利用規約の変更について

江戸時代にたくさんの藩が取り潰しになっています。
藩が取り潰しになった場合、家臣たちはどういう処遇を受けたのでしょうか?
主君がいなくなり、無職になったのですが、武士の身分は剥奪されないと思います。

しかし所有していた土地や武家屋敷などは、そのまま自分のものにできたのでしょうか?
それとも武士の住む町は決まっているので、次に来る藩主とその家臣のために立ち退きをしなければならなかったのでしょう?
また退職金などはあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。



藩がお取潰し=お家断絶になると家臣は主君に殉じて自ら切腹して死を選ぶ事もあったそうですが、ほとんどは再仕官の道を探す事になりました。武士の身分に対して禄が出ていたのではなく、何らかの役職に対して禄が出ていたので浪人になってしまっては収入が無い訳です。

そこで有名な傘張りや用心棒と云ったアルバイトをする事になります。しかしこれは浪人に限った事ではなく禄の少ない下級武士の間では当たり前のように行なわれていました。武士の身分といっても浪人になってでも生きていく程度の家柄では当の本人が思っているほどの意味は無く、実際は町人と同じ扱いを受けます。

島原の乱や由井正雪の幕府転覆未遂事件以降は、浪人に対する締め付けが非常に厳しくなり(たとえばアメリカの性犯罪者に対する厳しさでしょうか)自ら武士を捨てて町人になる者も多かったようです。
土地・武家屋敷はもともと、幕府から権利を貸し与えられていただけですから、お家断絶とともに権利はありません。お国の土地・屋敷も主君の大名から権利を貸し与えられていた訳で主君がいない以上権利も無くなります。この頃はお百姓も庄屋から畑作の権利を借りていただけでみんな小作でした。世界的に近代民主国家になる前は一部の金持ちや権力者以外(所有)など出来なかったのですね。
赤穂浪士では藩に残っている金品はほとんど藩札や藩債の換金に当てていたりしますが、本当のところはどうでしょう?火事場泥棒的に退職金代わりに持っていったりもしたんでしょうね。
    • good
    • 3

これはいろいろな例があります。



土佐藩の例
 元々土佐は長宗我部氏の領地であったが、関が原の戦いで取り潰され、山内家が入ります。
山内家は、旧長宗我部家臣を下士(郷士)として吸収、身分は武士でも待遇は小者程度となります。
幕末の坂本竜馬や岡田以蔵などはこの身分になります。

甲府徳川家
 藩主が6代将軍になった為、一部は幕臣として旗本に。

赤穂浅野家
 藩札(藩の借金)の6割を償還して余ったお金を藩士で分配して、縁者を頼って各地に散っていく。
6割の償還は、現在の企業倒産から考えても大したもの。

江戸期の初期は他家の浪人は歓迎されなかったが、慶安4年に「由比正雪の乱」以来方針を転換、浪人の積極登用を図ると共に、むやみに取り潰さないようになりました。
つまり、武士という身分を固定した為、主家がなくなったから百姓にとか、受け皿がなくなってしまったのです。
それで江戸に浪人があふれ、社会不安になったということです。
その後、中期になると人余りでなかなか仕官が出来ず、大名の屋敷前で
「仕官が出来ないなら腹を切る」と押しかけ士官する物までいたとか。
    • good
    • 4

 


 不完全な回答でお許しください。
 退職金はあったようです。赤穂藩の取り潰しの時、大石蔵之助など、藩の重臣が、藩士に藩の財産を分けて精算する場面があります。これは、史実です。

 土地や武家屋敷などは、そのまま自分のものにできたのでしょうか?>これは出来なかったと思います。城の周り、それも城下町の中心の屋敷を前城主の家臣が立ち退かないと次の城主が困りますから。屋敷を次に来る家臣に売却したのか、ただで譲り渡したのかはわかりません。
 でも、江戸幕府が崩壊し、徳川の家臣が静岡に移動した後、旗本は、自分達の屋敷を金銭で明治政府の役人に売却いたしました。(佐賀藩出身の大熊重信は、旗本・戸田氏から、その屋敷を買いました。旗本・戸田氏の家系では、口の大きい書生に屋敷を売ったという伝説が残っていたそうです。)といことから、立ち退きまでは強制されなかったのでは?但し、経済的に前の旗本がどれだけ、自分達の屋敷を維持できたかどうかは判りません。
 不完全な答えしか出来なくて申し訳ありません。
    • good
    • 2

 赤穂浪士で有名な浅野家の場合は、本家の広島藩浅野家に救済的に召抱えられた者、大石内蔵介が京都に行ったように隠居した者、江戸大阪に流れ浪人となった者、武士を捨て農民、商人になった者、様々です。


 退職金については、主家に財産が残っていた場合は取り分けられるケースもあったようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の大名お取り潰し

江戸時代に100をこえる大名がお取り潰しになったそうですが、その中で幕府に抵抗して戦って滅びた大名はどれくらいいたのでしょうか?
知ってる方教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

江戸時代の定義をどうするのか?
という問題を徳川幕府の成立後とすると
豊臣家
ということになりそうです。

後、豊臣家に内通した(とされる)
古田織部が取り潰しになっています。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q上屋敷、中屋敷、下屋敷

それぞれどんな位置づけなのでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

江戸時代参勤交代で江戸にやってきた各藩が逗留する為、それぞれ江戸屋敷の敷地を幕府から与えられ、造営したのが江戸屋敷上屋敷です。
敷地は譜代、外様の区別、石高に応じて場所、広さなどが区別されました。
上屋敷はいわば本宅にあたるもので、公式な行事や登城の場合の主発点として使用されます。

徳川御三家、譜代外様の大藩などは重要度や家臣も多いので上屋敷だけで収容するのが難しいなど理由が認められた場合、別宅の造営を認められました。
それが中屋敷、下屋敷のはじまりです。

下屋敷は別荘の役目にあたり、藩主の休息所や側室の住居、など内々の用途にあてられる事が多くいわば隠れた屋敷に相当します。 このため藩主の好みで庭園など上屋敷以上に凝った工事もあったようです。
詰める家臣も下級のものが当てられますが、上級の家臣は都度上屋敷から出勤する形が多かったようです。

中屋敷はそれを持てるのは限られていて江戸に常駐するなど幕府要職につくものに許されていました。
それぞれ用務が多いなど必要があったからです。
事務所のようなものと考えれられます。
側室の住居などが置かれる事もあったようです。

江戸時代参勤交代で江戸にやってきた各藩が逗留する為、それぞれ江戸屋敷の敷地を幕府から与えられ、造営したのが江戸屋敷上屋敷です。
敷地は譜代、外様の区別、石高に応じて場所、広さなどが区別されました。
上屋敷はいわば本宅にあたるもので、公式な行事や登城の場合の主発点として使用されます。

徳川御三家、譜代外様の大藩などは重要度や家臣も多いので上屋敷だけで収容するのが難しいなど理由が認められた場合、別宅の造営を認められました。
それが中屋敷、下屋敷のはじまりです。

下屋敷は別...続きを読む

Q江戸時代、名門武家が断絶した時に、妻や娘は?

大名など禄を貰っている武家の場合、当主である父親が死に、跡取りである息子も養子もいなかったら、家は断絶ということになりますよね?
そうしたらば、家臣は浪人になって新たな仕官先や奉公先を探す――っていうのは、なんとなく知っているんですが、その当主の妻や娘はどうなるんでしょう?
妻は再婚相手を探すのか、誰かの家に転がりこむのか。
娘は養子や嫁として引き取ってくれる相手を探すのか、また誰かの家に転がりこむのか。
あるいは妻娘揃って路頭に迷うのか。
ケース・バイ・ケースでしょうか?
どうなるんでしょう?

Aベストアンサー

当主の妻は、出家して尼さんになるか、いったん実家に帰り、縁があれば再婚。
娘でもいれば、婿養子という形でなんとか家を存続させようとします。
また、大名家なら領地、領民はそのまま新たな藩主が引き継ぎますから、元藩主の家族には捨扶持を与え、生活の面倒を見たりもします。
武家でも、ずっと下のあたりですと、町民になったり、遊郭にいったりというケースも。

 不祥事で断絶だと、ご連座で血筋根絶か、良くて出家でしょう。

Q藩主と大名は同じ人物か?

江戸時代1万石以上の領地(藩)を与えられた武士を大名と言い,その領地と政治組織を藩といいます。となるといわゆる藩主というのは大名と同一人物になるのでしょうか?1つの藩に藩主は1人でしょうが,大名と藩主が同一人物でないとすれば,藩に大名は複数いたのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸時代の藩は300とも500とも言われますが、幅がおおきのは藩、大名の規定が複雑だった事を物語っています。大名という言葉は鎌倉時代からあり、徳川幕府が一万石以上を大名と定めた事から、大名とは一万石以上の領主となりますが、例外もたくさんあったようです。先ず大大名の家来には一万石以上の者がいるわけですが徳川幕府が認めなければ家来の家来(陪臣)は大名扱いを受けていません。

大名として認知されていない領主も藩を治めていれば藩主なので、大名と藩主がイクオールでないケースも出てきます。米の取れなかった松前藩は禄高ゼロでも北海道特産物を瀑布に物納して一万石の大名扱いを受けていたそうです。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fsiro/hp/fsiro_db/han/01-01.htm

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q昔の性交の実態

現代社会では、モラル的な圧力で、第2次性徴が来てもまだ性交適齢期でないとか社会的に未成熟とか言う理由で抑圧しますが、昔はもっと自然に、子供が生める体になったら交わり始める、と言う感じだったのですよね?
でも、女が12歳くらいで子供を産むって言うのも大変だと思います。そのへんの規制的なものはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>女が12歳くらいで子供を産むって言うのも大変だと思います。そのへんの規制的なものはあったのでしょうか?

まず、回答から先に述べますと、
結婚や出産の年齢の「上限」はありましたが、「下限」はありませんでした。
まあ、12歳前後になると、現代で考えると確かに未成熟ではありますが、その時代の風潮として、それ位の歳になれば、もう、周囲からは立派な大人扱いをされましたので、女性も、もう、そうした心づもりで嫁に行ったりしました。
まあ、お産については、大変な苦労があったと思います。出産の最中に死亡したり、産後の日だちが悪くて死亡したり、また、生まれて来る子どもも未熟児ですぐに死亡したり、と、苦労?も多かったのが実際でしょうね。

(よもやま話)
(1)ある大名家(判ってはいますが、ここではあえて伏せます)の嫡男15歳に政略結婚で7歳の少女が嫁ぎました。初夜の時に、乳母や女中連中が少女の股を無理やり、押さえつけて、開かせ、姦通させた、という話が残っています。(明らかに「幼女姦」)。
(2)また、男女が共に7~8歳前後で結婚した場合は、夫婦とは名ばかりで、10歳位になるまでは、遊び友だちでした。
(3)江戸の商家の娘になると、自由恋愛は全くと言って良いほどできませんでした。また、商家の娘は「箱入り娘」と呼ばれたように、自由に街中を歩くことさえできませんでした。
(4)現代のようにウインドショッピングを楽しむ場所もありませんでしたから、たまに、小物が欲しいと、街へ出ても、乳母や女中がお供をして出歩きましたので、自由にどこでも行くことは許されませんでした。
(5)では、着物や櫛(くし)、簪(かんざし)などが欲しいというと、大店の丁稚がそうした店へ使いに走り、店からの出張販売でした。
(6)江戸時代を例にとると、儒教の精神が上は将軍家から、下は町人まで、
「男女7歳にして席を同じゅうせず」
でしたので、武家はもちろん商家でも、双方の家柄や財産などを基に、親同士が決めた「許婚(いいなずけ)制度」で、特に、父親の権限が強く、父親の許可なしには結婚できませんでした。
(6)江戸の街には「分一(ぶいち)」と呼ばれる「仲人専門」の職業の人がいました。これは、結納金の十分の一が謝礼として貰えることから、そう呼ばれました。
(7)適齢期の男女を物色し、商家へ縁談を持ち込む。ただし、男は40歳前後まで、女は20歳まででした。となると裏をかえせば、10歳前後の結婚もあった、と言うことでしょう。
(8)「十分一(じゅうぶいち)取るにおろかな舌はなし」
と、狂歌にもよまれたように、「口先三寸」のやり手でした。
(9)また、逆に、将軍家や大名家の大奥では30歳になると「おしとね御免」と言って、夜の相手ができなくなる話はご存じだと思いますが、30歳位で妊娠すると、今度は、医療技術がお粗末だったため、高齢出産となり、母体の安全から子どもを作ることはできませんでした。ただし、町人などは、側室などいませんから、子どもを生むこともありました。
現代でも40歳以上になると、やはり、高齢出産と位置づけられますよね。江戸時代から400年余り過ぎても、医療技術が進歩したとはいえ10歳しか「上限」が上がっていない。
(10)ここには、主に、江戸時代で江戸の街を中心に述べていますが、地方(田舎)も似たり寄ったりでしょう。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>女が12歳くらいで子供を産むって言うのも大変だと思います。そのへんの規制的なものはあったのでしょうか?

まず、回答から先に述べますと、
結婚や出産の年齢の「上限」はありましたが、「下限」はありませんでした。
まあ、12歳前後になると、現代で考えると確かに未成熟ではありますが、その時代の風潮として、それ位の歳になれば、もう、周囲からは立派な大人扱いをされましたので、女性も、もう、そうした心づもりで嫁に行ったりしました。
まあ...続きを読む

Q切腹以上の罰って?

時代劇の中の台詞で、「こんなことをして、何も出なかったら、腹を切るだけでは済まぬぞ、、、」と言うものがありました。「腹を切る=死」死ぬこと以上の罰ってなんなんですか?死んでしまった後、焼こうと晒そうと、本人には何の痛みもないと思うのですが?

Aベストアンサー

切腹と斬首というのは、「首を切られて死ぬ」という点では実質的に同じことですが、死ぬまでの経過と、死ぬ時の姿が全く違います。「過ちの責任を取る武士として自決する形式」のか「犯罪者として殺される」のかの違いです。

違うのは

切腹:予め身を清め、武士の正装である裃を着て、目の前に短刀を置き、短刀を持って腹を切る仕草をしたら、後ろに立った介錯人が首を落とす。場合によっては、実際に短刀で腹を切り、合図してから介錯人が首を落とすこともあったようですが、前記の「腹を切る仕草」だけが普通であったようです。

斬首:粗末な獄衣で、不潔な牢に入れられていたままの汚れた姿で、縛られた状態で、首切り役人が首を落とす。

Q明治維新後、武士は平民になったというが

明治維新後、武士は平民になり、一般の会社員になったりしたのでしょうか。いろいろ苦労があったと思いますが、
そのあたりのエピソードを教えてください。

Aベストアンサー

維新により、武士は士族(足軽は卒族)という身分になり、秩禄処分で政府から一時金を貰って、以後は自分の才覚で生きていくことになります。
例として、徳川宗家に使えた旧幕臣を上げますと、彼らは徳川家達に従って、静岡に移ります。
ここで牧の原を開墾し、お茶の生産を始めます。
当初は筆舌に尽くしがたい苦労の連続でしたが、明治末に杉山彦三郎氏が新種の開発に成功し、経営が安定します。
旧幕臣たちは苦しい生活の中にも教育に未来を託したため、彼らの子弟は高い教養を身に付け、官吏となった者も少なくありません。
東北諸藩は北海道に未来を託したものも多く、現在北海道に「伊達市」がありますが、伊達邦成が旧家臣とともに開拓した土地で、旧会津藩の余市、旧徳島藩の静内町など、どちらかと言うと、維新の逆賊に回った藩の士族が開墾した土地が多く残ります。
このように、旧藩主(華族)がある程度の援助をして、家臣たちに農業をやらせる例も多くありますが、完全に没落したものも多く出ます。
樋口一葉などもその例に漏れず、士族としての誇りを持ちながら、貧困にあえいだ生活は涙を誘いますね。
総じて、士族は学がありますから、彼らの子弟は官吏、教員などになる例は多いようです。

維新により、武士は士族(足軽は卒族)という身分になり、秩禄処分で政府から一時金を貰って、以後は自分の才覚で生きていくことになります。
例として、徳川宗家に使えた旧幕臣を上げますと、彼らは徳川家達に従って、静岡に移ります。
ここで牧の原を開墾し、お茶の生産を始めます。
当初は筆舌に尽くしがたい苦労の連続でしたが、明治末に杉山彦三郎氏が新種の開発に成功し、経営が安定します。
旧幕臣たちは苦しい生活の中にも教育に未来を託したため、彼らの子弟は高い教養を身に付け、官吏となった者も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報