その昔フロッピーディスクはDr.中松が発明したものだ!と聞いて人は見かけによらないものだなぁ、と感心した記憶があるのですが…。
こないだちょろっと聞いた話だとIBMが作ったものだ!と聞きました。
どうなんでしょう?ボクの聞き間違えだったのでしょうか?

A 回答 (15件中1~10件)

ドクター中松の自伝にありますが、戦後のどさくさで、彼の友人が会社で開発したが採用されなかった「磁気レコード」という、形は似ていますがフロッピーとは全く無関係の音楽録音用の商品を1947年に彼が「カナビゾン」という名前で自分名義で特許申請しました。



後にIBMがフロッピーを開発したときに法的な係争を避けるため、似たような形のものを登録した特許の持ち主に片っ端から打診しました。その中に「カナビゾン」も入っていたのです。(ちなみにその時点で既にカナビゾン特許は期限が切れていたそうです)

そういうわけで、彼自身は「私が発明した」とは一言も言っていません。
ただ、TVの司会者が彼を紹介するときに上の経緯をいちいち説明するのがめんどくさいので「フロッピーディスクの「発明者」」と紹介しているだけです。

ちなみにドクター中松からみのエピソードで有名なのが「エジソンを上回る発明数」ですが、エジソンの1093件は特許として登録された数、ドクター中松の3019件は彼が「発明した」と自称している数で、実際の彼名義の特許登録は200件程度だそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
そうなんですか。Dr中松氏は別に嘘は言ってなかったんですね
TVのせいですか。そういえばボクもTVでこの話を聞いた気がします。

お礼日時:2001/07/26 13:27

私が聞いたことのあるのは #11 の回答とほぼ同じですね。


ただし、名称は「ナカビゾン」です(中松の「中」を取って)。

これは録音用磁気テープを単にレコード型にしたもので、
磁気記録のしくみを発明したわけではなく、その形状で
特許を取ったということです。コンピュータとも関係が
ないものです。

フロッピーディスクを発明したIBMは、世界中の後々
争いになりそうな特許を片っ端から「買い漁った」そう
で、その中に「ナカビゾン」も入っていたらしいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
やはりみなさんの意見を集約するとDr中松氏は発明、はしてないみたいですね。
しかし、こんなに多くの回答が寄せられるとは思いませんでした。
みなさんありがとうございました。

お礼日時:2001/07/26 13:34

ドクター中松の宣伝文句をそのまま信じてはいけません。




参考URL:http://inside.gunma-ct.ac.jp:8080/ice/~mame/doc/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
こんなページもあったんですね。
よほど世間の誤解が生じてるみたいですね。

お礼日時:2001/07/26 13:31

さらに、下記No.12にて、


「公開特許公報 (公開、公表、再公表) 」
の方を選択すると、彼の出願中または出願したが特許にならなかった発明が閲覧できます。これは、もっとおもしろいです。

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
こちらもまた面白そうですね。

お礼日時:2001/07/26 13:29

http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0 …
にて、
「特許公報 (公告、特許) 」
を選択後、 発明者を
「中松義郎」
として検索すると、彼の特許を閲覧することができます。
なかなかおもしろいです。

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
面白そうですね。やってみます。

お礼日時:2001/07/26 13:28

フロッピーディスクは数人が発明されてはいたものの、どれも


仕様が違ったそうです。また、ただのアイデアだけで実物が作られてなかったり。
IBMも自社でフロッピーを開発してたみたいです。

IBMはフロッピーを世界流通させたいが、世界中にいる
フロッピー関連の特許を持ってる人達が障害になると思い
その人達を片っ端から呼び付け特許を買い取ったとか。

Dr.中松もそのうちの一人に過ぎないというのが事実みたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
Dr中松氏のうたい文句みたいなもんなんですかね

お礼日時:2001/07/26 13:22

ドクター中松氏です。


発明して、いろんな国内のメーカーに発明を売り込んだのですが、
「他のメーカーでは扱ってないから」とかで、ほとんどの国産メーカーが
拒否したけど、海外のIBM社が受入れ、製品化したんじゃなかったかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/07/26 13:20

実際にフロッピーディスクの特許権を持っているのはIBMなのですが、ドクター中松氏とフロッピーディスクに関する「何らか」の契約を結んだようです。



「何らか」というのは、秘密契約ということでIBMも中松氏もくわしくは発表していません。

中松氏本人が著書で自分の発明だと言っているだけです。


8インチフロッピーが発売されたのが1970年で、契約が1979年だそうですので、中松氏がフロッピーを発明したとは考えられません。

中松氏の発明の一部が、たまたまフロッピーの技術に使われていたので(たぶんIBMもはじめは知らなかったでしょう)、後のごたごたを恐れて契約したのだと思います。


参考ページに詳しいことが書いてあります。

参考URL:http://inside.gunma-ct.ac.jp:8080/ice/~mame/doc/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
発明した、ということではないようですね

お礼日時:2001/07/26 13:19

私の認識はフロッピーの基本特許を持っている人です。


特許の内容は見てませんが、
特許は実際作らなくても、理論的に可能であればアイデアで
取る事ができます。この基本特許を企業に売り、財を得たと
聞いています。
当初はいろいろな企業に売り込みを行なったそうですが、
なかなか相手にされなかったと聞いてます。
最初にIBMが買ったかは覚えてません。
全て私の上司から聞いた話ですが参考までに!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/07/26 13:18

このURLも付けときます。



IBM関連のHPでこうかかれてるって事は、事実なんでしょう^^;

参考URL:http://www.video.ibm.co.jp/videonews/videolibrar …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2001/07/26 13:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QP7P55D-Eで内蔵フロッピーディスクを使うには

今までASUSのP5Bで,内蔵フロッピーディスクを使っていたのですが,今度,P7P55D-Eに替えたところ,内蔵フロッピーディスクのコネクタがマザーボードにありません。仕事で未だにフロッピーディスクを使っているので,内蔵フロッピーディスクがあると便利なのです。(できれば,USB接続のフロッピーディスクではなく)
そこで,今まで使っていた内蔵フロッピーディスクを生かす方法(3.5インチベイにセットして,P7P55D-Eに接続する方法)が何かあったら教えてください。

Aベストアンサー

M/BにFDDの機能がありませんから、今まで使っていた内蔵フロッピーディスクを使うことはできませんね。

外付けのUSB接続のFDDか、下記のような内蔵型USB接続のFDDを購入するしかないようです。

http://www.owltech.co.jp/products/drive/FDB1_BOX/FDB1_B_BOX.html

Qその昔ベーターで記録した我が家の記録映像が見ることができません

その昔ベーターで記録した我が家の記録映像が見ることができません
30本ぐらいあるので業者に依頼しても費用が心配です
それでも変換してくれる業者等があれば教えてください
そのほか何か良い方法などあれば教えていただけないでしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

中古のベータデッキを購入されてはどうですか?
http://www.aandvtechnical.com/restored/sonybeta.html
見たところさほど高いわけでもありません。
これと、DVDレコーダーやパソコンを組み合わせれば、デジタル化できると思います。

http://www.dubbing.jp/dvd.html
一応こういうショップも有ります。
30本となると結構な金額になりますね。
15万円ぐらいでしょうか。

http://dvd.dview.jp/dvd/beta-dvd.html
http://www.soundsmile.jp/24_14.html
安いところもありました。

でも、正直テープを渡さないといけないので、こういうのは嫌な感じもしてしまいます。

Qフロッピーディスクについて

今のパソコンは、フロッピーディスクが使えない機種が多いようですね。

なぜ今のパソコンは、フロッピーディスクドライブがないのでしょうか?

文章ファイルなどは、CDやDVDよりフロッピーディスクに保存したほうが便利だとを思うのですが?

Aベストアンサー

こんにちは。
FDが搭載されていないPC、確かに増えましたね。
やはり、原因としては皆さんが仰っている通り、FDの保存容量の限界と共に、大容量記録メディアの種類が増えた事があるのでは?と思います。
手頃な価格で購入できますし・・・。
私も昔はFDに保存していたので、標準搭載のPCが少なくなって嘆いた時期もありました。
便利か不便かは、やはり個人差があるようです。
現在、私はデータの保存はCD-RWやMOにしていますが、使用しなくなるまではデスクトップなどに保存して、使用しなくなったらメディアに移し変えています。
ちなみに、3月にソニーのVAIOを購入しましたが、こちらにはFDドライブが標準搭載されていましたよ(*^^)
まだ、そういった機種もあるようです。
参考までにですが、FDドライブが搭載されておらず、必要なのであれば、外付けの商品が家電量販店やメーカー通販でお手頃な価格で販売されています。
私も以前は外付けで使用していました(*^.^*)

Qフロッピーは開けるんだけど

フロッピーの中身は開いて見ることができるんですが、ファイルをダブルクリックすると、「そのファイルは読み込めません」というメッセージがでて、開けません。プロパティをみるとちゃんとエクセルファイルになっているし、スキャンディスクも異常ありませんでした。これって、FDが壊れてしまったんでしょうか?

Aベストアンサー

フロッピーの中に入っているファイルをハードディスクの中にコピーして、それをダブルクリックで開いてみてください。

Qフロッピーディスクについて

フロッピーディスクについて

 最近フロッピーディスクの解析が話題になっていますが、フロッピーディスクにはファイル毎の改竄期日、使ったパソコンなどが記録されているということでしょうか。

Aベストアンサー

MS-DOS互換のフロッピーだとファイルシステムでは最終更新日時だけですね。
ただしファイルだけでなくそれを含むディレクトリの日時もあるので、改竄するなら整合性には注意が必要でしょう。
もちろん、ファイルの種類によってはファイル内部に作成日時や更新日時、改版履歴や更新パソコンの情報など色々な情報を含む場合があります。
またフロッピーディスクの磁気情報レベルでは、上書きしても前の情報が完全には消えずに残ることがありますので、特別な設備を用意すれば更新前の情報を読み出すことも不可能ではありません。

Qよく調整されたものは時代を問わず、よいものだと思う

よく調整されたものは、技術的に古くなったとしても、
「性能的には低いけど快適」で、
「よく手になじむ」「しっくりくる」・・・そんな感じがあります。

メモリが128kしかなかった初代マッキントッシュ、AE86、
ホンダS800

最近だとiphone4がそういう存在になるんじゃないかと思います。

ほかに思い浮かぶのはありますか?

Aベストアンサー

内容的にアンケートの方が良いと思いますが。

このカテゴリ内で考えれば、自分としてはWindowsXPでしょうかね。
まぁ、結局の所、物に関係なく使い込んだものっていうのは多少不便であっても、その本人にとっては良い物(なじむ物)だと思いますけどね。

Qフロッピーディスクが開けられないのですが?

知り合いのパソコンについてお尋ねします。
マイコンピュータのフロッピーディスクのアイコンをクリックするとフロッピーディスクドライブは作動しますが、「I/Oデバイスエラー・・・・・・?」ていう表示が出てフロッピーディスクに入っているデータが読めません。パソコン側は、マイコンピュータにAドライブと表示されているので認識してると思います。どうしたら開けられるようになるでしょうか?

<環境>
PCは、買ったばかり
NECのラビィで、フロッピーディスクドライブはPC付属のUSB接続
OSは、WindowsXP
フロッピーディスクは、Windows98でフォーマットしたもの

データが読めず大変困っています。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

XPのPCの外付けフロッピーディスクドライブはそれ単体では正常に
使用できるんでしょうか? つまり、新しいフロッピーをXPのドライブに
入れてフォーマットしたりファイルをコピーしたりは出来ますか?
もし出来るのであればフォーマットをXPの方でやったあとで
98のマシンに持っていってファイルを保存し、それからXPの
方へ持ってくれば読めるのではないかと思います。

しかしもしXPの方でフォーマットが出来ないという場合は、これは
もうハードウェアの問題のように思えます。USBケーブルが接触不良に
なっているとかね。なので念のためUSBケーブルを抜き刺しをして
試してみてください。あとハード的に考えられるのはフロッピー
ディスクドライブの電源です。USBケーブル経由で電源を取るように
なっている場合はPC本体の側でそれなりに電源を供給できるように
なっているUSBポートに刺さないとうまく行きません。NECのラビィは
どうだかわかりませんが、多量の電力が必要な機器を指してはいけない
USBポートというのがあるマシンもあります(私の使っているソーテックの
マシンにはあります。キーボードの所のUSBポートにはマウスしか刺せ
ません)。なので複数のUSBポートがあるのであれば違う所に刺して
試してみた方が良いと思います。それでも駄目ならそのドライブは
壊れている可能性があると思います。

あと、フロッピー経由がどうしても駄目ならばインターネットを
利用してしまうという方法もあります。無料で借りられるホームページ
スペースを借りてファイルをアップロードし、もう一方のマシンで
ダウンロードするということです。他には、もし98マシンとXPの
マシンの距離が近く、しかも両方のマシンにネットワークインター
フェースがあるというのであればイーサネットのクロスケーブルで
直結するという方法もあります。それで両方でIPアドレスを設定して
Windowsネットワークを使えるようにして共有のフォルダを作って
おけばそれを通してマシン間のコピーが可能です。他にもシリアル
ケーブルのクロスのやつで直結する方法や、デジカメなどで使われて
いるスマートメディアのようなメモリを通してコピーするなどの
方法があります。

XPのPCの外付けフロッピーディスクドライブはそれ単体では正常に
使用できるんでしょうか? つまり、新しいフロッピーをXPのドライブに
入れてフォーマットしたりファイルをコピーしたりは出来ますか?
もし出来るのであればフォーマットをXPの方でやったあとで
98のマシンに持っていってファイルを保存し、それからXPの
方へ持ってくれば読めるのではないかと思います。

しかしもしXPの方でフォーマットが出来ないという場合は、これは
もうハードウェアの問題のように思えます。USBケーブルが接触不良に
...続きを読む

Q液晶テレビが安値だと聞きましたが

いつぐらいまで安いのが続きますか?
やはりボーナスが出るぐらいまででしょうか?
その後はまた高くなるんでしょうか?

Aベストアンサー

本当に安いテレビは、売り切れましたね。

HDD内蔵ダブ録32Vテレビが3万円台や
BD+HDD搭載32Vテレビが6万円台など
お買い得テレビは、売り尽くしました。

7・8月は、店頭に高級テレビしか残っていないので
「メーカー不問、映っていればOK」って方以外は、厳しいです。

次にお買い得テレビが出回るのは、年末ですね。

Qフロッピーディスクに画像をコピーしたいのですができますか?そのほかにフロッピーディスクではどのようなことができますか?

フロッピーディスクに画像をコピーしたいのですができますか?そのほかにフロッピーディスクではどのようなことができますか?お願いします。

Aベストアンサー

フロッピーディスクは今ではあまり使用されなくなりましたが、
かつてはOSを入れて起動させて使っていました。
ゲームソフトなどでは専用のOSが入っていることもありました。
もちろん、データの保存用としても使われていました。
ワープロ専用機や電子ピアノなどのデータ用ディスクとしても使われています。
我が家にはMIDI再生プレーヤがありますが、これのデータディスクがフロッピーディスクです。

QiPhoneがいつ発明されたの?

iPhoneがいつ発明されたのか教えて下さい。
どちらかと言うと、一番最初のが売り出され始めた時期ですかね。

どうぞよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

参考

http://ja.wikipedia.org/wiki/IPhone_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)
http://ja.wikipedia.org/wiki/IPhone

引用

2007年1月9日に開催されたアップル製品の展示会のひとつ、Macworld Expo 2007にて発表され、同年6月29日にアメリカ合衆国にて発売された。

引用 ここまで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報