痔になりやすい生活習慣とは?

オーディオインターフェースからスピーカーに繋いで音を出したいのですが、左側からしか音が聞こえず、右も鳴ってはいると思うのですが、音が小さいです。PCに直接繋げた時は普通に聞こえていたので、スピーカーの故障ではないと思うのですが、両方から音が出るような方法を、教えて下さい。

「スピーカーの片側の音が極端に小さいです。」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 説明不足で申し訳ありません。
    右側のスピーカーに配線が四つあって上から
    左のスピーカーとつなぐもの、電源供給の黒色の線、今オーディオインターフェースにつなげている黒色の線、今オーディオインターフェースにつなげている緑色の線でヘッドホンは両耳ともなります。

    「スピーカーの片側の音が極端に小さいです。」の補足画像1
    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/12/19 17:43

A 回答 (9件)

Bose Companion 2 Series III


https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/s …

であれば、パソコンと同様に3.5㎜ステレオミニケーブル一本で繋げばいいはず。

AG03側は中央のヘッドフォン印
    • good
    • 1

まずはアクティブスピーカーをその機種の取説通りの接続に戻してください。


アクティブスピーカーの入力ケーブルは3.5㎜ステレオミニプラグ付きのはずです。
AG-03のモニター出力は左右別々で6.3㎜標準フォーンプラグかRCAプラグに対応していますからそのままでは繋ぐことはできません。
3.5㎜⇨6.3㎜変換プラグを用いても片側からしか音が出ない、
片側の音が相当に小さいのも当然の出来事です。
両チャンネルからまともに音を出すには
6.3mmフォーンプラグ×2⇨3.5㎜ステレオミニジャック
のような変換ケーブルが必要です。
https://www.amazon.co.jp/3-5mm-%E3%82%B9%E3%83%8 …
あるいはRCAプラグ×2⇨3.5㎜ステレオミニジャック
でも構いません。
https://www.amazon.co.jp/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%8 …

これらの3.5㎜ステレオミニジャック(メス端子)にアクティブスピーカーからの3.5㎜ステレオミニプラグを差し込みます。

アクティブスピーカーとは何か?
どこからどのように信号が流れるのか?
Lineレベル信号とスピーカー出力信号とで何が違うのか?
それくらいは分かっているはずと思ったのですが
画像や補足文からしても何が何だかわからずに使っているとしか思えません。(苦笑)
    • good
    • 1

なんでこの人は、接続をまともに説明することができないんだろう・・

    • good
    • 2

オーディオインターフェースの出力に緑のプラグと黒いプラグがつながってますが、Rの方にささってる黒いケーブルが謎ですね。

見たところ2本の線が平行に並んでくっついてるから、普通ならミキサー側がステレオ標準プラグで、その反対側はRCAピンプラグまたはモノラルプラグが2個の構成になるはず。でも写真では1個のプラグしかないように見えます。なんじゃそりゃ?って感じの謎ケーブルです。

ただ案外、右の入力と右スピーカー接続のプラグを逆につなげてるだけなんじゃね?という可能性も結構高い予感。
    • good
    • 0

No.4 スピーカーの左右逆でした。

    • good
    • 0

片側(右側)のスピーカーにアンプがあるタイプじゃないのかな。

まず、左右のスピーカーケーブルをモノラル-ステレオ変換ケーブルを接続。そこへ右スピーカーへ行っている捨てれをプラグを挿す。左スピーカーは右側の出力ジャックにプラグを挿す。

今、左のスピーカーは直接オーディオインターフェイスに挿してるんじゃないの?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

YAMAHA AG03


https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/201 …
ですかね。

なるべく単純な構成でテストするべし

入力は何?
ヘッドフォン出力は問題ない?
    • good
    • 0

こんにちは。



正しく接続して片側から音が小さくしか出ないなら、オーディオインターフェースの不具合です。
No.1回答者の方もおっしゃっていますが、機械に関するご質問は、可能な限り詳細に情報を書き込んでくださいね。

ではでは。
    • good
    • 0

どんな配線しているの?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプとスピーカーのつなぎ方

デジタルアンプの右に8Ω、左に100Ωのスピーカーをつないで鳴らしても壊れたりしませんか?

Aベストアンサー

壊れません。
しかしインピーダンスの違いから得られる音量差に雲泥の差が付くので
8Ωスピーカーから通常音量が出ていても
100Ωスピーカーからは蚊の鳴くような音しかでません。
これではステレオ再生が成立しませんので音楽としてもさみしい音になります。
使用意図が理解不能です。
そのスピーカーのインピーダンスは本当に100Ωですか?
業務用スピーカーにはハイインピーダンス仕様がありますが
音楽聴取用ではないので音質が悪く、音量が得られにくいです。

Qアンプとスピーカーの接続

定格6オームのアンプに4オームのスピーカーを繋いだらどうなるのか?

Aベストアンサー

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
スピーカーに添付される仕様にはグラフが掲載されています。
周波数特性とインピーダンス特性が表されています。
そのインピーダンス特性の抵抗値は乱高下を繰り返し大きなうねりもあります。
「公称インピーダンス」は低音域で最も抵抗値が低くなる個所で表示します。
スピーカーシステム全体で見てもその地点が最も低抵抗となるのが通例だからです。

※アンプ側の事情
アンプは低音域信号の増幅の際は最大の電力を費やします。
また繋がれた負荷(スピーカー)が低抵抗であると余分に電流が流れてしまうので最大の仕事量をこなさなければならず、内蔵部品の発熱が増えます。
その度が過ぎればプロテクション回路が作動して音が出なくなります。
まれにプロテクション回路の作動が間に合わずトランジスターを焼くトラブルも出ます。

以上の事からスピーカーの公称インピーダンスはアンプの負荷が大きくなることを見越して表示されているので「音響周波数でインピーダンスが大きく変化」していても
低インピーダンスによるアンプの過負荷からは逃れられません。
ただしユーザーがどのような使い方をするか分からないのでアンプの回路には余裕を持たせて設計がされています。
ですから取説記載のインピーダンス値よりも低いインピーダンスのスピーカーを繋いでも問題が無くならせることは間々あります。
それとて内部の負荷が大きくなりすぎない事が前提です。
アナログ信号の増幅は数値を外れたからといっていきなり問題が起きることはないのです。
デジタルアンプも最終的にはアナログ信号へ置きかえているので同類です。


アンプの負荷インピーダンスの推奨値が6Ωであれば
ボリュームを上げすぎなければ4Ωのスピーカーを鳴らしても問題は起きません。
ただし常にボリュームを上げて聞いているのであれば保証はできません。
ボリュームが10時の位置より上か下かが分岐点と個人的に考えています。

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
ス...続きを読む

Qスピーカーの配置について、教えてください。 7.5畳(約3.5m × 約3.0m)という部屋にスピー

スピーカーの配置について、教えてください。

7.5畳(約3.5m × 約3.0m)という部屋にスピーカーを置こうと思っています。

部屋の長辺に置くのと、短辺に置くのでは、それぞれどういった利点・欠点があるでしょうか?

Aベストアンサー

長辺に置くと壁の影響が減らせるがリスナーとの距離が取れない
短編に置くと壁の影響がでるけどリスナーとの距離が取れる
の違いがあります。
部屋の影響とはほとんどの場合が壁に反射してリスナーへ届く音を言います。
スピーカーからの直接音と重なって音が濁ったりステレオイメージの再現性が落ちます。
ですのでスピーカーの周りには何も置たくありません。
スピーカーとリスナーが接近すると中高音が耳に付きやすく低音感が不足します。
ある程度の距離を置いた方が低音感がよくなります。

なお部屋の影響としては他に定在波、フラッターエコーなどもありますが
実際に部屋で音を出さないと分からないのでここでは触れません。

部屋の影響を減らすと称する衝立状のアイテムが売られていますが個人的には眉唾モノです。
部屋が狭くなる、移動・再設置に手間がかかる、未使用時の収納に困る、意外に高額である等でお勧めできません。

仰せの部屋が直方体の空間なのか柱や梁が突き出て凹凸のある部屋なのか
家具や雑貨がどのように置いてあるのかでも変わってきます。
オーディオ専用の部屋でもない限り自由度が低いはずで実情を見据えながら設置してください。
強いて言えば短辺側にスピーカーを置いてください。
3mと十分な幅がありますから壁からの反射音は比較的軽いと考えます。

長辺に置くと壁の影響が減らせるがリスナーとの距離が取れない
短編に置くと壁の影響がでるけどリスナーとの距離が取れる
の違いがあります。
部屋の影響とはほとんどの場合が壁に反射してリスナーへ届く音を言います。
スピーカーからの直接音と重なって音が濁ったりステレオイメージの再現性が落ちます。
ですのでスピーカーの周りには何も置たくありません。
スピーカーとリスナーが接近すると中高音が耳に付きやすく低音感が不足します。
ある程度の距離を置いた方が低音感がよくなります。

なお部屋の影響と...続きを読む

Q10万~15万くらいでパワーアンプを紹介してください。

ラックスマンのM-200を考えていましたが、作りがちゃちいそうなので。
新品でも中古でも良いです。
デノン、アキュ、サンスイ以外でお願いします。今まで所有したことのないメーカーのアンプが良いのです。真空管も私のはまだ無理です。
スピーカーは10センチウーハーの能率は91です。将来は15センチくらいのウーハーを鳴らしたいです。
音の大きさはラジカセくらいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・・・・・・・・あなたに掛かると何でも「ちゃちい」となるようですね。

M200に装備されているスピーカーターミナルのどこがちゃちいのでしょうかね?
太目先バラ線、バナナプラグ、Yラグに対応しつつあの大きさにまとめた優れモノです。
削り出し金メッキターミナルを透明プラスチックで覆うのはWBTが20年前に採用。
それ以来は他社も模倣するくらいで絶縁型ピーカーターミナルの標準仕様にもなっています。
他社で採用されている削り出し金メッキ大型裸ターミナルが気になっているようですが
カタログ映えするための過剰演出と取れなくもないです。
がっちり締め込んだ際の安心感は金属製裸ターミナルが有利、これは間違いないです。
しかし信号経路上に金属塊が介入するが電気特性的に、音質的にベストか?の疑問は残ります。
導体面積は必要十分、純抵抗値は問題になりません。
しかし静電容量の増加は確実なのでそれによる伝送ロスが起きているはずです。
金属製大型ターミナル故に音に落ち着きがある、安定感があるとのレビューされることがありますが、何らかのロスが起きて音数が間引かれた結果ではないかと邪推してしまいます。
なによりも裸ターミナルは絶縁性が皆無なのでショートサーキットが起きる懸念があります。

なお最近のプリメインアンプは正規のプリ+パワーのアンプではありません。
プリ部はセレクターとトーンコントロール他の操作部分のみです。
おまけでフォノイコライザーが付くか?です。
ラインバッファアンプ、トーンアンプ、アクティブ型サブソニックフィルターなど増幅回路は搭載していません。(ヤマハの高級機は例外的に搭載)
パワーアンプ初段がラインバッファアンプも兼ねた設計になっている簡略回路が主流です。
さらに言えばトーンコントロール回路もパワーアンプのNFBの途中に介入する形を採用しています。
したがってパワーダイレクトスイッチが装備されていてもジャンプできるのは微々たるスイッチ類だけで音質的な差異があるとも思えません。
それによって明らかに音が変わるのであれば回路設計のミスと言っても良いです。
古い機種ならば前述の複雑な増幅回路を経由するのでパワーアンプダイレクトで「音が良くなる」場合もあります。
それは途中の増幅回路が悪さをしていたのか、回路インピーダンスが変わるのか
音源機器の出力インピーダンスとパワーアンプダイレクト時の入力インピーダンスの兼ね合いなのか事象としては様々、それよる出音がユーザーの好みに合っていただけとも言えます。

ともかくM200を試聴してみましょうよ。

長文陳謝。

・・・・・・・・あなたに掛かると何でも「ちゃちい」となるようですね。

M200に装備されているスピーカーターミナルのどこがちゃちいのでしょうかね?
太目先バラ線、バナナプラグ、Yラグに対応しつつあの大きさにまとめた優れモノです。
削り出し金メッキターミナルを透明プラスチックで覆うのはWBTが20年前に採用。
それ以来は他社も模倣するくらいで絶縁型ピーカーターミナルの標準仕様にもなっています。
他社で採用されている削り出し金メッキ大型裸ターミナルが気になっているようですが
カタログ映えする...続きを読む

Q金田式真空管アンプのアイドリング電流トラブル

「オーディオDCアンプ製作のすべて」下巻の第11章153ページに掲載されました6C33C-Bアンプを今から8年前に製作しました。毎年10月初めから3台のアンプのアイドリング電流やAOCなどを調整してから本格視聴に入ります。今年もこの6C33C-Bアンプを調整しておりましたが、左チャンネルはスームスに調整できましたが、右チャンネルだけが280mAに近づいた途端に一気に870mAまでアイドリング電流が上昇してしまいます。しかし、この電流は全く変動が無く、アイドリング電流調整用ボリウム
でゼロにまで戻せるのです。自分は直ぐにこのボリウムを新品交換しましたが、異常現象は治りません。そこで出力管である6C33C-B を2本と初段管のWE404A 2本を交換してみましたが治りませんでした。次に基板2枚を新しく作り直してセットしてテストしましたが結果は同じで250mAまでは正常に
流れていくのですが、やはり270mA以上になると一気に870mAまで異常上昇してしまいます。
最初のトラブル発生から2ケ月が経過してしまいました。
自分はこのアンプを低音用に使用しており、このアンプが使えないので音楽が聴けない状態となっております。どうかこのトラブルを解決する方法をご教示して頂きたいのです。

「オーディオDCアンプ製作のすべて」下巻の第11章153ページに掲載されました6C33C-Bアンプを今から8年前に製作しました。毎年10月初めから3台のアンプのアイドリング電流やAOCなどを調整してから本格視聴に入ります。今年もこの6C33C-Bアンプを調整しておりましたが、左チャンネルはスームスに調整できましたが、右チャンネルだけが280mAに近づいた途端に一気に870mAまでアイドリング電流が上昇してしまいます。しかし、この電流は全く変動が無く、アイドリング電流調整用ボリウム
でゼロにまで戻せるのです。自...続きを読む

Aベストアンサー

回答NO.7へのお礼、ありがとうございました。お礼の欄のコメントについて下記の通り回答いたします。

>昨日のTr2,Tr3のコレクタ電流5mAを引き下げるというお話ですが、現状の820Ωを2.4kΩまで引き上げた場合に、AOC回路やグリッドバイアス電流に変化が現れると思いますが、初段の200Ω半固定ボリウムで対処出来ますか?

Tr2、Tr3のコレクタ電流5mAを引き下げる手段は820Ωを弄るのではなくて、Tr4,Tr5のエミッタの抵抗(現状470Ω)を大きい値に変更するという事です。例えば3mAに変更するならば470Ωを 470Ω×5mA/3mA=783.3Ω に変更するというやり方です。AOCは変更しません。その結果、例えば現行の5mAを3mAに変更した場合、820Ωの電圧降下は5mAと3mAの差分の2mA分の電圧降下の減少になりますので、820Ωの電圧降下の減少分は2mA×820Ω=1.64V になります。この1.64Vを前段にある調整抵抗200ΩのVRで調整可能かどうかですね。実はアップしていただいた回路図が解像度が悪くて抵抗値やツェナーDiの電圧など判別できませんのでこちらでは判断できません。もし、こちらでも検討が必要な場合は初段の差動回路の定数が判別できるようにその部分を大きくしてアップしていただけませんか?それから、全回回答ではTr2,Tr3のコレクタ電流5mAを2mAまで下げては?と提案しましたが、6c333c-Bのゲートの容量成分も含めてドライブする必要がありますのでせいぜい、3mA程度が限界かな、と考えております。

>あともう1点ですが、このカーレントミラー回路のTr2,Tr3の PNPトランジスタを最新のシリコン・カーバイトMOS-FETに置き換えることが可能でしょうか? このシリコン・カーバイトMOS-FETは高耐圧で耐熱性にも優れております。

SiC MOSFETは現状、残念ながらNチャンネルタイプしか市場に出回ってないと思います。必要なのはPチャンネルタイプですので可能性は殆ど無さそうですね。

回答NO.7へのお礼、ありがとうございました。お礼の欄のコメントについて下記の通り回答いたします。

>昨日のTr2,Tr3のコレクタ電流5mAを引き下げるというお話ですが、現状の820Ωを2.4kΩまで引き上げた場合に、AOC回路やグリッドバイアス電流に変化が現れると思いますが、初段の200Ω半固定ボリウムで対処出来ますか?

Tr2、Tr3のコレクタ電流5mAを引き下げる手段は820Ωを弄るのではなくて、Tr4,Tr5のエミッタの抵抗(現状470Ω)を大きい値に変更するという事です。例えば3mAに変更するならば470Ωを 470Ω×5mA/3m...続きを読む

Q若い頃ソニーのオーディオしか聞いたことがありませんでした。 DENONを知って踊りきました。 音がま

若い頃ソニーのオーディオしか聞いたことがありませんでした。
DENONを知って踊りきました。
音がまるっきり違いました。
軽自動車と高級な四駆くらいの差があります。
この例えが合っているとは思えませんがオーディオの世界を僅かに知ったようです。
今はオーディオ不況の日本ですが以前は世界をリードしてたそうですね。
マランツを買収したり日本が本当に良い製品を作っていた時代があったのですね。
今はオーディオショップに通ってます。
ピンからキリまでありますね。
50万円でスピーカーとCDプレイヤーを揃えるとしたら皆様のお勧めを教えてください。
因みにNASやその他はもうそろえました。
聴く音楽はクラシックばかりが多くなりました。
安ければそれに越したことはございません。
海外メーカーでアメリカ製は苦手です。
ヨーロッパの音が好みです。
中古でも気にしません。
どうか宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

懐かしいですね。
昔のオーディオはスピーカーはダイヤトーンとかヤマハが人気がありましたね。
質問者さんは苦手とお書きになってますがJBLも人気はありましたが、高かったです。その後コンパクトなのが出て安くなりましたが。
DENONはUFO型のレコードプレーヤーと針が有名でしたね。
アンプはDENONより山水とかオンキョー、パイオニアの方が人気があったように思います。私はLUXMANを使ってました。
話それましたが、今の音源はデジタルが主流でデジタル信号の再生となるとアンプも昔とは変わってきていますね。AVアンプの方が人気もありますし。
スピーカーも小型化して効率も良くスーパーウーファーも併用して音像のはっきりした音が主になっているように感じます。
スピーカーは今もヤマハなんかは健在だし、輸入製品が良いならタンノイなんかどうでしょうね。
興味がわいてちょっと調べたら最近ダイヤトーンのスピーカーがピュアオーディオで復活したそうで、60万円と出ていたので
値引きを考えるとちょうど良いのではと思ったら、1台の値段でした(計120万円)。

Q町内会のイベントでアンプを使いたいのですが何W程度必要でしょうか?100人程度の集会を広場で行います

町内会のイベントでアンプを使いたいのですが何W程度必要でしょうか?100人程度の集会を広場で行います。どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拡声器かスピーカーの音量の心配でしょうか。

一部で回答があるように、拡声器やスピーカーから出せる音量の大きさは、それを駆動するパワーアンプの出力(W数)だけではなく、スピーカーの「能率」にも大きく依存します。この両方を指摘しない人は素人です。

スピーカーの「能率」はdB/W(dBはデシベルと発音する)で表現され、能率のよいスピーカーは93dB/Wだとか96dB/Wくらいになりますし、能率の低いスピーカーでは80dB/Wあたりの数値になります。

この能率が3dB/W違うと出る音量は2倍違ってきます。なので、87dB/Wのスピーカーを100Wで鳴らしたのと、90dB/Wスピーカーを50Wで鳴らしたのとでは理屈の上では同じだけの音量になります。

屋外のイベント会場で拡声器やスピーカーを使うのなら、93dB/Wのスピーカーに対してパワーアンプの出力は20Wもあれば足ります。84dB/Wなら160W、87dB/Wなら80W、90dB/Wなら40W、96/Wなら10Wですね。

Q左右違う音 カセットだったかMDだったか・・・?

かなり昔の話なのですが(20年前ぐらい?)
友人がウォークマンで左右違う音が流れるカセットorMDを持っていました
どのようにダビングしたのか聞いても絶対教えってくれませんでした
違う音といっても、左はオリジナルのユーロビート、右はその曲の日本のremix
みたいな感じでカッコ良いなと思っていました
最近、あれ・・・・・どうやってたんだろ?とふと思い出しました

入力本体1←R出力のプレイヤ(赤)
     ←L出力のプレイヤ(白)

↑こんな感じなのかな?と想像してみましたが、可能なのでしょうか?
しかも同時に録音ボタンを押す!だとしても本体が3台必要になりますし
(そんなに裕福な家ではなかったような・・・?マニアだったらあり?)
(ダブルカセットラジカセ+MD録音?だとしたらLRの切り替えは?)
若干の再生時間のずれも出てしまうと思うのでがそれもなく(綺麗に曲がそろっていたような)

今はアプリで簡単にできそうですが
その当時はすごく驚きました

このような方法の仕組みわかる方いましたら教えてください

Aベストアンサー

そもそも、オーディオでは「ステレオ」の「右チャンネル」と「左チャンネル」はまったく別個の信号として取り扱います。それは今も昔も変わりません。

アナログ時代の昔の「オープンリールデッキ」「カセットデッキ」などでは、録音ボタンは「左右」独立に付いていました。録音レベルも左右独立に調節できました。
(ラジカセでは「左右連動の1個」が多かったですが)
「カセットデッキ」の「入力端子」も当然「左右」独立ですから(今でも「赤白」のRCA端子は必ず左右2個ありますよね?)、左右のチャンネルに別々な音源から録音することは簡単にできました。

アナログなので、当然「左右のタイミング」は人間が合わせたのでしょうね。そこは、実はそのご友人も結構苦労したのではないでしょうか(ほとんど徹夜でやっと1曲録音したとか)。だから、やり方をとても他人には言えなかった・・・。

Qスピーカーの接続について

ステレオアンプにスピーカーコードを接続するときのことで質問です。
アンプはマランツの5005なのですが、スピーカーコードを接続するときにバナナプラグが使えるかどうか、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

スピーカー端子の真ん中には穴が開いているのでバナナプラグにも対応している{はず}です。
{はず}と断りを付けたのはマランツのホームページには「バナナプラグ対応」の文字が無いのです。
取説18ページからの接続方法にもバナナプラグについて何も触れられていません。
以前でしたら大々的に「バナナプラグ対応」と謳っていたのがマランツでしたからこの変化は妙です。
SP端子の仕様としてバナナプラグ対応が標準となったので表示不要と考えたのか
バナナプラグの使用は好ましくないと考えているのかは部外者には分かりません。
一時期のようなバナナプラグ人気が無くなったのは間違いないです。
バナナプラグ非対応のSP端子の可能性もあるのでマランツに確認をした方が確実です。

なおバナナプラグは規格があるようで無いです。(検索してもヒットしません)
バナナプラグの膨らみに個体差があるくらいで他の端子類のような数値的縛りがありません。
アンプのSP端子側の穴径も同様でとりあえず5㎜前後の穴があればよい程度の認識です。
穴径が複数あるのではなくただ単にアバウトなだけ、SP端子製造元の自主規制に任されています。
ですから№1さんの仰せのようなマランツに適合するバナナプラグと伝えても無意味です。
店頭にある適当なバナナプラグを提示してくるだけです。
アタリの品が来ればがっちり嵌って抜ませんがハズレの品が来たらすっぽ抜け頻発です。

付け加えるとバナナプラグは構造上、経年劣化があるので定期的な交換が必要です。
導通部が板バネ状になっているので長年の使用でバネ性が脆弱化し導通不良、すっぽ抜けが発生します。

スピーカー端子の真ん中には穴が開いているのでバナナプラグにも対応している{はず}です。
{はず}と断りを付けたのはマランツのホームページには「バナナプラグ対応」の文字が無いのです。
取説18ページからの接続方法にもバナナプラグについて何も触れられていません。
以前でしたら大々的に「バナナプラグ対応」と謳っていたのがマランツでしたからこの変化は妙です。
SP端子の仕様としてバナナプラグ対応が標準となったので表示不要と考えたのか
バナナプラグの使用は好ましくないと考えているのかは部外者...続きを読む

Qオーディオのスピーカーとアンプをつないでるケーブル

教えてください

今使っている、アンプとスピーカが同軸の先端を少し剥いて
赤、黒のボタン?のついた差込口がありボタンを押しながら挿し離すと固定されるものです
①この方式は何という名称のでしょうか?
②この方式は古いのでしょうか?
③アンプ側だけでもスタンダード的な赤白のコネクタにしたいのですが簡単にできるものなのでしょうか?
名称がわからず検索の仕方もわからなかったので質問させていただきました
よろしくお願いします

Aベストアンサー

①②についてはNo.1の方が答えているとおりです。

③についてですが・・

>「新しいコンパクトなアンプを探しているのですが、裏のスピーカーからの差し込み端子が、赤白のコンポジット端子が多かったので・・」

一般的なアンプのスピーカー出力端子は「先バラ接続用」の「ネジ式」や「プッシュ式」が普通です。スピーカー出力がRCA端子の製品は専用のスピーカーがあるはずです。あなたはオーディオの知識がほぼ無いようですが、別の端子と見間違いしている可能性もあります。
もし手持ちのスピーカーと新たに購入したアンプを繋ぐ場合、スピーカーのインピーダンスがアンプの対応範囲に入っていなければ使用できないし、アンプの出力とスピーカーの定格入力・最大入力との関係でも使用でない場合があります。この辺りを良く考えて選ばないとスピーカーを壊しますよ。

取りあえず質問の内容に答えると「RCAピンプラグ⇔先バラ」のスピーカーケーブルがあるので、これを使用すれば、あなたの言う「スタンダード的な赤白のコネクタ」と同じ形式で繋ぐ事はできます。つまりアンプのスピーカー出力がRCA端子の場合はこのケーブルを使用します。
念の為に書いておくと、あり得ない繋ぎ方ですがスピーカー出力を逆にアンプへ戻すような繋ぎ方をしなければアンプが壊れる事はありません。またスピーカーは入力オーバーにならなければ壊れる事はありません。

RCAピンプラグ⇔先バラケーブル
https://www.amazon.co.jp/8ONE-%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0-%E5%85%88%E3%83%90%E3%83%A9-2%E6%9C%AC1%E7%B5%84-ESC-130/dp/B002OSY5RU

①②についてはNo.1の方が答えているとおりです。

③についてですが・・

>「新しいコンパクトなアンプを探しているのですが、裏のスピーカーからの差し込み端子が、赤白のコンポジット端子が多かったので・・」

一般的なアンプのスピーカー出力端子は「先バラ接続用」の「ネジ式」や「プッシュ式」が普通です。スピーカー出力がRCA端子の製品は専用のスピーカーがあるはずです。あなたはオーディオの知識がほぼ無いようですが、別の端子と見間違いしている可能性もあります。
もし手持ちのスピーカーと新たに購入...続きを読む


人気Q&Aランキング