かれこれ15年ぐらい前ですが、氷室冴子さんで、コバルト文庫の「冬のディーン夏のナタリー」という小説がありました。
 ストーリーは、馬鹿がつくぐらい正直で真面目な男の子が大学受験に失敗し、推薦入学で行った大学に、受験期の夏に知り合ってイタしてしまった中の女の子がいて、実はその子は大女優の娘で、しかもイタした時に主人公は嘘をついてるんです。「出来のいい兄貴がいて、彼女を横取りしたい・・・」と。でも、本当は出来のいい兄貴は自分で、ワイルドさが魅力な(?)弟に彼女を取られちゃった直後だった、と言う嘘です。

 私が読んだのは、入学式直後まで。あの後、続きはあるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

コバルト文庫」に関するQ&A: コバルト文庫

A 回答 (1件)

氷室さんは 10年近く 断筆状態だそうです。


下記のサイトの下のほうを ご覧ください。
「冬のディーン夏のナタリー」は1~3巻まで既刊で その後は 今のところ ないようです。

参考URL:http://fragments.exblog.jp/i15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
氷室さんの名前を新人賞か何かの選考委員の名前で見たことがあったので、どうしてなんだろう?実は続きは出されていて、私が気が付かなかっただけ?と思っておりました。

 参考URLを見て、納得いたしました。詳しい情報をありがとうございました。
 
 今後続きを書く、と言うことはないのでしょうかね。あらすじでもいいから知りたいのですが・・・。

お礼日時:2004/12/26 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氷室冴子さんをお好きな方。

氷室冴子さん、大好きです。
どのお話も甲乙点けがたく好きなのですが、あえて言うなら
「シンデレラミステリー」
「北里マドンナ」
「海がきこえる」
「恋する女たち」
が特に好きです。。。

キャラクターでは「北里・・」の槙修子とか、「海が・・・」の里加子とか。
「白い少女たち」の倫子とかも好きです。
きりっとした女の子が好きみたいですね。

で、お伺いしたいのですが、皆様のいちおし氷室作品、もしくはキャラって何でしょう?
よろしければ理由とともにおしえてくださいませ。

Aベストアンサー

♪こんにちはぁ~~~!!

私も『シンデレラミステリー』大好きです。
表紙のかわいらしさに誘われて購入しました。
冴子先生の本ではじめて手に取った記念すべき作品です。
買って読み進むうちに
『あれ??これって続きものなの?』って気付いて
読み終わって速攻『シンデレラ迷宮』を買いに行きました。

私はオデットが大好きよ!!
あと出演回数少ないけど万里が大好きです。
同じく出演少ないけどカルメンもとっての印象的だった。
ジュリエットしかり。笑

私も槙修子って好きでした。
多恵子よりも。けど多恵子がいるから
修子の性格が際立ってたのかなって思います。
北里くんのなぎさ思いも好きだなぁ~~~。

『恋する女たち』読んだはずなのに記憶がない・・・
映画で斉藤由貴さんのイメージしか覚えてない。笑
※映画があったんですよ~。知ってました??
白い少女たちも読んだかなぁ~。
なんせ10数年前なので記憶が覚束ないです。
シンデレラ迷宮・ミステリーは定期的(数年おき)に読んでます。
多恵子ガール・なぎさボーイしかり。
もちろん北里マドンナも。
(イラストが渡辺多恵子さんじゃないのが納得いかないんですけど。)

あと好きなキャラは『少女小説家は死なない』の冴子先生です。
この小説、他のとは全く異なってますが面白いです。
とにかく笑えます。
お薦めっていうか、読んで笑って欲しいですね。

♪こんにちはぁ~~~!!

私も『シンデレラミステリー』大好きです。
表紙のかわいらしさに誘われて購入しました。
冴子先生の本ではじめて手に取った記念すべき作品です。
買って読み進むうちに
『あれ??これって続きものなの?』って気付いて
読み終わって速攻『シンデレラ迷宮』を買いに行きました。

私はオデットが大好きよ!!
あと出演回数少ないけど万里が大好きです。
同じく出演少ないけどカルメンもとっての印象的だった。
ジュリエットしかり。笑

私も槙修子って好きでした。
多恵...続きを読む

Q1980年代のコバルト文庫を探しています!

こんにちは。

タイトルどおり、1冊の本を探しています。
ただし恐れながら、著者名もタイトルも失念しているのです。
先ほどコバルト文庫編集部にも電話を入れてみましたが、このような「Q&A」で探すしか方法がありません、と言われてしまいました。

探しているコバルト文庫の概要は早くとも1982年頃までは書店に流通していたもので、男性作家の書いた小説短篇集です。
その中で印象的に覚えている話は、「風邪をひくなら」というようなタイトル(うろ覚えです)で、内容は北欧を旅をしている青年がとある事情で現地の病院に行き、長患いしている少女と出会う、というようなものでした。
その国では社会保障が充実しているので、「風邪をひくなら」この国でひいて、ずっとこの病院に居ればいい、といったような内容でした。

上記の話も含めて、全体にちょっと物悲しい話ばかりの短篇集です。
どなたかお心当たりのある方がいらっしゃいましたら、ご一報いただけると幸いです。
お手数をかけて恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ラノベの杜
http://ranobe-mori.net/db/

DB検索 - コバルト文庫
http://ranobe-mori.net/db/label/cobalt-buko
上記の刊行リストを見て、見覚えの有る書籍名があるか
探してみて下さい。

Q4つの嘘 文庫

現在、4つの嘘(文庫)を中盤辺りまで読んでおります

複数の主人公が(30~40代の女性達)それぞれ女の生き方を展開してゆく。
この小説と同じ系統には、どのような作品(小説)があるのでしょうか
教えて頂けましたら幸いです
どうぞ、宜しく御願い致します。


好みとしましては、
「さわやかさ」は不要です。入りません。

「泥臭く、老獪、狡猾、本能」
そんな複数の女性達の心理描写を描く
作品をご紹介頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ごめんなさい、私は4つの嘘は読んでいませんが

複数の人物の視点で生き方を展開という点で。

山本文緒
「あなたには帰る家がある」
営業マンの夫、専業主婦に飽いて子供を預け仕事に出始める妻
横柄な教師の夫、家事、育児を愛する専業主婦の妻
の4人の人生が絡み合いそれぞれの視点で描かれます

「ブルーもしくはブルー」
ある女性が結婚相手をどちらにするか悩みに悩み
片方を選びます
しかし、その女性が「もう一方を選んでいた場合」が目の前に現れる。
その二つの人生がそれぞれの視点で描かれています。(ちょっと怪奇です)

それぞれに理由や事情がありながら、利己的に、自分の希望に泥臭く生きています

Q夏の田舎が舞台の小説。

夏の田舎が舞台の小説。

海と山に囲まれた夏の田舎が舞台の小説をご存知ないでしょうか?
ジャンルは恋愛、ミステリー、サスペンス、あるいはそれらの複合でお願いします。
できれば甘酸っぱい、切ない感じの話だといいのですが。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

井口ひろみ 月のころはさらなり 新潮社
http://www.amazon.co.jp/dp/4103063610
若竹七海 閉ざされた夏 光文社文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4334740170
大崎梢 夏のくじら 文藝春秋
http://www.amazon.co.jp/dp/4163273301
などどうでしょうか

Q19世紀ぐらいの中国を舞台にした小説

タイトルどおり、19世紀ぐらいの中国を舞台にした小説を探しています。

歴史小説や偉人をモデルにした重たい文学ではなく、ライトノベルまでは行かなくてよいですが、
小説、と言う感じの物が好みです。

今まで読んだ中では一応ラノベですが 藤木凛 「上海幻夜」 が好きでした。

ジャンルはシリアスでもホラーでも恋愛でも何でもよいです。
ダークな感じの小説だとすごく嬉しいです。

よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

時代が19世紀ではありませんが、質問者さまが例に挙げている『上海幻夜』も20世紀前半なので、その時代の中国を舞台にした小説をご紹介させていただきます。

生島治郎
・紅真吾シリーズ『黄土の奔流』『夢なきものの掟』『総統奪取』『上海カサブランカ』
・林愁介シリーズ『上海無宿』『明日なき者たち』
伴野朗
・山城太助シリーズ『上海スクランブル』『上海伝説』『上海発奪回指令』
井上尚登
・伊沢修シリーズ『T.R.Y.(トライ)』『T.R.Y.北京詐劇(ペキン・コンフィデンシャル)』
山崎洋子
『魔都上海オリエンタル・トパーズ』『炎精(かげろう)』
カズオ・イシグロ
『わたしが孤児だったころ』
岡江多紀
『上海ブルース』
島村匠
『上海禁書(シャンハイ ノワール)』
藤咲淳一
『上海哀儚』
藤田知浩 編
『外地探偵小説集 上海篇』

19世紀が舞台というと時代小説になってしまいますが、2冊ほど。
生島治郎『幕末ガンマン』
佐伯泰英『上海 交代寄合伊那衆異聞』


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報