忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

鹿おどしは単純でゆるやかなリズムが無限に繰り返され「流れるもの」を感じさせている。対して噴水は壮大な水の造形であり東西の二つは「時間的な水」「空間的な水」と対比されている。
日本人は自然に流れる形を好む。形なきものを恐れない感性を持っているからだ。日本人は自然に流れる水を鹿おどしの音の間のリズムとして感じ取った。鹿おどしは水と離れた所で鑑賞する日本人に最高の仕掛けである。
水の東西の要約としてどうですか

A 回答 (3件)

形なきものを恐れない感性、水と離れた所で水を感じる、というあたりは日本人の水感覚です。

西洋のはどのように表現されていますか?常に対比を効かせて表現すべきですね。水ひとつにも東西の感覚の違いが表現される、という骨格を忘れないことだと思います。
    • good
    • 0

ん~。



取って付けたんだろッ!

生活実感が無いッ!
    • good
    • 2

鹿威しの作られた目的って知っている?


噴水の発祥の地って知っている?
西洋と東洋の違いから取り上げたほうが 楽しいかもしれない
ここには 鹿威しの事しか書かれてないよ
流れるものを感じさせるものとして他にはないの
音の説明と水って どこで結ばれているの
鹿威しを知らない人にもわかりやすく伝えないと 意味が通じないよ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング