出産前後の痔にはご注意!

敷地面積

総床面積
と 
延床面積

容積率

建ぺい率

って、なんなんですか?

調べてもピンときません。

A 回答 (3件)

敷地面積は、建物が建っている土地の面積。



延床面積は、延べ面積と言うのですが、各階の外壁中心で囲まれた内部の床面積の合計。

総床面積は、施工床面積の事だと思いますが、延べ面積にバルコニーピロティ、外部廊下、外部階段などの床面積を加えたもの。

建築面積は、建物の1階部分の面積。これに庇の一部の面積が加えられます。

容積率は、延べ面積を敷地面積で割った値。

建ぺい率は、建築面積を敷地面積で割った値。

ざっと、こんな感じですが、実際にはもう少し細かい決まりがあるので、正確な数字は建築士の人に聞く必要があります。
    • good
    • 1

これ、何かの理由で理解をしたいの?


たとえば自分の家を建てる(建て替える)とか。
何で調べてピンと来なかったのか知らないけど、それぞれを直接Webで検索したら図解付でいくらでもヒットする。
こちらでリンク貼りまくっても仕方ない。
文字制限があるし、ここでいくら言葉で説明をしても理解は無理と思う。

例。
敷地面積→土地の面積ではない。
敷地なわけ。
土地と敷地、違いがわかる?
イメージとしてはいいんだけど、基本を知らないと大切なところで誤る恐れがある。

建築面積も、建築物の定義から知ると分かりやすいと思う。
壁または柱があり、屋根のあるもの。
建物っぽく見えても屋根の機能を無くしたら建築物にはならないため、面積は発生しない。
ただし、面積ゼロは「無」ではなく、ゼロの「物」があるわけ。
出窓や突き出た庇など、建築面積にはカウントすることのルールがある。

容積率も、延床面積/敷地面積×100(%)
ただし容積率では床面積に参入しなくてもいい「緩和」と呼ばれる部分、または計算方法もあるわけ。

もし平日に地元の市役所に行けるなら、建築課、建築指導課、住宅課などの名前の部署があると思うから、直接行って質問してごらん。
先方は忙しいときは無理だから、あらかじめ相談がある、と日時の予約をするのがベター。
たぶん図解を交えて分かりやすく説明してくれると思う。
言葉だけじゃなく、なぜそのような規制をかけたか、法律の意味もあわせてちょっと聞くと一気に理解が深まる。

実際に何か知りたい理由があるなら、それを先に話すと説明する側も説明しやすい。
(余計なことまで話さなくてもいいから)
    • good
    • 0

敷地面積に対して、1階部分の床面積の比が建ぺい率


例えば100m2の敷地に対して、1階の床面積が60m2だと
建ぺい率は60%

2階建ての場合、1階と2階の床面積を足したのが、延床面積
先の例で、2階も60m2だったら、延床面積は、120m2

容積率は、敷地面積と延床面積の比
これまでの例では、120%

総床面積は良く分からないけど、多分、延床面積と同じ。

大体は以上ですが、ロフトが延床面積に含まれないなど細かな条件などはあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築工事の手順について質問です。 マイホームを建築中なのですが、メーカー側と私達の擦り合わせがうまく

新築工事の手順について質問です。
マイホームを建築中なのですが、メーカー側と私達の擦り合わせがうまくいっていなかったようで、外側サッシの色が希望していた色と違いました。すぐに対応していただけると連絡はあったのですが、サッシの納期に時間がかかるので、手順上次の工程の断熱材が入れられない。そのため、工事はほぼストップ状態になりますと言われました。
ですが、突然、断熱材はサッシがついてなくても施工できるようなので、工事を進めますと連絡が入りました。
私達は気密や断熱を重視しているので、きちんと工程順にしてほしかったのですが、メーカーより、断熱材のメーカーに確認をしたので大丈夫ですと言われてしまい、何も言えませんでした。
サッシを後付けの断熱材の施工は大丈夫なんでしょうか?
ちなみに断熱材は旭ファイバーグラスのアクリアネクストαです。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

>断熱材は旭ファイバーグラスの…

断熱材自体は窓がなくても施行はできますが、要は雨や風を完全に防げるのかどうかです。
開口部を仮の板か何かで完全にふさいでおけるなら、別に支障はないでしょう。

現実問題として完全な仮塞ぎは難しいです。
台風でも来たときはもちろん、台風とまではいかなくても少々強い雨風となれば、開口部から必ず雨が入ります。

グラスファイバー製の断熱材をいったんぬらすと手に負えなくなります。
簡単には乾かないのでカビを生やす元となりかねません。

雨風を完全にしのぐ手立てを考えているのかどうか、良くお打ち合わせ下さい。

Q住宅ローン確定申告 家屋と土地の「総(床)面積」と「居住用部分の面積」について…

H21住宅借入金等特別控除額の計算明細書の「家屋と土地に関する事項」について記入したいので教えて下さい。

新築一戸建て住宅
車庫、地下等はなし

確認申請書には…
敷地面積の合計【193.13㎡】
建築面積【70.38㎡】
延べ面積【98.53㎡】
建築物全体【98.53㎡】
住宅の部分【98.53㎡】
と書いてあります。

建設工事請負契約書には…
建築面積合計【95.22㎡】
と書いてあります。

この場合明細書の
家屋に関する事項の
『総(床)面積』
『うち居住用部分の(床)面積』

土地に関する事項の
『総(床)面積』
『うち居住用部分の(床)面積』

はどの数字を記入すればいいのでしょうか?
申請書の(ハ)(ニ)(ヘ)(ト)の部分です。

何もわからなくてすいません…親切な方教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

>確認申請書には…
>建設工事請負契約書には…
どちらの面積も記入しません

法務局に発行してもらう土地と建物の「登記事項証明書」に記載されている面積を記入してください
登記事項証明書(原本)は申告に必須の書類です
持っていないなら法務局に出向く必要があります

Q水道の出が悪いから役所に電話した所 自宅迄来ている水道管が細い為仕方ないと 言われたが納得できない。

水道の出が悪いから役所に電話した所
自宅迄来ている水道管が細い為仕方ないと
言われたが納得できない。
台所で、洗い物をするとお風呂のシャワーが
使えないなどかなり不敏。
何か良い解決策があれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
自宅は一軒家です。

Aベストアンサー

私の場合も、自宅を建てるとき「水道管がどうなっているか、よくわからない。細い場合は、太い管と交換することになる。水道管の交換工事の代金は、高額で80万円くらいかかるかもしれない」と工務店の方に言われました。

たぶん、解決策は、水道管を太いものに変えるしかないと思います。

Q不動産関連の質問何ですが、先日知り合いが中古住宅を購入したのですが、契約前に水道管は取り替えてますと

不動産関連の質問何ですが、先日知り合いが中古住宅を購入したのですが、契約前に水道管は取り替えてますと不動産屋から説明を受けたらしく、安心していたところ、昨日家の基礎辺りから床下の水道管に結構錆等の劣化が見られたらしく、不動産屋に問合せたところ、基礎辺りから外は替えたと云う事で、理解していると思ったみたいな事言われた様です。
でも実際は水道管は替えたとしか説明は受けてないみたいで、普通素人はその様に説明されたら、水道管は交換してるんだって思いませんか?
恐らく近々基礎辺りから床下の水道管は交換しないといけなくなると思いますが、安い金額ではありません。
水道管の交換が必要と解っていたら、
もしかしたら、契約しなかったかもしれないのです。
契約破棄はあり得ないと知人は言ってますけど、水道管の交換費用はこの場合、
やっぱ全部自腹になるのでしょうか?

Aベストアンサー

水道管や電気配線は、壁の中や床下、天井裏に隠されるのが通例で、ときには基礎コンクリートや土間コンクリートに埋められていることもあります。
これらを完全に取り替えようとしたら、建物をほとんど屋根と柱だけのスケルトン状態にしないとできません。

知り合いさんが聞き取ったとおり、水道管の完全取替が実行されていたとしたら不動産屋は、
「水道管は取り替えてます」
なんてわざわざいうことはなく、
「屋根と柱以外はほぼ新築並みにリフォームしています」
ということでしょう。

それが「水道管は取り替えて」と言ったのはあくまでも、壁や床をまくらずとも交換可能な範囲で取り替えていると解釈すべきです。
つまり、知り合いさんの認識不足により解釈誤りが生じたといえましょう。

近々交換しないといけないのなら、築年数は 40年、50年になるのではないかと推察しますが、それだけ古い建物になれば、「屋根と柱以外はほぼ新築並みにリフォーム」してあるかどうかは素人目にも分かるでしょう。

そんな大規模リフォームなどしたように見えなければ、水道管や電気配線は部分的に取替あるいは新増設されてはいても、大半は 40年前、50年前のまま残っていると考えなければいけません。

瑕疵担保責任だの重要事項説明違反だのの言葉を持ち出しても、知り合いさんの勉強不足、常識知らずを指摘されておしまいになるだけと思いますよ。
住宅に限らずどんな商品でも中古品を買うということは、買った翌日から修理・修繕費が必要になってくると心しておかないといけません。

辛口を失礼しました。

水道管や電気配線は、壁の中や床下、天井裏に隠されるのが通例で、ときには基礎コンクリートや土間コンクリートに埋められていることもあります。
これらを完全に取り替えようとしたら、建物をほとんど屋根と柱だけのスケルトン状態にしないとできません。

知り合いさんが聞き取ったとおり、水道管の完全取替が実行されていたとしたら不動産屋は、
「水道管は取り替えてます」
なんてわざわざいうことはなく、
「屋根と柱以外はほぼ新築並みにリフォームしています」
ということでしょう。

それが「水道管は取り...続きを読む

Q新築床下のコンクリート基礎について

床下点検口をのぞいたら、コンクリート基礎の中の鉄筋が露出していました。
これは補修が必要ですよね?
構造的に大きな問題はありますか?
また、補修すれば問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

NO2です。
補足読みましたが角に鉄筋が縦に表れることは
住宅のシングル配筋では殆どありません。
(よっぽど下手くそな基礎屋なら判りませんが)
心配なら錆止め塗料でも塗っておけば良いと思います。
中性化は外気の排気ガスや内気の人の呼気、調理や暖房の
燃焼ガスなどで促進されます。
床下は元々空気の流通が悪いところなので
それほど進行しないと考えられます。

Qマイホーム引き渡し間近でトラブル。助けてください(T ^ T)

今月末マイホームが引き渡し予定です。
玄関ポーチの階段が3段出来上がりましたが、なぜか15センチ15センチ30センチとなってしまっています。
狭い土地のため玄関ポーチの階段のすぐ横が接道
なので困っています。
今日の朝どう収める予定か工務店に聞く予定ですが、18〜20センチずつに作り直して貰えるか交渉しても大丈夫でしょうか?
毎日行き来するところなので困っています(T ^ T)
後階段にステンドグラスを付けてもらいましたが、多分漆喰を塗る際に木枠の塗料がマスキングテープによって剥がされています。。。
指摘したら8000円施工料がかかると言われましたが、こちらが負担するものなのでしょうか?
最後に水道メーターが割れていることに昨日外構屋さんが入った時に気づきました。
それまではずっと板が被せられていたので気付かず。。。
こちらも15000円負担するように言われましてが、それが当たり前なのか教えていただけないでしょうか?(>人<;)

Aベストアンサー

ん???

1段目が30cmだよね?


そこ泥のままで終わりなの???


勝手な想像ですが…

砕石引いてコンリートで仕上げたらそれなりの高さに仕上がるはずだが…

写真を見たって(高さの問題じゃ無く)このままの引き渡しなんて普通は無いよ。


でも、そんな仕上げじゃなくて泥のままで引渡なんだよね?

なら、仕上げの盛り土をして引渡だと思うよ。



塗装の剥がれは、最後にすべてをチェック(施工側)して補修してから施主の検査を受けるのが普通。

まぁ、費用負担しろ!って言うのはあり得ない話ですが、現状で直して無いのは普通にあり得る事です。

Q家の登記が新築のはずが増築になってました。 地震保険に入ろうとしたところ、建築確認書の提出が必要だっ

家の登記が新築のはずが増築になってました。

地震保険に入ろうとしたところ、建築確認書の提出が必要だったので提出しました。すると「建物の登記が新築ではなく増築になっているので、新築割引きが効かない。」とのこと。
家は間違いなく新築です。
建築士に確認をしようと思いますが、
新築の所を増築にされると、何か建築士にはメリットがあるのでしょうか?
詐欺的なものではないですよね?
単なるミスとは思えないので…
専門家の方で分かる方教えて下さい。
よろしくお願いします。

築8年
二世帯
地震保険を義父が解約したというので、せめて家財だけでも入ろうと説得して今回の件が発覚しました。

Aベストアンサー

建築士です。
建物の確認済証がお手元にあるんですね。
それなら、確認済証の後ろに確認申請書が綴り込んであるはず。
以下を確認してみてください。
①第四面、建築物概要の【3:工事種別】で「新築」にチェックがありませんか?

②その申請書には設計図書(図面など)も添付されています。
そこに「配置図」があるはずです。
今回の「敷地」の中に何か別の建物がありませんか?
物置なども含めて。

あくまでも想像ですが、敷地が更地ではなく、何か別の建物があったのでは?
建築確認申請では「敷地単位」で建築基準法、その他審査対象法令への適合性を審査(チェック)します。
建物は第四面で『棟別には新築』だけど『敷地単位では増築』になったのでは?

もしそうなら、第四面を根拠にあらためて保険屋に確認したらいかがです?
棟続きの一体の増築でも既存部分に構造の遡及がありますから確認が通れば耐力では現行法に適合するはずですが、保険屋が計画の内容を知らなかった(=済証と図面を読み込めなかった)だけでは?

Qこれは手抜き工事?普通?

先日、住友不動産の注文住宅で家を建て、
引渡しも終わり現在住んでおります。

写真は、1階の窓の下(基礎との間ぐらい)の箇所になります。
正確な名前は分からないですが、
基礎部分の塗り壁?の部分の塗り斑(赤矢印部分)が気になっており、
引渡し前の事前確認時に伝えて「引渡し後に修繕する」約束で引渡しを受けました。
しかし、その後修繕されません。

再度担当者に伝えたり、コールセンターに電話もしましたが、
「また日にちを決めて修繕します」とは言われるものの、
何の連絡も無く、修繕もされず数ヶ月が経過しております。

なぜ、修繕してもらえないのか?
「これが普通」で、この程度で修繕を依頼する自分の方が間違っている?
と気になってきたのですがこの程度は普通なのでしょうか。
また、このままで何か想定出来る弊害がありますでしょうか?

※床下換気のための隙間は、
 赤矢印の約10cm上(白い外壁との間)に別途確保されております。

Aベストアンサー

大手と中小企業の差でしょうかね
地元の工務店だったらスグ飛んで来て数日中に処理しますよ...信用で食っていますから

Q現在新築を工事中です ですが、施工会社の不手際で基礎を検査した結果、強度不足でやり直しになりました。

現在新築を工事中です
ですが、施工会社の不手際で基礎を検査した結果、強度不足でやり直しになりました。
なので、こちらで知人(建築士)に1から工事する際に監理者として入ってもらうことになりました。
工務店もそのことは了承済です。
そして、今週取り壊しが終わり来週くらいからまた工事再開すると連絡があったのですが今日、現場を見に行ったらすでに工事が始まっていたみたいで知人もそのことは知らずに始まってました。
そのことを営業に行ったら基礎屋が勝手に始めてたとのことでした。
このようなことからこの施工会社は信用できないと思い契約解除を申し出することを決めたのですが最初に着工金の1/3を支払ったのですがこういった場合、全額返金してもらえることは可能なのでしょうか?
もし全額返金が難しい場合、どれくらい返してもらえるのでしょうか?
あと、こちらは契約解除の違約金は払う義務はあるでしょか?
なにか最善の策を教えていただけると助かりますのでご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

書かれている内容からだけでは何とも言えません。
最初に、契約書には引き渡し日とそれを守れなかった場合の記述があるはずですからそれを確認してください。
次に、基礎の強度不足が分かって以降の話し合いの記録(議事録など)はご自身(達)でとられていますか? ある場合は監理・監督の担当者を施主側が置くことと、その者がどのように監理・監督を行うかについての具体的記述がされているかを確認ください。
加えて、基礎の再工事を開始する際の取り決め、、、施主への日程の通知や、施主や監理・監督者の立ち合いについての取り決めの具体的記述がされているかを確認ください。

上記が口頭での約束であっても約束として機能しますから、その通りに行われなかった場合、施工会社が下請けである基礎工事を行う会社への指示・指導・監督が不十分だったということになります。その点についてよく話をされ、その中で話の内容によって「解約」という話を出すのが適当でしょう。施主側から「解約」という話を持ち掛ける際は、契約内容をよく踏まえ、「請負側の不備によりやむなく解約する・・・」、つまりは請負側の責任により解約するという流れにすることが肝要です。
そのためには弁護士を入れるのが適当と考えます。

まずは勝手に工事が進まぬよう、作業を停止するよう話を持って行ってはいかがでしょう。「話したことが守られない、貴社の説明は『下請けが野放しで好きにやっている』と理解できるので再度きちんと話をする必要がある。その間に工事が進むと工事内容によってまた同じ間違いを繰り返し更に工期延長となる可能性がある。だから今後の進め方についてちゃんと話がつくまで工事を止めるのが適当だと考えるがどうか」と。。。

なお、基礎の強度不足というのが設計の不備なのか施工の不備なのかわかりませんが、本当の原因は把握出来ていますか? また、具体的に何がどの程度不足していたのか数値的なところは把握できていますか? 更に、その強度不足を正す具体的方法などは把握されていますか?
施主側がそれらを把握する(請負会社側が具体的に提示&説明する)ことなく再工事に着手するのは大変危険と考えます。

参考まで。

書かれている内容からだけでは何とも言えません。
最初に、契約書には引き渡し日とそれを守れなかった場合の記述があるはずですからそれを確認してください。
次に、基礎の強度不足が分かって以降の話し合いの記録(議事録など)はご自身(達)でとられていますか? ある場合は監理・監督の担当者を施主側が置くことと、その者がどのように監理・監督を行うかについての具体的記述がされているかを確認ください。
加えて、基礎の再工事を開始する際の取り決め、、、施主への日程の通知や、施主や監理・監督者の立...続きを読む

Q土地の境界線について

実家の話なのですが、隣の土地との境界で揉めそうで心配です。

話は遡りますが、約20年前にうちが引っ越してきた(もともと建っていた家を中古で購入しました)時に、隣の土地に建つ屋根付の車庫の持ち主がいきなり怒鳴り込んできました。

聞くと、うちの建物が隣の土地に越境しているとの事。引っ越しそうそうそんなことは無いはずだと話しましたが、ちゃんと調べたのかと言われ、50万円ほどかけて業者に測量してもらいました。

結果越境は無かったのですが、境界線に打ち込んだ杭について勝手に打ち込むなと怒った隣の人に抜かれてしまったそうです。

それから約20年。

その車庫が解体され新たな建物を建てるとの話が出ています。

隣はちゃんとした境界線については認めていないものと思われ、もしかすると越境して建物を建てるかもしれません。

建ってしまってからではやり直しをお願いするのは難しいと思うのですが、事前にこちらから出来る事ってありますか?

それとも、建ってしまってからでもちゃんとした境界を示し、越境があれば建て直しをお願いすることは可能なのでしょうか?

実家の話なのですが、隣の土地との境界で揉めそうで心配です。

話は遡りますが、約20年前にうちが引っ越してきた(もともと建っていた家を中古で購入しました)時に、隣の土地に建つ屋根付の車庫の持ち主がいきなり怒鳴り込んできました。

聞くと、うちの建物が隣の土地に越境しているとの事。引っ越しそうそうそんなことは無いはずだと話しましたが、ちゃんと調べたのかと言われ、50万円ほどかけて業者に測量してもらいました。

結果越境は無かったのですが、境界線に打ち込んだ杭について勝手に打ち込む...続きを読む

Aベストアンサー

お礼をありがとうごさいます。
いきさつがわかりました。
が、、、杭を抜いた件がよくわかりません。
本当に杭があったのならまずいですよね。
ただ、杭は必ずしも正しいとは限らない。
官民境界でさえ確定測量で位置を変えることもあります。
でも最重要の根拠には変わらない。

で、法務局には行きました?
20年前に購入とのこと、その時分であれば確定測量が済んでいたかもしれない。
「地積測量図(たぶんこれで通るはず)」
があるか確認するのをお勧めします。
もしあれば写しをもらってください。
(有料です)

その時分だと周囲から同意をもらい境界を決めると、現地に杭などの表示をするのはもちろんですが、「座標系」という測量用語で位置情報も登記したかも知れません。
座標、つまりX軸とY軸とで地球上の位置を表すんです。
これさえあれば失った杭の場所を復元することは簡単です。
杭は言わば目視できる目安に過ぎません。
例えば官民境界のひとつ、道路境界を決めたとき、道路のU字溝の上になっちゃった時があります(苦笑)。
そのときはU字溝のフタの上に接着剤でアルミプレートをくっつけるんですが、、、
もしU字溝を反転させたら位置がおかしくなりますよね。
後でおかしくならないよう、座標系での記録さえあればいつでも復元できるんです。

なので、お勧めとしては、
①まず法務局に行き、自分の土地とお隣の土地と両方の
「土地に関する登記事項証明書(昔で言う登記簿)」
「土地の公図」
「地積測量図」
をあるだけ入手する。
隣地にしても、今までのいきさつを確認してみる。
②土地の境界に関するトラブルは多いです。
とりま、弁護士に相談してみる。
お住まいの自治体で、住民サービスとして無料の弁護士相談があると思います。
あとは事務所でも初めの30分から1時間は無料で相談を受ける場合が多い。
(オーバーすると 1万円/時間 くらい)
いきなり相談しても弁護士だって事情はわかりませんから的確な答えは無理。
気をつけること、今後のアドバイスなどをくれると思う。
無知は怖いから対応を誤らないように。
お隣も弁護士のアドバイスをもらっている、と考えて慎重かつ迅速に。

弁護士相談のポイントを。
時間が足りません。
説明は要旨を紙にまとめる、売買契約、土地の情報、現地の写真、主さん宅の建築確認申請の書類、みんな持参してください。
愚痴や文句は時間=お金のムダです。

無料の枠に収まらなければ引き続き有料でも相談をしていいと思います。

自治体によっては不動産相談のように、弁護士ではなく土地家屋調査士や測量士など、測量事務所が応対するサービスもあります。
解決は無理でも、類似のトラブルは事務所を抱えるプロならたくさん経験済み。
様々な事例を聞いて無駄にはならないはずです。

後は、私なら、、、
隣の建物の情報もチェックします。
資料は「建築計画概要士書」
入手場所は「特定行政庁」
概要書とは、建築確認申請の概要(土地の使い方)と、確認処分の履歴が書かれています。
確認処分や完了検査が無い、あるいは内容と現地とに違いがるなら「お宅、そもそも違反じゃね?」と思います。
もちろん建築確認申請、つまり建築基準法が土地の所有である財産権と即リンクはしません。
でも、相手方の資料の中から矛盾を見付ければ突っ込めますよね。
蟻の一穴、堤防さえ崩せます。
特定行政庁とは確認処分をした自治体、地元の市でなければ都道府県かも知れません。
地元の市役所に
「建築計画概要書を見たいが、どこに行けばいいか?」
と尋ねれば教えてくれます。
あったら写し(コピー)をもらう。
(これまた有料)

で、最後に。。。
おとーさん、権利者本人が動かなければ解決などしない。
主さんの心配はよくわかりますし、順番からして実家の土地・建物は遠い将来に主さんが相続するはず。
トラブルは先送りしないで、自分の代で無くして欲しいんですけどねぇ~。
(お隣も似た雰囲気かと)

お礼をありがとうごさいます。
いきさつがわかりました。
が、、、杭を抜いた件がよくわかりません。
本当に杭があったのならまずいですよね。
ただ、杭は必ずしも正しいとは限らない。
官民境界でさえ確定測量で位置を変えることもあります。
でも最重要の根拠には変わらない。

で、法務局には行きました?
20年前に購入とのこと、その時分であれば確定測量が済んでいたかもしれない。
「地積測量図(たぶんこれで通るはず)」
があるか確認するのをお勧めします。
もしあれば写しをもらってください...続きを読む


人気Q&Aランキング