人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

家庭用の体重計で計る体脂肪率はあてにしてはならないとよく聞きますが、例えば朝は23%で夜は20%という数値が毎日出ていれば、自分は大体20から23%くらいなのかーと思っていいのでしょうか?それとも数値がそもそもでたらめなのでしょうか?

A 回答 (5件)

あてにはならないけど、目安にはなる。



…これで良いんじゃないかな?
    • good
    • 0

そもそも、朝と夜とでは体脂肪率は変わりますよ。


そもそも家庭用体重計の計測方法は生体インピーダンス法で行われます、これは体に微細な電気を流し、その抵抗がどれくらいあるか?ということで測定するものとなります。
電気信号で動く筋肉は電気が流れやすく、一方の脂肪細胞は水分をあまり含まない性質があるため電気の流れが悪い特性があります。つまり『体脂肪の多い人は電気が流れにくい=抵抗が大きい』となりこれを使っています。
ところが体内の水分量は1日の間に変化しており、起きてすぐと言うのは汗はかくけど水分を摂取はしないので最も水分が少なくなり、そして結果として、朝に測定した体脂肪率は『抵抗が大きい=脂肪が多い』として評価されてしまうのです。
「でたらめ」なのではなく、それが正しい数値のです。
これを「でたらめ」にしてしまうのは使い方が間違っているからで、一定の条件下(決まった時間・行動後など)で定期的に計測すればよいだけで、条件がバラバラに図るから「でたらめ」に感じてしまうだけなのです。
人の水分は起床後ちょっと経ってからが一番安定しているので、例えば6時に起床後トイレに行く前に測ると言う様に決めて毎日測ってみてください。で、判断は長期サイクル(1か月程度)での増減を見てください。
1日単位で見るのはナンセンスですし、朝夜で比較するのもナンセンスです。
    • good
    • 0

体重、(入力した)身長、および体がどれだけ電気を通すか、によってその値の人間の体脂肪率の平均値を出す仕組みです。

 お風呂に入った後などは皮膚が水分を含み電気を通しやすい、乾燥している日は電気を通しにくい、などの誤差があるため、毎日朝起きた後とか、決まった時間に計り、長期にわたって(数か月の)変動を観察するというような使い方がおすすめです。 一日一日の結果で一喜一憂するものではありません。
    • good
    • 0

全然デタラメというわけではないです。



でも、体脂肪率は3~5%くらいは余裕で誤差の範囲内です。
とくに短期間の変動は常にあります。
スポーツジムにある体組成計でも同じです。
体脂肪を直接計量するのではなく、体内の水分量などから推量するだけです。

だから、大体の目安ととらえていればいいです。

変動幅が1年前は20~23くらいの範囲だったのに、この半年間ずっと23~27くらいになっていたら、この1年で3%くらい増えたのかな、というとらえ方をすれば、そんなに的外れではないと思います。
    • good
    • 0

自分の身長とか体重とかで計算してるやつなので本当の体脂肪率は筋肉量とかで全然変わってきます。

同じ身長ぐらいで同じぐらいの体重でも筋肉質なのにもう1人はむっちゃ太ってるとかもありますので自分が痩せているぐらいならそのぐらいかと思っていいかもしれませんが隠れ肥満とかもありますので病院で検査するのをオススメします
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング