最新閲覧日:

ここでの質問であっているのか判りませんが、旧ソ連で行われた政策ペレストロイカについて教えてください。この内容はどういったものだったのでしょうか? 政策を進めた結果クーデターが起ったわけですが、これがもたらした結果はどんなものなんでしょうか? 

どんなことでもかまいませんのでお願いします。 

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

ロシア語で、「再編」とか「改革」、「改造」といった意味があり、もとは建築用語で、建て直しという意味らしいです。



当時はゴルバチョフ政権で、内外路線の基本方針でした。一九七〇年代~八〇年代前半に、経済が著しく不振で、法制度、管理体系を抜本的に再検討して、大胆な改革を行おうとしたのですが、経済面ではなく、文化面、社会面、政治面で進展したようです。
政治面では、複数候補制・秘密投票制の実施、スターリン批判の再開、ソビエト史の再検討(ブハーリンやトロツキーの再評価など)、社会面では、諸民族の自主的動きや労働スト、文化面では、文芸や学問の自由化、出版検閲してきた国家機関の廃止が行われました。
いわゆるグラスノスチ(情報公開)です。

このグラスノスチは、「声に出す」という意味があります。狭義には、経済情報公開の事のようですが、広義には閉鎖的マスコミ報道を改め、民衆の「声」を反映させるねらいをもつていって、従来タブーであった犯罪統計や歴史的機密事項も公表され、ポルノなどは大胆に表現されるようになったようです。
この辺から、クーデターに発展したのではないでしょうか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ