ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

数学とかで、答えの下に線を引っ張って二本クロスさせるように短い線で終わらせますよね??
(たまに、三角形にする人も…)

その、最後にチョンチョンって引く二本の線はなんの意味があるんですか?

ないとだめなんですか??

A 回答 (2件)

特に意味はないかと…


正式な記号ではないですし…

これが結局答えですってアピールしてるだけなので…

数学の先生の中には、答えの下に波線~~をかく人もいたように記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですねー、
確かに、四角で囲む先生もいました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/12 13:47

あってもなくても、全くどうでもいいです。


要するに、採点者に「これが答えだ」というのが判りさえすれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、
回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/12 13:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の回答の書き方がわかりません! 答えだけじゃなく、写真のように言葉もかかないとだめなんですよね?

数学の回答の書き方がわかりません!

答えだけじゃなく、写真のように言葉もかかないとだめなんですよね?

この言葉を使う回答の仕方のコツをうまく掴めません。

どうすればよいですか?

一番知りたい点は、書かないと減点される言葉と、
書かなくても減点されない言葉の違いが知りたいです。

Aベストアンサー

そんなことよりも、何を書かないと言いたいことが伝わらないかを考えましょう。
よむ人の身になって自分の文章を読んで見ましょう。

他人から見て何いっているか不明なら直しましょう。

そう言う文章も含めた全体が「答」です。
数式だけでは当然到底表すことは出来ません。

Q数学Bです。下線部はなぜこうなるのですか?

数学Bです。下線部はなぜこうなるのですか?

Aベストアンサー

等比数列の和の公式に
公比2、初項1、項数10を代入してみてください。
画像の式そのものになります。^^¥

Q面積を表す文字になぜSをつかうことが多いのか

タイトルどおりの質問です。職場で突然、話題になりました。現在、スクエアの頭文字では、という意見が優勢です。いろいろな説があるのかもしれませんが、「何々では」という予想ではなく、それなりに根拠がある由来をご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

No4.の補足です。

歴史的な経緯からすると、繰り返しになりますが、和を表すsumあるいはsummationの頭文字をとったものというのが、数学界での定説です。

同様の見解は、次のURLにも出ています。
三重大学で作った解析学のホームページ内の掲示板での質疑です。
そのものズバリの質問と回答が載っています。
http://www.com.mie-u.ac.jp/~kanie/tosm/keiji04/k_result.htm

そもそも曲線図形の面積を求める方法には2つあります。
(たとえば、野崎昭弘他著「微分・積分の意味がわかる」ベレ出版,2000年,p114参照)

1つは原始的な方法で、既にアルキメデスの時代から知られている、
「図形を細かく分けて、直線で囲む形にして近似し、足し合わせる」という、いわゆる区分求積法です。

この足し合わせるという語は、英語などではsumとかsummationといいます。
そして、後述するライプニッツおよびニュートンによる微積分学以降、
離散量あるいは有限個のものの和を表すのに、この頭文字Sに対応するギリシャ語のアルファベットΣが使われ、
「一つ一つの分割をS1,S2,S3,・・・とおけば、全体の面積S=ΣSi」
という数学記法上の慣習として広まったものです。

つまり、Sを、sumあるいはsummationの頭文字であるとする根拠がここにあります。そして、今では、曲線図形でない場合でも広く一般的に、図形の面積を表すのにSは利用されています。もちろん、面積をSとおくというのは、規則でも強制でもありません。

さて、もう1つ、曲線図形の面積を求める現代的な方法は、積分を使う方法です。
これは、上記のS=ΣSiという表現式で、i=1,2,・・・という分割を無限に続けたときの極限値をもって、その図形の面積とするというものです。
その場合、極限値が存在するなら、各Siは、連続量S(x)に書き換えられて、S=∫S(x)dxと表現されます。
そして、この積分記号(インテグラル記号∫)は、ライプニッツの提案によるもので、
離散量の和の記号Σに対応して、連続量の和として、これまた和を意味するSを縦に伸ばした、イメージ的にも優れた記号と言えます。この事実は、
たとえば、ホームページでは
http://www.nikonet.or.jp/spring/integral/print3.htm
書籍では、
船山良三「身近な数学の歴史」東洋書店,1991,pp.308-313.
などでも述べられています。

ところで、面積がSで表されている場合、書き手によっては、ある「領域(sphere)」の面積を表すという意味で、sphereの頭文字Sを使ったということはあり得ることです。
しかし、残念ながら、squareやsurfaceの頭文字であるとするのは、特別の場合を除いて可能性は低いと考えられます。

一般に、数学の文献では、
「面積」には、通常areaを使います。また、四角形の面積には area of square を、円柱の側面積には surface atea of cylinder を使います。つまり、squareは四角、surfaceは曲面の意味です。
これらは、文献では、
William Dunham"The Mathematical Universe",Wiley,1994.
ホームページでは、
http://www.communicatejapan.gr.jp/yuki/algebra/wordsbook.htm
http://www.monjunet.ne.jp/PT/sampo/006.htm
などでも示されています。

以上、補足です。

No4.の補足です。

歴史的な経緯からすると、繰り返しになりますが、和を表すsumあるいはsummationの頭文字をとったものというのが、数学界での定説です。

同様の見解は、次のURLにも出ています。
三重大学で作った解析学のホームページ内の掲示板での質疑です。
そのものズバリの質問と回答が載っています。
http://www.com.mie-u.ac.jp/~kanie/tosm/keiji04/k_result.htm

そもそも曲線図形の面積を求める方法には2つあります。
(たとえば、野崎昭弘他著「微分・積分の意味がわかる」ベレ出版,2000年...続きを読む

Q約分について

分数の約分をするときに、分母と分子の数字に斜線を入れて約分の結果の数字を近くに書くと思いますが、その斜線の方向(/なのか\)に決まりってありますか?

もし決まりがあるとすれば、理由なども添えて書き込んでいただけたら幸いです。

うまく表現できずに申し訳ありませんが、質問の意図は伝わったでしょうか?

Aベストアンサー

手近にある教科書では"\"になっていますね。でも、決まりや数学的な根拠などは無いと思います。"-"を使った書籍を見た記憶がありますので…。

私もかつて"\"で習ったのですが、その時に先生が「"/"では、ズレたときに"数字の1"に見えるので"\"を使う」と教えてくれました。
現在私も小学校に勤務していますが、その先生の言われたこと、「なるほど!」と思う場面は確かにありますよ。だから、私は「アンチ"/"派」です。

Q証明終了の記号。

証明が終わったという記号は、どんなものがあるのでしょうか?

調べたところ、QED、■、//があるということですが、手書きの場合だと、個人的な意見としては、//が書きやすいです。

ですが、よく使われるのは、QEDなのでしょうか?
最近の流行りがあるのであれば、どれが一般的なのか知りたいです。

Aベストアンサー

どれも非常によく使われますが、
どれを使っても ダサい ことに変わりはありません。
証明を書いたのと同じ言語で、「証明終了」とか
"That was to be proved." とか、書いておくのが
自然だと思います。証明をラテン語で書いたのなら、
"quod erat demonstrandum" ですね。

Q学研模試とは進研、全統、駿台と比較したときどのような位置づけとなるのでしょうか?

学研模試とは進研、全統、駿台と比較したときどのような位置づけとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

学研ハイレベル模試というのが高1高2であるようですが、それは駿台にも匹敵するらしいです。高3での学研全国総合模試というのは、進研よりは難しいようですが偏差値の出方からは河合全統と同等かそれより少し難くらいかと想像します。

ただし東日本ではあまり選ばれない模試のようだし受験規模も駿台より少し多いくらいなのでマイナー模試と言え、中堅校までなら進研、国公立や私立上位は河合、最上位校は駿台という定番の図式の中に入れるまでもないような。マイナー模試はどうしても出題難易度にばらつきがでる(安定しない)傾向があると思います。

Q数学の答案の書き方について 現在高校2年の者です。 数学の答案を書くとき、 余弦定理などは「余弦

数学の答案の書き方について


現在高校2年の者です。
数学の答案を書くとき、
余弦定理などは「余弦定理より、」などと使う公式を示すと思うのですが、三平方の定理などもいちいち定理名を示した方が良いのでしょうか?
こういうのは定理によって違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

大学の教科書とかだとある行から隣の行に数式を変形するのに
定理を数個説明なしに使うなんて当たり前のように行われますが
高校生の試験の答案ではまずいでしょうね。

一遍に複数個使わず、ひとつひとつ名前を挙げて
式変形に使ってゆかないと減点食らうかもしれません。

また定理になってなくても、

「3個の未知数に対して、方程式が3個得られたので・・・・」

というように、解いてゆく道筋をしっかり示した方が
分かりやすいでしょうね。

とにかく、見る人のことを考えて書くことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング