最新閲覧日:

教えて下さい。
調理用のトマトをいただきました。

そこでトマトソースを作ってスパゲティー食べようと思いました。
しかし、作り方が解らなかったのでいろんなサイトを見てみたのですが、ほとんどホールトマトの缶詰を使ったものでした。
そこで皆さんおすすめ、トマトソースレシピを教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

トマトは切れ目を入れてお湯につけ皮を湯むきしたあと、


適当な大きさに切っておきます。
にんじん、たまねぎ、セロリを2センチ角くらいに切り、オリーブ油を熱した
鍋に入れて表面が色づくまで10分ほど炒めます。
トマトを加え、さらにざっとつぶしながら混ぜます。
混ざってきたあたりに塩、バジルの葉を加え、さらに混ぜ、沸騰したらアクを
除いて中火で20~30分煮込みます。
粗熱をとってから、フードカッターでピューレ状にします。
(量がおおいときは数回に分けて行ってください。)
作ったトマトソースは密閉容器にいれて冷蔵庫で3~4日保存できますよ。
また、フリージングパックに入れて冷凍すれば1ヶ月くらいはもちます。
    • good
    • 2

調理用のトマトと、いうことで、トマトソースにするには、缶詰のトマトと同じように考えて大差ないのでは、と思いますが。


きっと、缶詰のものよりも風味がいいと思います。
あと、トマト料理かどうかわかりませんが、クッキングパパにレシピのあった、「ラタトォィユ」はいかがでしょうか?「文庫サイズ「荒岩流クッキングパパ第3巻203ページ」にレシピがあります。香辛料はパセリと生バジルを使いましたが、水を一滴も使わずに仕上げるもので、加熱用トマトのおいしさが楽しめると思います。
お役にたてばいいのですが
    • good
    • 0

私のお薦めはやっぱりミートソースですが、挽肉は好みで合い挽きでも豚挽き肉でもよいのですが500グラム


玉葱はみじん切りで500グラムこれを鍋に入れてかき混ぜて
炒めます。その後て゛湯むきしたトマトを1kg入れてコンソメにウスターソースと醤油 こしょう バジルなど好みで入れて煮込んで出来上がり分量もホントは適当でも大丈夫です。だだポイントは水を一切使わないことトマトと玉葱の水分だけで仕上げる事と味付け前にあく取りをこまめに行うことです。
    • good
    • 0

料理用の縦に長い硬いトマトですか?TVで観た方法ですが、先ずはナイフで皮を剥き、保存用(山菜などを入れる広口瓶)に詰めるだけ詰め、軽く蓋をして大鍋で30分煮ます。

火を止めて蓋をしっかり閉めると中の水蒸気が冷えて真空近い状態になります。これで準備OK。あとはトマトホール用のレシピに従って作るのはどうでしょう。

私ならトマトとひき肉と赤ワインを満遍なく混ぜてから火をつけて煮込みながらコンソメとバジルを味を見ながらいれていきます。出来たものはパンに乗せたり、パスタに混ぜて食べます。

また、薄く輪切りにした生のトマトをピザトーストに載せて焼くとどうでしょう。
    • good
    • 0

こんにちは。


うちでは、トマトを大量に頂いてもう生食ではちょっと柔らかすぎ・・って感じになったときに作るのですが、ずばり市販のミートソースに加えます!
にんにくのみじん切りをいため、香がでたら玉ねぎのみじん切り、それにひき肉をいためてしお、コショウをします。その後ミートソースの缶を開けていれて、ぶつ切りトマトも投入します。(手抜きなので湯剥きはしません。私は)あとはことこと煮込んで足りなければ塩、コショウをします。
調理用トマトということで、普通のトマトとは違うのかもしれませんので、もしあてはまらなかったらスミマセン。
でも味がだいたい決まっているので簡単で、しかもおいしいです。私はほかにしめじやグリンピースなどのあおい物も加えます。よろしければおためしください。
    • good
    • 0

トマトを熱湯に漬け即上げます。


皮を剥きます。(湯通ししたため、手で剥けます)
1/16位にザク切りします。
それをフライパンで熱します。
最初は弱火で、水分が出てきたら中火

↑をホールトマトと同じ様に使ってください。
    • good
    • 1

下記を参考にしてください。



イタリアトマトソースの作り方2種
http://www.it-nwks.co.jp/00052046.htm


トマトソースの作り方
http://www.junpei.net/bakno~07.htm

トマトソース
http://www1.plala.or.jp/ishihp/resipi070.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ