ロビーキーン、ロイキーンって兄弟なんですか?
彼らの今の状況、それとゴールしたときに確かお決まりのポーズがあったと思うのですが、どちらがしているのでしょう?教えてください!

A 回答 (2件)

ゴールした後に前転して弓矢を射る(?)ポーズをするのは、ロビー・キーンのほうです。



ところであの二人、表記上R・キーンになるのでしょうか?
その場合ユニフォームではどう表記されるんですかねぇ?
W杯予選では、名前は書かれてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/16 22:21

2人ともアイルランド代表でプレミアリーグでプレーしていますが、兄弟じゃないですよ。


ロイ・キーンはゴールを決めたあとにこぶしを握るくらいでそんなに派手なポーズは決めないですね。
ロビー・キーンのポーズは知りません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴールをした後のトッティの指しゃぶりポーズの意味は?

WCのイタリア対オーストラリアの試合でトッティがゴールした後に
指しゃぶりのポーズをしながら喜んでいたシーンを見ました。
このポーズはイタリアでは何か特別な意味でもあるのでしょうか?
分かる方が居たら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは

ニュ-スで見たんですけど
息子さんへと
世間へ(マスコミへ)みたいです
http://www.excite.co.jp/News/sports/20060628080505/Sanspo_SP_120060628011.html

Qゴールデンゴール、シルバーゴールを7月1日から廃止!?

私はサッカーは少々嗜みますが、専門家ではありません。
さて、
「FIFAの国際サッカー評議会が競技規定からゴールデンゴール方式、シルバーゴール方式を7月1日から廃止することを決定した。」

・・・とさきほどWEB上のサッカー関連ニュースを見ていて確認しましたが、廃止となった経緯や理由は何なのでしょう。
そこには説明がなかったものですから・・・。

やっとこのルールが定着してきたように思えてならないのですが・・・。

トーナメント戦ではまた昔のように正規の延長・PKで勝負をつけることになりますよね?
オリンピックやワールドカップの予選や本大会にも影響しますよね?

サッカーに詳しい方、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 理由としては、本来のルールから派生してさまざまな新ルールが出来てしまったので、ここで本来のルールに戻そうという事があったようです。

 ただ、延長VゴールなどJリーグから生まれたルールもあるので、大元であるFIFAの権威を守る為に、その権威で一度リセットするとも受け取れますね。

Qゴール裏を陣取るのは、どちらのサポーター?

絵を描いていて、わからないことがあったので質問です。
サッカーの試合でAチーム対Bチームの場合、
Aが守るゴールの裏を陣取るのはAチームのサポーター?
それともBチームのサポーター?

全くのサッカー音痴ですいません。
おそらくちょっとでもスポーツが好きな方だったら、
当たり前すぎることかもしれませんが、
どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の流れでお答えすると、「どちらでもあり、どちらでもない」です。
サッカーは開始時にコイントスで陣地を決めます。その後、ハーフタイムに陣地を入れ替えます。
サポーターは移動出来ませんので、前半と後半で両方観る事になります。

では、サポーターはどうやって席を決めるのか?
これは簡単で、必ずスタジアム側が「こっちがホーム側、こっちがアウェイ側」と決めていますのでそれに従うんですね。
中立のスタジアムでも便宜的な振り分けは必ず行いますので問題ありません。
もめ事が起こりがちなのはゴール裏ではなくバックスタンドやメインスタンドといったコートの左右の席でして、ここは両チームのサポーターが混在している事が多いので何かあると喧嘩になっちゃうんですよね。
最近ではバックスタンドを全面ホーム側としたり、無理矢理半分に分けて数メートルの境界線を作ったりといろいろ工夫されてますけど。

Q今大会のフランスの状況

今大会のフランスの状況

私は、サッカーの知識に関してど素人なので質問させていただきます。
この前、友人とW杯の話をしていたら、
「フランスは強いのに、今回の問題はもったいないよなぁ」と
言っていました。

そこで質問なのですが、
(1)フランスは世界で何位くらいにいるんですか?
(2)今回の問題とはどのようなものなんですか?

よろしくおねがいします<(_ _)>

Aベストアンサー

今回のW杯ではフランスはネタの宝庫ですね。
(1)フランスは世界で何位くらいにいるんですか?
まず、強さでいったら間違いなく世界屈指のレベルに入ります。
自国開催でしたが、98年のW杯では優勝していますし、前回の06年のW杯では
準優勝を遂げています。世界ランクは10位です。ここ1年で10位以下になったこと
はありません。サッカーは知らなくも、ジダンの名前は聞いたことあるのでは?

(2)今回の問題とはどのようなものなんですか?
監督問題です。2004年に代表監督に就任し、2006年のW杯では、ジダンなどの
ベテランを復帰させて準優勝しました。(ジダンが頭突きをして、退場になった
ことは、大きな話題になりました)ここまでは良かったのですが、欧州選手権2008
(ヨーロッパだけのW杯みたいな大会です)で惨敗します。惨敗した際のインタ
ビューで、自身の進退問題について「何も決まってない。決まっていることは恋人
と結婚することぐらいだ」など場違いな発言でバッシングを喰らいます。そして、
今回のW杯予選ではプレーオフまでもつれ、W杯出場さえも危ぶまれました。
そして、W杯の最後の1席をかけた試合で、あからさまなハンドをしてゴールを
決めてしまい、これが決勝点となりW杯の出場権を得てしまったのです。
これは「世紀の大誤審」と報じられ、自国のサポーターも納得した形では
ないW杯出場になりました。監督と選手の間に不穏感が生じ、練習が
終わりバスで移動する際に、監督を置いてけぼりにしてバスを移動させ
たり、監督は監督で占いで先発選手を決めたりと、もう散々です。
ちょっと日本と似た感じですね。W杯直前なのに、足並みが揃わない。
苦戦ばかりで本番が不安。監督の無能っぷり。などなど。
さて、W杯が開幕して、蓋をあけてみると、
ランキング18位のウルグアイにまさかの引き分け0-0。
ランキング17位のメキシコにまさかの敗戦。0-2。
このメキシコとの試合中、ハーフタイムの際に、主将のアネルカという
選手が、監督に暴言を吐きます。監督は即、交代させ、大会中にも関わ
らず、フランスサッカー協会はアネルカを緊急帰国させました。
これに納得しない選手が、練習をボイコットし、もう内部分裂です。
そして、開催国とはいえどもランキング83位の南アフリカにまさかの敗戦。
1-2。終わってみれば、3試合で0勝。さらに1得点しかとれないという
無残な成績に終わってしまいました。
更に、南アフリカとの試合が終わり、相手の監督が握手を求めてきたのを
執拗に拒否したこともに批判が集中しました。FIAFからなんらかしらの
ペナルティが与えられそうです。また、選手の1人であるエブラが、「フラ
ンス人は、今大会で何があったか知るべきだ。今までは監督が許さなかった
が、今週中に記者会見を開き、すべてを話す!」といっています。本当に
記者会見が開かれれば、世界が注目することになりそうです。

今回のW杯ではフランスはネタの宝庫ですね。
(1)フランスは世界で何位くらいにいるんですか?
まず、強さでいったら間違いなく世界屈指のレベルに入ります。
自国開催でしたが、98年のW杯では優勝していますし、前回の06年のW杯では
準優勝を遂げています。世界ランクは10位です。ここ1年で10位以下になったこと
はありません。サッカーは知らなくも、ジダンの名前は聞いたことあるのでは?

(2)今回の問題とはどのようなものなんですか?
監督問題です。2004年に代表監督に就任し、2006年のW杯では、ジダ...続きを読む

Qサッカー選手はゴールした後、なぜ走り回るのですか

サッカー選手は、ゴールしたらその後、なぜピッチ上を走り回るのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

すごく人間らしい自然な行動だと思います。全世界で昔から見られる光景です。

かなり昔ですが、伝説のFKで有名な木村和司さんが「ゴールした瞬間」について、「野球で言ったら、逆転満塁サヨナラホームランみたいな感覚」とサッカー雑誌でおっしゃっていたような記憶があります。

どれほど「ゴール」に皆が興奮するかは、その瞬間のサポーターやファンの反応を見ても分かります。それは「勝利のタイムアップ」の瞬間より強烈です。いきなり突然やってくるのですから。録画した試合をTV観戦してても、無得点でこう着状態で、「絶対点はないな」という場面で30秒画面をスキップしたら点が入っていたということが何回もあります。

イングランドリーグが初めて日本で放送された試合(68年ごろ?マンチェスター・ユナイテッド対トットナム)でのホームマンチェスターのゴールシーンでは、得点と同時に多くの子供たちがピッチになだれ込んでいてビックリしたものです。さすがに安全上から今ではそんな場面はないですが。

同時に決定的チャンスをはずした瞬間ははずした側の応援するファンは皆、「この世の終わりのような」表情で頭を抱えます。PKやFKなどピンチのシーンではピッチを見れなくなるファンや、TV中継でも音声を消したり目を閉じるファンも多いです。みんな手を合わせ「祈りながら」・・。

緊迫した試合ならなおのこと、重要な試合ならなおのこと、国際試合ならなおのこと・・・その喜びや失望は増幅されます。大差がついた試合で追加点では喜び方も少なめですが、逆に負けてるほうはすぐにボールを取ってセンターサークルへ走り出しますね。「最後まであきらめない」。大切なことです。

個人で取った「点」であっても、チームとしての絆や、サポーターへの感謝から、ゴール裏や、控え選手の下へ走り出すのも世界共通です。

「ゴール」は言ってみれば「奇跡」を経験するようなものです。「点が一番入りにくいスポーツ」だからこそ、その瞬間の快感を一度味わってしまうと、どっぷりはまってしまうようです。そういう人が世界中にいるから、世界で一番人気のあるスポーツになったのかも知れませんね。

こんにちは。

すごく人間らしい自然な行動だと思います。全世界で昔から見られる光景です。

かなり昔ですが、伝説のFKで有名な木村和司さんが「ゴールした瞬間」について、「野球で言ったら、逆転満塁サヨナラホームランみたいな感覚」とサッカー雑誌でおっしゃっていたような記憶があります。

どれほど「ゴール」に皆が興奮するかは、その瞬間のサポーターやファンの反応を見ても分かります。それは「勝利のタイムアップ」の瞬間より強烈です。いきなり突然やってくるのですから。録画した試合をTV観戦し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報