しょうもない質問で申し訳ありません。

偽硬貨が出て以降、その名前すら聞かなくなった10万円硬貨は、流通貨幣としていまでも使用できるのでしょうか?
また、10万円硬貨の本物と偽者の違いは、硬貨を収めていたパッケージの違いだったような記憶をしているのですが、パッケージをはずした状態でも両替は可能なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 皆さんがおっしゃるように、10万円金貨で支払い可能なはずです。


もちろんお店の側ではいい顔をしないでしょうし、
釣り銭不足を理由にお断りをされるかもしれません。
小銭を理由に受け取りを拒否することはできるのですが
(法律で20何枚以上の硬貨は拒否できたはずです)
金貨だから、と断るのは向こうが悪いと思います。
銀行で両替は可能でしょうが、
偽硬貨の疑いがあるような金貨でしたら
真贋を調べますのでお預かりさせてくださいくらいはあるかもしれませんね。

 それからコイン商でプレミアがつく、という御指摘ですが
ああいうところでは、売値の10分の1くらいでしか買い取ってくれません。
まさか額面割れということはないと思うのですが
発行枚数も多く、希少価値が少ないでしょうから
あまり期待はされない方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えくださった皆様、ありがとう御座います。

やはり一応硬貨として使えるのですね。
ランチを食べているときに、隣の人の話が耳に入って気になっていたもので、質問をさせていただきました。
売上金の中にあった10万円硬貨を入金しようとしたら、銀行預かりになってしまったと言う話で、もし、偽硬貨だったら、金の重さの価値しかないので丸損と言われ、もう10万円硬貨の使用は断るという内容でした。
しかし、使用の際に嫌がられ、お金の本質である換金性が無く、確認に数日掛かる硬貨をお金と言えるのでしょうか?

お礼日時:2001/07/18 11:52

地金再生買取価格 1オンス (プレミアム有) 37,014円


(プレミアム無) 33,393円
7/19の買取価格です.
日本政府の金貨発行は政府の金儲けの魂胆で、金を少ないくして10万円にするから、その当時10万円の分の金を使わないから、偽物が出まわるのです、偽物といっても金が本物でだから、金の重さしか見ないとなるのです.
メイプル金貨 などは1オンスあるから、鑑定をしなくても売れるのです。なぜならば、たとえば1オンスの金を偽物の金貨を作ろうとしたら、刻印代が持ち出しになり、偽物を作ることなんか考えないですね. 1オンスの金の価格+刻印代になります。売るときは1オンスの金の重さになりますからね。だから、10万円のにせ物が出て信用を落としています.  使うことが面倒ですからプレミアムはそんなにつかないでしょう。金の世界の常識を知らない官僚のした事です. 紙幣と同じように管理通貨として金を扱ったのでしょう.もしインフレになって10万円の価値がなくなれば金の重さの値打ちしかないが、紙の札よりはましと考えるしかないでしょう.戦前の金貨はその当時の通貨の値打ちの金の重さはあるはずです. 
    • good
    • 0

日本の通貨は基本的には期限がありません.外国の通貨は国によっては期限があります.10万円金貨は外国でどう評価しているのでしょうか.

コインとしてか、金の重さで扱っているのかがあります.そうなると *gとか*オンスいくらになりますね.
    • good
    • 0

もちろん現行貨幣です。

お店には嫌がられるでしょうが。

パッケージを外さずにコイン商に持っていけば、いくらか
プレミアムがつくでしょう。外してしまったのであれば
無理かもしれません。
    • good
    • 0

日本銀行が発行した正式なお金であれば、


使えるはずです。
昔の100円紙幣なんかも普通に使えますから。

ただ、希少価値の意味で額面より高くなる事があるので、
そっちの方を先にチェックした方がいいと思います。
古銭等を扱う専門ショップに持っていかれるといいかもしれません。
そういうところに持っていかない限り額面どうりにしかなりませんから。
    • good
    • 1

手放してもいいなら“コイン屋”に売りましょう。


少なくとも10万円はおろか、運がよければ希少価値が付いて、多少色がつくはずです。
おまけにパッケージがあるのならば少しは期待でしるでしょう。
    • good
    • 0

小売店によっては嫌がられるかも知れませんが額面での買い物は基本的に


可能なはずですよ。
直接使うのをためらわれるのでしたら銀行で両替してもらうという方法も
あります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽硬貨?ミス硬貨?

ちょっとおかしい100玉があります。
大きさは通常のものと変わりないのですが

文字がジワ~と滲んだような太字になっています。
パッと見て、字が丸っこい!!と思いました。

あと、縁が削れてるのか、ずれてるのか、ちょっと不自然な感じがします。

桜の模様は通常のものと変わらないです。

これは偽硬貨でしょうか?それともただのミス硬貨?

また、ミス硬貨だとしても価値があるものでしょうか?

Aベストアンサー

偽造通過は、無価値です。

鋳造ミスなどは珍しいので、たいてい付加価値がつきます。

偽造硬貨と知って使うと犯罪になりますので、お近くのコインショップなどで調べてもらうことをお勧めします。

Q貨幣流通量と物価の関係

貨幣流通量と物価の関係

日銀統計によると貨幣流通量は2006年までの10年間で約1.73倍となっています。
http://www.boj.or.jp/theme/research/stat/money/ryutsu/index....

この間人口・消費者物価ともほぼ0%成長です。
http://www.stat.go.jp/data/nihon/02.htm
http://www.stat.go.jp/data/cpi/longtime/index.htm

人口が変わらず、貨幣流通量が大幅に増えているのに消費者物価はなぜ上がらないのでしょう?

Aベストアンサー

1です。
ちょっと単純化しすぎましたかね。
昔の知識なのであやふやですが若干補足。


日銀は貨幣を発行して、債券を購入する。そうすれば金利が下がり、人々が貯蓄するインセンティブが少なくなり、消費に回るのがセオリーす。
・・・経済学の理論のとおり非常に限定された条件で経済が動くのであればそのとおりになるかもしれませんが、現状を考えると必ずしも理論どおりになることはありませんね。

(1)まず、税金や社会保険料負担の増加が考慮されていないですね。個人に限定して考えると10年間所得が一定だったとしても年々可処分所得は減少していますね。これは物価上昇や支出増加にはマイナスの影響です。

(2)金利が下がって家計が消費を増加させたのでしょうか。これは結果を見る限りノーですね。ゼロ金利時代には、不景気のため家計はむしろ財布の紐をしめて低金利の中、貯蓄している家計が多かったですね。失業率が上昇するし、賃金カット・リストラ等に備えて低金利でもむしろ金融機関に貯金をしていました。これは想定とは逆の行動ですね。景気の影響もあまり考慮はされていませんね。

(3)貨幣流通量が増加したのにそのお金はどこにいったのかということですが、日銀が公定歩合を下げて金融機関は資金を調達しやすい環境にはなっていましたが、不良債権の問題の影響が大きくなっていた金融機関は、金が余っているのに貸し出す相手がいないという状態になっていました。まあ厳密に言うと信頼して貸し出せる相手がほとんどいなかったということです。借りたいと思っている相手の多くは貸し出し基準に合わない中小企業が多く、需給のミスマッチが生じていましたね。個人にしても金融機関に借金をしてまで支出を増やそうという人は少数でしたね。ニュースでは金余りなんて言ってました。結局、金融機関は貸し出す相手が十分にいないので、国債に資金を使っていたようです。
せっかく市場にお金を出しても、金融機関がお金を貸し出さずに国債を購入していれば元に戻るだけですから、資金流通量を増やす政策は十分に機能していなかったことになります。

歴史の世界でも貨幣の発行量を増やすとインフレになることが観察されています。第一次世界大戦後のドイツとか江戸時代の貨幣改鋳によるインフレなどです。歴史で繰り返されてきたことが起きなかったのも不思議です。
・・・ここは注意が必要ですね。貨幣の発行量を増やすだけでインフレが起きている訳ではなく、大体大規模なものは、経済破綻とセットで起きていますね。特定の理論のみで経済を判断するのは危険ですよ。少し調べただけで以下のようなページも発見できましたし、もう少し状況を調べることをお薦めします。日本の財政状況も破綻していれば同様のことが起きたでしょうが、国債の残高が増えていようとまだ日本は破綻の状態にはなっていないので、ハイパーインフレは起きませんでしたね。
ドイツもそうですね。
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/inflation1.HTM
江戸時代の貨幣改鋳も財政破綻がきっかけですね。
http://money.goo.ne.jp/column/story/07/index0711.html

私も経済学部を卒業したので記憶はあやふやですが多少の知識はありますが、実際の経済は理論どおりに起こっていることはかなり少ないですよ。一つの理論や仮説だけで実態が予想できるようなら、誰でも大金持ちになることも可能でしょうから。

1です。
ちょっと単純化しすぎましたかね。
昔の知識なのであやふやですが若干補足。


日銀は貨幣を発行して、債券を購入する。そうすれば金利が下がり、人々が貯蓄するインセンティブが少なくなり、消費に回るのがセオリーす。
・・・経済学の理論のとおり非常に限定された条件で経済が動くのであればそのとおりになるかもしれませんが、現状を考えると必ずしも理論どおりになることはありませんね。

(1)まず、税金や社会保険料負担の増加が考慮されていないですね。個人に限定して考えると10年間所得...続きを読む

Q日本の流通貨幣量の決定

日本は(日銀は)流通する貨幣量をどのように把握し、
何を指標に貨幣の増刷、回収を行っているのでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
これは、少々難しいことですが
「無担保コール翌日物金利誘導目標」というのがあり、これの金利水準や国債の買いオペで決めます。
コールといのは銀行間で行われる資金のやり取りで、A銀行は100億円があまっているのでコール市場で貸し出しを行うのですが、資金需要が高ければそれだけ多くの入札が入り金利が上昇するのですが、1%を超えた場合は日銀がコール市場にお金を供給して需要を満たすということです。このときに、日銀が資金を供給した時点で増刷ということになります。
他にも、金融機関はオープン市場というところで国債の売買をしているのですが日銀が「今日、国債を5000億円買います」と言った場合には金融機関から「私は国債を100円で」「いえ、私は国債を95円」でというような逆オークション的な形で、価格の安いものから応札して買い取ります。この買取った時点で増刷ということになります。
これらの話とは逆に、日銀が国債を売却した場合は資金の回収になります。
少々難しくてごめんなさい。

Q硬貨についてです。 硬貨です。文字読めなくてわからないのですが、多分外国の硬貨だと思われます(´

硬貨についてです。


硬貨です。文字読めなくてわからないのですが、多分外国の硬貨だと思われます(´・_・`)


どこの国の硬貨かわかりますか⁇教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

タイの5バーツ(Baht)硬貨です。
プミポン国王ですね。

Q10万円を1円に両替する時の銀行員の気持ち

客が10万円を全部1円に両替してください。

と、窓口に来て、その客のカードが両替機で使えず、手数料も了承している時。


どんな気持ちになりますか?

やっぱりめんどくさくて嫌でしょうか?



実際はやりません、気持ちを知りたいだけです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は過去に銀行員をしていて、1円玉をたくさん集めた人がよく
これをお札に替えてほしいとかはありましたが
いい暇つぶしが出来て良かったと思ってやりましたよ。
その間、他の接客をしなくていいからむしろ楽


人気Q&Aランキング

おすすめ情報