回答お願いします。
売掛金が請求額より多く入金されていました。
取引先には連絡済み、返信待ちです。

過入金分は翌月の売掛金から相殺してもよいか確認してるところです。

過入金の勘定科目は、前受金 、仮受金、預り金、どの科目が、てきしてるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仕訳,勘定科目に関しては、適法な範囲であれば、多少は会社が自由に裁量しても構いませんし、何通りも処理の方法がある場合も多いです。


従い、ご質問のケースも、売上金のまま処理して翌月相殺しても良いし、預り金などで処理することも一般的です。

但し、実際のカネの流れや伝票処理と整合を取る必要がありますので、実際のカネの流れ(=翌月の売掛金から相殺してもよいか)が決まらないと、正確な判断は出来ません。

正確な判断と言うのは、事務手続きや費用が少なく、なるべく簡明な手続きと言うことになるかと。
・翌月売掛と相殺する場合、「売上」の中だけで処理するのも合理的。
・返金手続きをする場合、過剰入金は「預り金」で処理するのが妥当で一般的。
・いずれか判らない現時点で、直ちに処理する必要があれば、会社裁量範囲。
と言うところかと思います。

「前受」「仮受」などで処理することも法律上は可能ながら、余り簡明とは言えないし、その場合、厳密には相手先と「翌月分の前受/仮受と言う形で処理」と言う合意をすべきでしょ?
すなわち、現在「翌月売掛金で相殺」を確認しているなら、「前受/仮受」とするのは、「適正な処理」「正確な判断」などとは言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
取引先に、11月分から相殺でよいか連絡したのですが、答えが、かえってきません。
この場合、11月分から差し引いて請求書発行してもよいのでしょうか?

お礼日時:2015/12/21 13:10

あなたは個人ですか、法人ですか。


まあ、こんなご質問をするからには個人かと想像します。

>過入金の勘定科目は、前受金 、仮受金、預り金、どの科目…

どれでもなく、売掛金のまま処理します。

>翌月の売掛金から相殺してもよいか確認…

その返事次第です。

1. 余分にあげるというのなら、過剰分を当月の「売上」に組み入れ。
【普通預金 △円/売上 △円】

2. 即刻返済しろというのなら、逆仕分けで
【売掛金 △円/普通預金 △円】

3. 翌月相殺でよいなら、売掛金残高がマイナスのまま翌月まで持ち越せばよいです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経理の用語「仕訳」「振替」と「前受金」「仮受金」「預かり金」

経理の用語「仕訳」「振替」と「前受金」「仮受金」「預かり金」

経理の用語で「仕訳」と「振替」の違いを教えて下さい。
仕訳とは…
振替とは…
という形で教えていただけたら幸いです。

あと
「前受金」商品を売った時に内金を入れてもらった時のお金
「仮受金」何の代金になるかわからない時のお金
「預かり金」税金など、会社の売り上げにはならないお金

という認識でよろしいでしょうか?
よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

〇仕訳=複式簿記で,取引を借方要素と貸方要素とに分解し,格要素に付すべき勘定科目と金額とを決定し,その結果を仕訳帳などに記すること。
給料計算で,A税金を仕訳計上しました。【借方】給与000/【貸方】預り金000

〇振替=簿記で,ある勘定の金額を他の勘定に移すこと。
Aに仕訳計上した税金を納付する期日がきたので振替して振り込みます。【借方】預り金000/【貸方】預金000

〇前受金=商品やサービス等の提供に先だって受け取った代金のこと。

〇借受金=勘定科目や最終金額が決まらないまま受け入れたこと。

〇預り金=他人が負担すべき代金などを一時的に預かった代金のこと。

Q売掛金入金不足があった場合の勘定科目

小さな会社に勤めている経理初心者です。

売掛金の回収予定日に取引先から入金された金額が、予定金額の半分以下でした。
当社の担当者が該当取引先に確認したところ担当者は有休で不在。後日改めて確認したところ、
入金された以外の書類を経理に提出し忘れていたとのことでした。

残りのお金は後日きちんと振り込まれたので売掛金の回収自体は完了したのですが、
売掛金入金不足があった日の仕訳をどのようにしたらいいのか分かりません。
借方:普通預金(回収予定日振込金額)、?(勘定科目不明) / 貸方:売掛金
の、?の勘定科目が分かりません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入金した金額だけ仕訳すればいいんですよ。

【例】

(1) 3/25  売掛金  100,000円 / 売上 100,000円

(2) 4/10  普通預金 40,000円 / 売掛金 40,000円

(3) 4/20  普通預金 60,000円 / 売掛金 60,000円


会計ソフトで入力しているでしょうから、「得意先元帳(売掛帳)」を確認してください。

(1)で、売掛金の残高が 10万円です。
(2)で、売掛金の残高は  6万円になります。
(3)で、売掛金の残高が  0円になり、集金完了ですね。

あと、念のために。
振込手数料分を「差し引いて」入金されることも多いと思います。
この場合、
  雑費 / 売掛金 ***円 (振込手数料相殺)
の仕訳を入力しないと、売掛金の残高が相殺された手数料の分だけ「未回収」になってしまいますので、ご注意くださいね。

経理の事務は、大部分が繰り返し発生する事例です。
馴れて来れば、なんてことはありません。
がんばってください。

Q売掛金と前受金

いつもお世話になっております。
売掛金が残っている相手先より注文がありました。
前回分が残っているので、今回分は先に払うと言われました。また前回分もあるので余計に入金してくれるそうです。
この場合今回の売上分の入金は前受になるのでしょうか?それで残りが売掛金の相殺になるのでしょうか?
それとも前回の売掛金がこれで消え、新たな売掛金として伝票をあげるのでしょうか?
ある人に聞いたところどちらでもいいと言われたのですが、金額が多いため一年以上このような状態が続くと予想されます。
どのような仕分けが一番煩雑にならないでしょうか?
また気をつけることなどありますか?

Aベストアンサー

>どのような仕分けが一番煩雑にならないでしょうか?
帳簿上、煩雑さを考えれば全て売掛金勘定で仕訳することではないでしょうか。
前受金と売掛金を両建てすると、ミスを起こしやすくなります。
「売掛金の残高がマイナス=前受金」と考えるということです。
もちろん決算書にはマイナスではいけないので、決算仕訳で前受金に振替える必要がありますが。

Q売掛金をたてるのと同時に前受金をたてられる?

現在2年契約のレンタルサービスをクレジットカード払いのみで提供しており、クレジットカード会社からの入金時に、

<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を行い、期首には前受金分を逆仕訳する処理を行う、というスキームで提供していました。

最近、これに加えて、請求書払いを開始したのですが、請求書を発行する際の仕訳は上記と同様の形で、

<借方>売掛金   <貸方>売上
<借方>前受金   <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を単純に行えば良いと考えていました。

しかしながら、前受金の仕訳は入金がなければできないと、経理担当から指摘され非常に困っています。というのは、サービス契約者が非常に多く、個々のお客の入金を確認しながらその都度前受金の仕訳を行うことが困難だからです。料金システム的にも入金時に前受金を計上する機能はなく、また、料金担当に手作業でこれを確認してもらうことはほぼ不可能な状況になっています。

見切り発射で請求書払いに対応してしまいましたが、経理処理をどうするかが大変問題になっています。

何とか売掛金を立てる段階で前受金の仕訳もできる方法はないでしょうか?また、現状2年契約のレンタルサービスの2年目分を前受金として処理するのではなく、違う勘定科目で計上できるのであれば、その科目と仕訳方法を教えていただければと思います。

助けてください。よろしくお願いいたします。

現在2年契約のレンタルサービスをクレジットカード払いのみで提供しており、クレジットカード会社からの入金時に、

<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を行い、期首には前受金分を逆仕訳する処理を行う、というスキームで提供していました。

最近、これに加えて、請求書払いを開始したのですが、請求書を発行する際の仕訳は上記と同様の形で、

<借方>売掛金   <貸方>売上
<借方>前受金  ...続きを読む

Aベストアンサー

前受金を計上しているのは、2年間の契約であっても、本来、1年毎もしくは毎月一定の料金をお客様にいただくところを、2年契約分をまとめて一括料金として契約時にいただいてしまうからです。

というのはおっしゃる通りですが、

クレジットカード会社からの入金時に、
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)
と仕訳を行い、

というのは違っているのではないでしょうか?


前受金は負債勘定ですから計上する場合は貸方になります。
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料     前受金(契約2年目分)
ではありませんか?
この前受金分の売上計上が翌期ですから、翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上
の仕訳をするのではないかと思います。

この点を経理のご担当の方にご確認ください。



また、入金の時点で前受金を計上するなら

請求書発行時
<借方>売掛金      <貸方>売上
その後請求金額が入金されたら
<借方>現金       <貸方>売掛金
                 前受金(契約2年目分)
翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上

です。
そしてご希望のように請求書発行時点で前受金を計上するなら、

請求書発行時
<借方>売掛金      <貸方>売上
                 前受金(契約2年目分)
その後請求金額が入金されたら
<借方>現金       <貸方>売掛金
翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上

となるでしょう。
この場合、請求書発行から入金されるまでの間、売掛金(債権)と前受金(債務)が両建てになってしまいます。売掛金の過大計上ということにもなるでしょう。その可否は貴社でご判断ください。

私なら事務処理上の利便性が高いほうにしますけど…

前受金を計上しているのは、2年間の契約であっても、本来、1年毎もしくは毎月一定の料金をお客様にいただくところを、2年契約分をまとめて一括料金として契約時にいただいてしまうからです。

というのはおっしゃる通りですが、

クレジットカード会社からの入金時に、
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)
と仕訳を行い、

というのは違っているのではないでしょうか?


前受金は負債勘定ですから計上する...続きを読む

Q経理の用語で勘定科目とありますが、前受金・預かり金・現金・普通預金・当

経理の用語で勘定科目とありますが、前受金・預かり金・現金・普通預金・当座預金・売掛金・買掛金…などたくさんありますが、
(1)費目は何がありますか?
(2)勘定科目が大分類で、その中に費目があると考えてよろしいでしょうか?

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

〇先ず経理の用語ではなく会計用語といいます。
〇(1)と(2)の考え方を少し書いてみます。
(1)は企業が収益を上げるために消費した財の価値や借りた資本の利子などの総称です。
例えば損益勘定科目の中に,売上高・仕入高・給料手当・法廷福利費・福利厚生費・旅費交通費・通信費・事務用品費・雑費等々沢山あります。
(2)はhisoft39さんが記入されたような勘定科目をいいます。
資産勘定科目=現金・当座預金・普通預金・売掛金等です。
負債勘定科目=買掛金・前受金・預り金等をいいます。
(1)(2)をここで書くのは大変です。勘定科目・仕訳事典と会計用語辞典を買って見てください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報