千社札って何ですか?せんしゃふだ?

質問者からの補足コメント

  • 誰が最初に初めたんですか?いつの時代の話でしょう?

      補足日時:2017/07/16 17:39

A 回答 (3件)

千社札(せんじゃふだ)



千社札(せんじゃふだ)とは、神社や仏閣に参拝を行った記念として貼る物で、自分の名前や住所を書き込んだ札のことである。
紙製が多く、木札や金属製の物も存在する。江戸時代中期以降に流行しており、次第に手書きから木版製に移行した。近年だとシール状の物が多く、ゲームセンター等に設置されている専用機から名前等を入力して作成することも可能。実際に張る時には、相応の許可を得るか、張っても良いことを確認する必要が有る。
神社仏閣に納札する為の単色刷りで、屋号や土地名、模様と名前をスミ刷にした貼札(はりふだ)と呼ばれる題名札と、色を何色も使い、デザインにも凝った色札(いろふだ)と呼ばれる交換納札が有る。

参考まで。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E7%A4%BE …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/07/16 22:04

どこかに行った時に記念に落書きするでしょ?


あれを、札で代用した物

私は、ここに来ましたよ記念で張り付けておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/07/16 22:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/07/16 22:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報