最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index …
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり長襦袢の袖丈は少しぐらいなら長めの方がよいようですね。
わたしの裄は62cmで、市販の吊しはSサイズでも裄が64cmなので合わないんです。
(最近は裄が長めで、手の甲にかかるぐらいのものを着てる方が多いようですが・・・)
でも、ご紹介頂いたマジックテープで調整できるうそつきなら大丈夫そうですね。
ニッセンの着物カタログは、偶然にも昨日取り寄せる注文をしたところです。
これから、装道のほうについても調べてみようと思っています。

今後のアドバイスも頂き、助かりました。
今は中古の着物1枚と、それにあわせた長襦袢(これも中古)を買っただけで、
これから買うものをどうしたらいいかと思っていたところだったので・・・
あとは着付けをしっかりできるように頑張って練習したいと思います!!

お礼日時:2004/09/07 11:13

私は日本舞踊を習っていまして、3歳くらいから着物を着ていますが、師匠からは長襦袢が長い方が、短いよりはいいと言われております。

許容範囲は・・・だいたい10cmが限度くらいでしょうか?(私の場合は、せいぜい五分くらいでしょうか) 短いと、袂から襦袢がぴらぴら見えてしまってみっともないので、鏡で見て、「これなら大丈夫かな?」というのを確認してみては如何でしょう? あとは通称、「うそつき」というものですが、肌襦袢の上に着るもので長襦袢が上下が分かれているものがあります。そんなに高価なものではないので、呉服屋さんに聞いてみてもいいかもしれません。(ちなみに踊るには、「うそつき」と「裾よけ」の組み合わせの方が着崩れないので長襦袢は着ません)
気になるようでしたら、呉服屋さんにいる、着物を着慣れているおばさんに聞いてみては? あとはみっともないか、大丈夫かは個人の感覚だと思いますよ。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。日舞の経験者さんだったら、着物はベテランですね。
許容範囲は(長い方は)10cmぐらいまでなら大丈夫かとお考えなんですね。
ご本人は五分というと、1.5cmぐらいですか・・・じゃあ、間を取って
4~5cmなら長襦袢の方が長くても大丈夫そうですね。
そうすると、短いのはやはりちょっとむずかしいんでしょうか。

「うそつき」は、「二部式長襦袢」ともいわれているものですよね。実は欲しいんです。
袖と裾除けをいろいろ変えて楽しめるところがすごくいい!と思います。
ただ、普通のものはわたしには裄が長すぎるので、着るには「肩上げ」を覚えなければ!

お礼日時:2004/09/07 01:42

長襦袢の袖丈は短めでいいんじゃないですか?



「短いとみっともない」なんて初耳です。
だいいち外からわかりますか?


着物の袖がだぶついた襦袢の袖で崩れて(ふくらんで)いるほうが、よっぽどみっともないと思います。

袖幅の話だったりして・・・・・。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
長襦袢の袖の方が短いと、「袂から長襦袢の袖がはみ出て見苦しい」のだそうです。
また、長襦袢の袖の方が長いと「着物の袖の中でだぶだぶになって見苦しい」のだそうです。
どちらもいちいちもっともで、納得できるだけに「じゃあどうすりゃいいんだ」状態です。
そりゃあ着物と長襦袢をセットで誂えれば何の問題もないんですけどね~。
やはり貧乏人には着物は無理なんですかね・・・(T^T)

お礼日時:2004/09/07 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物と長襦袢の袖丈があわない

母から譲り受けた着物と長襦袢が何点かあります。
洗濯してあるのに古くなった長襦袢の半衿が変色していて
そのままでは着ることができません。

半衿の交換はやったことがないので
出来合いの長襦袢(装道のもの)を買いました。
ところが、袖丈が49cm(現在はこの長さが既製品の長さのようです)で
袖丈44cmから46cmの手持ちの着物とあいませんでした。

長襦袢の袖丈を簡単に短くして着る方法がありましたら
教えていただけないでしょうか。
和裁どころか手芸全般が苦手でボタン付け程度しかできないのです。

Aベストアンサー

半襟はテープがついていてぺたっと貼り付けるだけの「タッチ半襟」というのもありますよ。
それを上から貼り付けたらダメですか?
刺繍タイプのタッチ半襟もありました。

長じゅばんの袖丈は私も合わないのを買ってしまったのですが一番簡単には袖の一番下の部分を長い分だけ前に折りあげて開きの部分を糸で留めつけるとよいと着物屋さんで聞きました。
内側に折ってあげては中が開いて格好が悪いそうです。

Q着物の身丈について

着物初心者です。

着物が欲しくて、いろいろオークションとかを覗いているのですが、「身丈147」とか短いですよね。

私は身長153センチなのですが、身丈はどれくらいのサイズを選べばよいのでしょうか?

全くの初心者なので、見当違いの質問をしていたらすみません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地が二重になるので2.7cm÷2=1.3cmプラスされ、5.7cm+1.3cm=7cm。

ご検討の着物はmika-827さんの身長よりも6cm短い。
するとおはしょりが目安の寸法より3cm短くなり、実寸が2.7cm位。・・・うーん、これは短いですね。

対応策としては、腰紐を締める位置を下げる、帯を締める位置を高くする、といった作業でおはしょりを長く出すことができます。これで2cmくらいおはしょりを長めに出すことが出来そうです。これでおはしょりが4.7cm。

mika-827さんは割合小柄なので、目安のおはしょりの長さ(5.7cm)よりも1cm位短いおはしょりも可能かと思いますが・・・。
細かいことにこだわらなければ、なんとかなるかもしれません。でもギリギリのラインじゃないかと思います。

なお、身丈同様、裄もご検討要素に加えていただければ、ご判断なさりやすいのではないでしょうか。
※裄=ゆき。手を45°の角度にのばして首の後ろのぐりぐりから手のくるぶしまでを計った寸法

昔の人は腕が短めの方が多いので、裄が短いこともあります。裄が短いと襦袢の袖が着物の袖の内側から出てしまったり、袖から延びる自分の腕の露出具合が多くなり気になることがあります。

でも、理想を言い出すと着物を着る機会が減りますよね。理想の着こなしは晴れ着の時などにとっておいて、普段の楽しみとして大らかに着物を楽しむのもいいことだと、個人的には思っていま~す☆

下記、「京都工芸染匠協同組合」の「キモノ総合辞典」のURLです。「キモノの寸法」や「きもの用語辞典」など参考になるかと思います。

参考URL:http://www.sensho.or.jp/dictionary_menu.html

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q着物の袖丈と襦袢の丈

いただいた着物の袖丈と襦袢の丈が6センチほど差があります。実際に着ると襦袢の丈がはみ出すことがあります。やはりおかしいでしょうか?着物の袖丈を直すべきでしょうか・・?
また絹の襦袢を日常に着るのがもったいなく、洗えるポリエステルの二部式襦袢をいつもきてしまいます。これも相当におかしいことでしょうか?絹のきものには絹の襦袢を聞きましたので、少し気にしながら着物をきています。あと、先日、町中でどう見ても紬の着物に白地に金刺繍の袋帯をしめていた人がいましたが、このようなあわせ方があるのでしょうか??どなたか教えてください。

Aベストアンサー

今は袖丈はほぼ49センチで統一された感がありますが、昔は身長や着物を着るシーン、つまりTPOにあわせて袖丈が違っていました。
袖丈が短ければカジュアル、袖丈が長ければ礼装と言った感じですし、身長の高い方は、礼装であれば52センチとかちょっと優雅に見えるようにといった具合です。
それにあわせて、長襦袢の袖丈もあわせて作っていたものです。まぁ、大体が普段着は何センチ、礼装は何センチと3種類程度に抑えていたとは思いますが・・・

さて。
完全に袖丈(振りの長さ)が違うということになれば、袖丈を直されたほうがいいと思いますが・・・
長襦袢の振りが短いと出てきてしまい、みっともない・・・これは長くてちょっとたるんでるよりみっともないというのは本当で、長襦袢は下着のイメージですから、これがちらちら見えているのではなく飛び出してしまうというのはよくありません。

すべてを直すのに抵抗があるのはわかりますが、1~2センチ程度なら着付けや工夫でどうにかすることもできますが、6センチとなると・・・長いならば折り返してざくざく縫って・・・と簡易的にできないことはないのですがね、短いとなると・・・振りの長さが同じなら、袖付けの位置の問題(身頃の肩の長さなど)で、ちょっとした着付けの工夫で若干短い程度まで直すことも可能ですが、振りが短いのですよね?そうなると・・・中側でピンなどで振りを留めたとしても襦袢と着物の間にへんな隙間が出来てしまい、後姿があまりにも変なことになってしまいます。
できれば、直すか袖丈のあっているものをきられたほうがいいでしょう。

次に絹の着物にポリの長襦袢ですが・・・
化繊の長襦袢に絹の着物、冬場は静電気がひどくなりませんか?
素材が違うものを重ねると静電気が発生しやすくなります。これは洋服などでも同じです。ですので、できれば同じ素材を組み合わせたほうがいいということになりますが、絶対に絹の着物に絹の襦袢でなければいけないということはありません。
また、化繊の長襦袢や着物は通気性が悪く、冬は寒くて夏は暑いです。絹物は冬は暖かいですし、夏は麻などの素材でさらっとした着心地です。
しかし、洗える長襦袢は重宝します。なんといっても洗濯機で洗えますしね。なので、冬場は長襦袢に静電気防止のスプレーなどをして使うこともあります。

紬に金刺繍の帯・・・これについては、やはり格がちぐはぐですから・・・

今は袖丈はほぼ49センチで統一された感がありますが、昔は身長や着物を着るシーン、つまりTPOにあわせて袖丈が違っていました。
袖丈が短ければカジュアル、袖丈が長ければ礼装と言った感じですし、身長の高い方は、礼装であれば52センチとかちょっと優雅に見えるようにといった具合です。
それにあわせて、長襦袢の袖丈もあわせて作っていたものです。まぁ、大体が普段着は何センチ、礼装は何センチと3種類程度に抑えていたとは思いますが・・・

さて。
完全に袖丈(振りの長さ)が違うということになれば...続きを読む

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q長襦袢が袖口、袂から見えてしまう。。

こんにちわ。
着物超初心者です。

やっと着物が一揃いして、いざ着てみたのですが・・・
長じゅばんが袖口から見える、というかはみでたり、長じゅばんの袖のほうが大きいのか、袂から大胆にはみ出してしまいます。もともと体型はSサイズなのに、Mサイズを買ってしまったからかもしれませんが・・・なんだかだらしない感じがして。

なお長じゅばんの袖は絽のタイプで、白です。下着っぽいのでできれば見えないようにしたいのです。


こういったときの処置、どうしたらよいのでしょうか??

Aベストアンサー

ちょっと、うるさかったおばちゃんです、ごめんなさい。

寸法を拝見すると、今の標準寸法Mという長じゅばんの想定される
着物の寸法が、肩幅8寸、袖巾9寸のようですが、
あなたのお着物が肩幅、袖巾ともに8寸5分。
ですので、袖がより身頃に引っ張られて、はみ出る感じになるようです。
___↑___   矢印が袖ツケの線
身頃   袖
__↑____

上の線が着物の袖と身頃の寸法とすると
長じゅばんは下の様になります。
トータルの裄寸法としてはいいはずなのです。
でも・・・

ただ、着物の袖丈56cmというのは、いわゆる尺5寸という寸法で
これは、特注で作られたものなので、
既製品での袖丈は尺3寸(49cm)あるいはモット短い2寸5分(47cm)がほとんどですので
まず、既製品はないと思ったほうがいいです。

ちなみに、56cmの袖の着物はちょっと、優越感もっていい、
優雅さです。
普段着としては、長いですが、おしゃれ着なら素敵です。

ちなみに、私は、尺3寸(49cm)と
尺6寸(60cm)の2種類で持ってます。
ですので、長いからおかしいということはありません。

オーダーされるか、自分で袖だけ作るか、どちらにしても、
56cm(尺5寸)という袖は
そういう寸法です。

いまは、ともかく着慣れることでいいのでは?
でも、ステップアップを図るなら、ご自分で挑戦してみてください。
袖を作られるようなお知り合いがいらっしゃるなら、
コツを教えてもらうのも方法ではないでしょうか?

ちょっと、うるさかったおばちゃんです、ごめんなさい。

寸法を拝見すると、今の標準寸法Mという長じゅばんの想定される
着物の寸法が、肩幅8寸、袖巾9寸のようですが、
あなたのお着物が肩幅、袖巾ともに8寸5分。
ですので、袖がより身頃に引っ張られて、はみ出る感じになるようです。
___↑___   矢印が袖ツケの線
身頃   袖
__↑____

上の線が着物の袖と身頃の寸法とすると
長じゅばんは下の様になります。
トータルの裄寸法としてはいいはずなのです。
でも・・・

ただ、...続きを読む

Q長襦袢の袖丈が合わない!どうすれば・・・

着物初心者です
着物の袖丈と長襦袢の袖丈が合わないと駄目だと聞きました
私は身長168です
購入した着物はやや袖が長い56センチです
長襦袢の既製品では袖が49センチばかりでUSED品を探しても袖丈が合えば身丈が合わないなどずっと探していますがなかなかみつかりません
知らずに購入した長襦袢は袖丈50の身丈が138で身丈はちょうど良いかなと思っています
仕立て直す時間もないので着物をまた購入した方がいいのだろうかと思っております
そこで質問なのですが・・・

今ある着物と長襦袢でなんとか着用できる方法はありますか?

また方法がなければ、着物を買い変えるとして、今ある長襦袢を利用して身長168センチで袖丈が50センチくらいの着物でもおかしくはないでしょうか

丈長の着物をネットで探してもなぜか袖丈が55以上あるのでやはり長身にはおかしいのかなと思っておりました

できれば今ある着物袖丈55センチのを着たいのですが・・・長襦袢の袖丈と誤差が5センチもあるのでみっともないですよね・・・・
替え袖と言うのはどういう感じなのでしょうか・・・
これ以上長襦袢は見つかりそうもなくて困っています
どうぞ厳しいご回答でかまいませんのでよろしくお願いします

着物初心者です
着物の袖丈と長襦袢の袖丈が合わないと駄目だと聞きました
私は身長168です
購入した着物はやや袖が長い56センチです
長襦袢の既製品では袖が49センチばかりでUSED品を探しても袖丈が合えば身丈が合わないなどずっと探していますがなかなかみつかりません
知らずに購入した長襦袢は袖丈50の身丈が138で身丈はちょうど良いかなと思っています
仕立て直す時間もないので着物をまた購入した方がいいのだろうかと思っております
そこで質問なのですが・・・

今ある着物と長襦袢でなんとか着用...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私も同じ着物初心者ですので質問者様のお困りの気持ちがよく分かります。着物って・・・正直ヤヤコシイですよね(笑)

ご質問に対する私の回答ですが、
(1)今ある着物と長襦袢でなんとか着用できる方法はありますか?
→残念ながら、そのままは難しいかと。ご自身でも書かれていらっしゃいますが、長襦袢の袖丈が短すぎるので、このままでは着物を知っている人が見れば「アレレ?」と思われてしまいますね。。。

(2)また方法がなければ、着物を買い変えるとして、今ある長襦袢を利用して身長168センチで袖丈が50センチくらいの着物でもおかしくはないでしょうか
→袖丈としてはおかしくないと思います。トールサイズのプレタ着物でも袖丈49センチというのが通常ですので。ただ、本当は身長の3分の1くらいの袖丈が良いらしいので、質問者様の身長であればむしろ着物の袖丈の方がバランス的には良いかもしれませんね。

解決策として、以下2案をご提案いたします。
(a)着物の袖丈を長襦袢に合わせる。
袖丈だけであれば、納期1週間程度、料金4000円程度でやってくれるところはあると思います。ネットでご自宅の近所の悉皆屋さんを探すとか、着物を買われたお店さんにご相談してご紹介してもらうのも良いと思います。

(b)長襦袢の袖を外して、着物の袖丈にあった替え袖をつける。
回答者#1様が丁寧に教えてくれていますので、ご自分でも出来るかと思いますが、ネットでも安価で作ってくれるところがありますので、相談されてはいかがでしょうか?「替え袖 オーダー」などで検索するといくつかヒットしますよ。
また、質問者様は袖丈だけを気にされていますが、裄(肩幅・袖幅)はあっていますか?特に袖幅ですが、長襦袢の方が着物より少し控えていないといけません。替え袖だとこのあたりも同時に解決できるので、おすすめです。

無事に問題解決して着物を楽しく着用できると良いですね♪

こんにちは。私も同じ着物初心者ですので質問者様のお困りの気持ちがよく分かります。着物って・・・正直ヤヤコシイですよね(笑)

ご質問に対する私の回答ですが、
(1)今ある着物と長襦袢でなんとか着用できる方法はありますか?
→残念ながら、そのままは難しいかと。ご自身でも書かれていらっしゃいますが、長襦袢の袖丈が短すぎるので、このままでは着物を知っている人が見れば「アレレ?」と思われてしまいますね。。。

(2)また方法がなければ、着物を買い変えるとして、今ある長襦袢を利用して身長168セ...続きを読む

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q正絹の長襦袢は家で洗えますか?

正絹の長襦袢の扱いについて教えてください。
着物は数枚もっているのですが、長襦袢は母が作ってくれた
正絹のものを1枚もっているだけで、使いまわしています。
(20年前に作ったものですが、生地も縫いもしっかりしています)
これまで、お正月のお茶のお稽古、子供の七五三、入学式…と
ずいぶん着たのですが、着る度に洗い(クリーニング)に出していました。(母にそうしろと言われていたからです)
先日、末っ子の入学式で着物を着たのですが、ふと
「着物の下に着るもので見えるものじゃなし、うちで洗えないのかしら? 洗いに出すのも高いしなぁ…」
と思いました。
正絹の長襦袢を家で洗っているという方、よい方法を教えてください。
また、「そんなことしちゃダメ!」という方、失敗経験のある方がおられれば教えてください。どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当に絹の着物や長襦袢の洗いはもう少し
安価にならないかなと思います。

>>着物の下に着るもので見えるものじゃなし
イエイエそうではありません。

袖ぐちや振りから必ず長襦袢が、、風が吹けば裾から、見えます。
長襦袢の襟に沿わせて重ねて着るものです。
ですから、その寸法の取り方、裄の差、袖丈の差、
繰越しや襟肩あきと同寸にするとかほんの少し違えるなど
も大事です。

私は、麻、絹の長襦袢を、ウールの着物を
自分で洗って大変な目に遭いました。
5センチから10センチは縮みましたね。
結局ほどいて、幅だしをしてもらって仕立て直ししました。

良い洗剤もあるようですが、
その手間暇を考えると、
専門店にお願いするのが一番と感じています。

私は、洋服にはお金はかけません。

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング