中小企業の働き方改革をサポート>>

たとえば、運動エネルギーの「K=(1/2)mv^2」なら、
「K」は「kinetic energy」、「m」は「mass」、「v」は「velocity」ですよね?

それでは、位置エネルギーの「U=mgh」なら、
「m」は「mass」、「g」は「gravity」、「h」は「height」なのは想像がつくのですが、「U」は何なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

何なんでしょうね.いろいろ調べてみましたが,由来の載っているページはなく自分なりに仮説を考えてみました.



仮説1:potentialの「P」を使おうとしたが、Pは圧力で使うから×.次の「Q」は電気量で使っているから×.「R」は抵抗で使うから×.「S」はキャパシタ(コンデンサ)の面積や張力で使うから×.「T」は張力や絶対温度で使うから×.結局残った使えるアルファベットは「U」になった.
仮説2:バネの位置エネルギーU=(1/2)kx^2のグラフを描くとU字型になるからそれからとった.

世界中を探せば由来をご存知の方がおられるかもしれませんが….そもそもこの記号を使い始めたのはいつ頃なのでしょうかね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
仮説2が気に入りました。意外とそうだったりして。^^

お礼日時:2005/01/28 15:40

 


 
 旧大陸のローマ帝国直系圏で U や W は V から派生したもの同根です。ハミルトンのH=T+VのVは ライプニツが表した「活力」と翻訳されてる vis viva や vis motrix などの一つだったような。運動エネ Knietische Energie の方は、力が Kraft なので Kを避けてTに。Tが何だったか忘れました(教わらなかったような記憶も)。
 で、質問の方は;
速度を Velocity のVで表記してる文脈にポテンシャルエネ(重力に限らず電位とか)を導入するとき、Vを同根のUで代用します。これは向こうの文化圏では日常的な習慣のようです。たとえばWダブリュはダブルVと書いてダブルUと読む。
(日本の教育もこんな土着臭いのを教えて欲しいですね。インターネットで検索すれば豊富にあります、たとえば;
http://www.theken.org/viewquestion?questionID=1073

 以上、記憶だけで書いたのでハズしてるかも知れません。
PS:
Velocityの由来は「すばやく移動する」という意味のギリシア語。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そう言えば、大学時代に使っていた流体力学の本で、
流速を「v」ではなく「u」を使っている本があったような気がします。

お礼日時:2005/01/28 15:43

分からないので、想像ですが。

。。
単語の略ではなく、位置エネルギーのイメージから使われるようになったのではないでしょうか。
摩擦や空気抵抗などがなければ、すり鉢状の器にボールを転がすと、反対側の同じ高さに上がり、そのときの軌跡が「U」に見えるから。
もしくは、昔の実験器具がU字型だったから。

有名なのに、意味がわからないと気持ち悪いですね。^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよ、知っていなくても問題ないのですが、
気になると、気持ち悪いですよねぇ・・・。^^;

お礼日時:2005/01/28 15:41

わかりませんね。



私が大学の統計力学の授業で扱った
ポテンシャルエネルギーでは、Vを使用しました。

ハミルトン関数Hというのがあり、
H=K+V と書きます。

まあ、深い意味は無いと思います。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実は私、学校の先生をしておりまして、
文字の意味を教えれば生徒たちも文字を覚えやすいかなぁって思い、
調べているんですが、なかなか難しいですね。^^:

お礼日時:2005/01/28 15:38

Potential自体がドイツ語なので


Uボートじゃないかと思ったら、
「DAS」でした。^^;

潜在的なエネルギー
こちら方面からやっつけるしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
Potentialってドイツ語なんですね、知りませんでした。^^

お礼日時:2005/01/28 15:37

参考に


「U」は何なのでしょうか?
Uは、単なる記号ですね。
位置エネルギーは、Gravitational Potential Energy ですから、意味の有る記号ならPE=mgh とするべきなんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうなんですよ。何か意味があるのかなぁ・・・って思い出したら、
知りたくて知りたくて仕方なくなってしまったんですよぉ^^;

お礼日時:2005/01/28 15:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物理、数学で使う文字は、何の頭文字?

高校~大学2年ぐらいの物理、数学で使用する定数、変数などの
文字(シンボル)が、何の頭文字であるかを調べています。

下記で?印のところについてご存じの方がいらっしゃいましたら、
教えてください。
1つだけでもよいのでお願いいたします。
あるいは、
?印がないところでも私の推測が入っていますので、
誤記がありましたら、指摘していただけますと幸いです。

なお、
ある程度ご回答が揃った時点で、いったん締め切って、
残った不明部分だけで再質問する予定です。


----------------
自然数m、n、N natural number (mは単にnの隣の文字)
定数a、b、c 特に理由無し
未知数x、y、z デカルトが最初に使用
 http://members.aol.com/jeff570/variables.html
関数記号f、g function(gは単にfの隣)
ルート記号√  root の r の変形
原点O origin
点P、Q point (Qは単にPの隣の文字)
角度θ ???
円周率π ギリシャ語のπεριφερηζ
 http://www.core.kochi-tech.ac.jp/m_inoue/work/pdf/2003/syokyu01/works01.pdf
 おそらく英語の peripheral(周囲の)と同語源
半径r radius
直径R ???
高さh hight
面積、断面積、底面積S square (measure)? section? superfical measure?
 http://eow.alc.co.jp/%e9%9d%a2%e7%a9%8d/UTF-8/
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1777725.html
体積V volume
ネイピア数e Euler (exponential は違いますよね?)
虚数単位i imaginary number
微小量Δ differntial
微分記号d 同上
偏微分記号∂ 同上
数列の和Σ sum, summation
積分記号∫ 同上(sを変形)
積分定数C constant
---
質量m mass
時刻(時間)t time
時定数τ time
位置(変位、距離)x 数学のxに同じ
解析力学の位置(変位、距離)q ???
速度v velocity
角速度ω ???(もしかして orbital ?)
加速度a acceleration
角加速度α 同上
力F force
力のモーメントN ???
慣性モーメントI inertia moment
運動量p ???
エネルギーE energy
位置エネルギーU ???
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1188908.html
仕事W work
仕事率P power
万有引力定数G gravitation
重力加速度g gravity
電流i intensity (of current)
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa184974.html
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1396008.html
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa279865.html
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa191021.html
電荷Q、q quantity of electricity
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa978799.html
電圧V voltage
電圧E electricity ? energy of potential ?
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1396008.html
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa279865.html
容量C capacitance
抵抗R resistance
インダクタンスL Lenz
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa181213.html
電界E electric field
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3071625.html
磁界B Biot
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3071625.html
電束D electric displacement field
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3071625.html
磁束H Henry
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3071625.html
電流密度J ???
誘電率ε electric ?
透磁率μ magnetic permeability
光速c constant
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2157895.html
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa509499.html
光の周波数ν もしかして wave number の n ?
波長λ length
屈折率n ???
プランク定数h ???
周波数f frequency
波動関数φ ???(もしかして function ? phase ?)
アボガドロ数NA Avogadro's number
気体定数R ???
ボルツマン定数k ???
温度T temperature
圧力P pressure
単振動の定数J(ばね定数)k ???
密度ρ ???
効率η efficiency
単位面積当り照射量φ fluence
原子番号Z ???
質量数A atomic mass number ?

高校~大学2年ぐらいの物理、数学で使用する定数、変数などの
文字(シンボル)が、何の頭文字であるかを調べています。

下記で?印のところについてご存じの方がいらっしゃいましたら、
教えてください。
1つだけでもよいのでお願いいたします。
あるいは、
?印がないところでも私の推測が入っていますので、
誤記がありましたら、指摘していただけますと幸いです。

なお、
ある程度ご回答が揃った時点で、いったん締め切って、
残った不明部分だけで再質問する予定です。


---------------...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

「eがEulerの頭文字」という説が検索でいくら多くても、自分で原典を調べていない孫引きがほとんどでしょう。

先の回答欄では、オリジナルには、こうではないかと、初めて使われた年まで示して紹介した次第です。(Eulerの論文は和訳も幾つかありますので、御自身で原典を検索して、使われている文脈を確かめてみてください。)

「eがEulerの頭文字」という説があることは否定しませんが、勿論、これは後代の人達がEulerに敬意を表して表現したものです。
しかしながら、初めてeを使い始めたEulerが自身の名前の頭文字を採用した、なんて理解をしたら、かえってEulerを贔屓の引き倒しにするような話になりますね。

以上、事情は理解して頂けたでしょうか?

Q位置エネルギー U

運動エネルギー(kinetic energy)はKと表されています。
位置エネルギー(potential energy)はどうしてUなのですか?
本屋で物理の参考書等を何冊か立ち読みしたのですが、
そのうちのいくつかには、位置エネルギー(ポテンシャルエネルギーとも表す)
という記述もありました。
ではUはどこから現れたのですか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
こういう答えが答えになるのかどうか知りませんが、私見では、Uは形がVと似ており、また、特に、この文字には、他に重要な用例がないからではないかと思います。あるページでは「電気ポテンシャル・エネルギーをU」、「電気ポテンシャルをV」で示していました。

「科学者に尋ねる」という質問のページがあり(以下の参考URL)、そこで、16歳の学生が、何故、ポテンシャル・エネルギーを「U」で表すのか、クラスで疑問になっていると述べています。

----------------------------------------------------------

学生は、ポテンシャル・エネルギーだから、「P」が相応しいと考えたようですが、彼の質問では、「P」は電力で、「p」は運動量に使われている。そこで、「U」を使ったのだと思うが、何語での省略なのか、また、何の省略が「U」なのか、と尋ねています。

回答者は、Vince Calder という名の多分「科学者」なのでしょうが、簡単に要約すると、次のように述べています:

しばしば物理学や化学や数学や、その他の科学分野で使われている記号には、「固有の意味」がないものがたくさんある。

例えば、「p」や「P」は、圧力でも使われ、燐の元素記号でもある。「T」は力学的エネルギーに使われ、「U」の代わりに「V」がポテンシャル・エネルギーに使われる。

科学論文などにおいては、著者が、その記号の定義を示すものである。また文脈からも、明らかであることが多い。

----------------------------------------------------------

Uは、ドイツ語の何かの語の略ではないかと思ったのですが、よく分かりません。略語辞典では、Uは、intrinsic energy つまり「固有エネルギー・内部エネルギー」だと出てきますが、物理などの記号には、intrinsic meaning は「ない」と上の回答は述べています。

この「回答」は、「ニュートン」の回答で、下のURLにあるよう、gov ですから、政府機関です。Uに何か特別な意味があるなら、こういう説もある、というのも出てきそうですが、それもないので、固有の意味はないのだということになります。

ただ、Vと似ているのでかも知れません(VとUは、古典ラテン語では同じ文字です。電圧のVに合わせて、Uにしたのかも知れません。Wはエネルギーの記号です)。また、開いた記号が、あまりなかったので、Uにしたのかも知れません。

>Energy Related Variables
>http://newton.dep.anl.gov/askasci/phy00/phy00458.htm
 

 
こういう答えが答えになるのかどうか知りませんが、私見では、Uは形がVと似ており、また、特に、この文字には、他に重要な用例がないからではないかと思います。あるページでは「電気ポテンシャル・エネルギーをU」、「電気ポテンシャルをV」で示していました。

「科学者に尋ねる」という質問のページがあり(以下の参考URL)、そこで、16歳の学生が、何故、ポテンシャル・エネルギーを「U」で表すのか、クラスで疑問になっていると述べています。

-----------------------------------------...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報