痔になりやすい生活習慣とは?

庭のギンバイカ(銀梅花)がたくさん赤紫の実をつけました。
これって食べられるのでしょうか?
食べられるとすればおすすめのレシピは?

よろしくお願いします。


http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/ginba …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どんなものでも食べられるとは思いますが、


食べるとこが少なく、せわしない割りに美味しいわけじゃない。

果実酒用の焼酎(ホワイトリカー35度)に漬け込んで
銀梅花酒なんていいんじゃないでしょうか。
いろんな果実酒にトライされている方がいるのですが、
銀梅花の果実は、
最初色素が落ちて不気味な色になるのですが、
3ヶ月程度で琥珀色に変わり、その頃になると
そのまま飲んでも「うまい!」らしいです。

鳥に食われちゃう前にどうでしょう?
失敗したら申し訳ないのでちょこっと作ってみる。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

masa0809さん、さっそくありがとうございます。

銀梅花酒も良さそうですね。試してみたいと思います。
ただ、先日も大量にプルーン酒を作ってしまいましたので、他にも食べ方は無いでしょうか?

お礼日時:2004/10/24 12:55

ANo.3です。

補足を拝見しました。

生食用ギンバイカ(ミルタス)は「シルキーベリー」という品種で、果実全体が
白くて甘く、なまのまま食べられます。

質問者様のミルタスは、スパイスやポプリ用のギンバイカ(ミルタス)かと
私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、シルキーベリーというのもあるんですか。知りませんでした。

それではうちのはやはり果実酒とポプリにでもしてみようと思います。

何度もありがとうございました。

お礼日時:2004/10/26 09:21

生食用の白いギンバイカはそのまま生食するほうがおいしいですが、


赤紫のタイプは、スパイスとして、いろいろな料理に試して見ましょう。

また、乾燥させたものをポプリとして、クローゼットに入れておくと
香りがつきますよ。

知人は「香りをたのしめるから♪」といって、ガムのように
かんでいる人もいます。
(私の場合は、味が濃いのでNGでした;)

この回答への補足

生食用の白いギンバイカ?

白いって実の表面が白いんですか?
うちのは花はもちろん白いですが実は最初は緑で今は赤紫になりだんだん黒くなっていくのですが、種類がちがうのでしょうか?

補足日時:2004/10/24 22:51
    • good
    • 1

ギンバイカ(銀梅花)[英名]Myrtleマートルは下記サイトの上段のHPの中ほどの<食用※2> の(果実を利用するもの)のギンバイカ(銀梅花)の項目には「芳香のある常緑低木。

葉と果実が香るため、香水の原料としたり、入浴料にします。果肉は生食できます。民間で、葉の浸出液を歯周病の際のうがい液に用います。 」と記載されていますので生食できるようですね。
他には下記サイトの下段のHPに有るように果実酒にすると黄金色で味も香りも繊細で相当お勧めのようです。
ちなみに花言葉は「愛の囁き」だそうです。

参考URL:http://www.eisai.co.jp/museum/herb/familiar/seed … http://www2q.biglobe.ne.jp/~sakai/myrtle.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「愛の囁き」ですか、素敵ですね。
黄金色で味も香りも繊細・・・、というお酒も楽しみです。

お礼日時:2004/10/24 22:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)

Qフェイジョアの株間はどれぐらいでしょう?

フェイジョアの異品種を3本植えつけようと思っています。

三角の位置で、株間1.5メートルとろうと思っています。

風当たりがよすぎるところなので、お互い支えあい(支柱はそれぞれ立てます)、実は家族が味見程度に食べられればいいと思っています。

株間1.5メートルで問題はないでしょうか?
もっと狭くてもいいでしょうか?

Aベストアンサー

上から撮ったのでわかりにくいですが、我が家のフェイジョアです。これで1本です。他に2本あります。
うちの場合には間隔1.5mでは狭すぎです。1本で幅は6mくらいあります。本気で収穫しようとして大きくしたのですが、結局は食べきれずにそのまま土に返っています。味見程度なら1.5mでいいと思います。そんなにおいしいものじゃありませんよ。

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む

Q湿気の多い土を好む植物を教えてください

庭に草花を植えつけたいのですが、我が家の庭は排水があまり良くないようで、
地面に植えた花や植物は、大体が根元の方から茶色く枯れてきて、
根腐れをおこして、2、3ヶ月でひょろひょろになってしまいます。
草花を植える時は3~40センチくらい掘り起こして、土を入れ替えたりしているんですが、
雨が続いたり、豪雨のあとなんかに庭をみると、
コケが生えたように表面が緑色になっています。
排水路を作ってうまく水を排水してやればいい話なんですが、
もともと駐車場だった土地なようで、深さ10センチあたりからゴロゴロ石が出てきて、
自力で掘るにもかなりの労力なのです・・・・
小さな庭なので、その半分は小石を敷き詰めて砂利庭にしまた。
残りの土の部分にはやっぱり緑が欲しいので、低木やグランドカバーになるような草花がほしいです。
湿った土地に強い丈夫に育つ植物を探しています。
ガーデニング初心者です。
アドバイスなど何でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には植物は水はけの良い所を好むものがほとんどだと思います。
にもかかわらず水分を欲しがるんですよね(笑)

>地面に植えた花や植物は、大体が根元の方から茶色く枯れてきて~
>草花を植える時は3~40センチくらい掘り起こして、土を入れ替えたりしているんですが~

実際にどのような土を入れ、どんな植物を植えていらっしゃいますか?30~40センチも掘り起こして土を入れ替えれば、普通の草花にとっては十分のような気がします。大きな樹木であれば別ですが。

土に含まれている成分が草花に合っていないという事も考えられると思います。あとは肥料の偏りすぎとか。。。N(窒素)・P(リンサン)K(カリウム)の割合と微量要素(鉄分やマグネシウムとか)も関係しているのではないでしょうか?

Q鉢植えのバラの冬越しについて教えてください!

お世話になります
私は南東北に住んでいます 今年の秋から
バラを鉢植えで育てているのですが
【鉢バラの冬越しについて】調べたのですが
東北地方について詳しいものに出会えず・・
こちらで アドバイス頂けたらと思い 
質問させて頂きました

私の住んでいる所は
屋外で日中は-3度程度 
   夜間は-7度程度 に為ると思います
※雪の下にして管理するか
※玄関のポーチにて管理するか
※無暖房の屋内にて管理するか
(屋内でも10度は下回る気温と思われます)
どのように管理しようか迷ってしまっています

育てているバラは
・カクテル
・サラバンド
・つるアイスバーグ
・白モッコウバラ
・ブライダルピンク
○シュネープリンセス
○マルゴズシスターズ
○アンティークレース の8っ種類です
今年買ったばかりの大きな苗ではありませんが
○印のバラは花を咲かせてくれたものです

初心者なもので・・質問も基本的な事で
大変お手数お掛けしますが
アドバイス頂けると有難いです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

拙宅は暖地で、住んでいる環境に差異がありますが、バラが生育するのに最も適した温度は平均気温が17℃ぐらいから25℃ぐらいであろうと思います。比較的涼しいぐらいの温度が適温で、季節でいえば4月5月、あるいは10月あたりでしょう。30℃以上では生長が鈍り、盛夏は苦手とします。
平均気温が4℃以下になれば落葉し、休眠状態に入ります。寒さには比較的強く、-5℃ぐらいまでは大丈夫です。鉢土が多少凍りついても大丈夫だという事です。0℃ぐらいから-5℃までは鉢土を高さ3~4cmぐらい覆うマルチングで十分対応できます。
マルチング材には藁や繊維質のピートモス、あるいはバーク堆肥などが利用できます。

バラにとって冬の寒さは必要で、この時期は細胞液の濃度が高まり、幹(特に下の方)には養分を蓄えて充実した樹となり、春に備えています。
-7℃ぐらいになる日はマルチングと透明ビニール袋(透明ゴミ袋)をかぶせておくぐらいで対応できるのではないかとは思われます。

落葉している冬期は日当たりもさほど必要とはせず、日陰あたりでも結構です。芽が吹き始める春あたりから日当たりの良い所へ置きましょう。盛夏は幾分直射日光を遮光してやる品種もあろうかと思われます。大変明るい日陰ぐらいでしょうか。

※雪の下にして管理するか・・・△。あまり大雪がかぶるのは避けた方が良いでしょう。
※玄関のポーチにて管理するか・・・○。ここが一番良いでしょう。新芽が吹く春までは多少日当たりが悪くとも構いません。
※無暖房の屋内にて管理するか・・・×。前述したようにある程度冬の寒さが必要です。0℃~-5℃ぐらいまでならば大丈夫です。

拙宅は暖地で、住んでいる環境に差異がありますが、バラが生育するのに最も適した温度は平均気温が17℃ぐらいから25℃ぐらいであろうと思います。比較的涼しいぐらいの温度が適温で、季節でいえば4月5月、あるいは10月あたりでしょう。30℃以上では生長が鈍り、盛夏は苦手とします。
平均気温が4℃以下になれば落葉し、休眠状態に入ります。寒さには比較的強く、-5℃ぐらいまでは大丈夫です。鉢土が多少凍りついても大丈夫だという事です。0℃ぐらいから-5℃までは鉢土を高さ3~4cmぐらい覆うマルチングで十分対応できま...続きを読む

Q白菜の花は食べられますか?

春になって育てていた白菜から花芽が出てきました。
菜の花のようで美味しそうなので食べてみたところとても美味しいのですが、知人にそれを話したところ「白菜の花には毒があるから食べてはいけない」と言われました。
本当でしょうか?とっても美味しいのに・・・
他の方のブログやHPなどでも「食べている、美味しい」などの意見がありますが・・・
また、他のアブラナ科の野菜の花芽で食べていけないものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

アブラナ科(食材)の花に毒があるなんて聞いた事がありません。
いい加減で無責任な言動をする知人の方に、科学的な根拠を説明してもらってください。
私も、その科学的根拠を知りたいですので、コメント頂けたら嬉しいです。
キャベツや白菜の花は、癖もなく、季節を感じさせるもので、私個人的には好ましい食材です(売ってはいませんがね)
今の季節、菜の花の花芽が『菜花』として売られています。お浸しや、辛し和えが旨いですよ。

Qカツラの木の生長

カツラの木を玄関前に植えようと考えています。
葉っぱの形や黄色に紅葉するのが気にいっています。近所にもない木なので個性も出ますし。

業者さんからカツラはかなり生長が早いですよ、スペースあるところに植えないと・・・と言われました。

シンボルツリーでよく聞く木の中でかなりぐんぐん伸びる木なのでしょうか?狭い場所では無理でしょうか?
もともと高木なのは知っていましたが、自分もしくは知り合いの造園業の方に剪定してもらえば、と考えていたのですが、育てていらっしゃる方や詳しい方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>カツラの木の生長
シンボルツリーでよく聞く木の中でかなりぐんぐん伸びる木なのでしょうか?狭い場所では無理でしょうか?



樹形も良く、紅葉を楽しめて素敵な樹木だと思います。

しかし、業者さんが指摘されるように、一般家庭の庭ではスペース(枝張り・根張り)と高さ(日照・落ち葉の飛散・周辺樹木への影響)から植栽が難しいケースが多いです。
(我が家でも、検討しましたが、多くの花木・果樹を植栽したい為に、仲間?の月桂樹・イロハモミジにしました)


◇桂
樹高:2~30m
根張り:2~3m
枝張り:放置すれば樹高の半分位に成る可能性がある

※高さや枝張りの対策としては→強剪定(間引き剪定・短く切り止める)で高さと枝の拡がりは、ある程度まで調整出来ますが、根張りは樹木の成長、健康上、必要です。

従って、周辺に根が張り建屋とか花木に影響したり、根詰まり・根焼けが起こらないだけの3m位の空きスペースが必要と思います。

根切りをしても大丈夫かどうか?相談してください。
根切りで地中の張りを抑えるように行える場合は、専門業者に植栽時に(1~2年間の植え付け保証付き)お願いするのが安心だと思います。

http://sutekinaoniwa.com/Static/Special/200904/page01.html

>カツラの木の生長
シンボルツリーでよく聞く木の中でかなりぐんぐん伸びる木なのでしょうか?狭い場所では無理でしょうか?



樹形も良く、紅葉を楽しめて素敵な樹木だと思います。

しかし、業者さんが指摘されるように、一般家庭の庭ではスペース(枝張り・根張り)と高さ(日照・落ち葉の飛散・周辺樹木への影響)から植栽が難しいケースが多いです。
(我が家でも、検討しましたが、多くの花木・果樹を植栽したい為に、仲間?の月桂樹・イロハモミジにしました)


◇...続きを読む

Q成長の遅い常緑樹

こんにちは。
洋風の一戸建てに住んでいます。
玄関近くに常緑樹を植えたいです。
(1)高さは、1.5~2メートルに留めて(剪定などで)行きたいと思っています。成長が遅く剪定の頻度が少ない木がいいです。
(2)現在植えているソヨゴとハイノキがかなり気に入っているので
 その雰囲気の木がいいです。上品な木が好きです。
(3)隣地境界近くの為、広がり過ぎない虫がつきにくい木がいいです。
 (隣家も境界近くにヤマボウシを植えられています)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃるようにカクレミノは葉っぱが上のほうだけになってきます。その姿が好まれたりもしますが、下から上まで葉っぱがつく木ということでしたら対象外となってしまいます。

アセビも下のほうに葉っぱはつきません。ツツジ科なので大きくなりませんし、ソヨゴやハイノキなんかと違って幹が曲がりくねって育ちます。
華奢な姿のわりに幹肌がゴツゴツした感じで、木自体はパッとしません。
花はかわいいですね。スズランのような釣鐘状の花をたくさんつけます。
ただ、この木は毒があることで知られていて、どんな木でも食べる奈良公園の鹿もこの木だけは食べません。
何故かスズランのような花をつける植物に毒のある木が多いようです。スズラン自体にも毒があります。
ソヨゴ・ハイノキなんかとはかなりイメージの異なる木ですので、雰囲気的に合わないかと思いますし、植えるとかなり和風のほうに引っ張られてしまいます。

イメージからいうとシラカシあたりが合うのかなと思います。
http://green-netbox.com/syouhin-page/sirakasi.html
生垣によく使われる木ですが、最近は単独でシンボルツリーとして扱われたりします。
ただ、成長が遅いかというと、植える場所や土の養分によってはすくすく育つこともありますので、何ともいえません。

最後に書かれているように、もう一本ハイノキかソヨゴがあっても別に不自然なことはありません。
むしろそのほうが統一感があっていいかもしれません。
ただ、木というのはけっこう個体差があります。同じ木でも1本目と2本目ではころっとイメージが違うということはよくあります。

おっしゃるようにカクレミノは葉っぱが上のほうだけになってきます。その姿が好まれたりもしますが、下から上まで葉っぱがつく木ということでしたら対象外となってしまいます。

アセビも下のほうに葉っぱはつきません。ツツジ科なので大きくなりませんし、ソヨゴやハイノキなんかと違って幹が曲がりくねって育ちます。
華奢な姿のわりに幹肌がゴツゴツした感じで、木自体はパッとしません。
花はかわいいですね。スズランのような釣鐘状の花をたくさんつけます。
ただ、この木は毒があることで知られていて...続きを読む

Q庭に植えるオススメの果実木ないですか?

庭に植えるオススメの果実木ないですか?

庭は60坪ほどあります。粘土質なのであまりいい場所ではありませんが日当たりは最高です。土壌改良はします。

虫が付かず、農薬とか使用しないでおいしい果実がなるお勧めの木はないですか?



一応、現在は知人の勧めで みかんの宮川早生が手間がかからず甘い実がなると教えられて候補にしています。それ以上のオススメの木ありませんか?

Aベストアンサー

我が家にも色々果樹が有りますが、いずれも農薬や手間のかからないのもの(キウイは棚が必要で剪定が多いですが)、虫の少ないものを挙げてみました。以下の中ではポポー・ビワ・レモン・ブドウ以外を植えていますが、フェイジョア(美味)・ポポー以外は沢山収穫できると思います。お好みに応じて植えられてみて下さい。毎年虫が一切付かないというのは果実ではまず有り得ませんので、ちょっとは付く可能性も有ります。
※柿はカイガラムシやアメリカシロヒトリなどが付く場合も有りますが、山梨などはどの家庭にも植えられているほどポピュラーですから気にしだすとキリが有りませんしね。

フェイジョア・・・お勧めはアポロ(大果、自家結実)など。虫も付きにくい。
http://gbiz.saloon.jp/kaidan/life629.html
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-feijoa_large.html

ビックリグミ(ナツグミ)、別名:ダイオウグミ。手間要らずで簡単に生ります。
 http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/bikkurigumi0.htm
ユスラウメ。まったく手間要らず。大量に生ります。
 http://koueninfo.fc2web.com/yusuraume-photo/index.html

ブルーベリー http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/blueberry0.htm
        (※ヒヨドリに食べられる場合はネットをかける)
ブラックベリー http://park23.wakwak.com/~chikura2/020niwa01z_blackberry.html

キウイ・・・雄木にはトムリ http://www.kudamononavi.com/zukan/kiwi.htm
収穫用は、ゴールドキウイ100g(酸味が少ない)、ヘイワード100g(一般的)、アップルキウイ150g(特大、酸味が少ない)、さぬきゴールド170g(特大、甘い)。※棚を低くすれば管理は容易。

柿・・・・・ジロウ(収穫用)が日持ちがよく育てやすいです。
     富有柿は柔らかくていまひとつ(好みの問題ですが・・・)
 受粉用には禅寺丸http://www.fruit.affrc.go.jp/new/kaki/textbase/zenjimaru.html
 http://www.kudamononavi.com/zukan/persimmon.htm#NO07
 http://www.komeri.com/howto/html/01010.html

ポポー http://www.lcv.ne.jp/~suzuiito/kajyu/kajyu-sub/popo-.html
ビワ・・・丈夫で手間いらず。受粉も必要ありません。実がつき過ぎるので摘果が必要。
ブドウ・・・意外と家庭でも日当たり良好なら沢山生ります。
温州みかん(早生・極早生)、キンカン、レモン

こちらの方は多く栽培しているようですから、各種参考にしてみて下さい。
http://www.lcv.ne.jp/~suzuiito/kajyu/index.html

その他参考に。厳しく書いて有りますが、それはベストな栽培方法を書かれているだけですから難しく考えない方がいいですね。http://www.nogyoya.com/html/user_data/rakuyo_tree.php

我が家にも色々果樹が有りますが、いずれも農薬や手間のかからないのもの(キウイは棚が必要で剪定が多いですが)、虫の少ないものを挙げてみました。以下の中ではポポー・ビワ・レモン・ブドウ以外を植えていますが、フェイジョア(美味)・ポポー以外は沢山収穫できると思います。お好みに応じて植えられてみて下さい。毎年虫が一切付かないというのは果実ではまず有り得ませんので、ちょっとは付く可能性も有ります。
※柿はカイガラムシやアメリカシロヒトリなどが付く場合も有りますが、山梨などはどの家庭に...続きを読む

Q生垣と植木について

素人ですが、庭に生垣(15メートルくらい)と玄関アプローチの庭木、芝を検討しています。
生垣にキンモクセイ、玄関にオリーブまたはシマトネリコを予定しています。
予算的なこともあり、自分で植栽したいのですが、簡単でしょうか?管理はどうでしょうか?
また、管理が比較的簡単で、おすすめのものがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

素人の方のようですから、これだけは初めに覚えられていて下さい。
この世の中に穴を掘って植えただけで生育する樹木はありません。樹木に
は色んな種類がありますが、種類によって移植時期が異なりますし、また
土質も適応するように土壌改良をしなければいけません。「思い立ったが
吉日」と言う諺がありますが、これは樹木に関しては当てはまりません。
知識や経験がある人には簡単ですが、素人には簡単ではなく不可能に近い
と思います。予算的な事があるようですが、一度に全てを完了させようと
するから予算オーバーになる訳で、移植が出来る時期を狙って作業をすれ
ば予算的には苦しくないはずです。

キンモクセイはモクセイ科の常緑小高木で、5~10mが平均高さです。
植付けは4月中旬から5月中旬と9月上旬から10月上旬が適期ですが、
4月中旬頃でも気候が暖かく感じない地域では9月初旬頃に植付けをされ
た方が確実です。水はけと日当たりの良い場所で、肥沃な土壌に植付ける
と花付きが良くなります。大きめな穴を掘り根鉢を崩さずに植付け、必ず
支柱を立てます。生垣の場合は2m間隔で木杭を打ち込み、80cmから
1m間隔でキンモクセイの苗を植付けます。木杭の天辺から15cm程度下
に横木(竹)を入れ、釘で横木を固定します。これが支柱になります。
この支柱にキンモクセイをシュロ縄で止め、倒れないようにします。
支柱が必要な理由は、風で苗が動くため根が活着しにくくなるからです。
樹木の根が完全に定着するまでには最低でも2年は必要ですから、支柱は
必ず立てる必要があります。

シマトネリコはモクセイ科の半落葉広葉高木で、5~15mが平均です。
植付けや管理等はキンモクセイを参考にされ、ほぼ同じで構いません。
乾燥と過湿が苦手な樹木で、水管理には悩まされるかも知れません。
生長は比較的に早いのですが、温度変化に敏感で5~6月に急激に気温が
下がると芽が生長を停止して落葉してしまう事があります。落葉しても枯
れた訳ではありませんので、そのまま管理をすれば生き続けます。

オリーブはモクセイ科の常緑低木で、年間を通して日当たりが良く水はけ
が良い場所を選びます。寒さには比較的強いのですが、それでも関東から
北の地域では地植えは難しいです。植付けは3月から4月中旬で、気候が
暖かくなってから植付けします。石灰を好むので、植付けの2週間以上前
に苦土石灰を適量施して十分に耕しアルカリ性土壌に改良させます。

植付けが出来たとしても、植え付けてから最も大変な事は剪定をしなけれ
ばいけないと言う事です。放任すれば枝はドンドン伸びてしまい、アッと
言う間に密林になってしまいます。特に生垣の場合は仕立てる事が重要で
すから、時期が来たら年毎に剪定を行うようにします。
庭と言う事で人目に付く場所ですから、見た目良く手入れをしないと家屋
が死んでしまいます。生垣が15m程度のようですから、剪定は一苦労を
する事になるでしょうね。

生垣を樹木にしないで樹脂製竹垣にする事も案です。最初だけ値段が張り
ますが、年間を通しての管理が不要で見た目にも悪くはありません。庭園
でも頻繁に使用されているので、樹脂製竹垣を検討されてはどうですか。

素人の方のようですから、これだけは初めに覚えられていて下さい。
この世の中に穴を掘って植えただけで生育する樹木はありません。樹木に
は色んな種類がありますが、種類によって移植時期が異なりますし、また
土質も適応するように土壌改良をしなければいけません。「思い立ったが
吉日」と言う諺がありますが、これは樹木に関しては当てはまりません。
知識や経験がある人には簡単ですが、素人には簡単ではなく不可能に近い
と思います。予算的な事があるようですが、一度に全てを完了させようと
するから予算...続きを読む


人気Q&Aランキング