人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

近所の家の隣に畑があって、その前の道路にいつも車が停まっています。路肩が崩れかけているのをコンクリートで補強してまで停めています。
その家の人が言うには「この道路は私有地だから停めてもいい」のだそうです。でもその道の奥に他の家が建っているので私有地ではなく私道なのでは?と思います。
別に私に何の迷惑を掛けているわけではありませんが、前を通るたびに納得いかない気持ちです。正直な人はお金を出して駐車場を借りているのになあ、と。

見た目道路のような土地が公道か私道か私有地なのかを調べるには登記簿?を取ればいいのでしょうか。
奥に家があるのに私道でなく私有地というのはありえますか。そもそも私道と私有地の違いさえ良く分かりません。
登記簿を取ったら「私道」とかって書いてあるものですか。

世間知らずでお恥ずかしいのですが教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 こんばんは。



 地方法務局で、その場所の登記簿の閲覧をしましょう。所有者と地目が書かれていますから、すぐ分かると思いますよ。
 ただ、「私道=私有地」ですよ。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
>ただ、「私道=私有地」ですよ。
私有地の駐車場に車を停めていいけれど、私道はだめですよね。違いは何でしょうか?
地目に「私道」と書いてあるのでしょうか。

お礼日時:2004/10/18 21:04

登記簿でもその道がどういう道なのかは正確にはわかりません。

登記簿では”公衆用道路”程度しか書いていなくて、もちろんその道路の所有者はわかりますが、道路としての正確は把握できません。
公衆用道路でも公道もあるし私道もあります。また他の地目のままの時もあります。

一番わかるのは、建築指導課又は都市計画課などに聞くことです。
この部署ではその道路が建築基準法上のどの道路に該当するのか、あるいは単なる専用通路なのかを正確に把握しています。
ちなみに公道でも公有地と私有地があります。
同じく私道でも公有地と私有地があります。
公道/私道の概念と公有地/私有地の概念は異なるのでご注意下さい。

ご質問の家があるのに、ということですが、その昔にはまだ接道義務がなかった時代もあるし、その後でも専用通路として使っているなど、例外もあります。

で、ちなみに公道の場合は当然にして道路交通法の適用を受けますが、私道の場合は微妙で道路交通法の適用を受ける場合と受けない場合があります。

もちろん建築基準法上専用通路としての扱いしかしていないのであれば、道路ではなく通路ですから道路交通法の規制がかかることはまずないです。

ちなみに私道というのは、開発をかけたときの開発道路(建築基準法43条1項2号)や位置指定道路(同法同条1項5合)などが該当します。これらは役所に届け出ます。
なお、開発道路でも公道になることはよくあります。

道路の権利関係は複雑なので、現状不明であればこれ以上の説明は大変なのでこの辺で。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

本当に難しいんですね。
どう見ても道に見えるけれど…。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/20 20:24

 #1です。

参考までに……

 #2のお答えに、「住んでいる役所の道路管理担当課に聞いて見るのが早いでしょう。」とありますが、これはちょっと違う場合があります。
 以前、役所で建設関係の部署にいたのですが、民間の駅前広場の登記簿を取ったら地目が「墓地」になっていました。昔、お寺があった後に作られた広場が作られ、地目の変更がされていなかったようです。つまり、自治体の道路を管理している部署では、地目は分かりません。唯一分かるのは、公道であるかないかだけです。登記簿が確実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

駅前広場が墓地なんて!ちょっと怖いですね(笑)
何度もありがとうございました。

お礼日時:2004/10/18 22:54

 #1です。



 下記のサイト、私道の権利関係が結構分かりやすく書かれています。ご参考になれば幸いです。

http://www.asahi-net.or.jp/~VR5J-MKN/n3.htm

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~VR5J-MKN/n3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。本当に分かりやすかったです。勉強になりました。

お礼日時:2004/10/18 22:32

>私有地の駐車場に車を停めていいけれど、私道はだめですよね。

違いは何でしょうか?

 今回のご質問のように、奥に家がある場合は、私道であっても通行を妨害してはいけない事になっていますので、駐車はダメですね。ただ、奥に家が無ければ、問題ないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

建築基準法で考えると、4メートル以上の道路に接していないと家が建てられないようなので、家の前の道路みたいな土地は私有地であろうと無かろうととりあえず道路。でいいのでしょうか。難しい…。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/18 22:28

私道であるか否かは法務局で登記簿の閲覧をすれば


わかります
私道であっても公開している道路であれば
道路交通法の規制対象になります
つまり場合により駐車違反(青空駐車)になります
駅前などの公開された土地は
ほとんどが鉄道会社の土地であったりします
つまり私有地です でも駐車違反の取締りやってるでしょ、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

道路って一口に言っても難しいですね。
建築基準法の道路と道路交通法の道路で微妙に違う気が…。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/18 22:25

登記簿の写しを取るのもいいですが、時間と費用がかかります。


住んでいる役所の道路管理担当課に聞いて見るのが早いでしょう。地図で見てもらってそこが道路であれば、公道なのか私道なのかがわかります。道路でなければ、法的には道路として扱わないが実質的に道路として活用している私有地ですね。
なお「私道」が私有地の内、道路として認定されているもの(位置指定道路など)です。質問文のように三つの分け方で考えるのはちょっと変な感じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>なお「私道」が私有地の内、道路として認定されているもの
誰が認定するんでしょうか?土地の所有者が「私道じゃない」と言い張れば、タダの私有地になるのですか?
車が通れないほど邪魔ではないけれど、なんか気になります。

お礼日時:2004/10/18 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「家の前」ってどこまで?

よろしくお願いします。
一般的に「自分の家の前」ってどこまでなのでしょう?
私としましては、自分の土地を正面から見て、左右の境界線をそのまま延長して、その間の部分が「自分の家の前」だと考えているんですけど、皆さんはどのようにお考えですか?
実はお隣の方が、大きくウチの土地にかぶさるように線を引き、私の家の前の土地を使ってみえて、「ここは公の土地で、自分達が使うのに許可を取っている」とおっしゃいます。許可を出す方(役所)も出す方ですが、そういう申請の仕方をするお隣さんってどうなんでしょう。
「自分の家の前」の権利を守る法律って無いんでしょうか?
「私たちの家の前なので許可を取り消してください」って役所に言っても取り合っていただけないので困ってます。
この近所で、そんなおかしな線の引き方をしているのはそこだけで、あとの所は、皆さん境界線の延長線を取っているから余計に許しがたいです。
何か良い知恵をお貸しください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

敷地と公道との間が法面になっており、そこは自治体が管理している土地である。だいたいの家は、敷地前部分のみ占用許可を取って使用しているのに、隣家はあなたの家の前部分にまではみ出して占用許可を取り使用しているということですか。

もしあなたの家が隣家よりも先に建っていれば、あなたの家の前はあなたが占用許可を取っているはずですから、普通に考えれば隣家よりもあなたのほうが後から土地を取得して家を建てたということですよね。

その通りならば仕方がないと思います。
元々お隣はその形状で占用許可を取得していたわけでしょうから、あなたはその部分の許可を取れないという認識があったはずです。
あなたの敷地に出入りが不可能などの事情があれば別ですが、そこまでの事情がないならば自治体も許可を出している以上は一方的に変更は出来ません。

確かに自分の敷地の幅以上に占用許可を取得する行為も厚かましいとは言えますが、先に許可を取られていた限りは仕方がありませんね。
隣家と協議して、次回の許可更新時等に線引きを変えてもらうしかありません。

>「自分の家の前」の権利を守る法律って無いんでしょうか?

自分の家の前でも他人の土地であれば基本的には権利が及びません。
それでも、出入りに著しい支障を来たすなどの問題があれば、何らか主張しうる最低限の権利はあると思いますが、そこまで大きな問題がなければ境界の延長線から境界の延長線までをあなたの敷地の為に保護するような法律は特にありません。

敷地と公道との間が法面になっており、そこは自治体が管理している土地である。だいたいの家は、敷地前部分のみ占用許可を取って使用しているのに、隣家はあなたの家の前部分にまではみ出して占用許可を取り使用しているということですか。

もしあなたの家が隣家よりも先に建っていれば、あなたの家の前はあなたが占用許可を取っているはずですから、普通に考えれば隣家よりもあなたのほうが後から土地を取得して家を建てたということですよね。

その通りならば仕方がないと思います。
元々お隣はその形状...続きを読む

Q家の前の道が 私道か 既に市道になっているのかを調べたいのですが、

家の前の道が 私道か 既に市道になっているのかを調べたいのですが、
どこでどうやって調べれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

まずは市役所に行って、「道路管理課」というような名称の部署があると思うので、そこで確認してください。そこで市道として認定されていればそれで良いと思います。
市道として認定されていない場合、「建築指導課」というような名称の部署へ行けば、どんな道路なのか?私道なら誰が持っているのか?わかる場合もあります。
市役所ではっきりしなければ、法務局へ行ってその道路部分の土地の登記簿を見てください。

Q私道の権利って??通れないと車庫入れができない!

最近引越しした所の家に面した一応東西に通り抜けできる道が乗用車が一台通れる位の幅しかありません。

一応通り抜けできる道ではありますが、
家の構造上車庫入れをする為には東の道から入らないとできないのと、
西から入ると自転車や工場の荷物で昼間は車が通るのが困難です。

が、東の道の角の家の方がにいつも乗用車を止めていて、
車が入れず『車を移動してください』と言いに行っています。
(私の家は東角の家から4件隣にあります。)
そこの方にいつも反対から回れとか文句を言われ、
昨日は「私道だから通るな!反対から通れ!」と言われました。

近くに車庫を借りてるようですが、昼間~夕方はいつも車が止まっています。
その車が止まっていると自転車が1台通れる幅位しかあいていません。

区で調べると私の家の前の道はすべて私道になっているとのことでした。

ただ角の家の方の前の道が角の方の私道かどうかまではわからないそうです。

私道なので、区の関係で注意する事はできないといわれました。

警察にも言いましたが私道だからと言われてしまいました。

何か対処は無いのでしょうか?
角の方が言うように反対から回らないといけないのでしょうか?
通るなと言う権利はあるのでしょうか?
どうか教えてください!

最近引越しした所の家に面した一応東西に通り抜けできる道が乗用車が一台通れる位の幅しかありません。

一応通り抜けできる道ではありますが、
家の構造上車庫入れをする為には東の道から入らないとできないのと、
西から入ると自転車や工場の荷物で昼間は車が通るのが困難です。

が、東の道の角の家の方がにいつも乗用車を止めていて、
車が入れず『車を移動してください』と言いに行っています。
(私の家は東角の家から4件隣にあります。)
そこの方にいつも反対から回れとか文句を言われ、
昨日...続きを読む

Aベストアンサー

1.固定資産税の課税面から見た場合、私道には、土地所有者の「専用通路(=宅地)」と「公衆用道路」の2種類があります。

2.この私道が、土地所有者の「専用通路(=宅地)」であった場合、現況は道路のように見えても、宅地として課税されています。
 したがって、この私道部分は、宅地の一部であり、土地所有者に断りなく立ち入ることはできません(土地所有権の侵害になるから)。

3.一方、この私道部分が分筆されており、固定資産税の評価地目が「公衆用道路」であった場合(例え登記地目が宅地であっても)、私道部分は「公衆用道路」として非課税になっています。
 非課税にするための要件のひとつが「使用上の制約を設けず、不特定多数の方が利用していること」です。

※ご参考までに、三鷹市HPから「私道等(公衆用道路・通路)の課税」に関するページを下記、参考URLに貼っておきます。非課税とする条件が載っています(他の市町村でも同じような規定をもっているはずです)。

4.お住まいの区役所の資産税課で、この私道部分が「公衆用道路」に該当し、非課税か否かをご確認下さい。
 「公衆用道路」に該当し非課税なら、この隣人の主張は、不当なものといえます。逆に私道部分が宅地として課税されているのなら、質問者さんは、この私道部分に立ち入ることすらできません。

参考URL:http://www.city.mitaka.tokyo.jp/a002/p014/g07/d01400009.html

1.固定資産税の課税面から見た場合、私道には、土地所有者の「専用通路(=宅地)」と「公衆用道路」の2種類があります。

2.この私道が、土地所有者の「専用通路(=宅地)」であった場合、現況は道路のように見えても、宅地として課税されています。
 したがって、この私道部分は、宅地の一部であり、土地所有者に断りなく立ち入ることはできません(土地所有権の侵害になるから)。

3.一方、この私道部分が分筆されており、固定資産税の評価地目が「公衆用道路」であった場合(例え登記地目が宅...続きを読む

Q道路の所有者

道路の所有者を調べるにはどこに行けば分かりますか?
その場合手数料などはいくらかかりますか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

隣接する土地が「道路=公有地」かどうかを調べるにはNO.1のお答えでほぼ十分ですが、公有不動産は登記を省略している場合が多く、調査不能の場合があります。それに、所有者が判明した後でその先をどうするのか(調査の目的)にもよります。
所有者と管理者はほぼ同じですが、国道では国(国土交通省=地方整備局)と都道府県に管轄が分かれている場合があります。
まずは区市町村で国道、都道府県道、区市町村道の別(管理者)を調べてください。その際には詳細な図面などの資料を持参してください(ことの性格上、電話では正確な対応は望めません)。このような問い合わせは日常的な業務ですから、庁内の担当部署は受付で教えてくれます。問い合わせるだけなら手数料は不要です。
その後に交渉や申請などを予定しているなら、それ(管轄官庁の対応窓口)も併せて尋ねてください。当たらずとも遠からずの回答が得られるはずです。

Q相続した土地が市道だった。何で市は無償で使ってるの?

先日、父が亡くなり、土地を相続したのですが、その中に「市道」となっている土地が30坪ほどありました。
調べたら、今まで固定資産税は発生していなかったことはわかりましたが、固定資産税の減免程度ではなく、市道として使うからには市に買い取って欲しいのですが、
市の土木課に聞いたら、「寄付してください。予算がないため買えません。嫌なら裁判でもして下さい」と言われてしまいました。人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。何か対応はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

>人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。

道路法及び都市計画法、建築基準法などで私権の制限というものが行われています。
よく見聞きするのは、都市計画法にもとづく強制収用ですが、これはまだ実はかわいいほう(一応それに対する金銭的補償があるとか、土地の価値が上がる分相殺されるなど)で、もっとすごいのは2項道路と呼ばれるものです。
これは要するに4mに幅員が満たない道路を強制的に公道認定し、4mの幅を確保しようというもので、最大の目的は災害時に消防救急などの緊急車両が入れないという問題を解決するものです。
決議は地方議会が行います。

ちなみに認定道路といわれる、いわゆる道路法上の道路の認定も地方議会が行います。

ご質問の場合2項道路なのか、旧2項道路で現在公道認定されたのか、などわかりませんが、市道と書かれているようですから認定道路でしょう。

まあ目的は理解できてもなんの保障もなくいきなりそのようなことをするのは理不尽だという意見はご質問者だけでなく、多くの人が感じるところであり、かなり訴訟も起きていますが、結果としては国、自治体側の勝利に終わっているのが大半です。理由としては、憲法では確かに個人の財産権を保障しているが、同時に憲法では公共の福祉が個人に優先するとしているので、公共の福祉実現の為には個人の権利は制限されるということです。

>何か対応はできないのでしょうか?
ないですね。現在道路法上の道路であれば打つ手はないです。
まあ、可能性は0に近いけど将来公道廃止になるのをまつか、あるいは所有しているという以外の権利は行使できないので、寄付してあきらめるかどちらかです。
訴訟しても過去の判例ではみんな負けていますから意味もないです。

結構ご質問者のように自分の土地なんだが公道になっているというケースはあるんですよ。

ちなみに幅員4mに満たない2項道路に建築する場合ですと、セットバックといって道路中心より2m後退し、その部分は道路として使えるようにしておかなければなりません。これは多くの人が経験しています。
(なので売買ではセットバック分はただです)
このときに、寄付するように求められたりします。

とまあ、そういう現状です。

>人の土地を無償で使っておきながらこの回答では釈然としません。

道路法及び都市計画法、建築基準法などで私権の制限というものが行われています。
よく見聞きするのは、都市計画法にもとづく強制収用ですが、これはまだ実はかわいいほう(一応それに対する金銭的補償があるとか、土地の価値が上がる分相殺されるなど)で、もっとすごいのは2項道路と呼ばれるものです。
これは要するに4mに幅員が満たない道路を強制的に公道認定し、4mの幅を確保しようというもので、最大の目的は災害時に消防救急など...続きを読む

Q私有地と私道の違いってありますか?

団地に住んでいます。駐車場の奥の垣根のはじが開いていて、人が行き来できるようになっています。壊れた壁がつきでていてちょっと危ないです。この際垣根をまた植えて通行できなくするか、いっそきちんと門にして出入りできるようにしようか話し合うことになりました。公に出入りできるようにすると駐車場の奥の「私有地」が「私道」になって何か問題が起きるのかよくわからずどなたかのお知恵を拝借したくよろしくお願いします。法的、税務的な問題はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず私有地/公有地という概念と私道/公道という概念は全く別物です。更に言うと、道路上になっているとしても、通路/私道/公道と大きくは3つに分けられます。

公有地というのは平たく言うと、国や公共団体のもっている土地のことであり、私有地はそれ以外の土地です。つまり単純に所有権をあらわしている過ぎません。

通路、私道、公道の違いは、通路は単に通行できるようになっている土地のことであり、私道とは法律上道路として認められているけど公道になっていないもの。
公道とは道路法など特定のいくつかの法律で規定され、国や公共団体が管理して、公共に提供することとなっている道路を指します。

で、ご質問の話だと、通路として使われていない土地部分を通路として使うようにするという意味だと考えられます。
私道というのは、位置指定なりの法律上定められた手続きにより、道路として使用しますと宣言されたものですから、単に通路を作ったから私道になるというものではありません。私道の場合には4m以上の復員が必要とか、あと舗装の規格など定められた基準を満たして、役所で手続きして認めてもらわないとだめなものですから。

さて、ご質問の場合、要するに駐車場の通路部分をそのまま通路として他の人も行き来できるようにした場合に何か問題が生じるのかという話であり、あくまで私道にするわけではなく通路の扱いのままであると考えます。
その場合、特に法律上これといって大きな違いは生じません。
しいて言うと、不特定多数の人が行き来できる通路であれば、通路といえども道路交通法による道路としての扱いを受ける可能性はあります。
とはいえ、それで何か大きな制約が生じるというものではありません。
ただ、たとえば一般にクローズされた駐車場内であればその通路部分も含めて道路交通法の適用はないので、飲酒運転しようが無免許運転しようが問題はないものの、他の人が行き来できる通路を含んでいると、法律上それらのことが処罰される可能性が出るというような話です。

まず私有地/公有地という概念と私道/公道という概念は全く別物です。更に言うと、道路上になっているとしても、通路/私道/公道と大きくは3つに分けられます。

公有地というのは平たく言うと、国や公共団体のもっている土地のことであり、私有地はそれ以外の土地です。つまり単純に所有権をあらわしている過ぎません。

通路、私道、公道の違いは、通路は単に通行できるようになっている土地のことであり、私道とは法律上道路として認められているけど公道になっていないもの。
公道とは道路法など特定...続きを読む

Q私有地だと認識していた土地が公道と言われた

30年近く現在の場所に住んでいます。7軒の住宅に囲まれるように幅4m長さ10m程度の土地があり、30年間ずっとそこは7軒の共有地(私有地)として認識されていました。暗黙の了解として車が駐車されることもありませんでした。しかし、先日隣の家が引越し、不動産会社が買い取り新築を建てることとなりました。設計図では車庫付の住宅ということで、場所が奥まったところにあるのもあり、駐車するには必ず共有地に入らなければならなく、近所の住人の方々と不動産会社にそのあたりを考慮して欲しいと言ったところ、昨日業者からその土地は現在公道であり苦情を言われる筋合いはないと逆に切り返されました。しかし、業者が用意してきた書類には地目は宅地となっており、また近所の誰一人公道になっているという認識がありません。土地を売った記憶も無いです。ただし、いつのまにか税金の徴収が無くなっています。どういうことなのかわからないのですが。事実を確かめたいのとこのような場合の対処法としてはどうしたらよいのか教えてください。またもめた場合にどこへ相談したらよいのかも教えてください。

Aベストアンサー

1.法務局が「個人情報であるため教えられない」というのは、個人情報保護法の濫用ですね。そもそも登記簿は広く公示するために存在するので、所有者でなくても閲覧できますし、謄本も取れます。
 ここは、法務局とケンカしても楽しくないので、後日、お手数ですが「謄本(=登記事項証明書)」を取って下さい(共有である証拠となるから)。

2.役所が「確実に私道です(というより私道の意味合いの方が強い)」といわれたそうですが、位置指定道路というのは、私道(私有地)以外にないといってもいいです(一部、公有地が混在するケースはあります)。

 ですから、道路の管理や補修も所有者(この場合、7軒の共有者)が行う義務があります。一部、補修費を補助してくれる市町村もありますが、国道、都道府県道、市町村道などの公道と違って、役所が位置指定道路の管理や補修をしてくれるわけではありません。

 位置指定道路の目的は、建物を建てるときに役所で「建築確認」を取るために必要になってきます。建築基準法では、「建物の敷地は、道路法または建築基準法上の道路に2m以上接しなければならない」と規定されているからです。

 しかし、1000m2程度の土地を住宅地として5~10区画に区画割りして、その中央に道路を通した場合、市町村がすぐに道路を公道として認めてくれるわけではありません(予算がない)。

 その場合には、住宅地を造成すると同時に道路(私道)も築造し、道路法の定める道路ではないが、建築基準法上の道路とみなして、建物の敷地の接道義務を果たそうというのが、「位置指定道路(建築基準法42条1項5号)」です。
 道路(私道)の位置指定は、所有者全員の申請に基づいて市または県が行います。位置指定道路の図面が、市または県に必ずあります(通常は、住宅地図に該当する道路を色塗りしています)。

 位置指定道路の場合は、私有地であっても、建物建築のための道路として認める代償として、指定された道路部分に建物を建てないことや、物を置かないことが要求され(路上駐車も原則として不可)、また、一般人の通行(=歩行)を妨げないことや、救急車両(消防車や救急車)の進入を妨げないことは当然、受忍しなければならないと考えられています。←「位置指定道路」の基本的な制約。

3.しかし、位置指定道路は、公道ではなく「私有地」ですから、無制限に土地所有者の意思に反して位置指定道路を使用することはできないと考えられています。
 本来、位置指定道路には、通行の自由はあっても、「通行権」は認められていないのです。ですから、位置指定道路に接面する土地所有者の協定で、自動車の通行を禁止している位置指定道路も存在します(救急車両を除く)。

 下記、参考URLに、最高裁HPから、仙台地裁平成15年10月30日「マンション建設差し止め訴訟」の判決を貼っておきます。別の理由で建設差し止めは認められませんでしたが、判決文には、位置指定道路が土地所有者により自動車通行制限の協定がなされていると書かれています(裁判所もその事実を妥当だと認めています)。

4.また、位置指定道路の性格について、弁護士の方が解説されているHPがありますので、次にご紹介します。
http://sumai.nikkei.co.jp/house/qahouse/etc20040819b1000a7.html

5.不動産会社がこの位置指定道路の共有者のひとりであれば、他の共有者に対して、位置指定道路の基本的な制約(前記に記述)の中で、道路の使用方法について他の共有者に提案はできます。

 位置指定道路に、「自転車オートバイを含む車両(自動車も)を駐停車してはならない」というのは、この道路を利用している他の住民の迷惑にならないためであり、また、緊急車両の通行を妨害しないためであり、あえて契約書にしなくても“常識”だと思います。
 道路を長時間、駐車場代わりにはしないということですが、自転車を短時間、家の前に整然と置いておくことまで“禁止”する性格のものではないと思います。

 さて、この位置指定道路は、いっさい自動車が入ってこないのでしょうか(宅配便の配達など)。
 所有者全員が一致すれば、自動車通行止め(緊急車両を除く)の位置指定道路とすることも可能です(前記の判決文を見て下さい)。
 ただし、あまり厳密にルールを作ると、住宅の立て替えのときに工事車両も入れなくなりかねないので、慎重に対応して下さい。

6.不動産会社と話し合うというより、共有者のひとりと話し合うというスタンスでいいのではないでしょうか。
 「道路の駐車禁止」も共有者のひとりからの提案なのです。

 さて、ご近所のお話なので、あまり紛糾するのはよくないと思います。解決策として、「土地所有者の自動車の通行は認める(所有者の自動車以外は認めない)。」、「自転車は短時間に限り、交通の妨げにならないよう整然と停める。」、「自動車を使用するものは、道路補修費を多めに負担する(※割合は共有者で決めて下さい)」というような共有者間の協定を作っておけばいいと思います。←ひとつの提案です。

 不動産会社とは、この掲示板のことは触れずに、「仙台地裁の判決文」や「弁護士の方の解説文」をコピーして交渉されてはどうでしょうか。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/Kshanrei.nsf/webview/49D18BE4495D2BEF49256DF900352B89/?OpenDocument

1.法務局が「個人情報であるため教えられない」というのは、個人情報保護法の濫用ですね。そもそも登記簿は広く公示するために存在するので、所有者でなくても閲覧できますし、謄本も取れます。
 ここは、法務局とケンカしても楽しくないので、後日、お手数ですが「謄本(=登記事項証明書)」を取って下さい(共有である証拠となるから)。

2.役所が「確実に私道です(というより私道の意味合いの方が強い)」といわれたそうですが、位置指定道路というのは、私道(私有地)以外にないといってもいいで...続きを読む

Q私道での違法駐車はOK? 警察は立ち入れない?

お願いします。
公道から入った7世帯の共有の袋小路の私道があります。私道の入り口の角の貸店舗に、飲み屋が最近できました。昼間、その飲み屋の関係者が店前や私道に車を駐車したりして、私道住人の車の出入りの妨げになっていました。店前の公道に駐車しているときは、警察に通報して注意してもらっていました。今度は夜10時過ぎに、その飲み屋に車で来たお客が店の脇の私道に車を置きました。あまりにもひどすぎるので警察に通報しましたが、私道なので警察は手が出せないとのことでした。よく駐車場内ではそういうことがあるとは聞いていましたが、私道とはいえ置いてある車は照会すれば住人でないのは判るはずですし、即移動させるべきだと思いますがどうなんでしょうか。来た警官は店の客に車の所有者を尋ねましたが、誰も返事はしませんでした。結局、しばらく車は放置状態になり、警官が帰った後に、車を知り合いらしき人が来て移動させていました。警察はそんなに無力なのでしょうか? 直接警察に相談に行こうかと思っていますがどうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

補足
 尚、少額訴訟・・・実はこれが一番自分が大好きです。
 今も2件ほどやってますけど、法律に詳しくない人間に取っては最悪
 逆に知ってる人間には実に頼もしい訴訟です。

 経費は1~2万で個人でできますし、何より判決が出た後は告訴も不可能
実に便利な訴訟です。
 やり方は簡易裁判所にいけば係員が親切に教えてくれます。

 まぁさっき書いた『内容証明』に無断駐車1回につき1万円頂きますと書いておいてほうが
いいですかね。
 内容証明を無視して10回ほど無断駐車したら少額訴訟です。
 まぁ自分の経験上ここまでもつれるのは10人に1人くらいですけど、出したらもうこっちの物 1時間以下の労働と1万の経費で10万円の収入です。

Q団地内道路を通るなと言われてます。

所有の土地の半分を業者に販売し宅地開発させ、その団地内道路に接続した土地の半分に社会福祉施設を建設しようとしています。当方は「開発道路=公道」と考え、通行できるもとの認識しておりましたが、団地の自治会から一切通行まかりならんと言われております。(まだ市町村道としての受入れは済んでおりません)こちらとしても、今後施設運営していく上であまり問題を起こしたくありません。どのように対応していけばよろしいでしょうか?ご教授ください。

Aベストアンサー

住宅建設及び管理会社を営んでおります。
 ところで、団地とは分譲住宅ですか?それとも質問者の会社の賃貸住宅ですか?
 また、既に建設し、住民は居住しているのですか?
 
 質問の内容からは、既に居住している者と推察いたしますが。分譲の場合では、管理組合と協定を事前に結ばなければなりません。団地内道路は、分譲住宅の共有財産ですから。賃貸ならば、入居前のパンフに説明文があれば自治会からの反発があっても押し切れるのではないでしょうか。
 
 どちらにしても、事前に居住者説明がなければですが、賃貸なら家主の質問者の経営方針で押し切れますが、分譲なら、これはやっかいです。質問者は、自治会に対して頼むしか方法がないですね。

 また、団地内道路を通らないと、その社会福祉施設には到達しないのでしょうか?到達するかしないかで対応も違いますが。また住民は、社会施設建設に反対なのでしょうか?どうして団地内道路を通のはまかりならないのでしょうか?交通量が増して、住民の居住環境の悪化なのか?そのあたりを補足していただきたいのですが。

Q市道認定になっている個人名義の道路について

 土地Aに接道している道路Bについて、公図を取ってみると地番がついていたので土地の謄本を調べると個人Cの名義の公衆用道路になっていました。しかし市役所に行って確認したのですが、この道路は市道認定になっていて建築基準法第42条1項1号道路(位置指定の5号道路ではありません)ということを確認しました。この道路Bから水道を引き込む工事を行う場合は、個人Cから承諾のサインと捺印が必要だと言われました。
 このことから質問が2つあります。
1.道路Bは公道なのかそれとも私道なのかということ
2.もし公道であっても道路を掘削埋め戻し及び水道配管工事をするときは、個人Cからの承諾のサインと捺印が必要なのかということ
 わかる方いらっしゃいましたら、回答のほうよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について
市町村道であれば公道(法42-1-1)です。
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/siyakusyo/kentiku/shidouhan/douro/douro.html
1.道路法(昭和27年法律第180号)による道路
まれに個人所有のままの認定道路は現に存在しますし
古い国道、県道には民地のままの土地は存在します。

2について

常識的に考えて
道路法の網がかぶっている道路について
個人所有であるからと言って
ハンコをもらってこいと言う
行政の対応がおかしい。

水道引き込みには
道路承認工事が必要です。
申請書に同意書無で
提出しましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング