複素解析の本に
『複素数からその共役にうつる演算は体Cの1つの自己同型である』
とか
『体Cの同型で部分体Rの元を動かさないものはα→α(つまりなにも動かさぬ同型)とこの共役に限る』
とあるんですが、『同型』という言葉の定義について何も書いてありません。

同型とはなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

2つの体KとLが同型というのは、


KとLが同じ構造をしている
ということで、ぶっちゃけた話
KとLは同じものだと思ってもさしつかえないよ
ということです。
(これは私の同型というものに対するイメージです。)

厳密には、
2つの体KとLが同型というのは、KからLへの同型写像がある
というもので、同型写像とは
全単射な準同型写像
のことです。
KからLへの準同型写像とは
任意のa,b∈Kに対し f(a+b)=f(a)+f(b),f(ab)=f(a)f(b)
を満たすKからLへの写像(関数)fのことです。

例を1つ。
R^2={(x,y)| x,yは実数}と複素数体Cは同型です。
R^2からCへの写像fを
f(x,y)=x+iy (iは虚数単位)
と定めるとfは同型写像になるからです。
R^2とCは同型なのですから
R^2とCはほとんど同じものだと考えてよいことになります。

また、自分から自分への(つまりCからCとか)の同型写像を
自己同型写像、あるいは略して自己同型といいます。
f(x+iy)=x-iy というある複素数をその共役に写すという写像fは
自己同型写像になりますよ、というのが
>『複素数からその共役にうつる演算は体Cの1つの自己同型である』
の述べていることです。

詳しく知りたいのでしたら代数学の本をひもとく必要がありますが、
そこを理解しないと先へ進めないということもないでしょうから、
(というのは質問にある『体Cの同型でうんぬんなんてのは
複素解析を学ぶ上でははっきり言ってどうでもいいことだからです)
頭の片隅にでも残しておいて飛ばしてもいいと思いますよ。

この回答への補足

> また、自分から自分への(つまりCからCとか)の同型写像を
> 自己同型写像、あるいは略して自己同型といいます。
> f(x+iy)=x-iy というある複素数をその共役に写すという写像fは
> 自己同型写像になりますよ、というのが
> >『複素数からその共役にうつる演算は体Cの1つの自己同型である』
> の述べていることです。

これが分かりません。「自分から自分へ」の自分ってどのレベルの話ですか?
たとえば複素数 z=x+iy があって、これを自分自身(つまりz=x+iy)に移すよ、って考えちゃうと
当然複素数からその共役へうつす変換は同型とは言えなくなっちゃう。
ってことは「自分」ってのは z=x+iy とかいうレベルじゃなくて、複素数体、実数体、有理数体、とか
そういうレベルの話ですか?

でもそうすると

> KからLへの準同型写像とは
> 任意のa,b∈Kに対し f(a+b)=f(a)+f(b),f(ab)=f(a)f(b)
> を満たすKからLへの写像(関数)fのことです。

を満たしていれば、すでにそれは自己同型のような気がするのですが。
私は何を勘違いしているのでしょう?

補足日時:2001/07/07 11:45
    • good
    • 1

>『体KからLへの写像Tがあって任意のa,b∈Kについて


>    T(a + b) = T(a) + T(b)
>    T(ab) = T(a)T(b)
>が成り立つ時、写像TをK→Lの準同型写像(または単に準同型)であると
>言う。

>準同型写像Tが全単射な写像の時、Tを同型写像(または単に同型)であると
>言う。

>Tが体K→Kの同型写像の時、Tを自己同型写像(または単に自己同型)と
>言う。』

>こんな感じですか?

定義はそれでOKです。

それにしても社会人の方で、数学に興味を持たれて勉強されている
とは、感服いたします。しかも抽象数学ですからハードルは高いし。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっとたどり着けました。
質問の仕方も難しいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/09 17:36

>1対1と全単射とは同値でしたっけ?ontoって何ですか?



用語をまとめておきます。
1対1写像(one to one)=単射(injective)
上への写像(onto)=全射(surjective)
全単射=全射かつ単射

>『C→Cの写像Tがあって任意のz,w∈Cについて
>    T(z + w) = T(z) + T(w)
>    T(zw) = T(z)T(w)
>が成り立つ時、写像TをC上の同型写像(または単に同型)であると言う。

これは単なる準同型写像の定義でしょう。
同型写像ではないと思いますが。

>特にz',w'∈Cについて
>    T(z + w) = T(z') + T(w')
>    T(zw) = T(z')T(w')
>ならば
>    z' = z
>    w' = w
>である時、写像TをC上の自己同型写像(または単に自己同型)と言う。』

同型と自己同型の違いは、写像元と写像先が違うか同じかです。
f:X→YでX≠Yなら単なる同型写像で、f:X→Xなら自己同型写像です。
上で述べられているのは、同型でも自己同型でもないと思います。

taropooさんは数学科1回生ですよね。体の自己同型などの抽象代数学は
まだ習ってないですよね。代数というとまだ線型代数だけで。
shushouさんがおっしゃるように、体の自己同型云々は読み飛ばしても
いいかと思います。たぶん理解が大変なのでは?
私も1回生の頃はわからなかったですから。

この回答への補足

> taropooさんは数学科1回生ですよね。

違います。30前の社会人です。数学は興味でやってます。

しきりなおしまして、

『体KからLへの写像Tがあって任意のa,b∈Kについて
    T(a + b) = T(a) + T(b)
    T(ab) = T(a)T(b)
が成り立つ時、写像TをK→Lの準同型写像(または単に準同型)であると言う。

準同型写像Tが全単射な写像の時、Tを同型写像(または単に同型)であると言う。

Tが体K→Kの同型写像の時、Tを自己同型写像(または単に自己同型)と言う。』

こんな感じですか?

補足日時:2001/07/09 13:37
    • good
    • 0

 同型の基本的な考え方はある集合に入っている構造が保たれているということです(それだけだと準同型)。

つまり、構造も保たれて、なおかつ、写された元と先のすべての元の間にちゃんと対応関係があるというのが同型です(ある一部分ではなく集合全体とて同じだということです)。
(たとえば、共役をとって全体をz0(定数)倍するとかでも同型ですが、
 実数体に実数部分だけをとって写すというのは準同型です。)

 その場合その対応を与える写像fを用いれば、一方の(構造をもった)集合に対して(その構造による)ある性質pが見出されれれば、その写像fからpをその対応させている集合の言葉に直して、つまりf(p)のようなこと(具体的にどうこういうわけではなく、そう言うふうに対応関係ある集合であれば、性質についても対応関係によって言いかえることができるはずという主張です)を考えて他の集合についても同じことが言えます。
 複素平面の場合は虚数単位の取り方に恣意性があり±sqrt(-1)のどちらを虚数単位にとってもいい(つまり、性質が変わらない)ので、一方からもう一方に対応関係をいれて写しても、一方で言えたことがもう一方でも言えるということを言っているのだ思います。

この回答への補足

理解しました(つもり)。

自分なりの言葉で書いてみます。添削してください。

『C→Cの写像Tがあって任意のz,w∈Cについて
    T(z + w) = T(z) + T(w)
    T(zw) = T(z)T(w)
が成り立つ時、写像TをC上の同型写像(または単に同型)であると言う。

特にz',w'∈Cについて
    T(z + w) = T(z') + T(w')
    T(zw) = T(z')T(w')
ならば
    z' = z
    w' = w
である時、写像TをC上の自己同型写像(または単に自己同型)と言う。』

あってますか?

補足日時:2001/07/08 23:47
    • good
    • 0

shushouです。


>「自分から自分へ」の自分ってどのレベルの話ですか?
これはtaropooさん自身がおっしゃているように
複素数体から複素数体という感じです。
Cの元aを写したら、(aとは違うかもしれないけど)またCの元になる
ということです。
ちなみに、
>複素数 z=x+iy があって、これを自分自身(つまりz=x+iy)に移す
写像は恒等写像といいます。

次に、
>> KからLへの準同型写像とは
>> 任意のa,b∈Kに対し f(a+b)=f(a)+f(b),f(ab)=f(a)f(b)
>> を満たすKからLへの写像(関数)fのことです。

>を満たしていれば、すでにそれは自己同型のような気がするのですが。
についてですが、KからLへということなので
”自己”という言葉は当てはまりません。
taropooさんのおっしゃりたいことは
「KからLへの写像f が
任意のa,b∈Kに対し f(a+b)=f(a)+f(b),f(ab)=f(a)f(b) ・・・(i)
を満たすならばfは同型写像になるのではないか
つまり、(i)を満たせばfは全単射になるのではないか」
ということではないでしょうか。(違ってたらごめんなさい)
残念ながら「 」は成り立ちません。
たとえば有理数体Qから実数体Rへの写像fを
f(a)=a (つまり恒等写像)
とすると、
任意のa,b∈Qに対し f(a+b)=f(a)+f(b),f(ab)=f(a)f(b)
は成り立ちますが、fは明らかに全射ではありませんね。
    • good
    • 0

まず、下の解答で


普通 R^2 が体であるとは考えません(積の定義が明示されていない
からです)

z→(zの共役) がCの自己同型であるというのは

(z+w)の共役=(zの共役)+(wの共役)
(z*w)の共役=(zの共役)*(wの共役)
が成り立ち、しかも対応が1対1、かつontoである

という意味に理解しておけばよいでしょう
(複素解析を勉強する上では、それ以上には必要ありません。
著者は上のことを式で書くのが面倒だったのかも知れません)

f:C→C が自己同型とは、上のように和、積を保ち、1対1、onto
であるということです。
いまfが実数を動かさないとして、f(i)=jとすると,和積を保つことから
f(i^2+1)=j^2+1
となりますが、左辺は0なので(f(z+w)=f(z)+f(w)でz=w=0とすれば
f(0)=0が出ます)j^2+1=0でなければなりません。
したがって jはiか-iのいずれかでなければなりません。またiの
行き先が決まれば、f(a+ib)=a+f(i)b となるので、すべてのa+ib
の行き先が決まります

この証明は、もしfがあればf(i)=+ior-iということしか言って
いませんが(つまり単なる必要条件)、実際に、恒等写像と
共役があるのでj=+iの場合もj=-iの場合も起こることが
証明されたことになるのです。

この回答への補足

1対1と全単射とは同値でしたっけ?ontoって何ですか?
ただの同型と自己同型の違いがいまいちよく分かりません。

補足日時:2001/07/07 11:47
    • good
    • 0

同型とは同型写像のことです。

写像fが全単射かつ、和、積の演算について、
演算関係を保つ時(motsuanさんが書かれた通り)、fを体の同型写像と
いいます。
同型写像fが自分自身への写像、すなわちf:C→Cの時、fを自己同型写像
または単に自己同型といいます。

この回答への補足

> 同型写像fが自分自身への写像、すなわちf:C→Cの時、fを自己同型写像
> または単に自己同型といいます。



> 『複素数からその共役にうつる演算は体Cの1つの自己同型である』

と矛盾する気がするのですが。だって共役複素数は自分自身ではないですよね?
何が分かってないんだろ?

補足日時:2001/07/07 11:44
    • good
    • 0

体Cの同型といっているので


演算関係が保存されるということです。
Cの元aとbとcがあって
 a ± b=c
がなりたつときに
C共役の元a^*とb^*とc^*について
 a^* ± b^* = c^*
のが成り立つ、とようなことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の中で引用した本の中では「同型」という言葉は体言で書いてあります。

お応えいただいた中では「同型」という言葉が用言的に形容されているので
今一つ「同型とは」が見えてきません。

ただ、その後の方々のフォローがあったのでおっしゃりたい事はちょっと分かってきた気がします。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/07 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「頭悪いね」「バカだね」 どっちがよりムカつく?

こんにちは、

単純な質問です。

「お前、頭悪いな」

「お前バカだな」

どっちがより言われたらムカつきますか?

Aベストアンサー

どっちもそれなりにムカつきますけど・・・「頭悪いな」かな~

そう言う事を他人に平気で言う奴ほど、バカで頭の悪い人はいないと思いますけど・・・ね?
我がふりなおせよ~ってな感じです。

でもやっぱり傷つくな~否定はしないけど(苦笑)

Q複素共役 共役複素数

複素共役 共役複素数

複素共役の性質としてよくわからない性質があったので
質問させて頂きます。

複素数をz、zに対する複素共役をz^-で表します。

(z^-1)=(z^-)/(|z|^2)
これは、複素数の逆元を表していると思います。

この、(z^-1)とは(1/z)と同じことなのですか?

また、(z^-1)=(z^-)/(|z|^2)
となる理由を知りたいのですが、
証明の仕方を教えて頂けないでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

z=a+bi とし、複素共役を z*=a-bi
z^(-1)=1/z とします。後は計算するだけ

z*/|z|^2 = (a-bi)/(a^2+b^2)
z^(-1)=1/z = 1/(a+bi)=(a-bi)/(a^2+b^2)

Q仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない 不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない
不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

Aベストアンサー

仕事が早い、頭が良い、力仕事もできる
器用すぎるこんなパートに比べたら、見劣りしますが、
居ないよりはずいぶんましだと思いますよ。

Qα=a+ibとする。次の式をα、α~(←共役複素数のつもり)で表せ。

α=a+ibとする。次の式をα、α~(←共役複素数のつもり)で表せ。

この問題は基本的にはどうやって解くのですか?
a + 2b + 1
-2a + 3b + i
a^2 - 2a + ib
までは答えを見て一応納得は出来たんですが、解き方自体はまだ分からないので今は試行錯誤をして解くしかありません。
例えば、三番目の問題は答え(α^2)/4 + (αα~)/2 + (α~^2)/4 - α/2 - (3α~)/2を見て
やっと(α+α~)^2 = 4a^2になることに気付きました。引き算にすれば(α-α~)^2 = -4b^2です。
これらを4で割ったり-1を掛けたりすることでa^2とb^2が出ますよね。(ふぅー、汗

でも今度の問題は、b^2 - iab - 2 - iです。まだ答えを見ていないです(見てもどうせ解き方書いてないですから)。
b^2の部分は-(α/2 - α~/2)^2で出ました(経験より)。
-2 - iの部分はαの計算は要らないでしょう、きっと。
問題は-iabの部分です。
α^2 = (a^2 - b^2) + 2iab
α~^2 = (a^2 - b^2) - 2iab
となり、
α~^2 - α^2 = -4iab
となるので、
(α~^2 - α^2)/4 = -iabですね。(あ、答えは微妙に形が違いますね…)

こんな解き方しかないのでしょうか?
もっと効率的な解き方はありませんか?
次の問題、3ia^2 - abを例にお願いします。

α=a+ibとする。次の式をα、α~(←共役複素数のつもり)で表せ。

この問題は基本的にはどうやって解くのですか?
a + 2b + 1
-2a + 3b + i
a^2 - 2a + ib
までは答えを見て一応納得は出来たんですが、解き方自体はまだ分からないので今は試行錯誤をして解くしかありません。
例えば、三番目の問題は答え(α^2)/4 + (αα~)/2 + (α~^2)/4 - α/2 - (3α~)/2を見て
やっと(α+α~)^2 = 4a^2になることに気付きました。引き算にすれば(α-α~)^2 = -4b^2です。
これらを4で割ったり-1を掛けたりすることでa^2とb^2が出ますよね。...続きを読む

Aベストアンサー

>α=a+ib…(A)とする。次の式をα、α~で表せ。

α~=a-ib …(B)
なので(A),(B)を加えて2で割れば

a=(α+α~)/2 …(C)

(A)から(B)を引いて2で割れば

ib=(α-α~)/2= …(D)
または
b=-i(α-α~)/2= …(D')

基本的には(C),(D)のa,ibを代入すれば、どの式もαとα~で表すことが出来ます。
後は式を整理するだけです。

>3ia^2 - abを例にお願いします。

3ia^2 - ab = (3ia-b)a = i{3(2a)+i2b}(2a)/4
= i{3(α+α~)+(α-α~)}(α+α~)/4 = i(4α+2α~)(α+α~)/4
=i(2α+α~)(α+α~)/2 …(※)

これでも良いですが、
更に括弧を展開して
=i(2α^2+3αα~+α~^2)/2

=iα^2 +iα~(3α+α~)/2
でも良いでしょう。

上のやり方は代入しやすい 2a,2ib(または2b)を作っておいて代入する方法ですが
直接a,bを代入しても良いでしょう。

3ia^2 - ab
=3i{(α+α~)^2}/4 -{(α+α~)/2}{-i(α-α~)/2}
=(i/4){3(α+α~)^2+(α+α~)(α-α~)}
=(i/4){3(α+α~)+(α-α~)}(α+α~)
=(i/4)(4α+2α~)(α+α~)
=i(2α+α~)(α+α~)/2 …(※)
上の解法の(※)の式と同じ。
式の纏め方は上と同様、いずれかで良いでしょう。

>α=a+ib…(A)とする。次の式をα、α~で表せ。

α~=a-ib …(B)
なので(A),(B)を加えて2で割れば

a=(α+α~)/2 …(C)

(A)から(B)を引いて2で割れば

ib=(α-α~)/2= …(D)
または
b=-i(α-α~)/2= …(D')

基本的には(C),(D)のa,ibを代入すれば、どの式もαとα~で表すことが出来ます。
後は式を整理するだけです。

>3ia^2 - abを例にお願いします。

3ia^2 - ab = (3ia-b)a = i{3(2a)+i2b}(2a)/4
= i{3(α+α~)+(α-α~)}(α+α~)/4 = i(4α+2α~)(α+α~)/4
=i(2α+α~)(α+α~)/2 …(※)

これでも良いですが、
更に括弧を展開して
=i(2α...続きを読む

Qこうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?

こうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?
CMとかで嫌いなタレント出てるからとかむかつくからという理由で商品買わない人
僕には理解出来ないですが何か?
商品なんて関係ないしあれですか?坊主にくけりゃ袈裟憎いって?
でも向こうもそうゆう考えもつ人にはかってもらいたくないからいいかなと思うけど

Aベストアンサー

なるほど、そういう考えもできますか!

広告というのは、その商品なりサービスが、一番いい方法で訴求できて、消費者に認知・浸透してアクションを起こしてもらうことが、最終的な目的ですよね。

そしてそのためには、(関係者のしがらみはともかくとして)それにマッチする、イメージを伝えられるに相応しいタレントを起用するのが普通です。
ですから、広告でそのタレントが出ることは、その商品なりサービスのイメージを背負っているということになります。

なので、質問者さまがおっしゃっている「タレントが嫌いだから商品を買わない」という人が出てきても、何らおかしくありません。
別に頭が悪いわけではありません。
よく、不祥事を起こしたタレントが出た時、そのタレントのCMを一斉に引き上げますね。それによって商品イメージが下がることを恐れてのことです。

Q共役複素数について

ものすごく初歩的な質問ですいません。
a-biとa+biは共役複素数だったら、二次方程式の判別式がD<0のとき、出てくる二つの虚数解は、必ず共役複素数なんでしょうか?

Aベストアンサー

その通りです。
実数係数n次方程式で、a+biが解である場合必ず共役複素数a-biも解になっています。

Qわざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?

わざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?



「俺、右利きだから」とかいう理由でフォークをいちいち右手に持ち替えないと食べられない育ちの悪いクソとは食事したくない。



右利きならナイフが右手、フォークが左手だろ。子どもでも知ってるわ。

それが出来ない成人とか脳腐ってるでしょ?


こんな腐った食事の仕方してる人って親に食事の仕方すら教わってないからこんな気持ち悪いことするんでしょうか?

それとも教わっても理解できないくらいに頭が悪いからなのか?

Aベストアンサー

私はオジサンです。
両親は2人とも地方出身です。イギリスではありません。日本です。
ナイフとフォークを使う食事なんて、した事がないし、必要もなく育ちました。
質問者様とは生きてる世界が違うようですね(笑)。
それとも、わざと炎上させるように挑発的に書いているのでしょうか?
質問者様は、カップ麺って、食べた事ないんでしょうね。
質問者様は、1日の食事代1000円未満なんて、経験ないんでしょうね。
世の中、あなたのような人ばかりではないのですよ。
自身の価値観だけで、相手を否定するのは、テーブルマナーより酷いマナーですよ。

Qmaximaで複素数の共役対応と\alpha_1

こんにちは。
maximaでの質問です。

具体的な数値を代入せずに
二つの複素数を共役なものとして対応させて、
その二つの複素数(次の例でいうと z1 と z2)を
基本の変数として処理していく方法を知りたいです。
conjugate(z1) と入力すれば z2 が
conjugate(z2) と入力すれば z1 が
返ってくるようにしたいのですが、

wxmaximaでも

(%i1) declare(z1, complex , z2, complex , z3, complex , z4, complex) ;
(%o1) done
(%i2) z2 : conjugate(z1) ;
(%o2) conjugate(z1)
(%i3) z3 : conjugate(z2) ;
(%o3) z1
(%i4) z4 : conjugate(z1) ;
(%o4) conjugate(z1)

TeXmacs上のmaximaでも

(%i1) declare(z1, complex , z2, complex , z3, complex , z4, complex) ;
(%i2) z2 : conjugate(z1) ;
(%o2) z1^⋆
(%i3) z3 : conjugate(z2) ;
(%o3) z1
(%i4) z4 : conjugate(z1) ;
(%o4) z1^⋆

となってうまくいきません。
どのようにすればうまくいきますでしょうか?

あと、
\alpha_1
などをTeXで表示されるように
TeXmacs上のmaximaなどで表示させることはできますでしょうか?

OSはLinuxのDebianです。

どうぞよろしくお願い致します。

こんにちは。
maximaでの質問です。

具体的な数値を代入せずに
二つの複素数を共役なものとして対応させて、
その二つの複素数(次の例でいうと z1 と z2)を
基本の変数として処理していく方法を知りたいです。
conjugate(z1) と入力すれば z2 が
conjugate(z2) と入力すれば z1 が
返ってくるようにしたいのですが、

wxmaximaでも

(%i1) declare(z1, complex , z2, complex , z3, complex , z4, complex) ;
(%o1) done
(%i2) z2 : conjugate(z1) ;
(%o2) conjugate(z1)
(%i3) z3 : conjugate(z2) ;
(%o3) z...続きを読む

Aベストアンサー

手元だと

declare(z1, complex, z2, complex, z3, complex, z4, complex)$
tellsimpafter(conjugate(z1), z2)$
tellsimpafter(conjugate(z2), z1)$

でそれっぽく動くんだけどね.

ちなみに TeXmacs は使っていないので知りません.

Q30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊

30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊してしまうし、このまま派遣続けようかと考えてます。こんな人生もありですかねぇ?子供好きだけど、子孫も残さないつもりです。

Aベストアンサー

将来的な計画などを考えても、自分で良しと思えるならありだと思います。

ただ、生涯賃金にして二倍以上の差がつくと言われている非正規と正規では
老後の生活や、中年を過ぎる辺りからの生活に差が出てきます。
周囲との比較というのは自分で気を向ける以上に気になるものです。

また、実生活面でも万が一のことがあった場合など
様々な場面で不利な状況に立たされる可能性も考えるべきです。

そういった点から、生涯派遣労働というのは
今の社会、制度の状態ではお勧めしたいとは思えません。
ただ、正規労働よりもストレスが少ない場合があることも確かです。
ライフスタイルやワークスタイルは個人が選んでよいものですから
そういったリスクを考えてもなお、自分に合っている
もしくは、そういったスタイルが良いと思うのであれば
一つの生き方だと思います。

Q複素数での共役複素数の計算方法について

電気について勉強をしており、使用しているテキストの内容で
問題の解答にある式に変形出来ませんでした。

ご指導の程、よろしくお願いします。

テキストの解答
15 * jX / 15 + jX = 15X^2 + j15^2 / 15^2 + X^2

分母は共役複素数で
(15 + jX)*(15 - jX) となり
AC - BD+j (AD + BC) にて 15^2 + X^2
なると思うのですが、

分子に共役複素数の(15 - jX)を持って行ってからの
15 * jX ( 15 - jX ) の計算をどのようにすればいいかわからないです。
そもそも共役複素数を使うことが間違いなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

分配法則で括弧を展開するだけですが…
模範回答にミスプリがあります。
たぶん、貴方の計算のほうが合っている
と思うので、補足に書いてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A