dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

lupan344さんに質問です
以前は親切に答えてくださり本当にありがとうございました
一つ質問し忘れていたものがあったので申し訳ないのですが再度質問させていただきます
万物の理論つまり統一場理論が完成したとしたら多元宇宙の有無または多元宇宙が存在したとした場合のその性質まですべてわかるのでしょうか?

A 回答 (23件中1~10件)

現在は、死後の世界との接点が無く、観測不能ですから、死後の世界の存在の可能性もわからないと言う事になります。


今の情報では、解明の糸口も無く、解明できる可能性はありません。
将来に関しては、わからないとしか言いようが無いです。
現在は、あくまで仮説としての提案の段階であり、検証方法も含めて、未知の段階と言えるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

例えばなのですが 何かが存在しないことを証明することが不可能なのと同じように何かをすることが将来的に絶対不可能であることの証明も不可能なのでしょうか?
例えば死後の世界の解明は不可能であるとか 別の宇宙への移動は不可能であるとか

お礼日時:2018/04/21 07:12

相互作用できる量子場が、この宇宙の量子場しかあり得ないかどうかはわからないです。

(他の量子場が観測出来ないからです)
証明がどのような事を意味するかはわかりませんが、納得できる方法で検証できるかどうかが問題になります。
量子場や電磁場などは、あくまで物理的概念の理論的存在です。(人間は、直接それらを観測する事は不可能です)
しかし、物理学的には、それらは存在していると考えています。(この状態を証明されたと捉えるならば、そのような理論的存在が、理論で要請されるならば、それは存在が証明されたと考えても良い事になります)
別の宇宙や、量子場に「意識」の情報が拡散しているかどうかは、その情報を観測出来れば、理論的には説明というか、存在が示唆される事になります。(現在は、そのよう定常的な観測は成されていません)
完全に「無」と証明する事は、人類の時間的制約から、難しいです。
ハメロフの仮説は、そのような「意識」の情報の観測でしか検証は不可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局なのですが 人間が死後のことを解明することは可能になるのでしょうか?

お礼日時:2018/04/18 10:55

基本的に、「在る」は、証明可能とは言えますが、「無」は、証明自体が難しい事になります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

意識情報が量子場に拡散し その量子場はこの宇宙の量子場しかあり得ないとおっしゃっておられましたが 完全ありえないということでは無いのということでいいのでしょうか?
別の宇宙の移動する可能性も完全に否定することはできないですよね?
またハメロフの仮説は証明できるのでしょうか?

お礼日時:2018/04/14 12:50

別の宇宙とか、別の場所と、我々の宇宙が相互作用していると考えなければ、辻褄が合わないならば、そのような場所が想定されると言う事です。


現在は、「意識」自体が何なのかがわからないので、そのような相互作用も想定不能です。(「意識」がそのような相互作用以外では生まれないと想定した場合は、そのような場が想定されると言う事です)
ですから、現在は、そのような事がわからないわけですから、辻褄に合わないと言う事も無いと言う事なので、別の宇宙とか、別の場所を想定する必要がありません。
宇宙の物理的な物質量は、現在観測及び、想定されている物質量より大きい事が、宇宙論では予想されています。
そのような、いわゆるダークマターは、別の宇宙との相互作用で生じていると考える方法もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

想定する必要がないということは無いと証明することもできないということでしょうか?
またこの量子の仮説を証明することはできるのでしょうか?

お礼日時:2018/04/13 18:07

可能性というより、そのような事が無いと辻褄があわないならば、想定できると言う事でしょう。

(現在は、そのような事を想定しなければいけない理由は存在しないようです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別の宇宙に行くということの可能性が辻褄が合わないと言うことではないのですかね?

お礼日時:2018/04/12 21:25

別の宇宙というか、他の場を想定した場合は、それは、我々から観測不能ですから、どのようになっているかはわかりません。

(つまり、そのようなものが有るのか、無いのかもわからないと言う事です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

行ける可能性もあると言うことでしょうか?

お礼日時:2018/04/12 18:39

量子場とは、量子力学的な相互作用が作用する際に、その量子力学的な力やエネルギーを伝達する空間の性質を、仮想的な物理学的実体として表現したものです。


したがって、量子場が「意識」情報を保存するとしても、それは「宇宙」の局所的な部分又は、宇宙全体に保存されていると言っているのと同じ事です。
ですから、そこが「天国」なのかどうかはわかりません。
仮に、量子場(これは、宇宙の局所的な部分もしくは、宇宙全体と言う事です)で、「意識」が生まれるとしても、その「意識」が認識する周囲がどのようなものかはわかりません。
それが、人間と同じ知覚を持てるのであれば、人間と同じに宇宙を認識するでしょう。
だとしたら、それは、いわゆる「天国」では無いと思いますよ。
そうでは無くて、宇宙の「意識」情報に相互作用する、何かになるとすれば、それは、人間が知覚する宇宙と違う方法で、認識する事になります。(この場合は、人間は、その「意識」が知覚する宇宙はわからないでしょう)
どちらにしろ、量子場が、「意識」現象を起こせるかはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

例えばその情報が別の宇宙に移ると言うこと言うことはないのでしょうか?
別の宇宙の量子場に

お礼日時:2018/04/12 17:55

熱的死ならば、情報の相互作用も無いと言う事ですよね?


そうなったら、「意識」の情報も拡散しているだけで相互作用出来ないと言う事になります。(どのようになっているかも、わからない状態と言う事です)
ハメロフは、「意識」の情報が量子場に拡散すると言っているだけですから、「意識」が拡散するわけではありません。
したがって、量子場をあの世と言う事は、量子場に「意識」が生まれると言う状態が確認されないかぎり、わかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その量子場と言うのがどんな場所 つまり人が思い描くような天国のような場所である可能性はあるのでしょうか?

お礼日時:2018/04/12 15:56

ある宇宙が終ると言うのが、どのような状態になるかはわかりませんが、その宇宙の物質そのものが無くなった(もしくは、現れなくなる)としたら、相互作用する量子場も存在しないと言うか、機能しない状態でしょう。


そうであれば、「意識」も現れなくなるのでは無いでしょうか?
他の場所と相互作用している場合は、量子場自体が、変動していると言う事になります。
もしかしたら、その変動は観測可能なのかもしれません。(現在は、そのような現象自体の確認は難しいです)
そのような現象の確認が出来れば、他の場所と宇宙が相互作用していると言う事は言えるのかもしれません。
「意識」がどうなるかは、また、別の説明が必要になるでしょう。(「意識」のハードプロブレムは残る可能性が高いです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

物質そのものがなくなるわけではなく熱的死が起こるということです
またハメロフが言う意見ではある意味量子場があの世ということなのでしょうか?

お礼日時:2018/04/12 14:16

ハメロフ氏とロバート・ランザ氏は、意識情報が、量子場に拡散すると言う考えを提示しています。


その意味する量子場は、この宇宙の量子場しかあり得ませんから、少なくとも、「意識」の情報は、この宇宙の量子場に保存されている事になります。
それが、「意識」を持つかは、わかりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

例えば意識があったとして 宇宙が終わったとしたら永遠に暗闇をさまようことになりませんか?
また そのような量子場がこの宇宙にしかないと証明はできるのでしょうか?

お礼日時:2018/04/11 08:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!