忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

交通事故に関しての相談です。

1年前交通事故にあい右膝に怪我をしました。数ヶ月前に症状固定して欲しいと言われ医師もその方がいいと言ったので、症状固定にしました。しかし足は痛むので後遺症申請しましたが、却下され示談交渉を今度する予定です。症状固定からの治療費は請求してもいいんでしょうか?また、示談交渉はどんなことするんでしょうか?

A 回答 (2件)

交通事故・後遺障害を専門とした行政書士です。



症状固定後の治療費は、原則請求できません。
示談交渉は、保険会社の提示額が少ないと思えば、裁判基準などの慰謝料金額を基礎に、裁判基準に近づくように保険会社と交渉する事です。
先ずは、保険会社に示談金の提示をして貰う事ですね。

通院慰謝料については、下記を参考にしてください。
http://mutiuti110.jp/compensation/kizyun.html
http://jiko110.org/accident/standard.html


症状固定後の治療費は請求できませんが、後遺障害が非該当の場合は、異議申立てが可能です。
症状固定後も、自費でリハビリ治療が必要な程、症状が酷いのなら異議申立てで等級認定される可能性は、あると思います。

先ずは、後遺障害専門の行政書士に相談することをお勧めします。

後遺障害の異議申立てをする場合は、異議申立ての結果が出るまでは、示談をしてはいけません。

後遺障害を申請して等級認定がされると、通院慰謝料とは別に、後遺障害慰謝料が支払われます。
自賠責保険の場合、後遺障害14級で75万円です。
裁判基準では、後遺障害慰謝(逸失利益含む)は、概ね200万円前後となります。
後遺障害が認定された場合の、慰謝料総額の概算については
http://jiko110.org
http://mutiuti110.jp

参考になれば幸いです。
以上です。
    • good
    • 0

専門家紹介

交通事故専門の行政書士。無料電話相談でも誠実に対応致します。

全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン!
後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断

□ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される?
□ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの?

やむち打ち症状や腰椎捻挫の痛みが、こんなに残っているのに、後遺障害は認定されないの??

今すぐ、下記の書類を揃えて無料相談!
①交通事故事故証明書 ②診断書と診療報酬明細書(通院期間分)
③後遺障害診断書 ④後遺障害等級認定票

*注①②③④の書類は、加害者の任意保険から入手が可能です。

 上記書類をFAX(06-6437-8505)またはメール(syaken-m@leto.eonet.ne.jp)に添付して送ってください。
 後ほど判定結果をメール又はFAXでお知らせします。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

06-6437-8506

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

ここに相談するのが適切でしょう。


http://www.jcstad.or.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害審査のついて

去年の10月に交通事故にあいました。

事故から1週間後に首と腰のMEIを撮り、腰は大丈夫だけど首がヘルニアになってると
言われました。事故は一旦停止を無視した車に運転席に勢いよく突っ込

まれ
車は廃車になりました。幸い骨折などはなかったのですが3週間めまい・首にもコルセットをまき
首の痛み手のしびれ。腰の痛みほんとに大変でした。
半年リハビリしていたのですがよくならず、相手の保険会社から、後遺障害の申請をしましょうと
言われ、弁護士特約を使い後遺障害申請をしました。結果はまだわかりません。

質問は、その後遺障害の診断書を医者に書いてもらうときにMRI異常なしになっていました。
先生にきくと、ヘルニアにはなってないよと
でも明らかにMRIの画像に以前説明されたヘルニアの箇所があります。
だいたいヘルニアになってると言ったのになんで変わったのか?

後遺障害の申請の時にMRIも提出してるのですがその時に審査する人が気が付いたりしないでしょうか?

Aベストアンサー

交通事故・後遺障害を専門とした行政書士です。

MRI検査で医師によって回答が違うのは、専門医でないから回答が違うということは、実務上珍しくございません。

または、数回MRI検査を行った結果、初期のMRI検査では異常があったが、最終MRI検査では異常所見が消滅していた、という可能性もございますね。

或いは、Aの医師から診るとヘルニアでも、B医師が診るとヘルニアとは言えないなど、診る医師の程度問題の可能性もございます。


後遺障害の認定をする調査事務所の担当者は、被害者の有利な情報を否定することはあっても、不利な情報を被害者に有利に解釈することは、無いと考えてください。

つまり、MRI検査よりヘルニア所見があると後遺障害診断書に記載されても、調査事務所の判断では、提出の画像より、脱臼・骨折等の他覚的所見は見受けられず・・・と否定されることはあっても、逆はないと解釈してください。


ただ、後遺障害14級9号だと、治療期間、治療回数、治療内容、神経学的所見、MRI画像等の他覚的所見など総合的に判断して、自覚症状と異常所見に整合性があると判断されると、後遺障害14級9号は認定されると思います。
神経学的所見
http://mutiuti110.jp/sprained/syoken.html
他覚的所見
http://jiko110.org/kouisyou/takakusyoken.html

MRI検査の結果は、後遺障害14級9号認定の、ひつの要素にはなりますが、MRI検査の異常無しは、致命的な結果ではございません。

後遺障害が非該当の場合など、後遺障害等級結果に不満がある場合は、異議申立てを行うことが出来ます。
異議申立てで、MRI検査で異常があることを、あらためて主張する事も可能です。

参考になれば幸いです。
以上です。

交通事故・後遺障害を専門とした行政書士です。

MRI検査で医師によって回答が違うのは、専門医でないから回答が違うということは、実務上珍しくございません。

または、数回MRI検査を行った結果、初期のMRI検査では異常があったが、最終MRI検査では異常所見が消滅していた、という可能性もございますね。

或いは、Aの医師から診るとヘルニアでも、B医師が診るとヘルニアとは言えないなど、診る医師の程度問題の可能性もございます。


後遺障害の認定をする調査事務所の担当者は、被害者の有利な情報を否定する...続きを読む


人気Q&Aランキング