新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

鏡の顔と写真の顔が全然違います。


写真はブスすぎます。
鏡は美人?みたいな感じです

顔が違いすぎてやばいです
何回みてもびっくりします

どっちが本物か聞いてみるとお母さんは
写真だと言っていて、友達は、鏡だと言っていました。
友達は写真は〇〇ちゃん(自分)らしくない
なんて言っていました
お母さんは、どっちも同じだよーとめんどくさそうに言っていました


何故でしょうか?

またどちらなんでしょうか!?

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

鏡像と写真が違うのは当たり前です。


鏡像は自分が普段見ている自分の顔ではありますが,実はそれは左右反転したもので,あなただけから見た自分の顔にすぎません。
写真は自分が普段見ているものとは違いますが,他人から見たあなたの顔はその写真に写っている顔そのものです。
客観的な視点からすれば,写真の顔こそがあなたの顔ということです。

あとは距離的なものも影響するかもしれません。
鏡はそれほど遠くから映すものではありませんので,顔の幅はそれほど大きくは見えません(顔に寄って見ているからです)。
ところが写真は逆にそれほど近くから写すものではありませんので,鏡で見るよりは顔に幅があるように感じられます。

というか書いていて思いました。その友達の目,おかしくないですか?
友達は普段,あなたを鏡を通して見ているわけではないですよね。必ず外から見ているはずです。ならば友達は,写真と同じあなたの顔を見ているはずなんです。にもかかわらずあなたと同じ「あなたの顔」を見ているということは,あなたの目を通して見ているということになり……理論的には,「この世には存在しないもの」ということになってしまいます。こわいこわいこわい。

もっと怖いことを言うと,友達はあなたのことなんてどうでもいいと思っているので「よく見ていない」。その程度でしかあなたを見ていないので,だから鏡の方だなんて言っているのかもしれない,とか。

なんてお遊びはそこまでで,お母さんの言い分がもっともだと思いますよ。
あなたが生まれてからこの方,ずっとあなたをそばで見てきているのはお母さんです。そのお母さんがそういうなら,それがもっともあなたを的確に表しているのだと思いませんか?
    • good
    • 0

鏡に映る顔は左右逆転している。


写真の顔は逆転していない。

人間の顔は例外なく左右非対称である。

あとは主観の問題で、そこには合理的な理由など存在しない。
お母さんの言うとごく「どっちでもいーじゃん」である。
    • good
    • 0

鏡像は主観の具象化、写真は客観化といわれます。


第三者から見て、本質に近いのは間違いなく写真の方です。
鏡像に関する理論はたくさん本がありますので探してみてください。
    • good
    • 0

その気持ちすごいわかります。


私も中学生の頃疑問でした。人は鏡を見て自分の顔を認識します。
鏡に映る自分と、他人から見た自分とでは左右違うのです。
鏡の映る世界は逆なのです。
だとインカメで写したご自身の写真を左右反転してみると鏡で見た顔と違和感がでます。
でも他人はその違和感のある方で、あなたと認識しているので他人は違和感がありません。逆に鏡に写ったあなたに違和感があるのです。
認識の問題ですね!!
    • good
    • 0

鏡に向かうときはかわいく見えるように無意識に顔を作っているんですよ。


写真のときは自分の顔が見えないので上手く顔を作れない。

不本意でしょうが、世の中の多くの人は写真のような顔の質問者様を見ています。
お友だちは質問者様の気持ちをわかって言ってくれているんでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング