考古学というか、発掘とかよくやってますよね。土器とか発見したりして。
それで昔の人の生活が明らかになってくるっていうんですが、これが現代の生活に何か役に立っているのでしょうか?結構、多くのお金がかかってるじゃないですか。それに見合う恩恵があるのか、単にロマンだけなのか、埋蔵金が出てくるならともかく、意図がわかりません。
別に考古学好きの方にけんかを売っているわけではなく、単純にお金をかけるからには何かメリットがあるのかなと思って質問しています。
発掘などの考古学による現代社会への恩恵の実例を知っている人教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

すみません。

考古学はかじりたてなので、詳しくは分かりませんが、私の考えを書きます。まあ、何故私が考古学に興味を持ったかにつながると思いますが。
古代の人がしたこと、創ったものを調べ、何故創ったのか、何故そのような行動をしたのかを考えることだと思います。この何故が大事で、現在の状況に当てはめて考えると、未来を予想することができます。また、古代人の思想や、技術を考えることによって、現在のものに応用できるなどの恩恵を受けられます。

私の知っていることで例えば、イースター島のモアイは何故作られたか、作った人はその後どうしたのか、等を順番に考えていき、イースター島は孤島なので外部との交流はなかったと考えると、次のようなシナリオが考えられます。
島の人々の信仰心からモアイは作られていました。次第に島の人口が増えて食糧確保のために森を開拓し、どんどん畑にしていきました。しかし、それには限度があったり、生態系のバランスへの影響等で結局、食糧不足は改善できませんでした。人々の信仰心は崩れ、争いが起き滅んだそうです。(←多少違うかもしれませんが、私の概略イメージです。内容は保証しかねます。)

現在の私達も地球規模で考えれば、同じような状態にあると思います。地球全体がイースター島の二の舞にならないように、何かをしなければならないのです。これは、考古学の研究の成果だと思います。何をすればよいのかは、また別の学問の領域ですね。私はこれにも興味はありますが。
このようなシナリオや、古代人の心の動きが理解できるととても面白く、はまりますよ。なるほど、だからこれを創ったわけね。などと研究結果を見て思いますが、研究している当事者は、もっと面白いんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
仮説を証明する面白さはかなりのものでしょうね
考古学を堅く考えずに推理小説感覚で接してみます

お礼日時:2001/07/25 20:34

考古学が何故必要か・・・



考古学は歴史学、人類学とともに人類の過去を研究する学問です。考古学は1870年代からArchaeologyの訳語として使われています。考古学の研究対象は文字の無かった時代です。その成果としては:

1.人類がアフリカで誕生したことの発見
2.アメリカ大陸の先住民(インディアン、インディオ)は約13,000年前に
ベーリング海峡を渡ったモンゴロイド系の人々の子孫という発見。モンゴロイドは日本人の所属するグループでもある。
3.日本の石器時代末期、約一万年続いた縄文時代があり、その後に続く弥生時代とは人種、文化がことなることの発見。

などが分かりやすい例です。研究が進むにつれて日本の歴史は古くなってきています。これは考古学が想像や類推を許さない学問なので、発掘によって証明されたことだけが歴史として認められるからです。見えない部分、未発見の部分は神話や各地に伝わるお祭りや古くからの民間の習慣(習俗)を研究することにより、ある程度の推察ができます。

考古学は文字の無かった昔の研究だけでなく、過去の人類の歴史を通じて、現在人類が抱える問題に過去の人類はどう対処してきたか、環境破壊、生態系の破壊、戦争、などの解決策を探り、未来の人類が進むべき道(絶望の道かもしれない)を示してくれる学問でもあるわけです。動物のように遺伝子の命じるままに生まれて子孫を残して死ぬだけなら、人類にいかなる学問も必要ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
「文字の無かった昔」は次代にメッセージを伝えることが困難で、考古学とは
その文字無き(声無き)メッセージを紐解き、現代に活かせればということなのでしょうか。

お礼日時:2001/07/25 20:30

それは結局、


「歴史の勉強をなんでするのか?」っていうところに行き着くと思います。

もし、考古学の発掘とかがまったく無かったら、
歴史の教科書が作れないと思います。
そうすると今度「なんで歴史の教科書作る必要があるの?」ってなって、
「なんで歴史の勉強する必要があるの?」ってなりますよね。

ということは、ものすごい大ざっぱな言い方すれば、
歴史の教科書作るために発掘してる、ってことですよね。
これが「発掘などの考古学による現代社会への恩恵の実例」になりませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
逆説的でおもしろいです

お礼日時:2001/07/25 20:26

僕個人は、美術館に絵を飾る事は充分実用に足りていると思います。

それを見て気持ちが落ち着く人が居るんですから。
あと、非破壊検査などへの応用も話されていますが、「温故知新」という言葉も有る通り、古いことを知ることで、新しいことが見えてくる場合も有ると思います。
たとえば日本人の頭蓋の骨格の形。最近よく話されているようですが、硬い者を食べる機会が減ってきて、このままでは顎が異常に小さくなってしまい、歯並びが悪くなり、それが原因の病気になる人が増えるだろうから、もっと硬い物を食べようと言われていますが、これなどは昔の人の顎の形と比較出来たから注意出来るようになったんだと思いますよ。
昔の人の食べ物を知ることで栄養状態を把握でき、今と比較して、どこが良いとか悪いとか......
まあ勿論、面白くてやっている事の副産物なのかもしれませんが.....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
現代人のほうが寿命が長いとはいえ、健康で長生きしてるかは疑問ですからね
昔のほうが健康的だったことを知るのは価値があることですね

お礼日時:2001/07/25 20:23

僕は考古学は門外漢ですが、得てして「研究者」とか「学者」なんて連中は面白いから研究してる、ってのが本音だったりします。


大学の研究の中には「こんなんわかってどうすんの?」っていうのがゴロゴロありますし、一応、文部省etc.からお金を貰う手前「期待できる効果」なんて事を挙げますが、要は「だって、どうなってるか知りたいじゃん!」だったりするのが....。

ビジネス的に言えば会社とかがそれに出資することで
・大発見だったときの「スポンサー」として広告に使える
・教育、文化事業にも貢献している会社というイメージアップが期待できる
・利益として計上すると半分税金で持っていかれるんで、それだったら寄付して上記の効果を期待したほうが良い
なんて「利益」がありますね。
自腹で研究してる側としては、下品な言い方をすれば「道楽に金をつぎ込んでる」わけで、恩恵も何も....(^^ゞ

あ、そうそう、考古学に関して言えば、発掘や発掘場所探しのノウハウが鉱脈探索や非破壊検査の技術にフィードバックやフィールドテストとして役に立ってると言う話を聞いた事があります。
ホントかどうかは判らないですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
スポンサーになってイメージアップ・・・
あざといけど現実的ですね

お礼日時:2001/07/25 20:20

個人的には、考古学というのは実学ではないと思っています。



美術館に絵を飾ることに実用性はないように、
博物館に土器を飾ることにも実用性はないのでは。
そして考古学者というのは画家みたいなものかなあ、と。

知りたい、見たい、と思う人が多くいるから、税金を使ってまで
発掘をしてるのじゃないでしょうかね。

まあ、素人考えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
知りたいという欲求に応えるのは十分実益がありますね

お礼日時:2001/07/25 20:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q考古学

僕は福岡県在住の考古学に興味がある中学一年生です。そこで、幾つか質問があります。

1.福岡県で今でも発掘作業が行われているところを教えて下さい!
2.福岡県で考古学が学べる大学はどこですか?
3.考古学でもたくさん種類があると思いますが、1番簡単な考古学と1番難しい考古学を教えて下さい!(エジプトの考古学みたいなことです)
4.考古学者の良いこと、悪いことは何ですか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

1.福岡県で今でも発掘作業が行われているところを教えて下さい!
 至るところです。
 現在は開発に先立って行われる発掘調査がほとんどなので毎日どこかで発掘調査は行われています。

2.福岡県で考古学が学べる大学はどこですか?
 日本考古学協会の情報http://archaeology.jp/academic/2011all.htmによれば
 ・九州大学
 ・福岡大学
 ・西南学院大学
 ・筑紫女学園大学
であれば本格的に考古学を学べそうです。

3.1番簡単な考古学と1番難しい考古学を教えて下さい!
 簡単と言うと難しいですが、「土器片を拾って集める」が一番簡単な考古学、一番難しい考古学は、「異物や遺跡に残らないことを解明する」のが一番難しい考古学かと思います。

4.考古学者の良いこと、悪いことは何ですか?
 良いところは学問的には比較的門戸が広く、かつ他分野に比べると民間や公務員での就職先があり、また発掘と言う手法で発見と言う喜びを得られること。
 悪いところは「職業的研究者」になるのは狭き門、また社会情勢によっては就職口や仕事が急激に減少すること、また知的欲求を満たすものでしかないので、批判的な人も少なくない。

1.福岡県で今でも発掘作業が行われているところを教えて下さい!
 至るところです。
 現在は開発に先立って行われる発掘調査がほとんどなので毎日どこかで発掘調査は行われています。

2.福岡県で考古学が学べる大学はどこですか?
 日本考古学協会の情報http://archaeology.jp/academic/2011all.htmによれば
 ・九州大学
 ・福岡大学
 ・西南学院大学
 ・筑紫女学園大学
であれば本格的に考古学を学べそうです。

3.1番簡単な考古学と1番難しい考古学を教えて下さい!
 簡単と言うと難しいですが、...続きを読む

Qエジプト考古学と考古学者について

エジプト考古学に興味があります。大学で考古学を学ぼうか迷っています。そこでいくつか質問なのですが、

1、早稲田大学では、実際にエジプトで発掘調査にかかわる様な事ことができるとgooの質問に書いてあったのですが本当なのでしょうか?また本当だとしたらどのようにすれば行けるのでしょうか?

2、実際に大学ではエジプトの考古学はどのようなことを教えているのでしょうか?

3、海外(たとえばイギリスなど)の大学に留学することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

4、将来的にエジプトなど、現地で発掘にかかわることができるようになったり、学者になるのは実際どうすればいいのでしょうか。それはたとえば、早稲田大学→大学院絵と進み、さらに海外の大学に留学するなどしてもほとんど不可能なことなのでしょうか?

いくつもあってすみません・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいので教えていただければ助かります! 

Aベストアンサー

「考古学者になる」という夢は大切にしてほしいところですが、きれいごとだけではすまないかと思いますので、実態を書かせていただきます。
少し覚悟して読んでください。




かつては「留学するだけ」でも「箔付け」にはなりましたが、昨今留学など普通のことになってしまっていますので「留学して何を学んだか」そして「留学経験を同学術研究に生かせるか」が重要になるでしょう。
もしかすると留学で一番のメリットは「海外の研究者との交流」かもしれません。

「考古学者」になるのはさほど難しくはありません。
民間企業に就職しても休日に現地調査に出かけたり、論文を学術雑誌に投稿することはできます。
けれど「考古学者を職業にする」のは相当難しいです。
大学院を卒業しても役所に就職して開発などで破壊される遺跡の調査や保護に携わる人がほとんどで、大学教員になれるのはごくわずかです。
ましてエジプト考古学になると日本国内では限られてしまいますので相当な研究実績を積むか、人脈を構築しないと厳しいです。

Q考古学史

日本考古学史について調べたいのですがいいサイトなどあったら教えてください。考古学の基礎から学びたいのですが、日本考古学の歴史や研究史について教えてください。

Aベストアンサー

考古学の基礎から学びたいのでしたら、サイトを検索するより、どこかの大学で参考文献にしているような書籍を購入されて勉強した方が間違いないですよ。

例えばですが、色々な大学で通信教育課程を設けていますが、この教科書が県立クラスの図書館などにおいてありました。これは非常に簡潔に考古学を通史的にまとめてあり、当時何も知らない私が読んでいても楽しいものでした。

また、考古学と言っても分野が色々です。
土器のこと、住居址のこと、平安や奈良時代etc・・・とにかく色々です。調査の方法も手段もまちまち。

もしも、具体的に知りたいことがまとまっているなら、その時代に関係した遺跡の資料を集めて勉強するのも良いと思います。色々な発掘現場で開催される現地説明会の資料なども参考になります。

なんでもそうだと思いますが、一冊の本の『参考文献』欄から次に自分の参考となる資料にめぐり合います。その積み重ねだと思います。
サイトを開いてそれで直ぐに分かるような簡単な分野ではないので、じっくり楽しみながら調べてみてください。

先ずは簡単なアドバイスまで。

考古学の基礎から学びたいのでしたら、サイトを検索するより、どこかの大学で参考文献にしているような書籍を購入されて勉強した方が間違いないですよ。

例えばですが、色々な大学で通信教育課程を設けていますが、この教科書が県立クラスの図書館などにおいてありました。これは非常に簡潔に考古学を通史的にまとめてあり、当時何も知らない私が読んでいても楽しいものでした。

また、考古学と言っても分野が色々です。
土器のこと、住居址のこと、平安や奈良時代etc・・・とにかく色々です。調査の方法も...続きを読む

Q考古学で有名な大学はどこがありますか?国公立、私立、どこでもいいです!また、考古学の研究に力を入

考古学で有名な大学はどこがありますか?
国公立、私立、どこでもいいです!
また、考古学の研究に力を入れているところや、おもしろい教授がいるところなども知りたいです!
できれば分野も教えていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

関東だと、私立で有名なのは明治大学と國學院大學です。あとは、慶応、駒澤、東海、立正、早稲田、国士舘、青山、大正、法政、日本 関西は立命館、大手前、天理、奈良 あたりでしょうか。国立だと京大、東北大、筑波大、茨城大、阪大、九大、岡山大、広島大、名大。
各大学が得意な分野というのは確かにありますが、考古学の基礎はどの分野でも同じですし、研究者の数も限られているので、自分がやりたい分野が見つかればどの分野でも調査して論文を書くことは出来ます。卒業論文が研究生活の第一歩で、その後はひとりの研究者としてなにがしかの研究をしていくので、自分で自分の道切り開いていく強さが必要です。どこの大学に行ったからどの分野をやるというものでもないことはご了解ください。

Q考古学と古生物学について

いつも気になってはいたのですが、古生物学というのは考古学とは違うものですよね?
人に恐竜の話をしたりすると決まって「あぁ考古学ね」と言われるのです。
確かに、猿人だとか原人だとか、そのへんは考古学でも古生物学でも良いと思うのですが・・・さすがに恐竜は違うのではないかなぁと。
????それとも恐竜って考古学なんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

恐竜を扱うのは、古生物学です。

考古学というのは、「遺物や遺跡によって、古代人類の文化を研究する学問」ですから、
研究フィールドは、あくまで人類誕生以降です。

古生物学は、過去に生きていた生物を研究するもので、カバーする時代は地球上に生命が誕生したときまでさかのぼります。
(生命の起源を宇宙に求めるなら、さらに広がりますが・・・)

▼考古学って何だ?
http://www.uraken.net/rekishi/reki-kodai01.html

▼古生物学とは?
http://www.paleo-fossil.com/paleo/paleontology/p_what.html

参考URL:http://www.uraken.net/rekishi/reki-kodai01.html,http://www.paleo-fossil.com/paleo/paleontology/p_what.html

Q埋蔵文化財の発掘費用と文化財の所有権

埋蔵文化財が発見されるとよくニュースになります。
さて、その費用は誰が払うのでしょうか?

土地の所有者
土地の利用者
建築を行う者
市区町村

さて、発見された遺物が、高価なものだったり、貴重な歴史的発見だったりすると、所有権は誰のものになりますか?

土地の所有者
上記費用を負担した者

考古学と言うより民法的な話ですが、奈良県では一大産業かな?と思う次第です。

Aベストアンサー

文化庁のサイト
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/maizo.html
山形県のサイト
http://www.pref.yamagata.jp/ou/kyoiku/700015/bunkazai/bunkazainews/maibun_FAQ.html#Q6

実際には個別に判断相談でしょうけど
原則としては、開発事業に関しては開発業者が負担
個人の自宅を建てます~なんて場合は公費負担の場合も多い

所有権は、公に属します

例えば、野原を住宅地として開発する場合、業者はその野原に存在する岩や樹木の処理費用も含めて負担しますよね?
最初からそこに存在しているものを開発によって原状を変えるのですから、変える主体(事業者)が負担するのはある意味当然

まぁ掘ってみたら、考古学史を塗り替えるような大発見ともなれば、当然開発自体が出来なくなりかねないので、そういう場合は相応の保障はあるでしょうけどね

Q考古学って?

大学生です。
考古学についとのレポートを書かないといけないのですが、考古学とはどの範囲までのことをいうのでしょうか?
妖怪学を主とし、民俗学についてレポートを書きたいのですが、人骨を取り上げた説明をするだけでは考古学とは言えないでしょうか。
なんとなく考古学というと、遺跡や、陶器や農具等を研究するイメージがあるのですが、人骨の研究も含有しえるのでしょうか。

また、絵や陶器・像等の考察により歴史文化を推測する場合、美学美術史と考古学との違いはいったい何であるといえるのでしょうか。


ご存知の方、何卒ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答は完全な誤りです。
弥生時代どころか「近代考古学」という分野さえありますし、人骨そのものを研究するのは考古学ではなくて「人類学」です。ちなみに化石は「古生物学」です。

考古学とは「遺構と遺物から歴史を研究する」という学問です。よって人骨だけを取り上げただけでは考古学ではありません。
無論、「出土品としての人骨」は考古学的調査により得られます。

絵や陶器、像などの「美術的分野」に言及するならばそれは「美術史学」ですし、絵や陶器、像の「歴史的価値・意味」に言及するならば「考古学」あるいは「歴史学」です。
ただし、絵画は壁画などの遺跡から出土するようなものに限られ、油絵などは基本的には考古学の分野ではありません。
ただし、絵画から得られる情報を遺跡に投影して考察することはあります。

いずれにせよ妖怪学と民俗学から考古学に持っていくのはかなり難しいかと思います。

Q考古学が学びたいです!

大阪府・奈良県・兵庫県・京都府の国公立大学で、考古学(日本ではない)が学べるところはあるでしょうか?考古学が学べる学部の名称が大学によって変わるので、途方に暮れています・・・。
お願いします。

Aベストアンサー

あなたが何時代やどこの国の考古学に興味があるのかが問題ですが…
とりあえず国公立で一番名前が高いのは京都大学文学部史学科考古学専攻です。京大の考古学研究室は日本でトップクラスと言っても過言ではないでしょう。
同じ京都だと京都府立大学の文学部歴史学科、私立だと同志社・立命館・龍谷などが著名です。
大阪では、大阪大学の文学部人文学科考古学専修が著名です。他にも大阪市立大学などにもあります。
奈良では私立の奈良大学。兵庫では神戸大学や関西学院大学などなど。

考古学を学べるところは、主に文学部や人文学科、歴史学科、史学科のどれかに所属していることが多いです。歴史学科があるからといっても必ず考古学が勉強できるわけではないので注意してください。

悔いのない選択をしてくださいね!

Q理系から考古学に関わりたい・・・

連続での投稿すみません。
大学進学について悩む高校二年女子です。
ここで考古学について質問をさせていただき、私の学びたい分野の学校を探すことがとても難しいことがわかりました。
そこで視野を広げ、自分が今理系クラスにいて歴史の授業を受けていないことなどから考えやはり理系の大学に進学しょうかと考えています。
しかしやはり考古学への興味は捨てきれません。
理系から考古学へ関わることは可能なのでしょうか?
考古学は海外では理系とされているそうなのですが・・・。
文化財学や保存化学はみな文型ですし。。。
もしそのよな大学がないとしてのちのち考古学に関わるためには理系の何学部に行けばよいのでしょうか?
理系の方、考古学を研究している方などアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考古学の世界で、理系の専門知識があることは大いに強みになります。理工学部もしくは理学部に進むのであれば、考古学的な分野とのつながりは保てると思います。
文化財学などを学ぶのであれば、文系・理系両方の学部を置いている総合大学に進んで、理系の学部に所属しつつ、他学部聴講をする、という手もあります。聴講とはいうものの、きちんと単位も認定されます。
工学関係の学部では専門課程に進むと実験が大変かも知れませんが、博物館学芸員の資格を取得することも考えておくとよいでしょう。文化財学や保存科学も学べますし、博物館実習で歴史・考古系の部門のある館に行くこともできるはずです。

Q縄文土器の縄目文様は、撚糸を土器表面に回転させてつけたものだそうですが

縄文土器の縄目文様は、撚糸を土器表面に回転させてつけたものだそうですが、
「撚糸」とは何ですか。
植物の茎か繊維であるとすれば、その植物は一般的に何と考えられているのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「その植物」は
アカソ、カラムシなどです。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/5106/sub135.htm
http://www.geocities.jp/kitanojoumonclub/3itotuku.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報