不妊治療をしています。病院の先生や一部の生命保険の方の話によると不妊症は「病気」ではないということですが、これは告知すべき「病気」に当てはまるのでしょうか?また、不妊治療が原因で入院した場合は保障されるのでしょうか?不妊症は病院にこそ通いますが特に生きていく上で妨げにはならないので、生命保険においてどのような扱いになっているのか知りたいです。どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



>告知すべき「病気」に当てはまるのでしょうか?

告知すべき「病気」に該当しますので、必ず告知をしてください。
しかし、告知したからと言って必ずしも保険契約上で問題になると言う訳ではありません。契約上問題になるかどうかは正式病名や通院状況、治療状況などによって違ってきます。
例えば不妊治療が子宮内膜炎など正式に病名が付くようなものであれば、子宮に関する病気を免責(対象外)にするなどの条件を付けた上での契約となるのが一般的です。当然、この場合は不妊治療の為の入院や、妊娠中、出産時などの入院、帝王切開などの手術についてもは免責となり保険給付の対象外となります。
ただし、この条件については出産後に外されるケースもあります。不妊治療は出産を目的とする治療であり、「出産=治療の完了」と考えられるからです。

なお、身体上全く問題が無く単に妊娠しずらだけであり、そのために通院などの場合は以上のような条件無しに契約できる場合もあります。

なお、詳細については各保険会社で若干異なるようですので、必ず事前に確認してください。

これは一つの目安なのですが、現在の治療は健康保険の対象となっていますか?それとも自費診療ですか?健康保険の対象となっているようであればたぶん正式病名があり、治療と判断されることが多いようです。

最後になりましたが、引受可否や条件などは各保険会社により異なりますので、まずは保険会社に事前審査(告知)を依頼してみては如何でしょうか。(通常費用は一切かかりません。)どのような条件になるか確認した上でご契約されることをお勧めいたします。

あ、言い忘れましたが不妊治療(子宮など)に関係ないケガや病気については通常通り保険金給付の対象となりますので、ご安心ください。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。いままで一辺倒な答えしか得られなかったので、この回答をいただいてすっきりしました。私の場合、健康保険の対象となってますのでとにかく入る前に保険会社へ確認することが必要ですね。現在、夫婦の10組または7組に1組はいわゆる不妊だといわれています。あまり表立って相談したり質問できないこともあるので、ネット上でe-papaさんのような的確な回答を待ってる人たちがきっといることと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え

満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え置きの形で預かってもらっています。金利がとても良いのでそのままにしておくつもりだったのですが、10月から何か規定の変更があったそうで”お勧めの商品”への乗換えを進められました。据え置きというのは預金のようなものだと思っていたのですが、違うのでしょうか?ほかに保険に加入しているのでこれ以上保険を増やすつもりも無いのですが?何かよいアドバイスをいただければ助かります。

Aベストアンサー

私は第一生命で?百万、満期過ぎて2年越えたものがありますが1年を超えたころから
手を変え品を変え、これを買えといろいろ宣伝に来るようになりました。
 最近保険が売れない上に回転資金が厳しいのでしょう。
 仕組み上保険商品はどの商品も最低3年以上置かないと定期預金より低いものばかりであるはずです。

 それを超えて使う見込みがない¥があるなら合う商品があるかも知れません。
 老後まで使う予定がない¥があるならいくつか銀行よりお得なものがあるはずです。
 ただ破綻騒ぎもあるますし、慎重に選択を。
 私は家を買う都合そろそろ引き戻します。

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q不妊治療と手術給付金

先日子宮内膜の厚みに異常がみられるために「子宮内膜剥離術」を行い、単純性子宮内膜増殖症に類似する病変が見つかりました。
加入している保険会社に問い合わせたところ、手術給付金の対象になるということなので、書類を揃え申請しました。
ところがここにきて、調査が入ることになってしまいました。

時を追って説明すると
15年前:子宮内膜症になり5年治療し完治
8年前:結婚
6年前:妊娠を希望するために、内膜症の定期健診もかね、薬物投与なしのタイミングをときどき診て貰うことに。不妊症とは確定していない。
5年前:保険を見直し、今の保険会社に入る。
4年前:ホルモン剤などを使う本格的不妊治療を始める。人工授精もする。
2年前:今の病院に転院。不妊治療および内膜の異常を指摘され体ガン検査をするが異常なし。
数ヶ月前:やはり内膜が気になるということで、内膜剥離術をする。

以上なのですが、5年前に保険に入ったときは、不妊症とは認識していなかったし、まだ定期的に通院しているわけではなかったので、告知書には子宮内膜症の治療歴だけを書きました。
ところが、今回、前の病院にまでさかのぼり調査するそうです。
私に何か、過失はあったでしょうか?
今回の給付金、および今後の婦人科系疾患の保険給付は受けられるでしょうか?

先日子宮内膜の厚みに異常がみられるために「子宮内膜剥離術」を行い、単純性子宮内膜増殖症に類似する病変が見つかりました。
加入している保険会社に問い合わせたところ、手術給付金の対象になるということなので、書類を揃え申請しました。
ところがここにきて、調査が入ることになってしまいました。

時を追って説明すると
15年前:子宮内膜症になり5年治療し完治
8年前:結婚
6年前:妊娠を希望するために、内膜症の定期健診もかね、薬物投与なしのタイミングをときどき診て貰うことに。不妊症...続きを読む

Aベストアンサー

5年前の保険加入時の告知に何かあったのでは?

その時点で過去5年間の病歴や治療歴などを調べるのだと思います。

例えば「6年前(告知日から一年前)の内膜症の定期検診を告知したか?」

>6年前:妊娠を希望するために、内膜症の定期健診もかね、
>まだ定期的に通院しているわけではなかったので、告知書には子宮内膜症の治療歴だけを書きました。

「6年前の内膜症の定期検診は」と
「まだ定期的に通院しているわけではなかったので」が矛盾しているような。

>不妊症とは確定していない。

本人が自覚して(確定)いないだけで、カルテには不妊症と書かれていたり、その検査をしていたりしなっかたか。

どちらにしても、6年前の事が過去から治療を続けていた事か、そうでないか?などとその他に履歴がないかを調べるのだと思います。

給付金が出るか出ないかはその審査しだいです。

Q不妊治療中の医療保険加入について

こんばんわ。
先月末から婦人科へ通院し(まだ2回です)不妊治療中のものです。
不妊治療は健康保険適用外と聞いていたので、病気とみなされない!と思い、
妊娠して帝王切開になったら困るので・・・という安易な考えで、保険会社に
資料請求をし、何社かに絞り、申し込み用紙の告知欄の記入方法について問合
せた所、現在も治療継続中の場合は、加入できませんと言われました。
正直子供が欲しいと思い、半年しても妊娠しなかったので、体の検査も兼ねて
不妊外来に通院することにしました。血液検査、子宮卵管造影検査をし、体は
特に問題なし。とりあえず、タイミング指導と生理の周期が長いので、排卵誘
発剤も今後は視野にいれて・・・という治療方針が決まりました。
私的には、生死に関わる病気という感覚はないのですが、(不妊治療で通院し
ている事で保険に入れないなら、病院に通院するのをやめようか?とも思い
ますが)今後一切医療保険に加入することはできないのでしょうか?
他の不妊関連サイトで同じ質問をした所、不妊治療中でも医療保険に加入でき
るという方もいました。
保険に詳しい方、または不妊治療中でも医療保険に加入できた方、いろいろと
教えて下さい。(できれば具体的に保険商品名など)
宜しくお願いします。

こんばんわ。
先月末から婦人科へ通院し(まだ2回です)不妊治療中のものです。
不妊治療は健康保険適用外と聞いていたので、病気とみなされない!と思い、
妊娠して帝王切開になったら困るので・・・という安易な考えで、保険会社に
資料請求をし、何社かに絞り、申し込み用紙の告知欄の記入方法について問合
せた所、現在も治療継続中の場合は、加入できませんと言われました。
正直子供が欲しいと思い、半年しても妊娠しなかったので、体の検査も兼ねて
不妊外来に通院することにしました。血液検査、...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
どなたも回答がされていないので、明確な回答が出来るかわかりませんが・・・
お役に立てば幸いと思い書き込みさせていただきます。

 まず、医療保険は生死の保険ではありません。入院の為の保険です。

 生死の確率と入院する確率どちらが高いかはお分かりですよね?

ですので、一般的に死亡保障重視の保険より、医療重視の保険の方が加入が難しいのです。

 入院する可能性が高ければ医療保険は加入できないか、または条件付の契約となります。

 通常、生命保険は出産なら入院給付金は下りないのですが、帝王切開など異常分娩は入院給付金がおります。

 誘発剤などで妊娠した場合、異常分娩が起こる可能性が多いと思われます。
 そうすると、普通に妊娠した方とは明らかに入院される確率が高くなりますので、保険会社としては保険を引き受けるべきではない、または、加入後何年間は妊娠に関する部分は不担保ということになるのです。

 保険会社の告知は過去5年間の健康状態をチェックしますので、
5年経過後何事もなければ、確実に保険には加入出来ます。
 また、言い換えれば、不妊治療で通院していた最終日から5年間ですね。

 但し、この健康状態のチェックは各保険会社、バラバラで、一律の規定はありません。
 チェックの厳しい会社もあれば、ゆるい会社もあります。

 体はなんとも無いから保険に入れないわけない!!とお思いでしょうが、
 少しでも危険率がある場合は、その限りではないのです。

 かくゆう私も、1年前の健康診断で、蛋白で引っかかり、1年後の健康診断まで経過観察との指摘をされたのですが、
「少し疲れがたまってて、たまたまひかかっただけだろう」と考えていました。
 ですが、そのことを告知したら、保険会社に加入を断られました。(特に病気にはなってません^^;)


 加入できる保険会社・・・絶対とは言えませんが、ソニー生命かなぁ・・・

では、お役に立つのかわかりませんが・・・頑張ってください。

こんばんは。
どなたも回答がされていないので、明確な回答が出来るかわかりませんが・・・
お役に立てば幸いと思い書き込みさせていただきます。

 まず、医療保険は生死の保険ではありません。入院の為の保険です。

 生死の確率と入院する確率どちらが高いかはお分かりですよね?

ですので、一般的に死亡保障重視の保険より、医療重視の保険の方が加入が難しいのです。

 入院する可能性が高ければ医療保険は加入できないか、または条件付の契約となります。

 通常、生命保険は出産なら入院給...続きを読む

Q不妊治療中で子宮筋腫に乳腺症でも保険に入りたい

30代の主婦で、現在不妊治療中です。
子宮筋腫があり経過観察中ですが不妊原因というわけではなく、原因は不明です。
今年の春の健康診断で乳腺症とも診断されてしまいました。

子供が欲しいのに保険に入っていなかったなど、お恥ずかしいのですが、
某通販保険に仮申し込みをした所、
女性特約は×、子宮に関して不担保となるとの事で他の保険会社もあわせ検討中です。

子宮が不担保になるという事は、例えば
妊娠できても切迫流産や妊娠中毒症などで入院した場合も保険が下りないという事でしょうか?
妊娠に備えて保険に入ろうとしたので大変ショックです。

不妊治療中な事は告知しなかったのですが、
gooで勉強したらこれも告知義務があるのですね。
あやうく告知違反になるところでした。

不担保は仕方ないので保険に入りたいのですが、
どのような保険が比較的はいりやすいのでしょうか?
県民共済とかのが緩いような気もしますが・・・

Aベストアンサー

#1です。

>通販ではなく、告知の際担当者がつく保険とは昔からある大手保険会社という事でしょうか?

もちろんそうですが、例えば通販で有名なアリコさんも、面談希望!と言えば、担当者が来てくれます。(但し、通販商品と面談商品は異なるみたいですが。)
アフラックさんも、コールセンターに、面談希望と言えば誰か来てくれます。そのほかでも、コールセンターに面談希望!と言えば来てくれるでしょう。

いずれにせよ、”黙っておけば大丈夫!”とか、”2年バレなきゃ大丈夫”とかいう担当者だったら追い返してください。

>一般的に考えて、県民共済などは保証が手薄なのでしょうか?

いやいや、割安で保障は充実です。割戻金で、戻ってくるお金もあります。
ただし、65歳を過ぎると、保障が薄くなるので、併行して、終身医療保険は加入しておく方が良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報