お世話になっております。追突事故で当方過失0相手100の状況で全額相手の保険から出てますがこの場合は私の保険の人身傷害補償は使えないと○い○い損保の方が言われましたが本当でしょうか?だとすると何のために入ってるのか分かりません。またどの様な時使えるのでしょうか?お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

専門的言葉がとびかっているようですので


少しわかりやすく別事例でにお話を置き換えてご説明します
車両保険についてはご存知でしょうか?
車両保険も人身傷害同様、重複受取は不可能となっています
例えば、100万円のお車に車両保険をつけていたとして
信号待ち停車中に追突され全損になったとします。過失は相手方の100となるでしょうから、100万円は相手方より補償をしてもらえます。相手方から100万円を受け取った上で、自分の車両保険からさらに100万円を受け取ることができないのはご理解できますか?そんなことが可能になったら、100万円の車に対して、合計200万円が支払われてしまうことになりますよね。あくまでも補償という考えですので、実際に損害が発生した金額までしか補われないとお考え下さい。これと人身傷害も同じようにお考えいただければと思います。さらに、だからといって、「車両保険に何のためにはいっているの?」とはならないはずです。こちらが無過失でも相手方に支払能力がなければ車両保険を使用することになるでしょうし、加害者がいないような場合をはじめ、加害者がいても双方に過失がある場合には自分側の過失分については車両保険の使用により補われます。人身傷害についてもこれと同様とお考え下さい。
    • good
    • 0

これ、結構勘違いしている人多いんですよね。


人身傷害補償は自分の過失分についても補償されますが、基本的には相手の賠償義務に代わり、自分の保険会社が補償するものと考えて下さい。
保険会社は人身傷害補償で支払いした分は相手から回収します。
ですから、ご質問者のケースで相手側から補償を受けていたら使用することはできないのです。

では、何故必要なのか?
◎自分にも過失があるとき
◎相手が無保険
◎相手が逃亡
◎単独事故
などなど、いろいろなケースで使用可能です。
決して意味のない特約ではありませんので、よく保険会社や代理店の説明を受けて下さい。
    • good
    • 0

>人身傷害補償は使えない


この場合は「使う必要がない」と表現された方が正確だと思います。人身傷害は過失に関係なく使うことができます。しかし相手の補償分と重複する事はありません。自分側の過失の有無は問われません。

今回の事案のように相手側にのみ過失のある場合、相手側からの補償があればそれが全てです。仮に相手側が満足に対応してくれない場合は自分の保険を使い、後で保険会社が相手側に求償する事になります。
    • good
    • 0

#1です。



自分の回答に補足しておきます。

とりあえずお手元の保険約款を確認してください。
そうすれば自損事故(相手がいない事故)でも補償されることが分かるでしょう。

健康保険はどんな場合でも使った方が身のためになります。
よく病院で「交通事故では健康保険は使用できません。」などと言われますが、真っ赤な嘘ですから「役所で聞いたら使えると言われた。」と言えば使用できるはずです。

また、元保険会社で働いていた方や事故の経験をされた方の回答がありますが、希にうそつき病院に洗脳された回答をしてしまうことがあるようです。
よくネットでお調べの上、自己責任で回答を判断されますように。

人身傷害補償保険
http://money.biglobe.ne.jp/hoken/basics/14.html

健康保険
http://www.jiko110.com/contents/hoken/kenpo/01.htm

参考URL:http://www.jiko110.com/contents/hoken/kenpo/01.htm
    • good
    • 0

0:100でも人身傷害は使えますが、あまり意味はありません。


契約した保険会社は約款に定められた基準で損害額を契約者に支払います、契約した保険会社は支払われた保険金の範囲ないで相手保険会社に求償します。
相手との示談交渉をしなくても保険金が受取れるというメリットはありますが支払いの基準は対人賠償よりも厳しいようです。ズルズルと通院をつづけるなんてことは、難しいようです。
今回のように相手からの対人賠償を受取ったあとに、人身傷害を受取るような2重どりできません。
人身傷害のほかに、搭乗者傷害の日数払いに入っていれは、相手の対人賠償金+自社の搭乗者傷害を受取ることができました。
人身傷害は、今回の0/100で相手の対人賠償で受取った金額と同じ金額を、50/50でも、100/0でも受取ることができる保険です。ただし、契約の保険金額が上限になります。
そのほかに、搭乗中のみ担保の特約がついていなければ、歩行中のひき逃げ事故なども自分の保険から保険金が支払われます。(タクシー、バス乗車中も可)。その、対象は同居の親族、別居の未婚の子です。(搭乗中は、同乗者全員、定員オーバーの人は不可、動物も不可)
保険会社により、交通傷害のような機能をもたせているところもありますので、○い○い損保の代理店さんに、よ~~く、聞いてください。
    • good
    • 1

こんばんは!


今回の事故は相手が居る事故なので使えません。
相手の保険の適用になります。
病院の治療費も健康保険が使えず100%払わなければなりません。
ただし単独事故で相手が居ない場合は使えますよ!
たしか健康保険も適用で3割で良かったはずです。
    • good
    • 2

お世話になります。



>人身傷害補償は使えないと○い○い損保の方が言われましたが本当でしょうか?

本当です。重複しての補償はされません。

>またどの様な時使えるのでしょうか?

相手方が自賠責のみの加入で、自賠責を超えた部分で補償されない場合に相手方に代って補償して貰います。
また、任意保険に加入している場合でも相手方の任意保険会社が十分な補償をしない場合で、当方の保険会社が認めれば補償されます。
例えば、休業損害の部分で相手方の保険会社が通院日数分しか認めない場合でも、当方の保険会社が通院期間分を認めた場合は通院期間-通院日数の差額が補償されます。
簡単に言うと相手方から補償されない部分を当方の保険会社が補償してくれるということです。

なお、搭乗者傷害は相手方からの補償及び人身傷害と同様に過失割合に関係なく補償されます。また、搭乗者傷害及び人身傷害共に保険の等級に影響がありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人身傷害保険、搭乗者保険、歩行者傷害特約、及び一般の疾病保険

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車に乗せていた人など)を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担された場合で、自賠責保険で支払われる金額を超過した金額について、保険金をお支払いします。
また、対歩行者傷害補償特約とは、対人事故の被害者が歩行者の場合に、被害者の損害額(人身傷害保険の支払い基準(注1)に基づいて算出される金額)が、対人賠償保険または自賠責保険等で支払われる保険金を上回るときには、保険金をお支払いします。(注2)
被害者に過失がある場合でも、対人賠償保険の保険金に上乗せして保険金が支払われるため、事故が円満、敏速に解決しやすくなります。 人身傷害保険を付保している場合に付帯できます。
(注1) 人身傷害条項の損害額基準
(注2) 対人賠償保険の保険金が支払われる場合
(対人賠償の被保険者が、法律上の損害賠償責任を
負担する場合で、自賠責のみの保険金支払となった場合を 含みます)に限ります。 」

となっています。対人も人身傷害もつけていて、歩行者傷害をつけてなかったために起きる不都合、というのはどういうケースがあるか、保険会社に問い合わせましたが、「個々のケースは一概に回答できない」とのことでした。本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車...続きを読む

Aベストアンサー

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・・」は歩行者側の過失分についてまで支払いをすることになります。つまりどんなに過失があろうともごねれば自分の過失分が消えることになります。ここがふたつの特約の大きく違う点です。

確かに事故処理の簡素化という点では有効だと思います。しかし「相手の過失分を自分の保険でカバーする」ということに納得できません。

これらの違いを理解したうえで、自分にとって特約が必要なのかどうかを判断するべきです。保険を売る側に「内容もお任せ」であればそれもいいとは思います。しかし「本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。」といった疑問を持つ限り、中身をよく理解した上で判断されるといいでしょう。同じ特約でもいろいろな考え方があります。

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・...続きを読む

Q人身傷害補償加入なら搭乗者傷害は必要ない?

まもなく自動車保険の更新です。人身傷害補償(3~5千万の予定です)加入なら搭乗者傷害は必要ないように感じるのですが、何か弊害はあるのでしょうか。又、これらの補償金額はいくらが適正でしょうか。詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人身傷害補償は自分を含め家族だろうが他人だろうが降りますよ。

人身傷害補償と搭乗者傷害保険の大きな違いは、人身傷害補償は実損払いで、搭乗者傷害は定額払いということです。

ですから、人身傷害補償に加入していれば、万が一のときに実質的な負担はなくなりますので、搭乗者傷害保険はいらないという考え方もありです。
あくまで傷害保険なので、万が一のときにお小遣い程度の補償があるという認識でかまわないと思います。

Q搭乗者傷害保険及び家族傷害保険の後遺障害保険について

後遺障害14級の認定を受けたので自分の保険会社に保険金を請求しようと思うのですが、後遺障害保険の支払いの説明に「事故発生からその日を含めて180日以内に後遺障害が発生した場合、その程度に応じて1名保険金額の4%~100%・・・・」(両方の保険共に同様の説明書きがあります)今回、後遺障害14級が認められました。しかし、事故発生は、昨年4月、症状固定10月(治療期間6ヶ月:180日)後遺症認定今年の4月(1年経過)です。この場合の支払い説明の中の180日の文言が気になるのですが、どのように解釈したらよいのでしょうか?保険請求に問題あるでしょうか?

Aベストアンサー

搭乗者傷害保険や傷害保険では180日を超ええてもなお治療を要する場合には、180日が終了する前日の医師の診断に基づき、後遺障害の
程度を決定します。
従って、保険請求には問題はないはずです。
なお、いづれも医療保険金は180日が限度です。

Q会社の車で事故、過失当方0対相手10

わからないことがあるのでどなたかご存知の方がおられましたらご回答お願いいたします。
主人が会社の車で事故にあいました。過失は当方0で相手10です。
(相手の保険会社と主人は話し合い済み、今回は車が会社の車ということで会社の車の搭乗者保険についての質問です。)
頚椎捻挫で整形外科に自由診療で現在も通院中です。
事故後いろいろこちらでご質問させていただいて大体のことはわかってきたのですが、搭乗者保険があるということを知りました。
会社の車の保険証書(損保ジャパン)を事務員にもらい、確かめたところ、
「搭乗者傷害は× 補償されません。」
(注)人身傷害補償で補償されます。
となっています。
搭乗者傷害保険は搭乗者本人に出る保険だということは過去のコメントでわかったのですが、
(1)このような場合(人身傷害で補償されます。)は保険金は搭乗者(主人)に出るのでしょうか。それとも会社ですか。
契約者は会社で搭乗者は主人です。
ちなみに補償内容は、

ご自身・ご家族・乗車中の方の補償

人身傷害  ○ 1名につき7,000万円
搭乗者傷害 × 補償されません。
        (注)人身傷害で補償されます。

となっています。
(2)そして、この会社が契約している保険の話し合いは会社と保険会社でするのですか。
それとも、実際に事故にあった主人が会社の契約している保険会社に直接話しをしてもよいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

わからないことがあるのでどなたかご存知の方がおられましたらご回答お願いいたします。
主人が会社の車で事故にあいました。過失は当方0で相手10です。
(相手の保険会社と主人は話し合い済み、今回は車が会社の車ということで会社の車の搭乗者保険についての質問です。)
頚椎捻挫で整形外科に自由診療で現在も通院中です。
事故後いろいろこちらでご質問させていただいて大体のことはわかってきたのですが、搭乗者保険があるということを知りました。
会社の車の保険証書(損保ジャパン)を事務員にも...続きを読む

Aベストアンサー

人身傷害補償は相手が無保険などで支払ってくれなかったり、支払ってくれてもこちらにも過失があってその分を差し引かれた場合に、それを補填するものです。

搭乗者傷害保険は相手からの補償や人身傷害補償での支払いとは関係なく支払われるお見舞い金のようなものです。

最近は搭乗者傷害を抜いて保険加入するケースもあり、
貴方の場合には、証券で確認の通り搭乗者傷害保険には加入なしとの事ですから、これは対象外です。

(1)ご主人に対して支払われますし、会社は一切受け取りの権限はありません。
(2)被害者はご主人個人ですので、会社と相手との交渉ではなく、ご主人と相手の保険会社との交渉となります。

Q昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失

昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失割合が決定しました。
事故時に左手首関節内骨折で病院に搬送され、担当医から手術もすすめられましたが通院で治療しました。
うごかすと痛みと生理的に嫌な感触を生じ、重量物を取り扱う前職も自己都合での退職となってしまいました。

担当医にもうこれ以上は良くも悪くもならないでしょう。そろそろ症状固定ですねといわれ、今年2010年5/15に通院を中止し、後遺症認定を申請しましたが相手方の事前認定(?)で非該当と回答がありました。先方の保険会社に問い合わせすると
「事前認定=本認定です。異議申し立てするしかありません。」といわれました。
どうやら相手側の内部機関?での認定のようですが非該当になっての賠償金の支払い額が自賠責の限度額120万前後にピタリとあてはまります。
以前からギプス固定期間を治療日に算定しなかったりと相手側の保険会社の担当者への不信感がありましたが、
客観的にみてこの事案はここで示談するしかないのでしょうか?

概要は
・治療費 (病院への支払い) 56万前後
・通院費 (交通費です) 4万前後
・その他 眼鏡等の損害 4万前後
・休業補償 7万(10日分)
・慰謝料 67万前後 (通院日67日+固定具の加算日数43日=110日ですが規定により減算されるようです。)
合計 120万前後

昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失割合が決定しました。
事故時に左手首関節内骨折で病院に搬送され、担当医から手術もすすめられましたが通院で治療しました。
うごかすと痛みと生理的に嫌な感触を生じ、重量物を取り扱う前職も自己都合での退職となってしまいました。

担当医にもうこれ以上は良くも悪くもならないでしょう。そろそろ症状固定ですねといわれ、今年2010年5/15に通院を中止し、後遺症認定を申請しましたが相手方の事前認定(?)で非該当と回答がありました。先方...続きを読む

Aベストアンサー

後遺障害非該当でも、異議申し立てという道が残されています。
線も引かれていない真っ白な異議申立書という用紙があるので、それに非該当になったことに対する異議を自分で書きます。
書式も文章も決まっていません。
1度異議申立をしてダメだったにしても、何度でも異議を申立てられます。
これは、何度かやったら認められる場合が多いんですよね。
時間はかかりますが。

ところで、相手保険会社の「自賠責保険」は、どこですか。
任意保険ではありません。自賠責保険。
一般の損保でしょうか?
もしも、自賠責が某共済なら、後遺障害14級9号を、基本的に認めません。
何度も異議申立てをして、ようやく認められるという具合になっています。
一般の損保なら、そのような不公平な扱いはないのですが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報