私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの確定報酬
          売上1,000 会社Cの確定報酬

なお、下の通り、振り込みは分けて書いています。

2/15 借方    /貸方     摘要
   預金 3,000/売掛金3,000 会社Aから入金

2/22 借方    /貸方     摘要
   預金 2,000/売掛金2,000 会社Bから入金

2/28 借方    /貸方     摘要
   預金 1,000/売掛金1,000 会社Cから入金

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

念のため、クラウド会計ソフトでしたら、決算書を表示・印刷なさるときは、仕訳ごとの(各社の)売掛金残高を合計し「売掛金」に一本化されたデータになっていることと思います。



この場合、仕訳段階でも会社別に売掛金を分けなくて差し支えありません。


もちろん、管理上必要かどうかをご検討なさり、必要と判断して会社別に売掛金を分けても、差し支えありません。

ただそれは、管理会計の話であって、税務会計などの制度会計に適用されうる明瞭性の原則が無関係であることには変わりありません。言い換えれば、会社別に売掛金を分けなくても税務会計などには何ら違反せず、この点についてはご質問者さんは気にしなくて大丈夫です。
    • good
    • 0

No.3です。

回答に不充分な箇所があったので全面的に書き直します。


>本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、
>日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?


企業会計原則の一般原則四に、明瞭性の原則があり、
「 企業会計は、財務諸表によって、利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。」
と書いてあります。

質問者はご存じと思いますが、総勘定元帳には「仕訳」のデータが転記されます。総勘定元帳のデータから財務諸表が作成されます。ですから財務諸表において、利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示するためには、「仕訳」の段階で工夫をする必要があるわけです。

まず、勘定科目「売上高」に得意先別の補助科目を設定します。勘定科目「売掛金」にも得意先別の補助科目を設定します。そして、売上高と売掛金を得意先別に入力するようにしましょう。

そうすれば、
1.得意先ごとの売上高の動きを正確に把握できるので、経営陣(事業主)がタイムリーに販売戦略を策定するのに役立ちます。
2.得意先ごとの売掛金残高を正確に把握できるので、営業担当者(または事業主)に対して売掛金の滞留情報を常時、提供することができます。
3.[会社の場合]決算及び確定申告において、売掛金内訳書を税務官署へ提出する必要がありますが、得意先別の売掛金元帳があれば、売掛金内訳書を迅速に作成することができます。

いずれも、利害関係者(経営者、営業担当者まど)にとって、経営状況に関する判断を誤らせない重要な情報なのです。ですから仕訳入力する際には、同じ日付の売掛金であっても、得意先別に入力すべきです。


失礼しました。
    • good
    • 0

ご質問の場合、会社別に債権額を把握できるようですね。

そうでしたら、お書きの仕訳で何ら差し支えありません。


正規の簿記の原則は、網羅性・立証可能性・秩序性を満たすような会計帳簿に基づくべしとする原則です。ここでは、会社別の仕訳まで要求していません。帳簿組織でこれらを確保できているのならば、合算した仕訳で何ら差し支えありません。ご質問では摘要欄の有効活用等により会社別の債権額を把握できますから、立証可能性を確保できており、網羅性や秩序性にも問題はありません。気にしなくて構いません。
http://financial.mook.to/accounting/02/kg/kg-k04 …

また、明瞭性の原則は、財務諸表の表示に適用される原則です。ご質問のテーマである仕訳には無関係ですので、ご質問においては気にしなくて構いません。
http://financial.mook.to/accounting/02/kg/kg-k06 …

なお、決算書に添付するだろう売掛金明細書では、重要なものを会社別に記載する必要があります。会社別の把握を出来る仕組みは引き続き確保しておくことをお勧めします。
    • good
    • 0

>本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、


>日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

企業会計原則の一般原則四に、明瞭性の原則があり、
「 企業会計は、財務諸表によって、利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。」
と書いてあります。

売上高と売掛金を得意先別に入力して管理し、表示することは、
1.得意先ごとの売上高の動きを把握できるので、経営陣による販売戦略の策定に役立ちます。
2.得意先ごとの売掛金残高を把握できるので、営業担当者に対して売掛金の滞留情報を提供することができます。
いずれも、利害関係者(ここでは経営者や営業担当者)にとって重要な情報なのです。

ですから仕訳入力する際に、同じ日付の売上高と売掛金であっても、得意先別に入力すべきです。
    • good
    • 0

どこの社から入金がないかの管理が必要ないというならば、良いと思いますよ。


売掛金を先方ごとに分けるのは「請求しても払ってこない者」を管理する意味がありますので、貴社の業務で「支払ってこない人がゼロ」というならば、売掛金を個別に分けないで処理してても、実際には問題にはならないです。
    • good
    • 0

>下のように月末にまとめて売掛金を書いても…



青色申告特別控除額が 10万円で良いなら、どうぞ適当に省略してください。

65万円控除がほしいなら、正規の簿記の原則による記帳が原則です。
正規の簿記とは、1日が終わってからその日の分をひとまとめにして仕訳することではなく、取引一つ一つ仕訳をすることです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金回収の仕訳について

現金での売掛金回収の仕訳を教えて下さい。

50万円の売掛金(複数件で)を回収するのに、銀行から釣銭分引き出し4万円の釣銭を用意しました。

【仕訳】
(釣銭準備時の仕訳)
現金  4万円     銀行 4万円

(回収時の仕訳)
現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

上記?で悩んでいます。
釣銭時に仮払金等で仕訳をすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃうと、得意先が「大変ですね。これおつり用に使ってください」とくださって現金が4万円増えてることになっちゃいます。

「売掛金50万円回収してきて、どうして54万円あるんだ」という話になってます。
4万円はおつり用に持ってただけです。
おつり用と言ってピンとこない用なら「両替用」ですね。
両替用に別途持ってたお金4万円が「取引先で集金したら増えてしまった」のではないのです。

現金を数えるときに「おつり用に用意した4万円を入れて数えてしまってる」ので、疑問点が出てるんでしょう。
おつり用のお金は会社のものですから、わかりにくいかもしれません。

あなたの財布の中に入ってる小遣いを上記の額に足して「○○財布内現金」として、借り方に記載してしまってるのと同じです。
売掛金がいくら回収できたのか、それは現金なのか、振り込みを受けてるのか、はたまた小切手なのか、もしかしたら切手代用なのか(あまりない)を考えて仕訳するんですね。
この場合は「右が先」です。

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃ...続きを読む

Q個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」と

個人事業ですが青色申告のソフトを頂きましたが「やよいの青色申告06」というバージョンでした。
初めての確定申告ですので、このソフトでも現状の確定申告に対応出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「やよいの青色申告06」は、確定申告書作成機能については平成17年分のみに対応しており、平成17年分以外の年分の確定申告書を作成しようとしてもエラーメッセージが出て先に進めないはずです。

それに減価償却は平成17年ですからおそらく旧定額法、旧定率法しか対応していないと思います。

しかし、伝票入力(振替伝票、入金伝票、出金伝票)や帳簿入力(現金出納帳、預金出納帳)から仕訳日記帳、総勘定元帳、試算表、青色申告決算書までは支障なく運用できます。

従って、減価償却や確定申告書作成の機能を使わないで、記帳業務に限って運用する前提なら一応使用できることになります。
(減価償却は量が少なければ手計算ないし表計算ソフトで、確定申告書は国税庁HPの確定申告書作成コーナーでも作成できます。)

Q回収不能の小額売掛金の仕訳

回収不能の売掛金の仕訳で質問です。

前期に商品を顧客に販売する際、
売掛金1000/売上高1000
立替金80/現金80(商品送料の立替え)
と仕訳をしていました。

その後、売掛金が回収できなくなったので
今期に処理をしようと思うのですが、
以下のような仕訳で大丈夫でしょうか?
小額なので貸倒損金などを使わない方法を
ネット上で探したのですがなかなか見当たらず
想像で記載してみたのですが。

事業主貸1080/売掛金1000
      /立替金80

もしくは、「事業主貸」の部分を
「雑損失」にした方がよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上代金に関する「貸倒損失」は、非経常的かつ多額のものは特別損失に属し、経常的あるいは少額なものは販売費に属します。

ご質問の件は少額の貸倒損失ということですから、販売費の区分に計上すべきですが、目立ちたくないのであれば「雑費」で処理してはどうですか。
「雑損失」は営業外費用に属する科目ですから。

「事業主貸」に計上すると貸倒損失を必要経費に算入できないので所得税と住民税を損しますよ。

Q青色申告 未払金 売掛金 決算処理について

   23年度を初めて青色申告いたします。 23年12月分の携帯料金(事業用) が24年1月に引き落としされてるのですが仕訳は12月末に通信費/未払金として 引き落としされたときに未払金/通信費とすればよいのでしょうか? 引き落としされたのが24年1月なので決算書作成する際おかしなことになりますか?                                                            売掛金も23年11月分 12月分が24年1月 2月に支払われるのですがこちらも上記と同じように仕訳すればよいのでしょうか? 

Aベストアンサー

>引き落としされたときに未払金/通信費とすればよいのでしょうか…

違う、違う。
【未払金 △△円/普通 (or 当座) 預金 △△円】

>通信費/未払金…
>未払金/通信費…

これでは通信費が 0になってしまい、経費が発生しませんよ。

>24年1月なので決算書作成する際おかしなことになりますか…

決算書には関係しません。
関係するのは貸借対照表で、未払金や売掛金などは、大晦日現在の数字をそのまま表記します。

Q相手が倒産し、売掛金が回収できない場合の仕訳等について。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円分ずつ売掛金として残っているのかが分かりません。
今年度分の決算は事情があり税理士さんに頼めず自分自身で決算をしている状況です。


(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、
「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

質問が3つになってしまい申し訳ありませんが、1つでもわかれば教えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円...続きを読む

Aベストアンサー

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違っても実害はありません。

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

→【1000円】は備忘価額です。これは、法人税法基本通達9-6-3によるもので、「一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ」の規定を適用されたものと思われます。この規定は、備忘価額を残すことを要件に損金算入が認められており、税理士さんはこの規定を適用されたのでしょう。
なお、備忘価額は1,000円に限られず例えば1円でも構いません。

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違って...続きを読む

Qやよいの青色申告11 年度末の売掛金の入力について

今年はじめて確定申告する者です。
個人事業主です。

2011年12月に売掛金があり、回収は2012年1月の仕訳でお聞きしたいことがあります。

2011年の売掛金の仕訳はもちろん入力できるのですが
2012年の売掛金の仕訳の入力ができません。

どうすれば入力できるようになるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平成23年の事業所データに平成24年の仕訳を入力することはできません。その前に「繰越処理」を実行して、24年の事業所データに入らなければなりません。

手順は、
上部メニューの「ファイル(F)」-「繰越処理(K)」を実行するだけです。

これにより、平成24年の仕訳が入力できます。

なお、その後平成23年に遡って仕訳の入力・変更・削除の必要が生じた時は、
上部メニューの「ファイル(F)」-「年度切替(C)」から平成23年に戻ることができ、ここで平成23年の仕訳を入力・変更・削除ができます。
この場合、平成23年分に入力した内容は、平成24年に自動的に反映するわけではなく、
「ファイル(F)」-「次年度更新(J)」を実行して初めて24年の期首残高に反映します。

この後は、再び「年度切替」処理で24年に戻ることをお忘れなく。

それから、HELP-目次とキーワード 「キーワード(N)」のタブで「繰越処理」と入力すると、繰越処理の詳細を見ることができます。

Q経理の売掛金回収

経理の仕事の中で「売掛金回収」という仕事があるという事を知りました。
これはつまり「お金を払わない業者から、督促なり訪問するなりして売掛金を回収する」というものですよね?
私は以前、広告会社に勤めていた事があり、広告料金を払わない法人相手に電話をかけ督促をしていた事があります。お金がないのか、何度も督促されるのが頭にきたのか「そんなもん払わんぞ!!」と怒鳴り散らしてくるお客さんもいました。
当時は私は簿記のぼの字も知らなかったので、これが売掛金回収という仕事だという事は知らなかったのですが、今考えたら当てはまるのでは?と思えてきました。
また破産して売掛金が回収出来なくなった法人の、破産の処理というのも担当していました。
これらは経理の仕事の一貫なのでしょうか?
精神的に続けるのが困難になり、鬱病になった事がありますので、経理の仕事が私が想像しているような仕事なら経理をされている方は凄いなあと思ってしまいます。
実際、売掛金の回収、それに伴うクレーム対応や破産処理などは経理に付随する業務なのでしょうか?

Aベストアンサー

☆売掛金とは,このように理解してください。

大会社の本社
支店がありました。ここに下記の担当者がいました。
A経理担当とB営業担当がいました。
Bは得意先に請求書を届けました。そうして(借方)売掛金2千万円/(貸方)商品2千万円の売掛金計上仕訳伝票を起こしました。

期日にBは現金を回収してきました。それをAにわたしました。
Aは(借方)現金2千万円/(貸方)売掛金2千万円このような仕訳伝票を起票しました。

☆整理するとBが起票の伝票の借方とAが起票の貸方が帳合できました。
Aは入金した金額を本社へ送金します。これが一般的な流れです。

☆取引に際してBは契約・覚書等を交わすのは,もしかの時の権利なのです。
得意先が破産しました。その時契約・覚書等に基づいて担保の差し押さえをします。

あなたが最後に質問として書いていた。実際,売掛金の回収,クレーム,破産対応はBの分野です。
Aは会社としての分野を担当し処理します。参考にしてください。

Q青色申告の仕訳:売上と立替旅費から源泉徴収された場合???

お世話になります。
個人事業主の青色申告に関する記帳についてお尋ねします。

売上(売掛)が\50,000、旅費の立替(現金払い)が\1,000あったとします。
後日銀行に入金されたのが、
計\51,000から\5,100を源泉徴収された\45,900でした。
この場合の記帳・仕訳ですが、

取引日に、
売掛 50,000 売上
旅費・交通費 1,000 現金

入金日に、
普通預金 44,900 売掛回収
普通預金 5,100 所得税
普通預金 1,000 旅費・交通費

…でよろしいのでしょうか?
それとも、
正確には旅費・交通費の\1,000からも源泉徴収されているので、
入金日には、
普通預金 45,000 売掛回収
普通預金 5,000 所得税
普通預金 900 旅費・交通費
普通預金 100 所得税

…とすべきでしょうか?

あるいは、どちらも間違っているでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者の業種について、源泉の要否については議論の必要はないものとします。

源泉所得税の取り扱いでは、旅費などの名目であっても現金で支払われるものは源泉することとされています。
つまり、源泉所得税の考えは、旅費部分も売上の一部と考えていることになります。
したがって、会計処理もこれに従う方が自然だと思います。仕訳はつぎの要領になります。

取引日に、
売掛金 50,000  売上
旅費・交通費  1,000  現金
売掛金  1,000  売上

入金日に、
普通預金  45,000 売掛金
事業主貸   5,000 売掛金
普通預金  900 売掛金
事業主貸  100 売掛金

なお、源泉所得税は、事業主貸で処理します。

Q売掛金未回収

昨年の売掛金いまだに回収できず相手方倒産したわけではないのですがさいさんの請求にも応じてくれず弁護士に依頼中ですが金額も大きく回収も全額は無理かもと言われています。
個人事業主ですが一度損金??にしておいた方がいいと言われました。
調べると倒産回収不能の場合の仕訳は貸倒金損失/売掛金とありましたがこれでいいのでしょうか??ちなみに貸倒引当金はありません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>昨年の売掛金いまだに回収できず相手方倒産したわけではない…

貸倒金の定義にあえば、仕訳はお書きのとおりでけっこうです。

---------------------------------------------------
継続して取引をしていた得意先などと取引を停止したのち、1年以上経過してもなお弁済がない売掛金や、同一地域内の売掛金の総額がその取立てのための旅費などの費用に満たない場合で督促しても弁済がない売掛金など
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/32.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q売上の仕訳の仕方や領収書について教えて下さい 個人事業の青色申告で出張型のサービス業をしております。

売上の仕訳の仕方や領収書について教えて下さい




個人事業の青色申告で出張型のサービス業をしております。

仕事を紹介してくれる他社(以下A社とします)から、紹介された依頼での売上計上のしかたや領収書の作成について分からないことがあります。

・A社の名義で領収書を作成するが、自社の売上としてよいのか?
・仕訳としてはどうなるのか?
の2点です。


仕事の流れとしては、
私はA社の協力店として登録されていて、A社が集客したお客様の所へ私が代わりに出張し、サービスを提供します。A社のスタッフとして伺うので、A社の制服と名刺、A社の伝票にて領収書作成して私が料金を直接回収します。

1ヶ月分の売上を月末で集計し、その合計金額の30%が紹介手数料としてA社から請求されます。A社の使用済みの伝票を返送し、手数料分を振込みます。手元の残り金額が私の売上となります。

日々の売上は私の売上として計上して下さいとA社から言われています。しかし、A社として領収書はきっていますが、自社の伝票は使用していません。自社の売上金としてしまってよいのでしょうか?
ここで自社の伝票で同じ内容の領収書を作成するのはまずいですよね?渡す人がいませんし、2重に作成することになってしまいますよね…

仕訳としては
料金が10,800円(税込)で30%を手数料として返して、70%が私の売上となる場合は、

借方/貸方
料金発生日に
現金 10,800 / 売上10,800
翌月振込時に
販売促進費3,240 / 預金 3,240
でよいのでしょうか?
手元に自社の領収書もA社の領収書もありませんが、売上の証明になるのでしょうか?A社からの集計表と手数料の請求書は来ます。

それとも
現金 10,800 / 前受金7,560
/ 預り金3,240
としておいて、翌月請求時に
預り金 3,240 / 預金 3,240
前受金 7,560 / 売上 7,560
とすべきでしょうか?

うまく説明出来ているかどうか不安ですが、ご助言を頂きたいです。
よろしくお願い致します。

売上の仕訳の仕方や領収書について教えて下さい




個人事業の青色申告で出張型のサービス業をしております。

仕事を紹介してくれる他社(以下A社とします)から、紹介された依頼での売上計上のしかたや領収書の作成について分からないことがあります。

・A社の名義で領収書を作成するが、自社の売上としてよいのか?
・仕訳としてはどうなるのか?
の2点です。


仕事の流れとしては、
私はA社の協力店として登録されていて、A社が集客したお客様の所へ私が代わりに出張し、サービスを提供します。A...続きを読む

Aベストアンサー

>個人事業の青色申告で…

開業届と青色申告承認申請はきちんと出してあるのですね。
それは税務署の窓口へ直接持参しましたか。
それとも郵送でしたか。

>A社のスタッフとして伺うので、A社の制服と名刺、A社の伝票にて領収書作成して…

それでは、あなたは個人事業などでなく完全な A社の従業員ですよ。
A社は社会保険料の事業主負担分を免れようとして、個人事業だと強弁していて、これを世の中では「偽装請負」といいます。

開業届と青色申告承認申請とは、税務署ですんなり受け付けてもらえたのですか。
仕事の内容、金銭の流れなどを詳しく説明しましたか。

-----------------------------------------------

百歩譲って、偽装請負ではなくまともな個人事業だとして以下に進みます。

>A社として領収書はきっていますが、自社の伝票は使用していません。自社の売上金として…

その控えを毎回必ず保管し、税務署に対しては
「これは元請けとの契約上、便宜的にそうなっているだけ」
と主張することとし、実務はあなたの売り上げとして管理します。

>翌月振込時に…
>販売促進費3,240 / 預金 3,240…

販売促進費で良いとは思いますが、仕訳日は振込時ではありません。

料金発生日に、売上の仕訳と一緒に
【販売促進費3,240円/未払金 3,240円】
翌月振込時に
【未払金3,240円/現金 or 普通預金 3,240円】

経費を計上する日は、支払った日ではなく支払わなければいけない事由が発生した日で、これを「発生主義」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>手元に自社の領収書もA社の領収書もありませんが…

A社の領収書をコピーして保存します。

>現金 10,800 / 前受金7,560…

前受金、預かり金などでは絶対にありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>個人事業の青色申告で…

開業届と青色申告承認申請はきちんと出してあるのですね。
それは税務署の窓口へ直接持参しましたか。
それとも郵送でしたか。

>A社のスタッフとして伺うので、A社の制服と名刺、A社の伝票にて領収書作成して…

それでは、あなたは個人事業などでなく完全な A社の従業員ですよ。
A社は社会保険料の事業主負担分を免れようとして、個人事業だと強弁していて、これを世の中では「偽装請負」といいます。

開業届と青色申告承認申請とは、税務署ですんなり受け付けてもらえたのですか。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング