dポイントを20倍にするたった2つの方法

クラッシックで思いつく大作曲家は誰かと尋ねたら、大体の人が、ベートーヴェンやモーツアルトの名を挙げると思うのですが、ふと日本を代表する作家は誰かと聞かれて人は誰と答えるのか少し気になりました。

良かったら世間一般ではこの人だろうと思う作家と自分が好きな作家をともに三位までを教えていただけますか。

私が思う日本を代表する作家は、
1位、夏目漱石
2位、川端康成
3位、太宰治
なのですが。
ちなみに私の中では、何故か芥川龍之介が
何故かランクに入ってきません。

ほんとこんなことでランクをつけるのも
おかしいと思うのですが、世間の常識みたいな
軽い気持ちでお答えいただけたら有り難いです。
どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 紫式部、夏目漱石、谷崎潤一郎などはどうでしょうか?


 川端や谷崎はどっちかといえば日本情緒=「ゲイシャ・フジヤマ・ハラキリ」の典型的な小説家として誤解されたままとくに西欧世界に受けいれられているような気がしますが、本来はもっと高い次元で評価されるべき小説家だと思います。
 ちなみに今までうわさもふくめてノーベル賞候補に入った(推薦のうごきがあった)日本の小説家は、谷崎、川端、三島、阿部公房、大江、司馬遼太郎などがいます。谷崎は特に有望視されていたようですが、けっきょくもらわずになくなってしまいました。
 日本の近代文学における評価という意味では、時代順に鴎外、漱石、荷風、志賀、谷崎、川端、太宰、大岡昇平、三島、といったところが巨匠という感じではないでしょうか。芥川龍之介、横光利一、堀辰雄、中野重治といった小説家も重要ですが、いかんせん彼らにはきわめつけといえる作品を残す余裕がなかったように思えます。戦後の中村真一郎、福永武彦、阿部公房、丸谷才一、大江健三郎といった小説家は後世かならず評価されるでしょうが、時代が近すぎてわれわれには正当な評価が下せない部分があります。戦後については沈黙するにしかず、かもしれない。
 無意識のうちに文学作品を近代以降に限ってしまうから日本文学の貧しさが目立つような印象になってしまいますが、源氏物語や新古今和歌集、平家物語、歌舞伎や能の戯曲は世界的な視野で見ても非常に優れた文学作品だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しく、また解り易くご解答くださり、ありがとうございました。知識のある方にお答えいただくと解答もやはり違いますね。とっても参考になりました。

お礼日時:2004/10/28 20:21

三島由紀夫


川端康成
大江健三郎     あたりが妥当だと思います。

個人的には村上春樹なんか結構海外で人気があるから入れてもいいかなとも思います。
三島由紀夫
川端康成
村上春樹
    • good
    • 1
この回答へのお礼

村上春樹さんの本はいいですよね。とても参考になりました。解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/28 20:24

日本を代表する作家は・・・


1位 川端康成
2位 阿部公房
3位 大江健三郎
こんな感じだと思ってます。
(世間一般+世界にも知られているという意味でも)

私が思う日本を代表する作家は
1位 三島由紀夫
2位 阿部公房
3位 太宰治
です。

三島由紀夫さんは大差で1位だと思っています。

村上春樹さんと京極夏彦さんも入れたかったです・・・。
3位までなのがにくい(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世間一般+世界にも知られているという意味でも日本を代表する作家は、一位、川端康成で決定のような気がしてきました。(わたしの中で)
renko-sunafさんが思う日本を代表する作家に太宰治が入っていて嬉しいです。好きなので、つい太宰贔屓をしてしまって、公平な判断ができなくて。。。私はランクに入れてしまっていました。(反省)
村上春樹さん、いいですね。
最近、新刊が出ましたよね。
余談ですが、立ち読みを30分して購入しようかどうしょうか迷いましたが、本の置き場所がないせいもあって、文庫が出るまで待つことにしました。
では、ご解答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/22 04:43

世間一般


1.川端康成
2.夏目漱石
3.森鴎外

私が思う日本を代表する作家
1.司馬遼太郎
2.池波 正太郎
3.源氏 鶏太
  私の中では、司馬遼太郎は別格です。

参考URL:http://www.shibazaidan.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世間一般では
1.川端康成
2.夏目漱石
で確定ぽいですね。
人によって順序が前後するかもしれませんが。。
i494068nさんの中では、司馬遼太郎さんは別格ですか。
私も近いうち司馬遼太郎さんの本を読んでみたいと思います。
また「司馬遼太郎記念館」のURLを張っていただき、ありがとうございました。
大阪には近いので、是非訪れたいと思います。その前に読まないと。。。
ちなみに私の中では太宰治は格別です(笑)
では、ご解答をどうもありがとうございました。

お礼日時:2004/10/22 00:51

3人に限定すると難しいですが、


世間一般では、
「夏目漱石」
「森鴎外」
「芥川龍之介」
が頭に浮かびます。
自分が好きなのは
「司馬遼太郎」
「梶井基次郎」
「谷川俊太郎」
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて「芥川龍之介」の名が挙がってなんだか嬉しいです。「司馬遼太郎」は、私の周りでも好きな人が多いし、ほんと人気があるのだなぁと改めて感じました。解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/22 00:35

やっぱり夏目漱石は一番でしょうね。

本をまったく読まない人でも財布を開けるたびに彼の顔を見るわけですし。
さらに、人によっては三島由紀夫、若い世代では村上龍、村上春樹、吉本ばななや、今現在でしたら片山恭一なんて名前もでるかも知れません。実際、欧米では三島や、特にヨーロッパでは吉本ばななが日本の作家としては名が知れているのではないでしょうか。
そして、普段読む、またはよく名前を見かける作家と「日本を代表する」という作家というふうに質問が出ると答えも違ってくると思います。ランクはあえてつけませんが、後者は教科書に載っている定番として質問者の答えられている作家名がでると思いますが、前者は江戸川乱歩、横溝正史、池波正太郎、司馬遼太郎、松本清張、渡辺淳一、五木寛之、浅田次郎、古いところでは紫式部なんて名前もでるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も1番は夏目漱石だとばかり思っていたのですが、挙げていらっしゃらない方もいて楽しい発見をしました。人によっては三島由紀夫なんですね。うん。うん。また海外では、ばななさんや三島が知れ渡っているという意見にも同感です。
johnny-be さんがおっしゃるように普段読む、またはよく名前を見かける作家と「日本を代表する」という作家というふうに質問をしたら出る答えも違っていましたよね。まさしくそれを質問したかったのに言葉が浮かばなくて。。。失敗しました。
これを見た人は、質問内容変更で解答していただけると嬉しいのですが。。。混乱させてしまうかなぁ??前者、好きな作家さんがいっぱいです。
是非、参考にさせていただきますね。
早々とご解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/21 01:41

こんばんは。



これって時代によってもかわりますよね。
好みは別にして、私も川端康成は確定!で、日本代表と言うことで世界を基準にするなら、三島由紀夫、大江健三郎でしょうか。

古典まで入れれば、大江氏の代わりに平安文学の紫式部、三島の代わりに江戸文学の近松門左衛門かなぁ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。時代によってかわりますよね。私、そこまで考えていませんでした。
また世界基準もありますよね。
またまた考えも及びませんでした。
紫式部もありましたね。
近松門左衛門とは、渋い。素敵です。
是非、参考にさせていただきます。
早々とご解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/21 01:15

日本を代表する作家


1位 夏目漱石
2位 太宰治
3位 安部公房

自分が好きな作家
1位 夏目漱石
2位 泉鏡花
3位 宮本輝

となるかな…。(3位までというのは難しいですね~)
結果、私的には夏目漱石の圧勝!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も夏目漱石だとばかり思っていたのですが。。。色々な意見が聞けそうですね。
安部公房は読んだことがありません。(焦)
また読んでみなければ。
泉鏡花さん、いいですね。私も好きです。
早々とご解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/21 01:06

人それぞれ好みがありますのでいろんな回答がでそうですね・・私的には順不同で



夏目漱石
井原西鶴
織田作之助
司馬遼太郎

というところです、理由もこれまた人それぞれですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとですね。人それぞれ好みがあるので色々な意見が聞けそうです。
司馬遼太郎さんは、以前、片思いしていた人が必死で読破しようとしていましたし、友人も読んでいました(笑)人気がありますよね。 私もまた読んでみます。
早々とご解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/21 01:01

自分だったら、川端康成は確定として、森鴎外、宮沢賢治も候補に上げたいですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。森鴎外、宮沢賢治もいいですよね。
是非、参考にさせていただきますね。
早々とご解答をありがとうございました。

お礼日時:2004/10/21 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早見優 シングル

こんばんは☆

早見優のシングルで思い付く曲を教えてください。

※私は
『夏色のナンシー』です※
回答お待ちしています。

Aベストアンサー

mak-nakさん おはようございます。

♪恋かな~yes! の
「夏色のナンシー」
がやっぱり一番イメージが強いです。

Q昔の少女小説(川端康成、等)

今まで少女小説といえば、幼少の頃に読んだ
コバルト文庫、ビーンズ文庫などしか知りませんでした。
ですがWikipediaの"少女小説"の記述にて
>川端康成や吉川英治といった大家も少女小説を執筆しており
というのを見てそういう少女小説がぜひ読んでみたくなりました。

古典…とまでは言わないのかもしれませんが
大正や昭和といった時期に発表された少女小説で
ご存知のものがありましたらぜひ教えて下さい。

図書館や古書店で探して読もうかと思っているので
絶版になっていても構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吉屋信子の『花物語』
大正っぽい昭和初期のものだと思います。
子供のころ、母が古本屋で懐かしいと言って買ってきたもので、
すでに古色蒼然としていましたが、
いわゆる少女小説らしい作品だと思います。

Q松本伊代さんと早見優さんに同情しますか?

松本伊代さんと早見優さんに同情しますか?

Aベストアンサー

やった事を考えれば同情には全く値しない。
タレントとしてテレビを通じての影響力を考えれば書類送検で済んだ事を有難く思うべき。
しばらくテレビに出て貰いたくは無いね。

Q川端康成・太宰治・夏目漱石

タイトルの3人、誰が好きですか?作品からでも良いし、ビジュアル的にでも良いし・・。理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
よく有りそうだけど、面白い質問だと思い回答さしてもらいます。

自分は最近、川端康成の『雪国』を読んだばかりのような、
他の方に比べると本を読むキャリアは短い奴であります。
が、太宰治は自分が本を読み始めるきっかけであり、今までで一番たくさん読んだ作家であります。それは当然読むきっかけを創ったからでもあるのですが、やはり読みやすいという理由が一番だろうと思います。
読みやすいというのは、文が簡単であるというのではなく、自分の気持ちを感情移入しやすい文と言いますか、すらすら読めるのです。
それと、あの暗さが好きです。他の追随を許さぬあの世界観は川端・夏目にはない特別な物だと思います。

つまり、一番を選べと言いますのなら、群を抜いて太宰治です。

次に好きなのは、夏目漱石。気持ちを緩やかにさせてくれるものがあり、好きです。
ということで、川端康成は次点です。

ビジュアルは…ビジュアルも太宰が好きですね。後ろに死神が付いていそうなあの顔、夢うつつな眼、いいですね。

漱石と康成はいい勝負でしょうか?漱石はお札の顔は好きませんが、他は男前ですねえ。康成は老けた白髪の像しか分かりません。ということで二人は同点ということで――

こんな感じでいかがでしょうか?

こんにちは。
よく有りそうだけど、面白い質問だと思い回答さしてもらいます。

自分は最近、川端康成の『雪国』を読んだばかりのような、
他の方に比べると本を読むキャリアは短い奴であります。
が、太宰治は自分が本を読み始めるきっかけであり、今までで一番たくさん読んだ作家であります。それは当然読むきっかけを創ったからでもあるのですが、やはり読みやすいという理由が一番だろうと思います。
読みやすいというのは、文が簡単であるというのではなく、自分の気持ちを感情移入しやすい文と言いま...続きを読む

Q早見優さんの哀愁情句

早見優さんの「哀愁情句」に「もうひとりじゃなくふたりじゃない」という歌詞がありますが意味がわかりません。
わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この歌ですね。
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=7562
かつて早見優のファンで、このシングルも持っていました。
今でもメロディを覚えています。

同じ頃にテレビで聴いた歌で、似たような歌詞がありました。
太田裕美の『ロンリィ・ピーポーII』という曲です。
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=82335

当時「これは同じようなシチュエーションを歌っているのかな」と思い、次のように解釈していました。
“もうひとりじゃなく”→
同一人物のように何もかもわかり合える間柄ではない
(英語でいう“ベターハーフ”の考え方のように、二人合わさってはじめて一個の完全な人間となる、という感じですね)
“ふたりじゃない”→
恋人どうしではない
すぐ後の歌詞“みつめ合った瞳ですべてがわかるはずなのに”に、すんなりつながりますし。

ただ、いま改めて『哀愁情句』の歌詞を見てみると、どうも違う意味のように思えてきました。
“もう(あなたは)ひとりじゃなく(私たちは)ふたりじゃない”という解釈です。
“もうひとりじゃなく”→
あなたはもう別の人と恋人どうしになっている
または あなたの心の中にいるのはもう私ひとりでなく、別の人もいる
“ふたりじゃない”→
私とあなたはもう恋人どうしではない

どれも私自身の解釈に過ぎませんので、sumirezukeさんがどう解釈しようと自由です。
ただ、意味は正確にわからなくとも印象に残る歌詞で、さすが当時ノリにノッていた銀色夏生だなとは思います。

この歌ですね。
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=7562
かつて早見優のファンで、このシングルも持っていました。
今でもメロディを覚えています。

同じ頃にテレビで聴いた歌で、似たような歌詞がありました。
太田裕美の『ロンリィ・ピーポーII』という曲です。
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=82335

当時「これは同じようなシチュエーションを歌っているのかな」と思い、次のように解釈していました。
“もうひとりじゃなく”→
同一人物のように何もかもわかり...続きを読む

Qプロ作家と新人作家の境界線

ここに投稿すべきか迷いました。

プロの作家と新人作家は、どのように分けられますか?
短く、単純な質問ですが、お願いします。

Aベストアンサー

すみませんが、なぜそういう質問をなさるのか、意図が読み取れません。

新人であっても、「プロ」意識を持っていれば、プロ新人作家です。
また、作家活動を本業としていなければ、「プロ」ではないということもあります。

なぜ「プロ」という言葉に拘るのか、そのあたりのニュアンスを展開していただけますか?

もし、あなたが文筆業で身を立てたいと考えているのであれば、自分がプロであるかそうでないかが分かるのは、死ぬ間際でそう。

Q松本伊代と早見優が、線路内に侵入して写真撮影をして、SNSに載せた件について

最近、SNSに載せた事で、色んな事が話題になる事が多いですよね。

タレントの松本伊代と早見優についても同じです。
今回の件について、率直な意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

何が起こるか分からないので、踏切は速やかに渡りましょう。踏切内で遊んではいけません。

Q女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関

女性作家で、ミステリー小説教えてください。好きな作家は真梨さちこ、桐野なつき、春口裕子、です。人間関係ボロボロなどが、いいです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

湊かなえ

Q早見優さんの持ち歌の歌詞について。

早見優さんの持ち歌で、
「ME☆―ミスター―セーラーマン 」と言う歌の中に
「ほうれん草してあげる」と言う部分があります。
この意味が理解できません。
自分でも調べて見たのですが、答えが見つかりません。
意味が解る方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

歌の内容として、ミスターセーラーマン=ポパイですよね。
ポパイがほうれん草を食べるとパワーアップするのは良く知られて
いますから、ほうれん草してあげる=元気を出させてあげる、なのでは?

Q川端康成『眠れる美女』について

川端康成『眠れる美女』の内容をわかりやすく解説してください!!

宜しくおねがいします

Aベストアンサー

(1)魔女の呪いによって、眠りの世界に閉じこめられたオーロラ姫。眠れる森の魔法をとくために、魔女に立ち向かうフィリップ王子。
(2)イングランドの北の果て、ノーサンバーランドには、“眠れる美女”と評判の貴族の娘が隠れ住むという。彼女が美しさと気品のみならず富の持ち主と聞き、ロンドンで放蕩三昧に明け暮れる伊達男アダム・マニオンは、噂のレディ・ヘレナ・ラスフォードに求婚しようと思い立った。ところが、ラスフォード邸は暗く荒れ果てた屋敷で、当の“眠れる美女”は、やせたみすぼらしい娘だった。意外にも彼女の父親はアダムを受け入れ、結婚が決まった。そして財産だけが目当てだったアダムもいつしか巧妙に覆い隠されたヘレナの魅力の虜になっていた。
(3)海の音が聞こえる秘密の家で、深く眠らされて決して目をさますことはない美女と、老人の交流なき触れ合い。赤いびろうどのかあてんが吊られた一室に横たわる白い裸体を目の前にして、次々と思い出される老人の古い記憶。
(4)美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。
(5)誰もがうらやむエリート・輝一郎(仲村トオル)との結婚を控えた実那子(中山美穂)の前に、謎めいた美青年・直季(木村拓哉)が現れる。一家惨殺事件に巻き込まれたショックから、幼少のころの記憶がおぼつかない実那子は、彼の出現に不安をあおられる。果たして彼は、敵か、味方か…?

(1)魔女の呪いによって、眠りの世界に閉じこめられたオーロラ姫。眠れる森の魔法をとくために、魔女に立ち向かうフィリップ王子。
(2)イングランドの北の果て、ノーサンバーランドには、“眠れる美女”と評判の貴族の娘が隠れ住むという。彼女が美しさと気品のみならず富の持ち主と聞き、ロンドンで放蕩三昧に明け暮れる伊達男アダム・マニオンは、噂のレディ・ヘレナ・ラスフォードに求婚しようと思い立った。ところが、ラスフォード邸は暗く荒れ果てた屋敷で、当の“眠れる美女”は、やせたみすぼらしい娘だった。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報