今般売掛金を回収したのですが、仕訳について躓いています。
疑問は、回収した売掛金のうち、お客様の検収や単価の誤りで多く入金した時の処理です。
単価誤りやお客様の検収数が多い場合で過入金、売掛金を回収したとして処理してよいのでしょうか。それとも、誤り分を前受金として処理しておいて、次月以降において売掛金回収として処理するのですか。
前受金の認識としては、役務の提供前(未発送の品代等)にお金を受取ると前受金で処理すると思っているのですが、このあたりで躓いております。
恐れ入りますが、認識のご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そのまま売掛がマイナスのままです。


翌月の仕訳の摘要に過入金分相殺などと、簡単に記載しておきます。
仮受金に計上するのは決算月だけです。
    • good
    • 5

契約や慣習に従った


「前受」
ではなく
相殺や徴収等の慣習に従って
「預った」
訳でもないので
やはり「仮受金」が正しいような気もしますが
私の会社では
売掛金のマイナスのまま、ほっときます
    • good
    • 1

方法としてはいろいろ考えられるわけですが、誤った入金ですから過大な部分については原則的には単純に返金する方法で対応すべきではないかと思います。

したがって、その過大な部分の額はまず「預り金」として処理するのが基本です。
そのうえで、相手先が相殺など別の方法を申し出てこちら側がそれに応じられるのであれば、それらの他の方法によることも考えていいのではないでしょうか。
処理の明瞭性などを考えますと、私は単純に返金することで計上した預り金を消し込む方法がいいような気がします。
相手先との取引が、売上の一部を前金として受け取るような契約になっていない場合は「前受金」は使わないほうがいいと思います。
過大な部分を収入処理しなければ税務や会計の問題が生じることはありません。
    • good
    • 0

こんにちは。



うちの会社(といっても家業で小規模なものですが)では、「仮受金」で処理しています。
次月以降も継続して取引があり、お客様の了解がとれれば次の入金時に差し引きで頂き、すぐ返してほしいということであればお返しします。

期末にこういうケースがあった場合は、仮受金を未払金に振り替えています。

これがスタンダードなやり方なのか、自信はないのですが、少なくとも会計事務所さんや税務署さんからは何も言われないです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

売掛金」に関するQ&A: 買掛金、売掛金とは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回収不能の小額売掛金の仕訳

回収不能の売掛金の仕訳で質問です。

前期に商品を顧客に販売する際、
売掛金1000/売上高1000
立替金80/現金80(商品送料の立替え)
と仕訳をしていました。

その後、売掛金が回収できなくなったので
今期に処理をしようと思うのですが、
以下のような仕訳で大丈夫でしょうか?
小額なので貸倒損金などを使わない方法を
ネット上で探したのですがなかなか見当たらず
想像で記載してみたのですが。

事業主貸1080/売掛金1000
      /立替金80

もしくは、「事業主貸」の部分を
「雑損失」にした方がよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上代金に関する「貸倒損失」は、非経常的かつ多額のものは特別損失に属し、経常的あるいは少額なものは販売費に属します。

ご質問の件は少額の貸倒損失ということですから、販売費の区分に計上すべきですが、目立ちたくないのであれば「雑費」で処理してはどうですか。
「雑損失」は営業外費用に属する科目ですから。

「事業主貸」に計上すると貸倒損失を必要経費に算入できないので所得税と住民税を損しますよ。

Q売掛金と前受金

いつもお世話になっております。
売掛金が残っている相手先より注文がありました。
前回分が残っているので、今回分は先に払うと言われました。また前回分もあるので余計に入金してくれるそうです。
この場合今回の売上分の入金は前受になるのでしょうか?それで残りが売掛金の相殺になるのでしょうか?
それとも前回の売掛金がこれで消え、新たな売掛金として伝票をあげるのでしょうか?
ある人に聞いたところどちらでもいいと言われたのですが、金額が多いため一年以上このような状態が続くと予想されます。
どのような仕分けが一番煩雑にならないでしょうか?
また気をつけることなどありますか?

Aベストアンサー

>どのような仕分けが一番煩雑にならないでしょうか?
帳簿上、煩雑さを考えれば全て売掛金勘定で仕訳することではないでしょうか。
前受金と売掛金を両建てすると、ミスを起こしやすくなります。
「売掛金の残高がマイナス=前受金」と考えるということです。
もちろん決算書にはマイナスではいけないので、決算仕訳で前受金に振替える必要がありますが。

Q売掛金回収の仕訳について

現金での売掛金回収の仕訳を教えて下さい。

50万円の売掛金(複数件で)を回収するのに、銀行から釣銭分引き出し4万円の釣銭を用意しました。

【仕訳】
(釣銭準備時の仕訳)
現金  4万円     銀行 4万円

(回収時の仕訳)
現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

上記?で悩んでいます。
釣銭時に仮払金等で仕訳をすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃうと、得意先が「大変ですね。これおつり用に使ってください」とくださって現金が4万円増えてることになっちゃいます。

「売掛金50万円回収してきて、どうして54万円あるんだ」という話になってます。
4万円はおつり用に持ってただけです。
おつり用と言ってピンとこない用なら「両替用」ですね。
両替用に別途持ってたお金4万円が「取引先で集金したら増えてしまった」のではないのです。

現金を数えるときに「おつり用に用意した4万円を入れて数えてしまってる」ので、疑問点が出てるんでしょう。
おつり用のお金は会社のものですから、わかりにくいかもしれません。

あなたの財布の中に入ってる小遣いを上記の額に足して「○○財布内現金」として、借り方に記載してしまってるのと同じです。
売掛金がいくら回収できたのか、それは現金なのか、振り込みを受けてるのか、はたまた小切手なのか、もしかしたら切手代用なのか(あまりない)を考えて仕訳するんですね。
この場合は「右が先」です。

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃ...続きを読む

Q売掛金をたてるのと同時に前受金をたてられる?

現在2年契約のレンタルサービスをクレジットカード払いのみで提供しており、クレジットカード会社からの入金時に、

<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を行い、期首には前受金分を逆仕訳する処理を行う、というスキームで提供していました。

最近、これに加えて、請求書払いを開始したのですが、請求書を発行する際の仕訳は上記と同様の形で、

<借方>売掛金   <貸方>売上
<借方>前受金   <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を単純に行えば良いと考えていました。

しかしながら、前受金の仕訳は入金がなければできないと、経理担当から指摘され非常に困っています。というのは、サービス契約者が非常に多く、個々のお客の入金を確認しながらその都度前受金の仕訳を行うことが困難だからです。料金システム的にも入金時に前受金を計上する機能はなく、また、料金担当に手作業でこれを確認してもらうことはほぼ不可能な状況になっています。

見切り発射で請求書払いに対応してしまいましたが、経理処理をどうするかが大変問題になっています。

何とか売掛金を立てる段階で前受金の仕訳もできる方法はないでしょうか?また、現状2年契約のレンタルサービスの2年目分を前受金として処理するのではなく、違う勘定科目で計上できるのであれば、その科目と仕訳方法を教えていただければと思います。

助けてください。よろしくお願いいたします。

現在2年契約のレンタルサービスをクレジットカード払いのみで提供しており、クレジットカード会社からの入金時に、

<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を行い、期首には前受金分を逆仕訳する処理を行う、というスキームで提供していました。

最近、これに加えて、請求書払いを開始したのですが、請求書を発行する際の仕訳は上記と同様の形で、

<借方>売掛金   <貸方>売上
<借方>前受金  ...続きを読む

Aベストアンサー

前受金を計上しているのは、2年間の契約であっても、本来、1年毎もしくは毎月一定の料金をお客様にいただくところを、2年契約分をまとめて一括料金として契約時にいただいてしまうからです。

というのはおっしゃる通りですが、

クレジットカード会社からの入金時に、
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)
と仕訳を行い、

というのは違っているのではないでしょうか?


前受金は負債勘定ですから計上する場合は貸方になります。
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料     前受金(契約2年目分)
ではありませんか?
この前受金分の売上計上が翌期ですから、翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上
の仕訳をするのではないかと思います。

この点を経理のご担当の方にご確認ください。



また、入金の時点で前受金を計上するなら

請求書発行時
<借方>売掛金      <貸方>売上
その後請求金額が入金されたら
<借方>現金       <貸方>売掛金
                 前受金(契約2年目分)
翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上

です。
そしてご希望のように請求書発行時点で前受金を計上するなら、

請求書発行時
<借方>売掛金      <貸方>売上
                 前受金(契約2年目分)
その後請求金額が入金されたら
<借方>現金       <貸方>売掛金
翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上

となるでしょう。
この場合、請求書発行から入金されるまでの間、売掛金(債権)と前受金(債務)が両建てになってしまいます。売掛金の過大計上ということにもなるでしょう。その可否は貴社でご判断ください。

私なら事務処理上の利便性が高いほうにしますけど…

前受金を計上しているのは、2年間の契約であっても、本来、1年毎もしくは毎月一定の料金をお客様にいただくところを、2年契約分をまとめて一括料金として契約時にいただいてしまうからです。

というのはおっしゃる通りですが、

クレジットカード会社からの入金時に、
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)
と仕訳を行い、

というのは違っているのではないでしょうか?


前受金は負債勘定ですから計上する...続きを読む

Q倒産した会社の売掛金を少し回収した時の仕訳について

仕訳についての質問です。お願いします。

平成22年に、倒産した会社の売掛金が、少し支払われ回収しました。

当方は、昨年まで、会計士に会計をお願いしており、そのときに作成してもらった総勘定元帳を見ると平成23年分も売掛金の残金としてあります。

これの仕訳についてです。

また、この売掛金に対して平成22年の仮受消費税の科目にのところに消費税額が記載してあります。

何分、不慣なれで勉強不足のためよくわかりません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

倒産した会社の売掛金の一部(210,000円とする)を回収して、残りの大部分の売掛金(1,050,000円とする)の回収不能が確定したのであれば、

〔借方〕普通預金210,000/〔貸方〕売掛金210,000

〔借方〕貸倒損失1,000,000/〔貸方〕売掛金1,050,000
〔借方〕仮受消費税 50,000/

と仕訳します。

Q売掛金の回収処理について

お世話になります。

最近転職をし、とある企業の経理部に勤めております。
そこでの業務は売掛金の回収処理です。

このような内容の仕事をするのが初めてなので教えて下さい。

通常、手形での回収や、現金振込みでの回収があると思います。
そのほかに期日売掛金(期日現金?)というものがあると思います。
その期日売掛金(期日現金)なのですが・・・

通常は先方の会社様より、御支払通知書などを送って頂き、
それに基づいて処理を行うと思います。

ただ、今の会社は御支払通知書ではなく、
先方からの検収通知書や、仕入高確認書、などの金額に基づいて処理をすることがあります。

御支払通知書の場合は、決済予定日がいつ、とか色々書いてあると思うのですが、
検収通知書や仕入高確認書などは、一切そういう情報が書いてありません。

正式な御支払通知書でなく、検収通知書のような書類だけで期日売掛金の処理をするのは
正しい処理なのでしょうか?

私としては、正式な御支払通知書を持って先方の支払い意思を確認できると理解するので、
契約で支払い条件などの取り決めはしているとはいえ、検収通知書を以って
先方の支払い金額確定として処理することに疑問を感じます。

会社の方に聞いたところ、問題ないということでしたが・・・
個人的に納得がいかないので質問をさせて頂きました。

何卒宜しくお願い致します。

お世話になります。

最近転職をし、とある企業の経理部に勤めております。
そこでの業務は売掛金の回収処理です。

このような内容の仕事をするのが初めてなので教えて下さい。

通常、手形での回収や、現金振込みでの回収があると思います。
そのほかに期日売掛金(期日現金?)というものがあると思います。
その期日売掛金(期日現金)なのですが・・・

通常は先方の会社様より、御支払通知書などを送って頂き、
それに基づいて処理を行うと思います。

ただ、今の会社は御支払通知書ではなく、
先方からの検...続きを読む

Aベストアンサー

それ自体は特に問題ないぜ。

売掛金の支払は、通知書の有無に関わらず契約または法律に従って処理されるべきものであり、通知書がなくても契約や法律に照らして自ずと支払額が確定する。例えば検収で支払義務の確定する契約なら、検収書があれば支払額は確定する。通知書は必要ではない。

そして、ビジネスの世界では、未回収のおそれがある場合でなければわざわざ支払意思の確認をするのは失礼にあたる。期限までにきちんと支払うのが商道徳に見合う行為であり、そこに疑問を差し挟むのは相手の商道徳観に疑問をもっていますよというメッセージになるからだ。通知書を仕入先が得意先に要求するのは、相手の負担で特に必要とされない書類を求めることになるばかりでなく、相手の商道徳観を疑っていると受け止められるおそれがあり、失礼な態度とみられるおそれが低くない。

したがって、支払額を確定するのに支払意思の確認は必要ではない。加えて、通知書の送付が一般的なものでもないぜ。


ひょっとして、支払通知書を受け取れば、金額や期日の齟齬も事前に確認できると考えているのかい?確かに通知書にはその機能があるから、通知書を発行してもらえれば非常に助かるところだ。

ただ、齟齬が生じる可能性の程度や、そのリスクをコスト評価した場合に通知書を発行し続ける支払側のコストと照らして彼らがどう判断するのかなどを考えてみてはどうだろう。通知書を受け取る必要性は高いだろうか。得意先に通知書を発行する動機はあるだろうか。あわせて、支払通知書の発行を求めた場合に、得意先からどう受け止められるのかも考えてあわせてはどうだろう。

それ自体は特に問題ないぜ。

売掛金の支払は、通知書の有無に関わらず契約または法律に従って処理されるべきものであり、通知書がなくても契約や法律に照らして自ずと支払額が確定する。例えば検収で支払義務の確定する契約なら、検収書があれば支払額は確定する。通知書は必要ではない。

そして、ビジネスの世界では、未回収のおそれがある場合でなければわざわざ支払意思の確認をするのは失礼にあたる。期限までにきちんと支払うのが商道徳に見合う行為であり、そこに疑問を差し挟むのは相手の商道徳観に疑問...続きを読む

Q相手が倒産し、売掛金が回収できない場合の仕訳等について。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円分ずつ売掛金として残っているのかが分かりません。
今年度分の決算は事情があり税理士さんに頼めず自分自身で決算をしている状況です。


(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、
「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

質問が3つになってしまい申し訳ありませんが、1つでもわかれば教えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円...続きを読む

Aベストアンサー

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違っても実害はありません。

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

→【1000円】は備忘価額です。これは、法人税法基本通達9-6-3によるもので、「一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ」の規定を適用されたものと思われます。この規定は、備忘価額を残すことを要件に損金算入が認められており、税理士さんはこの規定を適用されたのでしょう。
なお、備忘価額は1,000円に限られず例えば1円でも構いません。

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違って...続きを読む

Q2年前の売掛金を現金回収した場合の処理について

個人事業主のもとで経理をしています。
21年度に請求した売掛金(総額約50万)を23年度に現金で回収しました。
事業用の口座には入れず、事業主がそのまま業務に使った(あるいは個人的に
使った)ようなので通帳への記載はありません。
回収時の領収書の複写は残っています。

会計ソフトには売上の入力がなく、貸倒の処理もありません。
(当時の経理担当者は退職し連絡がつきませんが、もしかしたら売上発生時点ではなく、
請求額が確実に振り込まれてから会計ソフトに入力するという方法をとっていたのかも
しれません。)

この場合、経理としてはどう処理すれば良いでしょうか?
ポンと湧いたようなお金、何もしないほうが良いのでしょうか?
請求書や領収書の写しが残っているため、なんとなくスッキリしません。
経理を始めて1年ほどですが、未だに不可解な(?)ことだらけで四苦八苦しています。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>会計ソフトには売上の入力がなく・・

かりに平成23年12月15日に50万円を現金で回収し、事業主がそのまま自分の財布に入れたとします。平成23年12月15日付で次の仕訳を起します。

平成23年12月15日
〔借方〕事業主貸500,000/〔貸方〕売上高500,000

このように、平成23年の売上にするほかありません。また現金50万円は、事業主に貸したことにします。

以上。

Q売掛金回収時の仕訳

例えば、売掛金100,000の回収に当たり、手数料420を差し引かれ顧客から99,580が入金されたとします。
このときの仕訳について教えていただきたく。

Aベストアンサー

> NO1に、あなたの、お礼の中に質問があった手数料はP/Lのどこに計上されますか?に対して、どなた、も回答してくれませんね?資産・負債・損益とその区分や原価要素。中分類。内容から回答します。

> NO1の回答はP/Lの営業外費用へ計上されます。

> さて今回の件。御社がお得意先と支払方法について十分連絡を取り話合いをしていたら今回のような事態にならなかったはずです。

> 最初の仕訳は・・・・売掛金100.000/商品100.000で計上されているはずです。

 99.580円入金されました。420円の手数料と言う事も分かっています。NO1の時の質問の内容に対して営業外費用としました。

> ところで御社の納めた商品に対して得意先から、不良品や数量不足と言ったクレームがきましたか?なければ売上値引きにはなりません。

> 今回の場合銀行振り込み料と思いますが、こっち持ちと決めてあるのですか?得意先持ちですか?質問の内容から相手が勝手に99.580円を振り込んできたように思いますが?

> そうであれば、支払手数料もちょっと疑問?私ならこうします。

(1) 現預金   99.580 / 売掛金100.000
   雑費(入金手数料)420 

(2) 現預金   99.580   売掛金100.000
   雑費(銀行振込料)420

 (2)の場合は御社が銀行へ支払ったと云う事になって私は嫌です。

* 最後に注釈。流動資産で現金=(現金・当座小切手・郵便為替等々があります。)
  預金=銀行(当座・普通・定期等々)郵便貯金・金銭信託等々を考慮して、現預金と書いています。

 私も100点ではありませんが、仕訳会計処理は合って当たり前ですから慎重に経理を行ってください。応援します。

> NO1に、あなたの、お礼の中に質問があった手数料はP/Lのどこに計上されますか?に対して、どなた、も回答してくれませんね?資産・負債・損益とその区分や原価要素。中分類。内容から回答します。

> NO1の回答はP/Lの営業外費用へ計上されます。

> さて今回の件。御社がお得意先と支払方法について十分連絡を取り話合いをしていたら今回のような事態にならなかったはずです。

> 最初の仕訳は・・・・売掛金100.000/商品100.000で計上されているはずです。

 9...続きを読む

Q未回収の売掛金の処理について

よろしくお願いします。
零細企業を経営しております。
未回収で以降も回収の見込みのない売掛金が
10万円ほどあるのですが

債権放棄で損金で落とすのでなく
雑収入に切り替えて処理はできると聞きました。
(当然損金でなく利益は上がりますが)

雑収入への科目替えは可能でしょうか?
相手勘定は何になりますか?
個人からの現金?(もしくは個人長期借入れの返済?)

よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

これはもらうべき債権をもらえないのですから、雑損失になっても雑収入にはなりません。

一定期間回収がない場合は、その時点で貸し倒れ処理をすることも可能です。
売り上げから1年以上たっているのであれば、下記の通達に基づき貸倒れ処理をすることが出来ます。

当然この場合はこの貸倒損失は損金になります。
仕訳としては

 貸倒損失  100000/ 売掛金  100000
となります。


(一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ)
法人税通達  9-6-3
(1) 債務者との取引を停止した時(最後の弁済期又は最後の弁済の時が当該停止をした時以後である場合には、これらのうち最も遅い時)以後1年以上経過した場合(当該売掛債権について担保物のある場合を除く。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報