電子書籍の厳選無料作品が豊富!

こんにちわ。
一週間前くらいから、視力回復のためオルソケラトロジーを体験しております。コンタクトを借りて毎晩つけて寝ておりましたが、それが原因でどうにも肩が凝ってしまって継続しがたい状態になってしまいました。ずっとハードコンタクトを使用していて、裸眼では両眼0.08くらいのド近眼です。
確かに見えるようになってきましたが極度の肩凝りに耐えられずはずしてしまいました。
同じ体験された方いらっしゃいますか?またこのような症状が出るということは不適応ということでしょうか?

A 回答 (1件)

医療に関しては、基本的には患者さんと直接に接して診断しない限り、責任あるコメントは出来ないものです。


お答えする場合も、一定の前提をつけての回答か一般論の範囲になると思います。
断定的なコメントがあったら、それは医師ではないか、無責任なものです。
前置きはこのくらいで・・・。
ご質問の件で一番に考えられるのが、眼鏡で言えば度が合っていない(専門的には誤った表現ですが)ということでしょう。
オルソCLは、その理論・技術などは異なりますが、眼鏡・コンタクト・手術と同じ矯正視力です。
初めて眼鏡などを使用した場合にまま起こる症状かもしれません。これであれば「矯正視力に慣れる」までのことと思います。
何週間も続きようなら、別の理由も考えられます。
もしかして、乱視が進んでいませんか?
処方前の裸眼視力(近視と乱視の両方)の記録と、現在の裸眼視力を比較してみてはいかがでしょう?
視力表による数字と、ディオプターという単位での視力の両方で判断する必要があります。
もし、処方以前に乱視がマイナス2以上でしたら、オルソCLを選択したこと自体が不適切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もともと肩こりで、敏感になっていたのかもしれません。(私のような例ははじめてのようでした。)今回の視力回復体験は見送ることにしました。いろいろと参考になるご意見ありがとうございました。丁寧に回答していただき、感謝しております。

お礼日時:2004/10/22 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!