海外の大学で美術史の勉強を始めます。一からのスタートの上、語学面でもやはり現地学生に比べて不利ですから、日本語の良い参考書があったら持参したいと思っています。美術史を専門的に学習するのにオススメの本をご存知の方、ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

留学される学校と、あなたの専門がわからないと何ともいえませんが、西洋美術という理解でよろしいのでしょうか?



最低限の最低限で、「いくらなんでもこれは知っていないとまずい」というものが網羅されていて、なおかつコンパクトな2つを。
『西洋美術史』だったかな?美術出版社刊、2000円。
『ケンブリッジ 西洋美術の流れ』これはもう紹介されていますね。

2つとも、初歩的で全体を網羅しているので、持参して損はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうです、西洋美術です。とりあえずは美術史を全般的に学ぶようなので、お勧めしていただいた本は役にたちそうです。明日にでも探しに行ってきます。

お礼日時:2001/08/24 19:22

「西洋美術史」美術出版社、数年前に、学芸員の資格をとるために、使用しました。

コンパクトで使いやすかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様におすすめいただいたので、さっそく書店に行き、美術出版社の「西洋美術史」見てみました。まだ購入していませんがなかなかよさそうですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/26 16:08

<美術史を専門的に学習>するための<日本語の良い参考書>とのことですが、例えば、東北芸術工科大学では、西洋美術史の入門などで、以下のようなものを参考書にしているようです。



○「世界美術大全集」(小学館)
○「大系世界の美術」(学研)
○澤柳大五郎編「様式の歴史.西洋美術のかたち」(美術出版社)1,900円
○「新西洋美術史」(西村書店)2800円
○澤柳大五郎著「ギリシアの美術」 岩波新書 680円+税
○福部信敏著「ギリシア美術紀行」 時事通信社
○「世界美術大全集」3、4、5巻(小学館)
○岩波世界の美術「ギリシア美術」(岩波書店)4400円
○P. L. ウィルソン「天使:神々の使者」平凡社
○視覚デザイン研究所・編集室「天使のひきだし」視覚デザイン研究所


岩波書店には、次のようなものがあります。

岩波新書「イギリス美術」高橋 裕子
”漱石が『草枕』で紹介している川面をただようミレイの《オフィーリア》のなまなましさに強烈な印象をおぼえた読者も多いだろう.イギリス美術は大陸の伝統に縛られず独特な展開をとげたが,近年再評価の気運が高く,大規模な展覧会も開かれている.肖像画・風景画・風俗画などの傑作から建築・工芸まで,イギリス美術の魅力をあますところなくお伝えする”

岩波 「ケンブリッジ  西洋美術の流れ」 ( 全8冊)
”古代ギリシアから20世紀にいたる3千年の西洋美術の歩みへ,気鋭の美術史家が大胆に切り込み,コンパクトな全体像を描く.概説とは違うヴィヴィドな説明は,知的興味と創造力をかきたて,おのずと「見る眼」をつくる”


全くの門外漢ですので、専門家のアドバイスを待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろたくさん書いていただいて、どうもありがとうございました。全部そろえるわけにはいかなそうですが、参考にさせていただきます。実際に学んだ、または現在学んでいる方はいないでしょうかねぇ。

お礼日時:2001/08/24 16:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美術史と建築史

美術史と建築史を最初から勉強したいのですが、まずは概要を知りたいと思っています。そこで良い本、教材、勉強方法がありましたら教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

『カラー版 西洋美術史』
『カラー版 日本美術史』
『カラー版 西洋建築様式史』(美術出版社)

美術出版社の書籍は写真も多く面白いです。

『巨匠に教わる 絵画の見方』(視覚デザイン研究所)
『教養としての名画』(青春出版社)
『別冊宝島 図解 名画の見方』
『別冊宝島 絵画の読み方』(宝島社)

『人体のデッサン技法』
『風景画の書き方』
『人物漫画の書き方』(嶋田出版)

ご質問の趣旨とはずれてしまいますが、
美術の見方が分かる本も上げてみました。
下の3冊は「書き方」の本ですが、
人間の視線の動かし方に元付いた構図の取り方など
かなり詳しく分析されていて絵画とは科学だな、と感じさせられました。

私は趣味程度ですので、勉強という程でもないのですが、
西洋美術はキリスト教の知識があると深く理解でき、
また違った見方が出来ると思います。
文化や歴史なども分かると背景も分かってきますし、
有名な建築や名画と呼ばれるものは人の心理や行動をうまくつく構図や色合いになっていると思います。
勉強する中で思いつくままにでも他の関連のありそうな分野の本を読むと、
学問って様々に分かれているけど根深いところでは意外とつながりのあるものだなと
感じるのではないかと思います。

本格的に勉強されたいのであれば、
京都造形芸術大学に通信教育部もあります。

参考URL:http://www.kyoto-art.ac.jp/college/tsushin/index.html

『カラー版 西洋美術史』
『カラー版 日本美術史』
『カラー版 西洋建築様式史』(美術出版社)

美術出版社の書籍は写真も多く面白いです。

『巨匠に教わる 絵画の見方』(視覚デザイン研究所)
『教養としての名画』(青春出版社)
『別冊宝島 図解 名画の見方』
『別冊宝島 絵画の読み方』(宝島社)

『人体のデッサン技法』
『風景画の書き方』
『人物漫画の書き方』(嶋田出版)

ご質問の趣旨とはずれてしまいますが、
美術の見方が分かる本も上げてみました。
下の3冊は「書き...続きを読む

Q博物館学、近代美術史、現代美術論の試験

博物館学、近代美術史、現代美術論の試験を受けます。
内容が全く分からないのでご存知の方が居られたら教えて下さい。
ちなみに、今は、博物館学と美術史の本を読んで準備しています。

Aベストアンサー

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物館学・美術史専攻以外で試験を受けるのでしたら(読んでる本が試験出題者なら別も)漠然と本を読んでも全く無駄でしょう。(冷たいですが)
博物館学はともかく、美術史が近代・現代に限定されてるのも気になりますが、学科試験なら一般教養の美術の本など意味無しです。(冷たいですが、事実です)
美術史専攻で大学院卒で、美術館や博物館に就職口を求める人(学芸員資格取得者)もたくさんいますが、採用は非常に困難なのが実態ですから。(上が支えてる・年長職員に欠員が出来にくい状況なので)
質問をもっと、詳細にしなおして下されば回答可能かと思います。(美術史専攻院卒生より)

質問が情報不足過ぎます。博物館学と美術史があるので「学芸員」資格試験ですか?ただ、美術史の本を読んでるとの事から、「大学教養課程で卒業単位取得科目としてのの試験」「大学専門課程で卒業単位科目としての試験で専門以外の科目試験」「大学専門課程で専門科目の試験&大学院過程の試験」などのケース想定可能も、最後の専門課程生なら、教授陣の傾向などをサーチしますから、恐らくあなたは、美術史・博物館学専攻の学生では無いでしょう。(もし、そうなら質問先は教授室などになるはずです)
で、博物...続きを読む

Qウィーン美術史美術館について(ドイツ語詳しい方!)

2016年の11月にウィーンに旅行する予定です。
絵画が好きなので自由行動の日を丸一日ウィーン美術史美術館で過ごすつもりで現在所蔵作品について調べているところです。

美術館では海外へ作品を貸し出すことがよくあると思いますが、美術史美術館でこの時期に海外へ貸し出されている作品はあるでしょうか?

どうやら同時期にアメリカで美術史美術館展が開催されるようで、著名な作品が貸出中で見られなくなってしまわないか心配です。

ホームページも見てみたのですが、ドイツ語でまったくわかりませんでした…

オーストリアやウィーン、ドイツ語に詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ウィーン美術史美術館のサイトは、英語版がありますよ(ページ右上に言語切り替えのアイコンがあるので「EN」をクリック)。
サイトの隅々まで調べたわけではありませんが、それらしいページを探しても、現在貸し出し中の作品リストのようなものが公開されているページは見当たりませんでした。
たいてい、このような所蔵品が膨大で展示している分だけでも一級品ばかりの美術館では、貸し出し中で見られない作品のリストを公開しているケースは滅多にないと思います。いちいちリストを作るのが煩雑なのか、セキュリティ的な問題なのか、知りませんが。

>どうやら同時期にアメリカで美術史美術館展が開催されるようで

という、そちらの展覧会情報から探った方が早いです。
ただ、今年(2016年)の秋にアメリカで開催されるウィーン美術史美術館がらみの展覧会情報が、私には見つけられませんでした。検索していたら、2015年5月から2016年1月まで、アメリカで大規模な巡回展があったという情報を見つけました。
https://www.khm.at/en/visit/exhibitions/2015/ustour/
このように、展覧会のほうの情報を見ると、何が展覧会に出品される=貸し出されるのか、がわかります。

貸し出していない作品でも、定期的な展示替えや定期的な点検・修復等で一時的に展示が外されることもあります。ですから、事前に調べた「有名な所蔵品」は全部見られないのが普通だ、と考えたほうが良いです。
その美術館を代表して誰もがそれを目当てに来るような作品(例えばルーヴルの「モナリザ」とか「ミロのヴィーナス」レベル)ならば、基本的に門外不出ですし、特例で外に貸し出されることがあれば世界的ニュースになります。
門外不出レベルでない代表作ならば国外に貸し出されることも珍しくありませんが、そのレベルのものがごっそり全部貸し出し中、ということはありません。貸し出し中の作品に匹敵する素晴らしい作品がまだたくさん展示されていますから、マイナー作品しか残っていなくてガッカリ、ということはないでしょう。
「絶対にこの作品を見たい!これが見られないならば美術館に行かない!」というのであれば話は別ですが、ウィーン美術史美術館レベルの美術館であれば、いわゆる「有名な作品」扱いでないものでも、日本の展覧会に来れば目玉扱いされるような作品がゴロゴロしてます。

お目当ての作品がたまたまそこになくてガッカリ、ということはあるでしょうが、代わりに他の素敵な作品との出会いがあるかもしれません。
楽しんできてください。

ウィーン美術史美術館のサイトは、英語版がありますよ(ページ右上に言語切り替えのアイコンがあるので「EN」をクリック)。
サイトの隅々まで調べたわけではありませんが、それらしいページを探しても、現在貸し出し中の作品リストのようなものが公開されているページは見当たりませんでした。
たいてい、このような所蔵品が膨大で展示している分だけでも一級品ばかりの美術館では、貸し出し中で見られない作品のリストを公開しているケースは滅多にないと思います。いちいちリストを作るのが煩雑なのか、セキュ...続きを読む

Q美術か語学か

長文で失礼いたします。以前別のHPで相談した内容を切り貼りしたので、読みにくいかもしれません。ご了承ください。

私は家から遠い進学校に通っていて、家に着くのは6時~7時、週2回の部活がある日は9時前、休みは日曜日のみ。
宿題が多く、定期テスト前は2週間以上前から必死になっています。
今考えている進路先は、美大ならば、国公立で唯一通えそうな京都市立芸術大学のデザイン科に行きたいと思っていて、美大でなければ神戸大学の国際文化学科で語学を学びたいです。

周りの人には、イラスト重視でやりたいなら専門学校でもいいのではとも言われます。自分では、国際文化科にいった後専門学校に行く方法もあるなぁと思っています。でも、専門は美大より学べるレベルが低いと聞きます。実は、将来世界のいろんなところを旅したりしたいとも思っているし、NGOで活躍なさっている方の本を読んだので、発展途上国の子供にあってみたいと思っています。それをするには語学を学んだ方がいいよなと思っているのですが、美術をやめてそっちのほうを将来も続けてやるというのは出来るか不安です。

しかし美大に行くには、今の高校生活の状態から考えて、とても厳しいです。親に負担をかけないよう国公立がいいと思いますが、京都市立を目指すとなるとよけいに浪人の不安は大きいです。

すごく優柔不断なのですが…今から予備校に通うとなると、本当に進路を美大に決定することになるのですから、途中でやっぱり一般の大学に行きたいと思っても、予備校(絵)代がもったいなくて、なかなか変えられませんよね。
どうしても、もしそうなったらこうだったらと考えすぎてしまいます。
とりあえずこの夏は、美大や予備校の体験学習などに行ってみたいと思います。

長文で失礼いたします。以前別のHPで相談した内容を切り貼りしたので、読みにくいかもしれません。ご了承ください。

私は家から遠い進学校に通っていて、家に着くのは6時~7時、週2回の部活がある日は9時前、休みは日曜日のみ。
宿題が多く、定期テスト前は2週間以上前から必死になっています。
今考えている進路先は、美大ならば、国公立で唯一通えそうな京都市立芸術大学のデザイン科に行きたいと思っていて、美大でなければ神戸大学の国際文化学科で語学を学びたいです。

周りの人には、イラスト重視...続きを読む

Aベストアンサー

>美術か語学か

私も高校の時に同じこと悩んでいたので、懐かしくて思わず回答しちゃいます。

私は、美術も勉強したいし語学もやりたかったし、語学と美術の両立ってすごい難しい(絵描いてると単語忘れるし…)と悟ったので、えぇーい!面倒くさいから英語で美術を勉強してしまえ~!と海外の芸大へ進学して卒業し、美術と語学両方を身につけたタイプです。

日本国内で大学+専門学校ならば、かかる時間と学費を比較しても海外留学のが安あがりで短期間になる場合もあると思いますので、よく検討されたほうがいいと思いますよ。

海外の生活費は地域にもよりますが、画材は海外のが種類が多く日本よりうんと安いし、美術館の入場料は学生は無料の場合が多いので海外で美術を勉強するメリットは大いにあります。むしろ各国と比較しても日本そのものが技術大国のお国柄なので美術をおろそかにしてる問題点は大きいと私は見てます。

>実は、将来世界のいろんなところを旅したりしたい
>とも思っているし、NGOで活躍なさっている方の
>本を読んだので、発展途上国の子供にあってみたい
>と思っています。

世界中の旅は日本に住んでいても可能かと思いますが、NGOに関しては、アメリカやヨーロッパに留学に来ている発展途上国のお偉いさん達に会えるチャンスは大いにありますし、卒業生を辿ってNGOに限らず国連など世界的な機関に携わっている人脈を切り開くことも生の情報を得ることも可能です。もちろん努力次第ですが、道は開けると思いますよ。

こんな人もいるんだよー程度に参考にしていただけると幸いです。沢山情報でもあつめて、うーんと考えて納得いける道がみつかるといいですね。がんばってください。

参考URL:http://www.alc.co.jp/sabrd/art/index.html

>美術か語学か

私も高校の時に同じこと悩んでいたので、懐かしくて思わず回答しちゃいます。

私は、美術も勉強したいし語学もやりたかったし、語学と美術の両立ってすごい難しい(絵描いてると単語忘れるし…)と悟ったので、えぇーい!面倒くさいから英語で美術を勉強してしまえ~!と海外の芸大へ進学して卒業し、美術と語学両方を身につけたタイプです。

日本国内で大学+専門学校ならば、かかる時間と学費を比較しても海外留学のが安あがりで短期間になる場合もあると思いますので、よく検討されたほう...続きを読む

Q多摩美術大学の持参用具について、質問です

多摩美術大学の募集要項に書いてある「持参用具」についてです。
持参用具には筆何本以上、三角定規何センチ以上等厳しい規定がありますが、当日の試験会場では、持ち物のチェックがあるのでしょうか?
私は今年はチャレンジ受験なので、溝引きガラス棒は使ったことがなく、もってもいません。
念のためと考えれば買ったほうが無難なのはわかります。
でも、持参用具がガイドラインなのであれば、使えもしないものを持って行かなくてもいいかなあと考えているんですが・・

Aベストアンサー

持ち物のチェックは無いです。ざっと見て回られるだけです。
ただあまりに派手な道具を持っていったりすると監督官からの注意の対象になりうる可能性があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報