カテゴリが合っているか心配ですが。。。
随分昔なんですが、板本こうこという漫画家さんが描かれた「スカイマリイ」という漫画で、大正時代に日本人女性で初めて飛行士になった女性の話がありました。
その時はフィクションかと思っていたのですが、つい最近あるサイトで「今から80年ほど前に日本人女性初めての飛行士となった人がいた」という記述を見つけました。
この女性は実在するんでしょうか?
ちなみに、漫画の中での名前は「クラタ・マリコ」さんで、アメリカ軍人と結婚し、「マリコ・ハワード」となったと描かれていました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たぶん、板本さんが直接モチーフにしたのは昭和51年に


放送されたNHKの朝ドラ『雲のじゅうたん』ではないかと
思うのですが、そのモデルが#1で名前の挙がった兵頭精
さんです。

もっとも、実際にはもう一人、ほぼ同時期に航空免許を
取得された乃位野衣(のぞき・やえ)さんのエピソード
も合わせて織り込まれており(主人公の設定からすると
むしろこちらの方がメインかも)、他にも何人かのモデ
ルが存在するようです。その中の一人が米国軍人と結婚
している可能性はありますが、基本的に板本さんの創作
エピソード、と考えた方がいいかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。。事実を元にしたフィクションということですね。
よくわかりました!!ありがとうございました!

お礼日時:2001/07/10 15:05

大正11年3月に日本人女性初の航空免許を取得した正真正銘の第一号は兵頭精(ただし)さん何ですが、



「兵頭精、空を飛びます!」

日本初の女性パイロットの物語
中村 英利子・著  アトラス出版  税別1,600円

上記書籍にも物語りが載っています。

ちょっと質問のような女性が実在したかという情報は見あたりませんねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
女性飛行士自体は実在したのですね。(サーチエンジンで検索しても向井千秋さんしか見つからなかったので・・・(^ ^ゞ)
ありがとうございました!!

お礼日時:2001/07/10 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性が甘いものを好むメカニズム?

女性が甘いものを好むメカニズムをご存知の方
お教えくださいませ(~_~;)

Aベストアンサー

以前TVでどこかの博士が発言されていましたね。
甘い物が好きかどうかは、性別で区別できないそうです。
育ってきた環境などが、影響しているのではないでしょうか。

もう1つ。
地球上に生息する動物や昆虫などで、甘い物が嫌いな生き物はいないそうです。
すべての生き物が(オスもメスも)甘い物が好きなようです。
例外は人間だけなんでしょうか?甘い物が嫌いな人もいますからね。
私は大好きですよ。最近甘さ控えめの物が多いですが、納得できません。
激甘の物ってないんでしょうか。

Qフィクションで描かれる自衛隊クーデターの疑問

漫画オメガドライブの自衛隊クーデターを見て疑問に思ったんですが
なぜ国家転覆のとき自衛隊の戦車や歩兵が政治家の集まる場所に実際に行く必要があるんでしょうか

映画、亡国のイージスみたいに頑強な要塞や基地や軍艦の中にこもって、
「今日から俺がこの国の大統領だ、政府と警察は自衛隊に無条件降伏しろ」
と、電話で伝えてあとは国営放送で大統領就任を国民全員に伝えるだけでクーデターは成功しないですか

自衛隊基地にある砲やミサイルの射程、爆弾を投下する機能のある飛行機の航続距離は日本全土をカバーしていて、国内の重要施設がどこにあるか自衛隊は当然国内だから正確に知ってますよね
警察はF2戦闘機どころかドアガン付きの輸送ヘリ一台だって撃墜する手段はないつまり自衛隊はその気になれば国内に歩兵を送り込んで制圧はいつでもできる
急いでその場に歩兵や戦車を向かわせる意味が分かりません

江戸時代や226の時代は攻撃対象が国内であっても火砲が基地の中から撃ったのでは正確に届かなくて、ミサイルやヘリコプターなんてもちろんない
敵権力者の目の前に歩兵部隊を集結させる以外に相手を威嚇する手段がありません
でも、21世紀は基地の中から政府や警察を威嚇・攻撃する手段は無数にあって、しかも警察は自衛隊の砲やミサイルを防御する手段を持ってないです

なんで現代のクーデターでも軍がその場に実際に歩兵を移動させる必要があるんでしょうか
なぜクーデターは基地内から電話一本でできないのかおしえてください
基地の中からミサイルで政府を脅して国家元首になったパターンは外国で実際に起きたクーデターにありますか
漫画や映画で出てくるような、政治家が集まって会議する場所に歩兵部隊を送り込んで権力者に鉄砲を突き付けて制圧するのは現代の実際のクーデターでも主流なのか、それとも映画や漫画だからわかりやすく描いたのであって実際なら基地の中で電話で一言いえば国家転覆が成立するのか
教えてください

漫画オメガドライブの自衛隊クーデターを見て疑問に思ったんですが
なぜ国家転覆のとき自衛隊の戦車や歩兵が政治家の集まる場所に実際に行く必要があるんでしょうか

映画、亡国のイージスみたいに頑強な要塞や基地や軍艦の中にこもって、
「今日から俺がこの国の大統領だ、政府と警察は自衛隊に無条件降伏しろ」
と、電話で伝えてあとは国営放送で大統領就任を国民全員に伝えるだけでクーデターは成功しないですか

自衛隊基地にある砲やミサイルの射程、爆弾を投下する機能のある飛行機の航続距離は日本...続きを読む

Aベストアンサー

権力とはなにか、ということですね。

日本だとちょっと分かりにくいので、アメリカを例にしましょう。

大統領を拉致したり威嚇したら、クーデターは成功するでしょうか。
しません。大統領を「任務不能」として、副大臣が任務を遂行するからです。

じゃあ、大統領と副大統領だったらどうでしょう。
上院議長が代行しますので、やはりクーデターは成功しないでしょう。

なぜ成功しないかというと、軍艦に立てこもっても、要塞に立てこもっても、結局他のところからきた軍隊によって攻撃されてしまうからです。

自衛隊全部がクーデターに参加することは考えられませんし(どこの軍隊でも軍人全部がクーデターに参加することはありません、あ、タイの例がありますが後で説明します)、過去に軍隊全部がクーデター側に回った例はありません。
漫画「オメガドライブ」でもクーデターを起こすのは自衛隊の特殊部隊だったはずです。

国会議員や内閣の大臣たちを脅すだけなら、たしかにミサイルを向けて脅せばいいようにみえます。しかし、それでは、命令を防ぐことはできません。つまり、自衛隊やもしかしたら米軍あたりに「内閣や国会議員は全員犠牲になってもいいから、クーデターの首謀者たちを殲滅してくれ」と命令や指示がでれば、クーデターを実行する連中がいる軍艦や要塞なんて破壊して殲滅するのは時間だけの問題です。

ですから、ミサイルなどで威嚇しても、議員や大臣が死を覚悟して、自衛隊には命令し、内閣府には次の選挙の準備を指示したら、数ヶ月後には正常な状態に戻ってしまいます。

クーデターで重要なのは、反撃できないようにすること、少なくともすぐに反撃されないようにすること、です。
そのためには、まず「指示命令ができない」状態にすること、命令が出るであろう行動を起こそうとしたらリスクがある状態にすること(具体的には、軍艦に攻撃機が向かったら、国会議員を10人ぐらい即時に射殺するとか)が重要です。
このようなリスクについては、自衛隊なら防衛大臣の命令や指示、警察なら各都道府県警の長の命令という、文民の命令が無い限り判断することができないからです。
逆をいえば、命令権と責任を持てる大臣なり首長なりが命令を下せば、攻撃ができる、ということです。

ですので、実際に武器をもって内閣や国会議員などを閉じ込め、命令できないようにすると共に、命令で動く組織(省庁や自衛隊・警察など)が勝手に動くと人質が殺されるようなリスクを担保することで、全体が動けないようになるわけです。

だからこそ、クーデターの際は大臣や議員などを人質に取る必要があるわけですし、逆をいえば国家はそうならないように常に配慮しているといえます。
(アメリカ大統領は副大統領と行動を共にすることは原則的にありません。たとえ二人が一緒でも上院議長は別行動ですから、クーデターが起きれば、命令が出来る上位者が即座にその他の軍隊(州兵もいますしね)に命令をかけて動員します)

さて、以前https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8952960.htmlにも回答したのですが、質問者様は自衛隊を一枚板のように考えているような気がします。正しい命令ならそれなりに一枚板で機械のように動くでしょうが、クーデター
のような正規の命令とは考えられないような命令の場合、全員が疑問もなく動く、というわけではありません。

たとえば各基地や護衛艦の船長などは、一定の権限を与えられていますから、防衛大臣の正規の命令以外を実行することはありません。またクーデターの首謀者が誘惑したとしても、いろいろな考え方の人がいますので、参加するとは限りません。たとえば大臣の身内のような人が基地司令官であれば、絶対にクーデターには参加しないでしょう。

もし陸・海・空自衛隊全部が一斉に蜂起しクーデターを起こすなら、たしかにご質問のとおりのことがかねません。
ただその場合は「日本は統治権をうしなった」と判断してアメリカや中国、ロシアなどが日本の統治権を求めてクーデター側と戦うかもしれません。現代はあまりありませんが、昔は、王様が亡くなって世襲争いをしているときに隣国が攻める、なんて日常のことでしたから、現代でもそのリスクは十分に考慮する必要があるといえます。

さて、実際に全軍が蜂起してクーデターが成功した事例がタイにあります。
詳細はこれhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC_(2006%E5%B9%B4)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%BF%E3%83%BC_%282014%E5%B9%B4%29

簡単に説明すると、当時のタイは与党と野党が激しく争っていて、民衆も過激なデモをするような状態だったため、軍部が見かねて内閣を乗っ取ったのが2006と2014年のクーデターです。

このとき重要なのは「民主的な手続きとしての内閣が機能しないから、軍部が混乱を収拾するためにクーデターを起こす」ということで、タイ国王に完全な忠誠を誓ってから、ほぼ全軍が一斉にクーデターに入ったのが特徴です。

タイ国王に忠誠を誓う必要があったのは、立憲君主制の国では、政治は憲法によって君主が国民に委託しているだけであって、国の統治権は君主にあるからです。ですからクーデターを起こす側も「タイ国を乗っ取るつもりはありません。ただ政治のでたらめを直したいだけです」と宣言したかったからです。
これのより、他国の侵攻「統治権が揺らいでいるから攻めてもいいよね」という言い分も否定することができるわけです。

逆をいえば、国王という内閣とは別の国の枠組みがあり「国王の代わりに軍隊が政治を正す」という考えに人々が賛同したから全軍&警察という稀なクーデターが成功したといえます。

日本においてのクーデターといえば5.15事件と2.26事件が有名ですが、これらもエリート階級だったとはいえ、一部の青年将校だけが蜂起したもので、帝国陸軍や海軍の全軍が蜂起したものではありません。
また、昭和天皇も激怒したといわれており、鎮圧を命じたとも言われています。
結局、軍や警察がクーデターを阻止し鎮圧したわけです。

国家というのは「人」ではありません。システムなんです。

国家転覆を図るならシステムを破壊するか、少なくともシステムが機能しないようにする必要があります。内閣とか国会議員はそのシステムの上位命令者なので、命令者が命令を発せられないようにする必要があります。
ミサイルや爆弾では命令を阻止することが出来ませんので、非常に難しいです。また、襲撃して人質を取る場合には、命令権者を全員集める必要があります。そうしないと人質になった命令権者は全員職務不能者として、指揮権を発動する(システムを動かす)ことができるからです。

参考になるかどうか分かりませんが、テロを主題とした映画を見てみると分かり易いかもしれません。
軍艦を乗っ取って要求をするテロなら「沈黙の戦艦」、大統領機を乗っ取っとるテロなら「エアフォース・ワン」などがあります。映画の質はともかく、テロに対して国家がどのように対応するかが分かりやすい映画です。

それともうひとつ、もし、要塞や離れた基地からミサイルで狙って国家転覆ができるなら、他国がそれをやってもいいわけです。
たとえば中国が弾道ミサイルの1発を東京に向けて「ロックオンしたから、日本政府は中国の言うことを聞きなさい」とやっても、理屈はまったく同じです。

でも、そんなことはしませんね。それをすれば、たとえ弾道ミサイルで東京が壊滅しても、自衛隊や安保協定で米軍が応戦するからです。

クーデターの主体が「自衛隊全体」なら日本を乗っ取る可能性もありますが、全部の自衛隊員がそれに賛同することはありえないでしょう。したがって、クーデターに参加しない多くの自衛隊によって、クーデターは潰される、という結果になります。

権力とはなにか、ということですね。

日本だとちょっと分かりにくいので、アメリカを例にしましょう。

大統領を拉致したり威嚇したら、クーデターは成功するでしょうか。
しません。大統領を「任務不能」として、副大臣が任務を遂行するからです。

じゃあ、大統領と副大統領だったらどうでしょう。
上院議長が代行しますので、やはりクーデターは成功しないでしょう。

なぜ成功しないかというと、軍艦に立てこもっても、要塞に立てこもっても、結局他のところからきた軍隊によって攻撃されてしまう...続きを読む

Q市場メカニズムと資源の効率性

はじめまして。早速なんですが、授業で市場メカニズムに任せれば、資源が効率的に配分されると習ったのですが、どうして市場メカニズムに任せれば、資源が効率的に配分されると言えるのでしょうか。

Aベストアンサー

グラフを使わずにこの問題について説明するのは困難です。
資源の効率的配分は「パレート最適」と呼ばれます。まず教科書でこの項目をよく読むか、インターネットで検索してみてください。
ふつうは「純粋交換経済モデル」を使って、「エッジワースのボックス・ダイヤグラム」というグラフで説明します。
それから「資源の効率的配分」の意味は、「資源の無駄遣いがない」という意味です。「市場メカニズムに任せれば」は「市場の中で人びとが利己的に行動すれば」ということで、他人のことはともかく自分の効用(満足)少しでも高くなるように行動するということです。

Q第二次大戦中の各国に、女性の軍人は?

第二次大戦中の日本の軍隊には、女性の軍人はいなかったらしいのですが、他の国には居たのでしょうか?(ソ連には存在していて強かった?と聞いています。)

また、男性と同じように扱われていたのでしょうか?

Aベストアンサー

英国、アメリカ、ソ連、中国に女性兵士が存在したようです。
ソ連、中国以外は第1線で戦うことはなく、後方勤務に従事したようです。

ソ連、中国では狙撃兵などの任務につくこともあつたときいています。
またソ連では落下傘で敵戦線背後に降下しゲリラ活動に従事した例もあるようでう。  高射砲兵などは女性が活躍し、スターリングラード戦線では市街戦で男性顔負けの奮闘をしました。
これは特殊訓練を受けた兵士の絶対量が不足していた事情があったようです。
当然性別の考慮はなかったでしょう。

英米では戦闘に参加することはなく一応性別は存在していたようです。
通信、情報、対空監視、などに従事していたと聞いています。
男性同様の階級制度も存在しました。

Q熱膨張係数(CTE)の温度依存性のメカニズムは?

現在、金属薄膜や有機薄膜(膜厚はおよそ100-1000nm)の熱膨張係数の測定を行っています。
様々な物質の測定値をデータベース化しようとしているのですが、
どうも熱膨張係数が明確な温度依存性を持っている物質があるようです。
(温度とともに増加するものも、減少するものもありました)

この温度依存性のメカニズムについて自分なりに調べてみたのですが、
・格子定数が温度の2乗(あるいは3乗以上の項)に比例するため
と結論づけているホームページを見つけました。
(http://www.ceramics.nist.gov/srd/summary/scdtib2.htm)
これ以外のメカニズムで熱膨張の温度依存を説明できるような理論があれば、
是非教えて頂けたらと思います。

とにかく、熱膨張の温度依存について、
どんな小さな情報でも構いませんので、
ご教授頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的な物質の熱膨張の因子として,原子の熱的振動による格子振動,電子の熱的励起,および磁気的寄与があります。また,特殊なケースとして,欠陥の現象による見かけ上の体積収縮があります。(これは,炭素繊維/炭素マトリックス複合材料などに見られるケースで,温度の逆依存性を示します)

上の3つの因子の内,格子振動と電子の励起は温度と共に増加します。一方,磁気的寄与については,温度に対し増加する場合も,減少する場合もあります。
すなわち,材料によっては,非常に大きな磁気的寄与により体積の減少が起こるわけですが,このときにスピン揺らぎが発生します。スピン揺らぎとはスピンの熱的励起によって,局所的スピン密度に揺らぎが生じることを言います。磁気モーメントの振幅はスピン揺らぎの影響を受けて非常に大きな温度変化をします。この磁気モーメント振幅の熱的変化を介して熱膨張に異常が現れることになります。したがって,スピン揺らぎと熱膨張係数は密接な関係にあり,熱膨張係数の温度依存性や温度逆依存性として現れるわけです。

この温度の逆依存性を利用した金属にインバー合金があり,格子振動,電子の寄与による体積が増加分と,磁気的寄与による体積の減少分を相殺し,熱膨張係数がほぼ0の状態を達成させています。

一般的な物質の熱膨張の因子として,原子の熱的振動による格子振動,電子の熱的励起,および磁気的寄与があります。また,特殊なケースとして,欠陥の現象による見かけ上の体積収縮があります。(これは,炭素繊維/炭素マトリックス複合材料などに見られるケースで,温度の逆依存性を示します)

上の3つの因子の内,格子振動と電子の励起は温度と共に増加します。一方,磁気的寄与については,温度に対し増加する場合も,減少する場合もあります。
すなわち,材料によっては,非常に大きな磁気的寄与により体...続きを読む

Q女性の戦闘指揮官は、どれくらい実在したのでしょうか?

女性の戦闘指揮官は、どれくらい実在したのでしょうか?

Aベストアンサー

戦国時代(日本)には、女性の戦闘指揮者がいたといいます。
岡山市灘崎町にある「常山(つねやま)城」では、
城主の妻が指揮を執り、城内にいる女性たちと共に甲冑を着け、
男性と共に戦ったそうです。(全員討死)

全国には、まだまだこのような女性がいたと思います。

Q放射性物質が冷却水中に取り込まれるメカニズムは?

福島第一原発では高濃度の汚染水が大量に見つかったり海水が広範囲に汚染されたりしています。

それで、放射性物質の漏出のメカニズムつまり圧力容器内で核燃料(放射性物質)がどのようにして冷却水中に取り込まれるかを知りたいのですが、次の(a)~(c)のようなことを妄想しています。メルトダウンは2,800°Cで起き始めると聞いたのですが、
(a)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)の一部も機械的に水蒸気の中に取り込まれる。
(b)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)と化学的に反応して別の物質になり、その物質が水蒸気の中に溶け込む。
(c)核燃料が高温のため気化して水蒸気の中に取り込まれる。

上記のような妄想は多分全く的外れだと思うのですが、次の2つの場合について、どのようなメカニズムで核燃料(放射性物質)が冷却水の中に取り込まれるのかお教えいただけないでしょうか。

(1)核燃料(放射性物質)がメルトダウンしてないときつまり原子炉が正常な運転状態にあるとき。
(2)核燃料(放射性物質)がメルトダウンするとき又はメルトダウンした後。

福島第一原発では高濃度の汚染水が大量に見つかったり海水が広範囲に汚染されたりしています。

それで、放射性物質の漏出のメカニズムつまり圧力容器内で核燃料(放射性物質)がどのようにして冷却水中に取り込まれるかを知りたいのですが、次の(a)~(c)のようなことを妄想しています。メルトダウンは2,800°Cで起き始めると聞いたのですが、
(a)そのような高温では冷却水は瞬時に水蒸気になると思いますが、そのときに核燃料(放射性物質)の一部も機械的に水蒸気の中に取り込まれる。
(b)そのような高温では冷却...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
全部違う。
通常の水などが中性子を受けて、重水素やトリチウムなどができる。
(2)
放射性物質といっても多くはヨウ素セシウムストロンチウムなどです。
これらは高温で液体、気体となります。
よって高温でジルコニウム合金の皮膜が無くなったら、気体となって水蒸気と混ざります。
Cですね。

ウランやプルトニウムの場合、硫酸ウランなど溶解度の高いものに化学変化するのもちょっと思いつきません。おそらく冷却水中に溶解はほとんどしていないと思います。
冷却水中に溶解度以上のウラン・プルトニウムが含まれるとしたら、それは溶解ではなく一度メルトダウンによりとけた燃料の細かな破片が直接混じっているのではないでしょうか?
目の細かいフィルターかければ直接集められるかも。

Q日本や世界の歴史が描かれた漫画

世界や日本の歴史について描かれた漫画って
何があるか教えてください。
(できれば文庫版を読みたいと思います。)

Aベストアンサー

こんばんは。

色々ありますよ。
(‘文庫本’と書かれているのもあります。)

http://www.geocities.jp/uwasano/rekishimanga2.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%BC%AB%E7%94%BB

http://astore.amazon.co.jp/scholastilugd-22?_encoding=UTF8&node=4


私、これを古本屋で買おうとしたことがあるのですが、全60巻もあるのでやめました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97_(%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%85%89%E8%BC%9D)


以上、ご参考になりましたら幸いです。

Q男性性、女性性とは…

男性であれ女性であれ、本来の性に関係なく男性性と女性性を持ち合わせていますよね。その中で、ともすれば人はある一部で生きていたり、自分の男性性、女性性を成長させないままに生き問題を抱えていたりします。
さて、ふと立ち止まって考えるに、この男性性、女性性なのですが、具体的にはどういったことを言うのでしょう。(男性性は…、女性性は…のようにお答えいただけると分かりやすくてありがたいです。)いろいろなお考えをいただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
「男性性」「女性性」というとき、「身体的な性」と「ジェンダーとしての性」というものが、まず二つ分かれてきます。もっと細かく「性」を分けることもできるのですが、あまり細かい分け方をしても仕方ありません。

身体的な性というのは、身体の外見からして、男性と女性は違うということです。一次性徴、二次性徴において、男女の差は明確にあります。染色体による男女の違いも無論あります。

一次性徴のなかに、実は、生殖器官が含まれ、生殖器官のなかに、性ホルモン分泌器官があります。この有無で、男女の差が有意に出てきます。例えば、女性の方が、身体のホメオスタシス調整は精緻で微妙です。一見、女性の方が体調などで、不安定だと思えますが、実は、ホメオスタシス調整が微妙であるため、調整がうまく行かない、または調整の作業で、体調に影響が出てくるのです。

女性の方が、身体は丈夫であり、身体の調整もうまく取れていて、その結果、女性の平均年齢が、男性よりも高くなります。

男女の脳の違いは、胎児期や、その後の成長過程での性ホルモンの作用で出来てきます。男女の差は、身体的には、女性は、毎月、子供を作る準備を開始し、受精しなかった場合は、古くなった準備卵子を壊して捨て、新しい卵子を準備して、妊娠の準備をするという状態になっています。男性は、こういう周期はないのです。

心理の話ですから、ジェンダーの話になります。男性と女性は、生物的に、以上のような、違いがあり、特に、性ホルモンは、たとえ、子供を作らない女性でも、子供を作ることを前提に分泌されており、月経周期も、身体が、子供を作るに不適切な状態になるまで、50年近く継続します。

女性は、一ヶ月周期で、人格が変動しているとも極端に言えます。人格と言っても、個人が個人であることが変化するのではなく、感情とか思考とかに、周期的な影響が出てくるのです。

個人差が無論ありますが、男性の場合、何か外部で事件や異変がない限り、感情や思考は、一定のパターン、様式を維持しています。しかし、女性の場合、強弱の差はあっても、一ヶ月周期で変動しています。身体の周期変化と、この心理の周期変化は連関していて、調整の難しさが心理状態に反映します。身体の状態が不安定だと、男性でも、心理が不安定になり、敏感になります。

こういう意味で、心理の不安定さや敏感さが、女性性で、安定性が男性性だとも言えます。

しかし、ジェンダーは、社会的にも決まって来るのです。人間は社会的存在であるので、社会における役割や、社会が、どう男女を区別し、「あるべき姿」を社会的ノモス(ルール)として決めているかで、男性性、女性性は大きく決まっています。

この社会的ジェンダーは、母権制社会とか、父権制社会というような社会の態勢において、違って来ます。西欧は典型的な父権制社会です。日本などは、母権制社会であり、女性が社会の基盤にあったのです。徳川幕府のもとでは、女性の権利が制限されていたように見えますが、徳川将軍家や大名家、上級武士の家の仕組みなどを見ると、女性がそれなりの実権を持っていたことが分かります。儒教は、男尊女卑思想を主張し、徳川幕府は政治イデオロギーに儒教を使ったので、政治分野での女性の容喙は厳禁しましたが、それ以外の面では、庶民の家などは、女性中心であるとか、日本は母権制社会であったのです。

しかし、明治維新になって、西欧の真似をするため、上から父権制社会を強制しようとしました。天皇は、国家・国民の父であるとか、「家長」が家について、全権を持つとか、家父長制を押しつけようとして、そういう表層構造を造りました。

昭和後期は、敗戦後、経済復興を目指し、男は企業兵士となってがむしゃらに働いた時代が過ぎ、エコノミックアニマルでは、どうしようもないという時代になると、元々の母権社会が復活して来て、父権制を主張するにも、男は、その主張の「根拠」がなくなったのです。

元々、女性の身体や心理は、不安定であっても、強靱性があるのです。耐久性もあります。男の力は、瞬発力で、後が持続的にないのです。それは心理も同様で、同じような鬱屈した閉塞状態に置かれると、男性が心理的に参ってしまいます。女性はもっと耐えることができます。つまり、男性の心理で、女性の立場に立たせると、男性は、ほとんど、ダウンするのです。

平成になると、男女差がよく分からなくなったというのは、女性は元々の強靱さが、表に出てきたのであり、男性の方は、社会的に男性ジェンダーを支える現実的原理や基盤がなくなったので、役割が消えて、「男とは何か」が分からなくなったということです。

カール・グスタフ・ユングは、男女の差を、男性の心には、「アニマ」があり、女性の心には「アニムス」があるのが、その違いだと言いました。アニマとは何かというと説明していると複雑になるので簡単に言いますと、「ロマティック・アニマ」と呼ばれるものが理解しやすいでしょう。

ロマンティック・アニマは、男性には理解できない不思議な心を持ち、本心が分からず、変化する心と姿を持ち、非常に不思議で謎であり(スピンクスのようなものです)、しかも、魅力的で、心も体も魅惑されるような何かです。この不思議さは、一つに、男性の感情や思考は安定しているのに、女性の心理は、変動しやすく、何故、どういう風に変動したのか、男性には理解できないというところから生じています。またフェロモンで、男性は女性に魅惑されるということの心理的解釈なのです。

他方、女性の心のなかのアニムスは、合理的で、一貫し、冷静で、敵と戦い自分を守ってくれる戦士または戦士の集団として現れます。また、そういうアニムスにあこがれる心理が女性にはあります。『話を聞かない男、地図の読めない女』などという本があり、その本の受け売りを書いている人がいるようですが、一応、この本も一理あります。

ただし、「身体の性」と「ジェンダーの性」、更に「社会的性」というような概念を述べたように、性=ジェンダー一般は、非常に複雑です。男性脳と女性脳があり、これが、男女性であるというのも事実ですし、社会的ノモスの規定男女性役割・イメージがあるというのも事実です。それらに、更に、個人の経験や性格・才能で、個人的な男女性ができます。

アニマ・アニムスのイメージは、社会的に影響を受け、また身体的基盤による深層心理でも決まって来、個人のパーソナリティでも決まってくる(というか、アニマ・アニムスが個人のパーソナリティをあるところまで規定します)ということからすれば、男性性とは、アニムスの像であり、女性性とは、アニマの像だとも言えます。
 

 
「男性性」「女性性」というとき、「身体的な性」と「ジェンダーとしての性」というものが、まず二つ分かれてきます。もっと細かく「性」を分けることもできるのですが、あまり細かい分け方をしても仕方ありません。

身体的な性というのは、身体の外見からして、男性と女性は違うということです。一次性徴、二次性徴において、男女の差は明確にあります。染色体による男女の違いも無論あります。

一次性徴のなかに、実は、生殖器官が含まれ、生殖器官のなかに、性ホルモン分泌器官があります。この有無...続きを読む

Q伝統的な日本女性のありかたを描いた本

いわゆる「大和撫子」など、日本の伝統的な淑女のありかたを描いた本を探しています。

山本周五郎「日本婦道記」
福沢諭吉「女大学」

ひとまず、こんな本を見つけましたが、他にも探したいと思います。

ご存じの方、ご紹介ください。

Aベストアンサー

いわゆる「大和撫子」など、日本の伝統的な淑女のありかたを描いた本としては、貝原益軒の『女大学』と、『和俗童子訓』の「巻5 教女子法」が適切ではないかと思います。両書とも短く、Web上でも公開されていますので、簡単に確認できます。
なお、福沢諭吉の『新女大学』は、益軒の『女大学』を否定しています。

『女大学』原文
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/754896/3
「大和撫子」のルーツを発見? 「女大学」全文公開(現代語訳)
http://www.tanken.com/onnadaigaku.html
『和俗童子訓』原文
http://www.nakamura-u.ac.jp/~library/lib_data/c02.html
『和俗童子訓』(現代語訳)
http://ixzpapa.com/modules/xpwiki/456.html


人気Q&Aランキング