今までに使ってきたエアコンでは全て冷房と除湿は同じ機能のように思えましたが、一体どこが違うのでしょうか?

A 回答 (1件)

冷房は、冷却を主としており実際の温度を下げる効果が強いです(除湿もしていますし、することはほとんど同じ)。


それに対して、除湿(ドライともいう)は外気も若干利用して、温度より湿度を重点的に下げるようになっています。(外気の使用などは機種によります)
冷房は基本的に、高温の場所での運転時に、
除湿は高湿(特に梅雨時期のじめじめした日)の場所では特に効果を発揮します。

ちなみに、除湿にしているとき、温度はあまり下がらないが涼しく感じるのは、汗の発汗と蒸発がスムーズになるからで体感温度をさげます。温度をあまりさげないため健康面でも除湿は効果を発揮します。実際、あまり動かなければ、かなり心地よく感じるはずですし、洗濯物を早く乾燥させるのにも効果的です。また、電気代も機種によって違いますが、冷房より安く(こまめに停止しますし)なります。
ちなみに、除湿であまり温度設定を低くすると返って本来の効果がなくなりますし、電気代が高く付くこと(機種による)があります。外気温度より3~5度以上下げる場合は、冷房を使った方が効果的です。
最後に、除湿に扇風機を組み合わせれば、高めの設定温度でも快適ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(専門家に対して失礼かもしれませんが)
完璧!

お礼日時:2001/07/05 05:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンの除湿と冷房の電気代について

エアコンの「除湿」と「冷房」ではどちらが電気代がかかっているのでしょうか?

エアコンの除湿は一般的な除湿器と同じぐらいの電気代なのでしょうか?

Aベストアンサー

湿度とは空気中に含まれる水分量割合の事です
空気を冷やす保有できる水分量が減るので「冷房」は「除湿を行っている」とも言えるわけです
単純に「冷房」だけを行うと冷え過ぎた空気が不快感をもたらすので
「冷房」の後に「加温」という行程を加えて室温と同じ温度まで上げた空気を循環させるのが一般的に「除湿」となります
要はエアコンで「除湿」を行うのが最もエネルギー効率の悪い運用方法です
電気代を気にするなら「冷房」の設定温度を高めで運用する事をお勧めします

「除湿専用機」の場合、価格帯により複数の方式があります
電気代の掛からないモデルは総じて空気中の水分と化学反応を起こして水分を捕獲する仕様のモノが多く静穏性に優れ電気代も掛からず一見すると優秀なように見えますが反応素材の定期交換と反応素材と空気との接触面積が多く取れず思ったほど効果的に機能しないモノが多数を占めます

> エアコンの「除湿」と「冷房」ではどちらが電気代がかかっているのでしょうか?
「除湿」の方です
冷却の為のエネルギー(主にコンプレッサー) + 加温の為のエネルギー(主にヒーター)
という二つのエネルギー消費を必要とするのが最たる理由です

> エアコンの除湿は一般的な除湿器と同じぐらいの電気代なのでしょうか?
除湿の仕組みによります
エアコンと同じ原理で除湿するモデルもありますが そうで無い仕組みで除湿するモデルはエアコンより必要とするエネルギーは少ないのが一般的です

とりあえず こんな所で中学理科の考察を聞いて判断するより 目的の製品仕様をカタログ値から 引っ張り出して判断した方が手っ取り早いですよ?

湿度とは空気中に含まれる水分量割合の事です
空気を冷やす保有できる水分量が減るので「冷房」は「除湿を行っている」とも言えるわけです
単純に「冷房」だけを行うと冷え過ぎた空気が不快感をもたらすので
「冷房」の後に「加温」という行程を加えて室温と同じ温度まで上げた空気を循環させるのが一般的に「除湿」となります
要はエアコンで「除湿」を行うのが最もエネルギー効率の悪い運用方法です
電気代を気にするなら「冷房」の設定温度を高めで運用する事をお勧めします

「除湿専用機」の場合、価格帯によ...続きを読む

Qエアコンの冷房(ドライ)と除湿器はどう使い分けたらいいですか?

私の家はやや湿気が多い方なので、ほぼ一年中除湿が必要です。それで、室温の関係上、夏など暑い時期は冷房(ドライ)〈冷房とドライは厳密には違うと思いますが、ほぼ同じと考えて〉を主に使い、冬には除湿を使うようにしていますが、その他の季節はいったいエアコンを使おうか、除湿器を使おうかと迷ってしまいます。
電気代や、除湿効果を考えるとエアコンと除湿器はどう使ったらいいのですか?エアコンが経済的なら、除湿器のように溜まった水を捨てる必要もなく便利なのですが・・・。

ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

似たような質問が別カテゴリに立っていまして、No.3さんと同じサイトをご紹介しました。
http://question.woman.excite.co.jp/kotaeru.php3?q=2269706
ここでは除湿器をメインに書きますね。

まず、登山の知識なのですが、登山のような運動をしたとき、人間の体から蒸発する水分は1日に2L位になります。
次に、アクアリウムの知識で、夏場は水槽を気化熱により蒸発させ、水槽を冷却しますが、
冷却ファン(PCファン程度の小型)を使用したときでさえ、60cm水槽における水の蒸発量は500ml~2Lになります。

ということは...安価な除湿器には除湿量が1日1Lないものも多いですよね?
こういう除湿器は押し入れや靴箱など、限定された空間向きで、部屋に使うには能力不足となります。

エアコンの除湿機能は能力的に高いですが、衣類乾燥用に使えるクラスの除湿器も除湿能力は高いです。
エアコンの除湿はコンプレッサー方式で、除湿器はコンプレッサー方式とデシカント方式があります。

コンプレッサー方式の除湿能力は高いのですが、それは高温時(25℃以上が目安)の話で、低温時は能力が1/6程度までに落ちてしまい、デシカント方式に劣ります。
また、同じ方式でも、消費電力で随分差が出ますので一概に言えません。

注意点として、エアコンの場合、熱を室外機で屋外へ排出していますが、
除湿器は熱を室内に排出するため、室温が上がることです。

あとは、下記のサイトをご覧下さい。
http://allabout.co.jp/family/electronics/closeup/CU20050422A/index.htm

結論として、夏場はコンプレッサー方式のエアコンを使用しましょう。
夏場に除湿器を使用すると、室温上昇で、冷房費の負担が上がります。
冬場はデシカント方式の除湿器がベストです。

似たような質問が別カテゴリに立っていまして、No.3さんと同じサイトをご紹介しました。
http://question.woman.excite.co.jp/kotaeru.php3?q=2269706
ここでは除湿器をメインに書きますね。

まず、登山の知識なのですが、登山のような運動をしたとき、人間の体から蒸発する水分は1日に2L位になります。
次に、アクアリウムの知識で、夏場は水槽を気化熱により蒸発させ、水槽を冷却しますが、
冷却ファン(PCファン程度の小型)を使用したときでさえ、60cm水槽における水の蒸発量は500ml~2Lになります。

...続きを読む

Qエアコンの冷房と除湿、電気代がかからないのは?

除湿よりも冷房の方が、除湿率もよく電気代がかからないと
よく聞くのですが、ウチもそうなのか気になってます。
MITSUBISHの霧ヶ峰なのですが、
電気代が安くなるのは、どちらなのでしょう?

冷房の時の温度は、基本的に28度に設定しています。
この場合、除湿モードとどちらが安いのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にどれも理屈は同じです。
除湿の場合、一旦空気を急激に冷やすなり、空気圧を下げるなりをしなければならず、この余計な動作の分電気代がかかります。

Q引出用のシート状の除湿剤と押入れ用の除湿剤の違いについて教えてください。

 クローゼットにプラスチックの衣装BOXを置き衣料を保管しています。湿気が気になるのでケース入りの350ml溜まる除湿剤をいれていましたが、結構かさばるので引出用のシートを入れるようにしました。
 驚いたのが同じメーカーの物なのに、シート状の方はすぐに水が溜まってゼリー状になっているのに、ケース入りは全然水が溜まっていません。ケース入りは除湿機能が劣っているように感じるのでシートを入れていますが、すぐに水が溜まるし割高なので財布に優しくありません。
 もしどちらも同じ除湿機能ならケース入りを使いたいのですが、水の溜まり具合を見るとシートの方が除湿されているって感じがします。どなたかこの違いを教えてくれないでしょうか?

Aベストアンサー

私もどちらも使ってますが、ケース入りのはどちらかというと空気中から湿気を吸収しますが、シートの方は吸収面が和紙のようになっていて衣類からダイレクトに吸収するので早いんじゃないでしょうか?
それに除湿剤の量もシートの方が全然少ないし、粒も小さいですから無くなり方も早いんだと思います。
しかもシートの方は1~2ヶ月となっています。やはり湿気が多い所だと1ヶ月ぐらいなんでしょうね><
確かにシートの方が割高ですが、やはり衣類にはシートの方がいいと思います。

Qエアコンの”冷房”と”除湿”、どちらが電気代がかからないものでしょうか

エアコンの”冷房”と”除湿”、どちらが電気代がかからないものでしょうか?

ちなみに冷房温度設定は28度とします。

Aベストアンサー

除湿方式次第です。

弱冷房として働くタイプなら除湿の電気代は冷房より安いです。
(常に冷房運転、温度調節をしないか風量、冷房温度のみで調節するタイプ)
零暖式の温度調節式として働くなら電気代は冷房より高くなります。
(温度が低くなると暖房に、温度が高くなると冷房になるタイプ)

Qエアコンの除湿

今日はホントに梅雨らしい天気です。
家の中が湿気で気持ち悪いです。
窓を開けると余計にベタベタする気がするので開けられないし、
閉め切ってると暑苦しいし。。。
今はエアコンの除湿で何とかしのいでますが。。。
ドライって電気代どうなのでしょう。
普通の冷房よりは消費しないのでしょうか。
エアコン使う以外でこんな涼しくなる方法あるよって知ってる方
教えてもらえたら助かります。

Aベストアンサー

普通に冷房運転するよりも電気代が掛かってしまいます。
(冷房と暖房を同時運転するようなもの)

空気中の水分を無理に結露させて除去DRYとする訳ですから、
電気代って掛かります。

FILTERをこまめにメンテ維持するのが理想です。
(屋外機の配管表面結露は電気代をドブに捨てているようなものです)

定番ですが、扇風機との併用運転も有効です。
体感温度を下げるならば風鈴もありです。

ご参考として省エネランキングもチェックしてみてください。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/catalog/2007s-h/aircon/22f.html

Qエアコン使用で冷房と除湿は電気代どちらが高いのでしょう。(^_^;)

エアコン使用で冷房と除湿は電気代どちらが高いのでしょう。(^_^;)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近の製品でしたら除湿運転のほうが電気代がかかります。

昔のエアコンの除湿は弱い冷房運転をしていただけで、
「弱冷却式除湿」と呼ばれているものでした、
これは、除湿すると肌寒くなるのが問題店でした。

最近のエアコンの除湿機能は「再熱除湿」といって、
弱冷房除湿を行った後に、排熱やヒーター等を使用して、
再度熱して温度を元に戻します。

簡単にいえば、冷房した後に暖房をしているようなものですので、電気代は高くなります。

QBSアンテナや、テレビアンテナは全て同じ方向?

方向を知るために、

>BSアンテナの向きや、ベランダの向きから南の方角を推定する方法もあります。

というのをきいたことがあるのですが
BSアンテナや、テレビアンテナ
(UHF,VHFでも違うのでしょうか?)
は全て同じ方向?に向いてるのでしょうか?
南?

それとも、場所によって違うんでしょうか?

Aベストアンサー

スカパー~南南西の方向(およそ午後1時の太陽の方向)
110度CS・BS放送~南西の方向(およそ午後2時の太陽の方向)
こういう事になってます。

Q冷房より除湿のほうが電気代かかりませんか?

タイトル通りなんですが。。。冷房より除湿のほうが同じ温度でも電気代はかかりませんか?

Aベストアンサー

通りがかり的に拝見しました。
個々の機種毎にいろいろ工夫されていると思いますが、一般論としては除湿の方が電気代がかかります。
先の回答No.2の方と類似ですが、先ず冷房と同じ動作で除湿し、その後、希望温度まで暖房するというのが一般的だと思います。

Q同じ予約なのに値段が違うのはなぜ?

今年の3月くらいに、あるアーティストのDVDBOXを買いました。
定価が約30000円と高額だったため
本当はネットショッピングで予約したかったのですが
早い段階で予約が締め切られたため
HMVのお店に行って、発売される1ヵ月くらい前に予約しました。
このDVDBOXは、amazonでは22000円くらいで
HMVのネットショッピングのほうでは23000円くらいだったと思います。

同じ商品の予約でも、インターネットでの予約は定価より安くなるのに、店頭予約が定価になってしまうのはなぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

ネットショッピングでは、システムで予約を自動的に取るため、人件費がかからないためと思われます。
ホテルの予約や、保険の見積もりなど、「インターネット割引」と称して安くなるのはこのためです。


人気Q&Aランキング