています。

彼等には天皇の存在価値が全く理解できず、従って、天皇に対する尊敬の念も全く無いのです。

しかし、このように考える人達が、日本国民の中に一定数いる事は認めなければなりません。

だからこそ、私が主張するように、もし、男系天皇の世襲による継承が難しくなったら、一般の国民から、歴代天皇のY染色体遺伝子の保有者を募り、男系天皇を継承する事を認めなければならないのではないでしょうか?

そうすれば、天皇は、男系の継承者を作らなければならないというプレッシャーから解放されます。

そして、辻元清美や浅田(彰)の言うように、「白アリの女王みたいな」などという、侮辱からも解放されるからです。

Aベストアンサー

> 英国のハリー王子が、「国王や女王になりたい人いると思わない」と言っています。

天皇と王を同列視する時点で、終ってる。
世界に数多いる王と、唯一無二の存在である天皇を、一緒にするなよ・・。

王とは、戦いの勝者である。
あるいは、戦いの勝者から与えられた称号。
従い、コチラはアンタが言う、一般人でもなれる可能性があるもの。

一方の天皇は、全く非なる存在。
祭祀を司どる点などは、どちらかと言えば、ブッダやキリストに近い要素もあるゆえ、神格視もされる。
立候補して、神になれるのかね?
いずれにせよ、古今東西、天皇に類する存在はない。

言い換えれば、アンタの主張は、天皇や皇室の否定に等しい。
そもそもアンタは、天皇を全く崇拝していない。
その証拠が「天孫降臨」と言うハンドルネーム。
自分が神武帝の子孫だとでも言いたいのかね?(笑)
必死に「一般国民から・・」と言うのは、「自分が天皇になりたい」と思ってるからでは?

・・ってことは、ハリー王子の言葉の意味も判ってないな。
「高貴な家柄に生まれついた人間は、望む/望まないに関わらず、高貴な務めを果たさねばならない」と言っているのだよ。
同時に、「高貴な立場を自ら望むほど、破廉恥きわまり無い」と。

高貴な家柄である「皇統譜」に連なる男系男子で、何がダメなの?
「オレにもチャンスをくれ~!」ってか?(笑)

天皇や日本国民をナメるなよ。
「私は神になる」と立候補したところで・・アンタの一票しか入らんよ。(笑)
その後は「破廉恥なヤツ」として生きることになるだけ。

一般国民が栄達を極めたいなら、選挙で争って権力闘争を繰り広げ、総理大臣でも目指せばいい。
しかし天皇とは、一般国民が目指して良いお立場ではない。

ちなみに私も、先祖は天皇に連なるとされ、名家,名族,名門などに叙される家柄なので、教えておいてやる。
遥か先祖が、臣籍降下した立場から言えば、「血が繋がっている」などを根拠として、「天皇になりたい」などとは、微塵も発想しない。
血の繋がりを誇りとしつつ、天皇や皇族,皇室を崇め、お支えするのみ。
それが天皇に連なる臣籍の矜持であり責務だ。

アンタの主張は、結局のところ、「自分にもチャンスを~!」なんだろ?
そんなことを考えるヤツは、皇統が途絶えることを心配しなくて良いよ。
女系天皇推進論なども、アンタは気にしなくて良さそう。
アンタの皇室廃止論は、むしろ女系天皇論を勢い付かせるだけだから。

たとえ直系男子が途絶えても、臣籍の矜持を持つ我々が、最も皇統を継ぐにふさわしい人物を絶対に探し当て、皇統を守る責務を果たすし。
それで多くの国民の理解も得られる。
少なくとも、アンタの「一般国民から選挙」と言う、天皇,皇室を地に貶める案よりは、確実に理解が得られる。

アンタの案は、辻元らと同列か、それ以下で、下劣極まりない。
仮にアンタが、天皇家に繋がる血を持つと言う自負があるなら、まずその意味や、為すべきことは何か?を考えろ。
「自分が天皇になる可能性を模索すること」では、断じてないし、それは最も恥ずべき発想。
唯一無二の帝位簒奪を目論むことに、ほかならない。
アンタは道鏡か?

> 英国のハリー王子が、「国王や女王になりたい人いると思わない」と言っています。

天皇と王を同列視する時点で、終ってる。
世界に数多いる王と、唯一無二の存在である天皇を、一緒にするなよ・・。

王とは、戦いの勝者である。
あるいは、戦いの勝者から与えられた称号。
従い、コチラはアンタが言う、一般人でもなれる可能性があるもの。

一方の天皇は、全く非なる存在。
祭祀を司どる点などは、どちらかと言えば、ブッダやキリストに近い要素もあるゆえ、神格視もされる。
立候補して、神になれるのかね?...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報