海外では臓器移植が普通に行われていますが、日本ではまだ14例くらいしか行われていません。それは何故だと考えますか?意見を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず最も大きな要因は#1の方が言われる通り、日本人と欧米人の「死体」に対する考え方の違い(宗教観)にあるでしょう。

欧米人は人を「魂」で捉え、肉体は「魂の入れ物」と考えますが、日本人の場合、「魂」と「肉体」はほぼ同一に捉える傾向があります。
しかし近年の欧米各国での臓器移植の普及から、日本人の中にも臓器提供に積極的な考えを持つ人が増えてきました。ですが、家族全員が同じ考えを持つかという点では、かなり難しいといえます。
臓器提供意思表示カードがこの対策として提案され、一般に配布されてきましたが、まだこれを携帯する人が数的に多いとは言えません。さらに臓器提供に際しては、やはり本人の意思以外に、家族の意思も加味されてきます。

そして、次に脳死判定基準(特に子供)の相違があります。子供に対する脳死判定の実行および移植臓器摘出に際しては、親族にかなりの抵抗があるのは、日本人であれば想像は容易ですよね。特に子を持つ親としては複雑です。

これらが日本の臓器移植の現状を困難にしている主要な要因ですが、欧米以外の経済的に貧困層が多い国では、生活のために臓器を売る人も多いため、違った意味で普及率が高い事も考えられますし、世界的に同じ尺度で評価するのは難しいですね。

ですが、このように宗教観が複雑に入り混じる現在の日本で、臓器移植が実行されるようになったことは非常に大きな一歩といえます。まだまだ臓器移植に関してはバイオエシックス(生命倫理)の点でかなり論議がなされておりますが、この先も考えると、やはり臓器移植普及率の点で日本が欧米に追いつくのは難しいでしょう。
    • good
    • 0

海外とは米国ですか?


先の方々が述べられた体と魂に関する考え方の違いの他、
日本での医療の問題、つまり
・インフォームドコンセントの言葉ばかりがメジャーになったが、実際にはカルテ
 の完全開示も、患者の権利が守られる法律も全く整備されていない現状では移植
 を受ける人(レシピエント)、提供する人(ドナー)の権利が守られる保証がな
 い。
・日本での脳死判定がずさんであるため、公正で適切な臓器移植が行われる保証が
 ない(と少なくとも国民には思われている)。
・ドナーカードを持つと救急救命措置の手を抜かれてしまう。
・潜在数も含めたレシピエントに対し、ドナーの絶対数が不足(これは米国も同 
 じ)。
・体制の整わない中で多くのものが犠牲になる可能性のある臓器移植よりも、不慮
 の事故を防ぐことで死亡者を少なくする。レシピエントとなる対象者はそもそも
 状態の悪い方が対象であり、期待できる移植での延命効果にまだ疑いがある。

以上、もちろん素人ですので、反対派の考えを並べてみました。
ちなみにわたしはこの本で「とりあえず日本ではしない」派になりました。
観念的な話は個人的には納得しにくい部分も多かったですが、一医療者の方にも
反対意見があるという面では参考になると思います。

吉本隆明・近藤誠・宮崎哲弥・中野翠ほか著,「私は臓器を提供しない」,洋泉社,2000
    • good
    • 0

欧米人は日本人に比べて、死体を単なる物体としてみる傾向が強いため、臓器移植に対する嫌悪感が少ないんじゃないでしょうか?


それと、昔日本で、「和田移植」って言う事件がありまして、大問題になりました。まだ生きていた可能性の高い人の心臓を、移植の必要が無かった可能性の高い人に移植してしまい、結果的にどちらも死んでしまいました。その事件の後遺症もあるんじゃないでしょうか?
僕個人としては、脳死判定にイマイチ信用が置けません。脳がドロドロに融けた状態になっているのを確認してからやってもらえばいいんですけど、移植したいばっかりにいいかげんな脳死判定をされそうで恐いです。この辺の事情は立花隆さんの「脳死」を読んでいただくと分かりやすいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臓器移植について

臓器移植が行われてきた推移などのグラフがあるサイトを教えてください。
また、臓器移植は病気を持っているからするのですか?臓器移植をする理由を教えてください。

漠然とした質問ですが、お願いします!!

Aベストアンサー

参考URLに臓器移植の日本と諸外国の推移が分かるサイトをつけておきました。あと臓器移植をする理由は重度の病気で臓器の機能が低下や停止、又は事故などで臓器の機能の停止に伴って、その臓器の機能を回復させる為だと思います。
あまり文章が上手くないですけど、こんな感じでしょうか

参考URL:http://kodansha.cplaza.ne.jp/hot/genome/cap2_4/graph2_4_1.html

Q臓器移植法施行後、最初に行われた手術は、いつ・何処でですか?

こんにちは。タイトルの通りなんですが、臓器移植法が施行されて、初めて脳死臓器移植手術が行われたのは、いつで、何処の病院だったのでしょうか?
知っている方、教えて下さい!

Aベストアンサー

1999年3月1日、大阪大学附属病院で行われた心臓移植手術が初みたいです。

Q臓器移植について

こんにちは。

現在、「臓器移植」について社会では問題になっていますね・・・

その臓器移植についての皆さんの考えをお聞きしたいのですが。

宜しく御願いします。

Aベストアンサー

どこから「死」と判定するのか、その境界についてはよく議論されず曖昧なまま「脳死は人の死である」という法案が通ってしまいましたが、その線引きよりも、脳死を死とするのであれば、その人が生命維持の装置によって「生きて」いるのに医師は死亡診断書を書いてくれるのでしょうか?戸籍や住民票などはどうなるのでしょうか?やはり役所に死亡届を出すのでしょうか?その場合、「脳死」と診断されたのですから生命保険は支給されるのでしょうか?また「脳死」状態で「生きている」人の医療に健康保険は適用されるのでしょうか?これらは臓器移植の良し悪しの問題とは別だと思います。臓器移植を望んでいる方にとっては切実な問題ですし、また「脳死」と判定された患者の遺族(?)にとっても複雑な思いでしょう。なにぶんそういった深い知識がありませんので、私なりの疑問を書いてみました。

Qなぜ日本では臓器移植が少ないのか。

海外では 普通に普及している臓器移植ですが、

なぜ日本では 移植数が少ないのでしょうか?

できれば、 具体的なHPもありましたら幸いです。。。

Aベストアンサー

日本では国民皆保険とされており、どのような貧乏人でも少額の負担で医療行為を受けられます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA
アメリカなどでは貧乏人は治療を限定された保険にしか入れなかったり、保険そのものに入れなかったりして、経済的な理由で治療を断念する人も多く、そういった人から新鮮な臓器の供給がありますし、日本のように臓器提供の意思確認が難しく無くレシピエントに有利な環境にあります。

一方、日本での終末医療において、死亡時以外の医療行為の停止は認められていません。
そのため、治療を長引かせることによって臓器の状態が悪くなり移植に対応できるような臓器の供給が難しいのではないでしょうか?

日本の医療では臓器移植は不得手だと思いますが、その他の医療行為では外国に負けない高度な医療を受けられます。
それは金持ちだろうと貧乏人だろうと、一定レベル以上の医療を受けることが出来ますので、臓器移植だけをもって日本の医療が遅れているとは言わないでほしいと思います。

日本では国民皆保険とされており、どのような貧乏人でも少額の負担で医療行為を受けられます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA
アメリカなどでは貧乏人は治療を限定された保険にしか入れなかったり、保険そのものに入れなかったりして、経済的な理由で治療を断念する人も多く、そういった人から新鮮な臓器の供給がありますし、日本のように臓器提供の意思確認が難しく無くレシピエントに有利な環境にあります。

一方、日本での終末医療において、死亡時以外の医療行為の...続きを読む

Q脳死と臓器移植について。

脳死や臓器移植のことについて無知なので教えてください。

今の法律を変えて、脳死を人の死、と認めた場合
これまでより臓器提供・臓器移植は増えるのですか?

教えてください><

Aベストアンサー

若干、質問の意味がわかりかねますが、
ご質問の内容は、
現在の原則として心臓死を人の死とし、
臓器提供の意思表示をしている場合にのみ、
脳死判定を経て、脳死を人の死と認める制度から、
意思表示の有無にかかわらず、
脳死段階で人の死を認めた場合、ということですよね。

現在の臓器移植法では
本人や本人がそういう状態になったときの親族の
同意がない人から
臓器をとることはできませんので、
仮に脳死を心臓死と同じく人の死と
定義を変更しても
臓器移植の増減には大きな影響はないと思います。

私は臓器移植法の施行直後から、
いろいろとかかわりもあり、医師とも話をする機会が非常に多かったのですが、
当時、医師からは、正直施行当初の臓器移植法と社会環境では
絶対に臓器移植は増えない、と言われました。

その理由は脳死判定の手順や
条件が厳しすぎることなどもありますが、
最大の問題は国民の理解が進んでいないことと、
脳死判定の信ぴょう性だと言われました。

よく、普通の人は勘違いしているのですが、
脳死と植物人間は決定的に違うということです。
簡単に言うと植物人間状態というのは、
脳が生きている状態で、
回復の見込みは薄いですが、
回復の見込みがないとも言い切れない状態ですが、
脳死とは文字通り、もはや脳が機能せず、
ほうっておけばそう遠くないうちに心臓も停止する状態で
絶対に回復の見込みのない状態を言います。

医学的にはそうわけられるのですが、
普通の人は脳死状態に陥っているといわれても、
心臓が動いている以上、
回復の見込みがあるんじゃないか、と
期待してしまうものなので、
脳死段階でもう死んだことにしていいですよ、と
言いづらかったわけです。

さらに遺族の心情的なものですが、
遺体となったらきれいなままで送ってやりたい、
死んだあとで遺体を切り刻まれるというイメージに
拒否感を持つ遺族も多いです。
(同様の理由で解剖も拒否されることがありますし)

それとは別に医師が脳死判定を行った結果、
脳死であるという判定が正しいのか、
行った手順で脳死が確定なのか?という課題もあります。
(一応、現在の手順でも正確に行われれば、
 判定ミスはありえないらしいですが)
さらに臓器提供を前提とした脳死判定では、
提供される臓器を一刻も取り出したい、という思いで、
脳死判定がおざなりに行われるのではないかという危惧も示されました。
(第一例が出るまでは、下手したら功名心にはやった医者が
 必要のない脳死判定を行うのではないかとも警戒されました)

その後、改正を経て、施行当初の
臓器移植不可能法といわれたころに比べれば、
ずいぶんと条件が緩和され、
数も地味に増えてきていますが、
臓器移植を一般的な医療に近い形まで
増加させたいのであれば、
法律の整備もですが、
それ以上に遺族となった時の心構えや
脳死に対する正確な知識の頒布、
さらに医療サイドでの厳格な運用が
(一度でも脳死でない人を脳死と判定すればおしまいです)
求められるのではないかと感じています。

若干、質問の意味がわかりかねますが、
ご質問の内容は、
現在の原則として心臓死を人の死とし、
臓器提供の意思表示をしている場合にのみ、
脳死判定を経て、脳死を人の死と認める制度から、
意思表示の有無にかかわらず、
脳死段階で人の死を認めた場合、ということですよね。

現在の臓器移植法では
本人や本人がそういう状態になったときの親族の
同意がない人から
臓器をとることはできませんので、
仮に脳死を心臓死と同じく人の死と
定義を変更しても
臓器移植の増減には大きな影響はないと思います。

私...続きを読む

Q臓器移植と造血幹細胞移植

Wikipediaによれば、
「造血幹細胞移植の意義」のところで、
1、「合併症も固形臓器移植なら拒絶反応となるが造血幹細胞移植ではGVHDとなる。造血幹細胞では多くの場合は免疫寛容がおこり、長期的には免疫抑制剤の投与を完全に中止することができる。免疫抑制剤の投与の目的は固形臓器移植では拒絶反応の防止、造血幹細胞移植ではGVHDの予防となる。」の意味が判らないのですが、誰か判り易い解説お願いします。
2、"GVHD" とか”免疫寛容”って、何ですか?

Aベストアンサー

"GVHD" と免疫寛容は両方ともWikipediaでリンクがつながっているのでクリックしてみてください。
でもちょっと分かりにくいかもしれませんので、簡単に説明するとすると、
 拒絶反応ってのはAさんの体の中の白血球がBさんからもらった心臓などを異物として攻撃してだめにしてしまうものです。
A攻撃→Bやられるって感じですね。
 造血幹細胞移植ではBさんにもらった幹細胞がAさんの体の中で血液を造るわけです。この血液の中の白血球はまだBさんの体の中にいると思っているのに周りを見たらAさんの細胞だらけ。
こりゃ大変だ、A細胞を排除しなきゃと体中のあちこちでA細胞を攻撃してしまうのです。
B攻撃→AやられるってものがGVHDです。拒絶反応とは攻撃する側が逆になります。

しかし造血幹細胞移植の初期に免疫抑制剤を使うことでBさんからもらってできた白血球がAの細胞を攻撃することが抑えられます。すると、『あ、攻撃しなくていいんだ。』と憶えてくれて攻撃しなくなります。これが免疫寛容です。
免疫寛容の具体例としてお母さんのお腹に赤ちゃんがいるときお互いに攻撃しあったりしませんよね。
こうなれば免疫抑制剤を飲まなくてすむようになります。

"GVHD" と免疫寛容は両方ともWikipediaでリンクがつながっているのでクリックしてみてください。
でもちょっと分かりにくいかもしれませんので、簡単に説明するとすると、
 拒絶反応ってのはAさんの体の中の白血球がBさんからもらった心臓などを異物として攻撃してだめにしてしまうものです。
A攻撃→Bやられるって感じですね。
 造血幹細胞移植ではBさんにもらった幹細胞がAさんの体の中で血液を造るわけです。この血液の中の白血球はまだBさんの体の中にいると思っているのに周りを見たらAさんの細...続きを読む

Q臓器移植について

みなさんは臓器移植についてどう思われますか?また臓器移植についてどのくらい知っていますか?疑問に思っていることなどなんでもいいので意見きかせて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは、ghq7xyです。私は臓器移植については素人ですが参加させてください。
 さて、臓器移植ですが、臓器移植法が施行され、ようやく定着してきていいのではないかと思います。ただ、現行法では乳幼児の場合は臓器移植ができず、乳幼児が移植を受けるには海外へ行かざるをえず、莫大な費用がかかり、仮に海外にいけても相手にしてくれないことが多いそうなので、乳幼児の移植が日本でも可能にしてくれることを願ってやみません。
 また、臓器提供意思表示カード(以下、カード)ですが、最近ではコンビニにも置いてありますが、どうせなら全家庭に市町村などが町内会などを通して配布すべきではないかと思います。というのは、このカードには臓器を提供する意思のない人については、提供する意思はない、という欄も設けられているからです。提供する意思はない、というのも尊重すべきですから。
 参考になれば幸いです。

Q臓器移植について

献血の場合、ある一定期間イギリスにいた人は献血できないですよね?
臓器移植のドナー登録にもそういう制限があるんですか?

Aベストアンサー

すみません。臓器移植のご質問でしたね。こちらに出ています。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_document.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=SEARCH&SMODE=NORMAL&KEYWORD=%93n%8Dq&EFSNO=1744&PAGE=1&FILE=938016005802.tmp&POS=0&HITSU=2

Q臓器移植

臓器移植について書かれたおすすめの本ありませんか??
できれば実話が良いのですが・・・。
もしくは、臓器移植の問題点などを医学の知識がないものにも読めるようなものを・・・。

Aベストアンサー

臓器移植反対派です。

『私は臓器移植をしない』という本がおすすめです。
10名の著名人が、脳死・移植への根本的な疑問を呈しています。

あと、ずいぶん前に新聞で
「臓器移植というミクロでの善行が、マクロでの愚行になる」(おぼろげ…)というような内容の紹介記事を読み、気になっている本があります。
『臓器移植 我せずさせず』という本です。

図書館などに行きますと、沢山の賛否本がありますので手にとってみられてはいかがでしょうか。

Q臓器移植について

臓器移植法の改正が取り沙汰されていると思いますが、
なぜ、15歳未満の臓器提供は認められていないのでしょうか?
それと施行3年後には見直しをすると定められていたのにそれをしなかったのか、諸外国にも迷惑をかけることになるのは目に見えていたと思うのですが。
詳しい方おりましたら教えていただければ恐悦至極に存じます。

Aベストアンサー

かなり前で、酒を飲みながらのの内容なので間違っている場合があります。
「15歳」という年齢は、憲法の「教育を受けさせる義務」が終了する年齢です。「本人が適正な知識を持っている」とされる年齢です。
多くの法律が、これが理由で、「15歳」という年齢制限をかしています。

旧民法、結婚可能年齢が15歳だったはず。結婚すると民法に限りますが、成人とみなされます。すると、民法下での「契約」の条項が成人扱いになり、契約能力があるとされます。
契約ができる年齢として、15歳が規定されることになります。

契約ができない人間の法行為はすべて無効ですから、臓器移植法じょうの「移植に同意する」という契約が無効。すると、刑法の「他の法令に定めがない場合」の条項が機能して、臓器移植をすると殺人罪になるわけです。

下手に、15歳という年齢を下げると、憲法「教育を受けさせる義務」、刑法その他の法律上の無能力者であるとする規定、あたりが、混乱することになります。
臓器移植法自体が、患者の治療という観点から成立が急がれたのではなく、単に、臓器移植をして供給者を「脳死」という勝手な死を定義して、法律上の「死」の定義を知りうる立場でありながら殺したという殺人罪に問われていた医師の罪を無効にする目的で成立したのです(あと、2年も成立が遅れれば全員有罪になったはず)から、患者の立場という観点は弱いです。医師の自己けんじ欲の確保の為に成立した法律ですから。

かなり前で、酒を飲みながらのの内容なので間違っている場合があります。
「15歳」という年齢は、憲法の「教育を受けさせる義務」が終了する年齢です。「本人が適正な知識を持っている」とされる年齢です。
多くの法律が、これが理由で、「15歳」という年齢制限をかしています。

旧民法、結婚可能年齢が15歳だったはず。結婚すると民法に限りますが、成人とみなされます。すると、民法下での「契約」の条項が成人扱いになり、契約能力があるとされます。
契約ができる年齢として、15歳が規定される...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報