ご存知の方がいらしたら教えてください。
「世帯主」と「相続人」は一緒でなくては
 いけないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 「世帯主」とは、世帯を主宰する人で役所に届け出ることにより変更できます。

「世帯主」になって、欲しい旨言われたのでしたら、家を継いで欲しいという意味でしょう。「世帯主」と「相続人」とは、全く違う観念です。「相続人」は遺言がなければ、誰がなるか、割合はいくらであるかは法定されており、遺言があれば、それに従がうことになり、「世帯主」とは関係ありません。しかし、妻ならびに子供は法定された半分までは、遺言があっても、持分を主張できます。これを遺留分といいます。お父さんは、家を継いでくれれば、全財産をあなたに譲ることをいったのだと思いますが、そのような遺言を残されても、お母さんや兄弟は遺留分がありますので、納得できなければ、その部分は修正されます。また、遺言には、法律で決められた書式があり、それに該当しないものは無効になります。遺言については下のURL参照願います。

参考URL:http://home.att.ne.jp/sun/FTO-saibara/yuigonsusu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「世帯主」・「相続人」についての違いがわかりました。
わかった分不安にもなりましたが、
少し考えて父にも返事をしたいと思います。

お礼日時:2001/08/14 00:00

補足説明、ありがとうございます。



「世帯主と相続人になって欲しい」ということは、お父さんに「家を継いで欲しい」と言われたわけですね。
世帯主にならなくても、お父さんが遺言状を書くことで、kano3さんが全ての相続人になれます。
住民票は、世帯についての把握だけで、相続とは一切関係ないと言ってもいいと思います。
相続の詳しいことについては、すでにNo.2でshoyosiさんが答えてくださっているのでそちらを参考になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
わかった分、不安もあり「どうしようか・・・」と
真剣に考えております。
よく考えて父に返事をしたいと思います。

お礼日時:2001/08/14 00:04

住民票上の「世帯主」とその世帯に住む人と、法定相続人とは必ずしも一致するものではありません。


同じ世帯に住む人が、戸籍上の法定相続関係にない場合もあるからです。

質問があまりにも漠然としているので、世帯主と相続人の関係(誰のものを誰が相続を受けるのかorしたいのか)が、質問からは分かりませんので、もうちょっと詳しいことを教えていただければ、答えやすいと思います。

この回答への補足

早速の御回答ありがとうございます。
上手く説明できているか不安ですが・・・
父の病気の為、実家に帰ることになりました。
実家は農業を営んでおります。
父(現 世帯主)からは私(長男)に
「世帯主」と「相続人」になって欲しいと言われました。
「世帯主になるからには全財産(家・土地)を相続しても らう」と言う事らしいのですが、法律に詳しくないので
どう言う事か良くわかりません。
「世帯主」・「相続人」とは一体どう言うものなのでしょうか?

補足日時:2001/08/13 01:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民票の「世帯主」と相続財産上の権利義務について

住民票の「世帯主」と相続財産上の権利義務について
世帯主は同じ住所地の生計を共にする物の形式的な代表者を位置づけるものであって、成年後見人や任意後見人とは全く違うということを聞いていますが、相続財産上の影響は全く考えないで良いものですか。長男が世帯主に登録したばっかりに、母親の身辺整理を背負わされるとか・・・。
そこで質問ですが、長男が親で年金だけの80歳の高齢者を迎い入れる場合の取り扱いについて教えてください。
母親は父が生存のときは、戸籍も住所世帯も長男とは別々でした。父の死去を機会に住所だけを長男宅へ移動したのですが住所の登録には、(1)長男を世帯主に母親を組み入れる方法と、(2)住所は同じで母親を単独に別の世帯主で住民登録をする方法があるそうで、どこがどう違うのかわからずに迷っています。
この(1)の場合と(2)の場合とでは、特に相続財産上の法的義務・責任はどのように違いますか。母親には長男のほかに子供が3名です。(長男と母親の戸籍は別々です)

Aベストアンサー

相続に関しては、「住民票の世帯主が誰であるか?」という事は全く関係ありません。
また、権利について、誰が世帯主であろうと、子供である以上、親の財産の相続権は有りますし、
同じく、誰が世帯主であろうと、子供である以上、親の面倒をみる義務も有ります。
この権利について放棄する事は出来ますが、義務については放棄する(拒否する)事は出来ません。
ただ、子供さん4人の間において、話し合いによりその度合いが変わるだけです。
・・・・・
住民票の世帯主の違いで変わってくるのは、健康保険の掛け金と、国税・地方税です。
質問者さんは、どの様な健康保険に加入されておられますか。
・国民健康保険なら、所帯割、人数割、所得金額割、とあり、同一所帯なら、人数割と所得割が増えるだけです。
質問者さんの所得割がすでに限度なら、人数割で1名分増えるだけです。
・所帯を分ければ、当然、所帯割、人数割、所得金額割全て必要となります。
・社会保険なら、年金収入額にもよりますが、母親が子供と同居した場合、年金の額が少なければ子供の扶養家族になって、当然健康保険も子供の保険に入る事になるのが普通です。
・そうせずに、母親だけの住民票を作ると、子供の扶養家族ではなく、母が所帯主となるので、母は別途国民健康保険に加入する必要があります。
したがって、健康保険の掛け金が、その分余計に必要となります。

・また、国税・地方税については、母を扶養家族に出来るのにしなかった場合、扶養控除が受けれませんので、その分税額が減額されません。
・・・・・
戸籍について、昔(戦前)の制度は、「家」というものを大事にしていましたから、戸主という者がいて、兄弟や子供が分家するまでは、その家族は全て同じ戸籍に名を連ねていました。
しかし、戦後、新戸籍制度になってからは、子供が結婚すると、親の戸籍から離れて新しい戸籍を作成する事になりました。
よって、質問者さんとお母さんの戸籍が別々であるのが当然なのです。

相続に関しては、「住民票の世帯主が誰であるか?」という事は全く関係ありません。
また、権利について、誰が世帯主であろうと、子供である以上、親の財産の相続権は有りますし、
同じく、誰が世帯主であろうと、子供である以上、親の面倒をみる義務も有ります。
この権利について放棄する事は出来ますが、義務については放棄する(拒否する)事は出来ません。
ただ、子供さん4人の間において、話し合いによりその度合いが変わるだけです。
・・・・・
住民票の世帯主の違いで変わってくるのは、健康保険の掛け...続きを読む

Q世帯主になっていて不利な事はありますか?夫が外国人の為私が世帯主です

夫は税金等の未納があり、 きっちり支払いをする気もないようです
私が世帯主なので 私にのちのち支払い義務が発生したりしないか とても心配です 世帯主であるという事で支払い義務が発生したりすることはないでしょうか? またそのほか 世帯主であるが為責任を被るような事はありませんか?

Aベストアンサー

責任を被るというのが釈然としませんが、
国民健康保険料は(税)は世帯主に対して保険料納付書が送付されますし、
国民年金は外国人であれ、日本居住者は1号被保険者なので、
法88条により
世帯主は、その世帯に属する被保険者の保険料を連帯して納付する義務を負う。

配偶者の一方は、被保険者たる他方の保険料を連帯して納付する義務を負う。

ことになります。

Q「世帯主」の位置つけ「生計を共にする」についての質問です。

「世帯主」の位置つけ「生計を共にする」についての質問です。

同じ住所に同居していて生計を共にしているものが同一世帯を構成できるといい、同一世帯を構成できる者には世帯主を1にした傘下の世帯人になれ、また、別々の世帯主を構成することができる。同じ住所でも生計が別々に独立している下宿人や単純な同居人は同一世帯に該当しない。
それで、「生計を共にする」とは法律的にはどのような範囲までを生計を共にしていると解釈されるのですか。
家族で父母と教育期の子供は当然だろうと思います。子供が成人して結婚して別戸籍を新調し戸籍筆頭者が別々になっても同じ住所地に住んで、生活費が混同しておれば同一世帯と見なされるものですか。
そのような場合でも、子供を世帯主にした別個の世帯を構成することは可能であると聞いています。

Aベストアンサー

>同じ住所に同居していて生計を共にしているものが同一世帯を構成できるといい、同一世帯を構成できる者には世帯主を1にした傘下の世帯人になれ、また、別々の世帯主を構成することができる。同じ住所でも生計が別々に独立している下宿人や単純な同居人は同一世帯に該当しない。…

それはどこに書いてあったのですか。
あなたがそう思っただけですか。

>それで、「生計を共にする」とは法律的にはどのような範囲までを生計を共にしていると…

何の法律でですか。

>子供が成人して結婚して別戸籍を新調し戸籍筆頭者が別々になっても同じ住所地に住んで、生活費が混同しておれば同一世帯と見なされ…

「世帯」とは、住民票で出てくる言葉であり、戸籍とは関係ありません。
結婚した子供夫婦が親と同一の住民登録をし、同一世帯とすることは差し支えありませんし、その場合に生計が一である必用もありません。

逆に、同一住まいであっても、親世帯と子世帯とで住民票を分けることもできます。

----------------------------------------

「生計を一にする」とは税法で出てくる言葉で、戸籍や住民票とは関係ありません。
日常の生活費を一つの財布でまかなっていることが「生計が一」です。

住民登録は一つでも、親が 1階、子が 2階に住み、食糧代や電気ガスなどをそれぞれ別々に払っていれば「生計が一」ではありません。

逆に、親子が離れて暮らしていても、子が親の生活費を負担し、週末ごとに会っていたりするなら「生計が一」と見なされます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm#q1

----------------------------------------

「同一世帯」イコール「生計が一」ではないのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>同じ住所に同居していて生計を共にしているものが同一世帯を構成できるといい、同一世帯を構成できる者には世帯主を1にした傘下の世帯人になれ、また、別々の世帯主を構成することができる。同じ住所でも生計が別々に独立している下宿人や単純な同居人は同一世帯に該当しない。…

それはどこに書いてあったのですか。
あなたがそう思っただけですか。

>それで、「生計を共にする」とは法律的にはどのような範囲までを生計を共にしていると…

何の法律でですか。

>子供が成人して結婚して別戸籍を新調し戸籍...続きを読む

Q「世帯主」という意味合いについて

今、子供と2人で暮らしています。夫とは別居中です。
夫は住民票を移しておらず、離婚にはまだ至っていないので、
一応「世帯主」という名目のままで、私と子供が住んでる家(一軒家)の名義も夫のまま、家のローンも向こうが払っています。・・・とはいえ、夫は今まで
転職ばかり繰り返していて、ロクに金の無い男で、家のローンも滞りがちです。
夫に住民票を移させたら、この家の「世帯主」って私になりますよね?
そうなるとローンの返済とかも私が支払う義務になってしまうんでしょうか?
あと色々な公共料金の名義も夫の名前のままですが、私の名義に変えた方がいいのでしょうか?
夫が住民票を移すこと(私が世帯主になること)でのメリット、デメリットが何か他にもあったら教えて下さい。
ちなみに今現在私には収入がありません・・ので、正直憎ったらしい夫の「とばっちり」を被りたくないのです。

長文失礼しました。。。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

「世帯主」と住宅ローンの返済義務は、直接は関係ありません。
住宅ローンのある家に住んでいて、そこの「世帯主」になったからと言って、以前の世帯主に代わって「住宅ローンの債務者(住宅ローンの借入名義人)」になる…ということもありません。

ただ、銀行等との契約によっては、債務者が、住宅ローンの対象住宅に【実際に居住】していないと、「契約条項違反」となり、一括返済を求められることがありますので、十分に注意してください。
住民票の問題ではなく、【実際に居住】が問題なんです。
契約内容によっては、仕事の都合による単身赴任であっても、銀行に届け出なければならないので。

住宅ローンの返済が滞れば、そのうちに銀行が『実状を調査』しに来ますよ。
その時に、銀行は債務者である夫との面談を求めますので、家に居てもらわないとちょっとヤバいかもしれません。

ただ、住宅ローンは『契約』によって成り立っているので、その『契約』の内容がはっきりと分からないと、ご質問者さまに返済の義務があるかどうかはお答えできません。
『金銭消費貸借契約証書』はどうなっていますか?
ご質問者さまが『連帯保証人』になったりはしていませんか?
銀行によっては、夫が債務者になる場合、妻を『連帯保証人』に徴求することも多いんです。
また、登記上、土地や家が夫と妻の「共有」になっていると、住宅ローンを借りなくても『連帯保証人』にならなければいけないこともあるので。
『連帯保証人』ですと、ご質問者さまにも返済の義務があります。
年収がなくても、『連帯保証人』になることはあるんですよ。

また、ご質問者さまに収入がないとすると、銀行は、債務者の変更には応じないと思いますので、結果的に、その家を売って住宅ローンを一括返済しなければならない…ということも考えられます。

一度、『金銭消費貸借契約証書』を探し出して、内容を隅から隅まで読んでみてください。

住宅ローン審査経験者です。

「世帯主」と住宅ローンの返済義務は、直接は関係ありません。
住宅ローンのある家に住んでいて、そこの「世帯主」になったからと言って、以前の世帯主に代わって「住宅ローンの債務者(住宅ローンの借入名義人)」になる…ということもありません。

ただ、銀行等との契約によっては、債務者が、住宅ローンの対象住宅に【実際に居住】していないと、「契約条項違反」となり、一括返済を求められることがありますので、十分に注意してください。
住民票の問題ではなく、【実際に...続きを読む

Q世帯主亡き後の住居は、何か遺産相続等の手続き必要か

世帯主が亡くなった場合、遺産相続などの手続きをしなければいけないのでしょうか。今現在の住居は一戸建て。 世帯主6割、配偶者1割、息子3割の構成で住居を所有しております。世帯主亡き後の家族構成は配偶者1名と子供が3名という構成です。
世帯主死去により、住居に関し、然るべき手続き等あるのでしょうか。
(住居の所有者から世帯主を省く手続きが必要なのでしょうか)
また世帯主省いた場合の住居の所有率6割はどういう割合で振り分けられるのでしょうか。その際、家屋に対して、遺産相続というものは発生するのでしょうか。(家屋は、4千万円くらいの住居だと思います。
参考意見、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

遺産がその4,000万円程度でしたら、相続税は発生しないので、何も手続きは不要です。
あと、法定相続の割合は、配偶者が二分の一。残りを子供の人数で均等割りです。
でも、相続人での話し合いで、相続割合は自由に出来ますので、その6割をすべて配偶者とか、すべて長男とかにするのは、可能です。

あと、名義を変える場合は、法務局に申請するのですが、申請時に発生するお金は、登録免許税です。
それで、それがいくらなのかは、固定資産の評価額(市役所で入手します)の0.4%と決まっています。
質問者様に当てはめると、土地+家=4,000万が市場価値だとすると、固定資産の評価額は、少し低い場合が多いので、仮にその額を3,500万とします。
それで今回全体の6割の変更ですから、3,500万×0.6=2,100万
2,100万×0.4%=8.4万円となります。(仮定の数字ですから、ある程度は、上下します)
あと、手続きを司法書士に頼めば、別途5万~15万程度必要になると思います。(どこまで代行してもらうか、また、頼む司法書士により、価格の変動幅が大きい)
あと、相続登記は、期限はありません。ですから、固定資産税をちゃんと誰かが支払っていれば、特段問題ありません。
ですから、質問文からすると、法定相続割合で登記したいような文面に取れますが、そうであるのならば、急いでやられてもあまり意味が無いです。
万が一今後、配偶者が亡くなった場合、同じような事になってしまいますので、最終的には、名義は一人になるように考慮しないと、揉め事の先送りにしかなりません。
ですから、今回、相続人を絞るような登記が出来れば、それは実行された方が良いです。
いつまでも、ほったらかしにしておくと、相続の度に、相続人(共有持分者)が増えて、いざ処分等しようにも、意見が纏まらない事はよく有ります。

遺産がその4,000万円程度でしたら、相続税は発生しないので、何も手続きは不要です。
あと、法定相続の割合は、配偶者が二分の一。残りを子供の人数で均等割りです。
でも、相続人での話し合いで、相続割合は自由に出来ますので、その6割をすべて配偶者とか、すべて長男とかにするのは、可能です。

あと、名義を変える場合は、法務局に申請するのですが、申請時に発生するお金は、登録免許税です。
それで、それがいくらなのかは、固定資産の評価額(市役所で入手します)の0.4%と決まっています。
質問者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報