かつて我が家には外付けスピーカー付の大きなテレビがありました。
ずっと昔にテレビ本体はお役御免になっていたのですが、
最近になってなぜか保存されていたスピーカーを物置から発掘しました。
で、家のコンポにつないで聴いてみたんですが、
これがまた、すごく音がいい(と私は思った)。
せっかくあるので遊ばせておくのももったいないということで、
せっかくだから車につけてみようかと思い立ちました。

さっそくカー用品店に行って、付くかどうか聞いてみたところ、
「オーム数が違うので付けられない」と断わられました。
普通カーオーディオのスピーカーは4Ωだと思いますが、
そのスピーカーは8Ωだったのです。
どれだけ食い下がっても、「オーム数が違うから」の一点張りでした。

オーディオに関してはまったくの素人である私が思うに、
スピーカのインピーダンスが大きくなっても出力が下がるだけで
取り付けることは自体は可能だと思うんですが、
カーオーディオの故障の原因となるなど、
何か不都合があるためにどうしても付けられないものなのでしょうか?

ちなみに、そのスピーカは定格25Wとありましたが、
25Wのスピーカは自動車用でもいくつも見たことがありますので、
出力に関しては問題ないと思います。

ちょっとわがままっぽい質問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

インピーダンス(オーム数)は、カーオーディオ側が4Ωで設計されているのに対して、スピーカーが8Ωと高いので、一定ボリューム時に流れる電流の量が半分になりこの結果少し小さな音になります。

(音量は1/2にはなりません)
その分ボリュームを上げて聞けばよいだけのことなので、問題なく使用できるかと思います。(逆の場合は電流が設計以上に流れて危険な場合がある)
あくまでカーオーディオの設計上のフルパワーが出せないだけの問題で、大音量を楽しむ目的でなければ問題は無いでしょう。
ただ、家庭用製品は車載用製品ほどは耐熱性を考慮していないので、夏場に車内の温度が上がった時に変形する可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。

>問題なく使用できるかと思います。

こういっていただけると心強いです。
ただ、やはり他の方からもご指摘いただいていますように、
耐熱性等の不安は拭い去れませんので、
もうちょっと考えてからどうするか決めたいと思います。

またよろしくお願いしますね。

お礼日時:2001/08/16 23:22

昔ウーハーをドンドコ鳴らしていたら、


BOZEの営業マンが来て、
名刺置いていきました。^^;
その時、営業マンも家庭用のスピーカーは
車内の劣悪な環境は想定して設計していないので、
避けるように言っていました
やはり高温多湿の環境がコーンに与える影響が
大きいらしく、半年も理想の音が出れば
いいほうだと言っていました。
インピーダンスの違いは、
外国のウーハーなどをつなぐ時はパラレルなどで、対処するみたいですが、やはり、インピーダンスの違うものはを使う事は、リスクがあることは事実ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。

>やはり高温多湿の環境がコーンに与える影響が
>大きいらしく、半年も理想の音が出れば
>いいほうだと言っていました。

これには正直びっくりです。
電気的に大きな問題はなくても実際に音を鳴らすコーンがイかれてしまうんですね。
ちょっとスピーカー自体が惜しくなってきちゃいましたから、
もうちょっと考えてからどうするか決めたいと思います。

またよろしくお願いしますね。

お礼日時:2001/08/16 23:12

出力が小さくなる→ボリューム(アンプの出力)をあげる→アンプへの負荷の増大



で『アンプに良くない』のかも知れませんね。

鳴るのは鳴ると思いますよ。でも鳴らし切るには『出力の大きいアンプ』が必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございます。

とりあえずつないだ瞬間に機器が壊れるわけではないんですね。
確かに、出力が落ちるためにボリウムを上げ気味になるかもしれませんが、
車外にまで聞こえるほどドカドカ鳴らすつもりもありませんので、
きっと実用上大きな問題はないのでは、と思います。

あとは、耐候性も含めて考慮の上、付けるかどうか決めたいと思います。

またよろしくお願いしますね。

お礼日時:2001/08/16 23:07

正解です



出力(音圧)が小さくなります

アンプが4Ωに対応していれば問題ありません
(逆にアンプが8Ω以上となっているのに4Ωのスピーカを鳴らすのはおすすめできませんが)

1ボディータイプのヘッドユニットに内臓のパワーアンプで鳴らすのであればこれも問題ありません

ただ、カーオーディオ用は耐候性が高く作られています
熱や直射日光でスピーカのエッジ(コーン紙の外側のゴムの部分)がだめになる
湿度でダンパ(ジャバラ状のガーゼのような部分)がはがれる
といった不都合が将来的に発生する可能性はあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>正解です
やったー! ワーイ ヽ(▽⌒ )( ⌒▽)ノ イーワ
・・・失礼いたしました。

素早いご回答ありがとうございました。
とりあえず付けて音を鳴らす、という意味ではOKってことですね。

耐候性については、考えも及びませんでした。
もともと粗大ゴミになっていたであろうスピーカーとはいえ、
苛酷な車内でダメにしてしまうのもちょっと惜しくなってきました。
もうちょっと考えてから、付けるかどうか決めたいと思います。

またよろしくお願いしますね。

お礼日時:2001/08/16 23:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ